FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
約束守ってます!
マンゴーのネタになると いつも 

『 遊びでマンゴー 』 というカテゴリーを作ってしまったことを後悔しています

それだけ マンゴーの栽培は 私たちにとっては難しいです

さて 昨年 JAひだが主催した農協祭で ある方から電話があり ・・・

友人にもらったからと マンゴーの苗を託されました

飛騨では寒いから 温泉ハウスで育ててほしいとのことでした

せっかくのことだし 託されて悪い気はしないので 二つ返事で引き受けたものの

以前 温泉ハウスで マンゴーの苗の栽培をしっぱいしたことがあったことを思い出し ・・・

結局 美濃加茂で栽培することにしました

美濃加茂の実験棟には 数種類のマンゴーの苗を育てているし 比較栽培もできる

とはいえ 枯らしたくはないという気持ちが大きく 心配でしたが

苗が小さいながらも 春先には花芽を持ち ・・・ 

考えてみれば 5度設定のハウスで よく花芽を持ったなぁと 感心感心

5本中5本 花芽を持ち 歪な形ながらも 実をつけました

しっかり結実していないのか 実は大きくはなりません

それでも 先日 ・・・ ナイスキャッチとばかり ネットに吸い込まれたマンゴーが

miyazaki-mango-1

この網を考えた人 本当に素晴らしいです まさに完熟マンゴーそのものですからね

で 早速 実食するわけですが それにしても 形がすごい変

miyazaki-mango-2

それでも 独特の香りが ・・・ 丁寧にナイフで剥き剥き 中から綺麗な果肉が顔を出します

miyazaki-mango-3

さっそく いただきました ・・・ で 感想は ・・・

しっかりマンゴーでした! とろっとした食感 まったりとした香り

マンゴーならではの味と香り 堪能しました


綺麗な実ができたら 苗を分けてくださった方に持って行きたいのですが ・・・

来年以降になるようです 枯らさずにしっかり育てていきます


マンゴーいろいろ
朝から 雪

奥飛騨では 吹雪いているようです


昨日 1週間振りに ハウスの中で育つ植物たちを見に行きました

アセロラの木々からは 新芽が出始めたようで ・・・ 今年もよろしくと声をかけました

昨年10月 高山市内の方からいただいた アーウィン種の苗も順調に育っており ひと安心

ケント種 それから マリカ種のマンゴーも それぞれ 花を咲かせています

アーウィン種の花です ↓ 花の香りは どちらこというと 菜の花みたい

mizaki-mango

ケント種の花です ↓ 花の香りは弱いようです

kent-mango

マリカ種の花です ↓ 花の香りは 3種の中で一番強く 甘~い香りです

mallika-mango
 
マンゴーの品種は とても多く インド奥地では 自然交配された種もあるようです

花の大きさは 7~8ミリ程度 香りや花の色は 品種によって 違うようです

昨年は ケント種のマンゴーを収穫できたので 今年は マリカ種を期待しております

アーウィン種の苗は まだまだ小さいので あまり無理をさせないようにと思っています

冬期 最低温度5~6度で この時期 花を咲かせていることを考えると

比較的 栽培しやすいものなのかもしれません

ただ 美味しい実となると 別問題ですが ・・・ 

北海道産マンゴーがあることを考えると 栽培地をあまり選ばないものなのでしょうね


 

落っこちた!
昨日 今日と高山市内で JA祭りに参加しました

今回のゲストは 西城秀樹さんで大盛り上がり!

ギャランドゥから始まり 最後は YMCA 

私たち世代はもちろん ちびまる子ちゃんで知った子供の世代も とても楽しめました


さてさて ネットを用意したマンゴーですが ・・・

その晩 受粉作業をしにハウスにいたら 妙にマンゴーの香りが強くなり ・・・

翌朝 行ってみると 『 お~っ 』

kent mango 111

kent mango 222

すんごく感動してしまったよ 早朝から

それも しっかりネットに収まっていたから 余計だろうね

いつ落ちたんだろう? ちぎれたところを見てみると

kent mango 333

瑞々しい断面から まだ落ちたばかりだということが分かります

欲を言えば 落ちる瞬間を見てみたい そんな感じなので 来年トライしてみます ( 笑 )

宮崎の完熟マンゴーではないですが 落ちたマンゴーの香りは強く 表面も柔らかいです

さっそく食べてみると やっぱり酸味が残っていながらの甘さがあり 前回と同じで 超美味!

