プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
宇奈月温泉
今 宇奈月温泉にいます

今夜は ここに泊まります

今日は 宇奈月の地熱利用を考えよう ということで

地熱勉強会に呼ばれ 1時間ほど 講師として 話をしてきました


ここ宇奈月の魅力は もちろん温泉ですが 温泉地として考えると

鉄道があることです あくまで 個人的な意見ですが

温泉地に鉄道があり 駅があること 歩いて行けること

考えるだけで ワクワクしてしまいます

大きくすることが全てではなく コンパクトに町づくりをすることも大切な選択肢

地域によって どんな形がいいのか 地域でよく考えることが重要ですね


利権やしがらみは どの地域にもあること

簡単な言葉 ひと言では言えませんが

これに効く特効薬があれば ある意味 本当の意味で 町医者になれるかも


さて 明日には岐阜に戻ります

こうした講演依頼が よその地域からあることは とても嬉しいですし 光栄です

今年からは 必要とされるところで やれる範囲で頑張ります





スポンサーサイト
近かった(笑)
今日は 富山県南砺市に行ってきました

以前から交流がある 富山大学の先生からの紹介で 温泉熱を活用した取組みについての講演をしてきました

前日は 美濃加茂での作業でしたので 美濃加茂を出発

すると 高速で真っ直ぐ ひたすら北へ進むと 2時間余りで現地へ到着

奥飛騨より近いじゃん 同じ岐阜より 富山県のが近い それも一本道

びっくりしました 地図を調べると 確かに2時間余りで行ける距離でしたが 

それでも 実感すると その驚きはひときわでした

温泉熱を活用する どちらかというと 地熱発電ではなく 利用して産業へ活かす

という考え方 私は ずっとそれを言い続けてきたので

原発から地熱へと変わっても やり方は何ら変わっていないのが現状で

いつも 地方は うまいこと言いくるめられてしまうところがあり

もっと 地方がしっかりしないと 地方の財産は 地方で活用するのがベスト

とはいえ 補助や助成は 地熱発電ありきです ( 笑 )

地熱発電自体 私は反対しているわけではなく むしろ賛成ですが

そのやり方 そして 熱を利用した産業づくりです

私たちのように 補助や助成を受けないで このような温泉施設を稼働させている例は少ないようで

さらに言えば ドラゴンフルーツのジャムなど 地元で加工し 地元で販売

生産の99%を 奥飛騨で消費している仕組みがあるので お声がかかったというわけです

今年も 富山大学の生徒さんたちが 現地研修に来るので

頑張って取り組んでいるところ 今後のことを伝え 少しでも夢を感じてもらえればと思います


さて 途中 富山県に入ったところで ハイウェイオアシスに寄ったのですが

富山県はすごい 何がすごいかというと 富山県で生産したものを 富山県で加工し

それらが しっかりと並べられ 販売されていることです

当たり前のことですが ちゃんと製造者が記載されている点にも感心しました

一般的に 製造者は記載されず 販売者のところに 販売者名+アルファベットの記号ですから

どこで作られているのか 誰が作っているのか

いやらしいですが 私は そういったところを見て お土産を買います

そんな中 面白い商品がいくつもあり いくつか買いました

岐阜県は 加工が弱く 加工所が少ないです 

こうしたことを改善していくことが大切ですね 頑張っていきましょう

とにかく 今日は 楽しかったです

同じような思い 地域への想い つながりを持っている方々とお会いできたこと

本当に力になります

ネット社会が当たり前となり 情報も一瞬だからこそ

人とのつながり 地域産業同士のつながりの重要性を感じました

岐阜県だろうが 富山県だろうが そうした気持ちの通じ合った方々と一緒にやっていくこと

とても重要だと認識ました

必要であれば そうした枠を飛び越え お付き合いしていきたいと思います


FUKUNE
今日は 午後から突然の雷雨

天気予報 ぴったしカンカンでした!

山羊さんの出勤だったので 2時過ぎから 帰る準備をしていたものの

予想以上に 雨の降り出しが早く

少しばかり 山羊さんたちも濡れてしまいました 

木の下に入り 雨宿りしたかと思えば

涼しい風が出てきたせいか 食欲が旺盛になり

小降りになると同時に むしゃむしゃと帰る前に もうひと食べをしていました ( 笑 )


さて 明日は 奥飛騨へ日帰りです

福地温泉で始まった 森林浴をしながら 音楽を聴くというイベント3回目が行われます

私たちは 出店を出す側ですけど 音楽聴きながらというのは とてもいいです!

