プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
忘れていた初霜くん。
初霜くん、ゴメンなさい。
というのも、最近、奥飛騨ドラゴンばかりで初霜くんを忘れていた。
初霜くんとは、以前ブログで紹介したように岐阜県のブランド米のことです。

おさらいしますと、田植えも遅い分、実りも遅い。
ちょうど初霜が降りるころに収穫すると言われるからでしょう。
(実際、名前の由来は知らない・・・かなりいい加減)

9月1日の初霜くんは、まだまだ青い。
rice-baby

9月17日の初霜くんは、穂が重たくなってきたようだ。
omoize-hatsusimo

10月6日の初霜くんは、黄金色へと・・・。
koganeiro

syukakumajika

今日、会社の詰所に行ったら、袋に入った初霜くんがいた。
ニュースでもやっている通り、豊作だった。
初霜くんは、従業員である仲間たちのお家へそれぞれ散っていく。

明日、精米して新米を食べてみようかな?
今年の出来はどうなのだろう?
初霜くんは、寒暖の差の影響からか甘みがある。

収穫する日も忘れていた。
ゴメンね、初霜くん。
ちゃんと一粒残さず食べるから。

今年は、お米が余るそうです。
外国産のお米を輸入して、日本の美味しい新米は余分だと言われ、価格も下落。

国会もねじれているなら、経済もねじれている。

話は全然変わりますが、私は 『 信長の野望 』 というゲームが大好きでした。(ここ2,3年やっていない)そのゲームの画面で、秋になると水田が黄金色に輝きます。
その食料がないと国を治めることができないし、他国から侵略を受けます。
もちろん、商人がいれば買って補うことができるのですが。

まさに、食料は黄金(貴重)なんです。

食料は輸入すればいいと言う大学の教授がいらっしゃますが、それは日本の経済が順調であり、かつ、他国が輸出してくれる十分な食糧があって成り立つことです。

食糧問題は、『 ~ ありき 』 ではダメなんです。
FC2 Management
岐阜県産 初霜
暦上はすっかり秋です。
私たちの周りでも、お米の収穫が始まりました。

本当に黄金色をした稲穂・・・太陽に照らされ風にゆらゆらと揺れる様子を見ていると『 あー、秋がそこまで来たんだなぁ 』としみじみ思います。

実は、僅かな田んぼでお米も作っています。

私たちの稲はといいますと・・・
rice-field
まだまだです。

それでは、もっと奥深くどうなっているのか見てみましょう!
rice-baby

こんな感じです。稲の視点から空を見上げると、こんなにも空が美しかったのかとびっくりしました。
『 地球って素晴らしい 』って改めて思いました。

ところで、私たちが栽培するお米は、『 初霜 』というブランドです。
岐阜県で生まれたものだそうです。
収穫時期が10月と通常より遅めですが、味はピカイチだと思います。
夏の暑いときにしっかりと太陽の光を浴び、朝晩冷え込みを迎える時期に熟し始めます。(熟す?)そのためか、甘みが強くお米の味が濃いという印象です。

何やら、さっきから白い影が・・・
sagi

サギです。カエルさんを見つけているのでしょうか?

アセロラやドラゴンフルーツが専門ですが、お米も作っています。
でも、これは従業員への現物支給なんですよ。(笑)

実りの秋を満喫しましょう。
そこにはアートな風景がありますよ。
農業というアートがね。