この品種は甘いだけではなく 程よい酸味があることが分かりました

来年は 鉢を大きくして もう少し収穫量がアップするように頑張ります


生・YMCAの威力はすさまじく 今夜は夢でうなされそうです ( 笑 )


一安心
2回続けて マンゴーネタです

先日 2つのうち1つが劣化してしまい ・・・ 思い切って収穫をしました

残る1つは 色づくまで もう少し待ってみようと思います

そう思っていた矢先 仲間の1人が さっそく落ちてもいいようにと ネットを設置してくれていました

net-mango-1

net-mango-2

どんな仕事もそうですが いろんな状況の応じて対応していくことが大切です

準備していたからといって 良い方向にいくとは限りませんが 

人は経験から予測して 次なる一手を打つことができます

農業も然り 備えあれば憂いなし とまでは言い切ることは難しいながらも

1つ1つ実績を積み 次へ活かしていっていること こうしたちょっとしたことで実感することができます


さて 秋の高山祭りも終わり じわりじわりと朝晩の冷込みが厳しくなり 本格的な冬へと ・・・

寒暖差が生む 色鮮やかな景色 あたり一面 白く 見渡す限り 真っ白になる前に

ほんのわずかな期間 奥飛騨の山々は 燃え上がるような姿を私たちに見せてくれます

今年の紅葉は 暑かった影響もあり 少し遅れ気味ではありますが これからが本番です

週末は JAひだのお祭りがあります

それが終われば バタバタとしていた行事が一段落し 余裕が生まれる ( ? ) と思います

紅葉にあわせるように 奥飛騨の温泉ハウスでも 秋に咲く イエロードラゴンの花たちの乱舞が予想されます

昼間は 美しい山々の景色を 温泉と料理を楽しんだ後は

ぜひ ドラゴンフルーツの花を楽しみに来ていただければ幸いです








初収穫です
ケントという品種のマンゴーの苗を輸入してから3年? 4年?

花を咲かせるものの なかなか実が大きくならず ・・・ 

5月から6月にかけて花を咲かせ 今年ようやく ・・・ やっとこさ 実が大きくなり

と思ったら 表面の劣化が生じ マンゴー栽培は難しい ・・・

やっぱり プロのマンゴー栽培者に聞くべきなのか と思ったこともありました

今回 初めての収穫となりましたが 表面に劣化があり 

売り物としての 商品としての価値はないでしょうが 私たちにとっては 愛おしい果実

だから B級品でもなければ 2級品でも はたまた 規格外でもないんです


今月初めに 残った果実の1つに劣化が生じ ・・・

kent 1

なんとか ・・・ 頼むから 頑張ってくれと祈りつつ 見守り続けた毎日

日に日に 劣化は進み 割れたところから 甘い汁が マンゴー特有の香りと共に ・・・

kent 2

kent 3

それで そろそろ限界かなと思ったところで 本日 念願の初収穫をしました

kent 4

一応 重さを確認 小さめの?230グラム

さて 味見ということに ・・・ 柔らかい表皮からは なんとも言えないアロマティックな香りが ・・・

kent 5

果肉が顔を出すと 一段と香りが増し あたり一帯を包み込むような まさに南国という感じ

さっそく 口にすると 若干早かったせいか それとも 品種の特徴なのか 少し酸味があり

それでも しっかり甘く 濃厚で 美味いっ! 

あれだけ時間かけて育ててきて 食べるのは ほんの一瞬

これが農業なんだと ・・・ 時間かけて コツコツと作業を続け ・・・

モノづくりっていうのは こういうものなんだと 改めて実感しました


さ~て 今週も行ったり来たり 相変わらず 飛び回っている毎日ですが

秋の美味しいものをたくさん食べて 収穫できる喜び 自然の恵みに感謝しながら

元気に 笑顔で頑張っていきたいと思います

これから奥飛騨は 本格的な紅葉シーズン ぜひぜひ 足を運んでください!

手にはまだ マンゴーの香りが残っています