なんて言ったって フルーツ+ミュージック ですからね!

良かったら FUKUNEで検索してくださいね

当日券もあるかもしれませんし ぜひぜひ 遊びに来てください!

明日も早いので 今日はこれくらいにして 帰ります




高山物産展2013.3
いよいよ 明日から始まります

岐阜高島屋さんでの 『 飛騨高山と北陸の物産展 』

なんと今回は 10日間ぶっ通しというもの

今までは1週間だったので 3日間延びました

ですが 3日間は 普通の3日間ではないと予想しています

1週間でも 4日目辺りから疲れが出てくるのですが 今回は ・・・

やってみなければ分かりませんが 相変わらず 私は 基本1人 ( 笑 )

マネキンさんを雇うほど 余裕の売上げではないので

それに 商品の説明となるとね 頑張るしかないんです はい

この時期 奥飛騨で待っているより 営業第一です 

暖かくなったら 奥飛騨に足を運んでくれれば いつもそう思って催事に参加しています

年に3回ほど デパートでの催事は とても勉強になります

さて 今回はというと ドラゴンフルーツジャム ラベルリニューアル

dragon fruit jam

このラベル 一応 自分で考えたのですが そろそろ限界

ひょっとしたら 早い時期に 新ラベルに変わっているかも ・・・ 

それから ドラゴンフルーツを使ったジュース DFQ 明日から 小瓶を発売します

DFQ

ドラゴンフルーツ一色となりますが それで押し切ります

とはいえ 山羊さんの銀杏 少しあるので それも販売します

それから アセロラはちみつ これは 高いので売れないかなと思っています

わたし的には 原価がかかっているからと思うのですが ある意味 趣味の世界なので

その代わり 私たちの商品は どこへ行ってもない 

似たようなものもない というもの それが フルージックという感じです

自分の価値観を押し付けしないように そう思っていますが

運悪く? お店の前に来てしまったら ごめんなさい


それでは 10日間 頑張ってきます

山羊さんも気になりますが 残っている仲間がいるので 

私は 今 私ができることを やってきます


 
踊る地方
『 首都機能移転 』 幕引きへ

そういえば ・・・ 建設時代 ひょっとしたら? 仕事が増える? なんて

勝手に想像していたころを思い出します

岐阜も一生懸命 誘致活動していたし 国道や県道の至るところに

『 東京から東濃へ 』 へと書かれた看板を よく目にしたものです

で 結局 ・・・ 踊らされたのは 地元住民

決まっても いつになるのか分からなかったので 期待していなかったというのが大半かも

当時 首都機能移転問題が出た背景として ・・・

バブル時期 東京の土地も値上がりする中 一極集中を避けるため

あるいは 万一の災害を想定し いくつかの地域に分散しておいた方が良いとのことから だったらしい

なるほどなって思うものの バブルは崩壊


1つの計画を実行し 結果を出していくことは 本当に難しい

あらゆる知識を持った人たちが集まった集団でさえも 予想通りにはいかない

企業もしかり 私たち自身にもあてはまること

先を読むことは難しくても あらゆる状況にも対応できる準備が必要なのかも

ましてや 投資をするということは それに対する結果が求められる

ただ1つだけ言えることは 直接 結果が出なくても

大きく見て 間接的に結果がついてくるのであれば それはそれで意味があると思います

今尚 残っている看板を無にしないためにも 何かを見つけ 続けていきたいですね

私自身 地方社会で生まれ育ってきた身として感じることは

大切なことは 続けていくことだと思っています

いろんな都合で 踊らされ 『 や~めたっ 』 と 言わないように

私たち自身 もっと真剣に 地方で生きることを考えていかなければならないのかも

なんて偉そうに言っている私ですが ・・・ 私自身に言い聞かせているのです


さて 今夜の温泉ハウスは まだまだ暖かいです

2011.2.19-1

2011.2.19-2

19度あります

廃棄される温泉で こうして ハウスが暖められています

栃尾温泉の民宿や家も 温泉暖房が完備されているのですから すごいですね

今朝は5時起き 今 とても眠いので 今夜は早く寝ます

もちろん ハウスの中で ( 笑 )