プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
そろそろ
昨日は1日 出張でした

六本木にあるグランドハイアット東京 旬房という和のお店で 知人とランチを楽しみました

というのも 今日というか 今 飛騨高山フェアが行われております

今夜は 外国人向けのイベント 私たちのドラゴンフルーツも提供されているので

マネージャーさん 料理長さん 説明をしてくださるスタッフの皆さまにご挨拶をしてきました

それから 横浜にある工場へ 山羊さんの除草に関しての相談でした

それにしても ランチおいしかった 


そうそう その前日 24日の水曜日には 岐阜県観光課が企画している事業に協力させていただきました

岐阜県関市と言ったら 刃物の街ですが 貝印さんという企業が岐阜県と一緒に

食をテーマに 岐阜県内の食材を活用して レシピ作りなど 岐阜の魅力を発信

つまり 岐阜県に遊びに来て!という感じでしょうか そう そんな感じだと思います

それに ご協力してくださっている方は メディアなどでご活躍されている

庄司いずみさん それから ヤミーさん ライター担当の中元千鶴さん それから

カメラマン担当の鈴木美也子さんでした

料理のプロですから 生産者として やっぱり気が引き締まりますね

ただ 私たちのドラゴンフルーツに驚き 喜んでくださったようで ほんと良かったです

最初は 私たちのドラゴンフルーツジャムを食べて うん?美味しいぞ!と思い

強く関心を持ったようです それに 南国フルーツが何で?奥飛騨なの?とも

いろいろ 私のうんちくに耳を傾けてくださり とても素晴らしい方々でした 

正直 ほっとしました 喜んでくれていたようだし 岐阜の印象もアップしたかな?と思うと特にね

それぞれ 岐阜の思い出など ブログやフェイスブック等でアップされているようなので

ぜひ ご覧ください 岐阜の魅力を伝えてくれています 感謝感謝です


そうそう もうそろそろです

coming soon

どうやら 今年は大きいようです

天候のせいなのか それとも ここ数年の山羊さんたちの糞尿が生きてきたのか

窒素分が多そうなので 成長はするでしょうけど 果たして その味は?

ちゃんと美味しいですよ もうすぐ 大粒でエメラルドグリーンの銀杏を食べられると思うと

嬉しくなりますね 秋は ほんと実りの秋です

利平栗の収穫も始まったし 来月には お米 ( 初霜 ) も刈入です




 


スポンサーサイト
銀杏畑の年末
年末は 何かとやることが多く 1分1秒が大切だったりします

今は 移動手段に車というアイテムがあるから 1日で数ヶ所 いくつもの用事を済ませることができますが

そうしたアイテムがなく 自身の足しかなかったと考えると 少しぞっとします

やれることも限られてしまい 今のように 広い地域で活動はできなかったと思います

そう考えると ネットが普及している現代において さまざまな重圧などが

さまざまの方向からやってくるというか 予期せぬことが いつでも降りかかってくる可能性が

十二分にあり 人としての質 モラルの向上 そう せめて 維持していかなければ

とても 恐ろしい世の中になると思ってしまいます 少々心配症のような気がしますが

実際 いろんな地域で 現場で作業し 取り組んでいると 感じることが多々あるのです

だからこそ 次の世代を強く意識し 伝えられること 地域と人の関わり方などなど

経験してきた範囲で 次世代の1つの目安となるのであれば 惜しみなくと思っています

大きな意味で 新しい方向へ 世の中が動き出していくことは 否定する余地もなく

言い換えれば 人間が 便利さ 技術向上 さらに言えば 満足感に対し どう対処していくのか

人と関わりながら 生きていかなければならない状況は 絶対に変わらないにも関わらず

ネット社会のさらなる充実が あたかも人との接点がなくなっても

生きていけると錯覚させてしまっている現状に 私は とても怖さを感じます

自分が成功するためには 何をやってもいいのか 何をしてもいいのか 満足感を得るためだけに

私も偉そうなことは 決して言えない立場ですが なるべく心掛けていようと思っています


さて 銀杏を拾い終えた 銀杏畑 昨日 最後の果肉取作業が終わり 天日干しが始まりました

今年も 美味しくて 大きな銀杏が取れました 感謝しています

銀杏畑を管理する環境が整ったことで 銀杏が食べられるまでの過程を知ることができました

何でもそうですが すっと食べられるものはなく 人の手間がかかっているものです

その値段を払っても買いたいがどうか それは 人それぞれですが 

その過程を しっかり伝えていくのも 農家の立派な役目であると思っています

2013.12.29

今年1年ありがとう 来年もよろしく 銀杏畑を後にしました


 
肩がこる?
大型の台風 各地で大きな被害が出ているようです

私たちのハウスは 台風が来るたびに 天井付近のビニールの破れ具合が大きくなっています

奥飛騨は大丈夫でしたが 美濃加茂のハウスは そろそろ張替えの時期がきているので

仕方ないことですが それでも 大きくなる穴を見て う~んとうなってしまいます

台風が来るからというわけで 週に1度の娘との時間は 早めに家に帰ることに

仕事を早めに切り上げ 車の中で しばし娘との会話 ・・・ 体育の授業で ・・・

どうやら 逆立ちが思うようにできないらしい 

パパできる?と聞かれ 自慢げに得意中の得意さと返すあたりが まだまだ 私も子供

家に帰り 早速練習を開始 私も見せようと思ったのですが 家の中では無理

で 雨の中 外へ出て アスファルトの上で 逆立ちを披露しました

真っ直ぐ伸ばすとき それから 逆立ちして歩くときは 膝からつま先を少し曲げること

などなど ・・・ そしたら 普段使わない筋肉を使ったようで

朝から 肩がこっています そうそう若くないんだからと思ったのですが

小学生の娘にとっては まだまだ パパはスーパン?だと思い

やっぱり無理をするんです 疲れていてもね ( 笑 )

小学校時代 競って逆立ちをしていた時期があり ちゃんと体も覚えているものです

ちょっといいところを見せた後は いつも以上に 素直な娘でした


さて 台風の影響は 朝方がピークだったようでした

ハウスやら 山羊さんたちの無事を確認に行き ひと安心

今日は 銀杏拾いと銀杏作りをしました 家族総出?です

拾った銀杏は2日ほど 水に浸し 果肉をブヨブヨに それから 専用の機械でゴリゴリ

よく水洗いし それから 3日ほど天日干し

天日干した銀杏を 大きさによって 振り分けていきます

といっても 機械のように精密ではなく 私たちの目でやっていきます

だから これもまた 肩こりの原因になるのです 仕方ないですが


この銀杏は 頼まれているところに出荷 それから 週末の農業祭で販売します

さらに 来週から始まる 神戸の催事 ( 高山物産展 ) でも販売します

厳密に言うと 美濃加茂産なので 高山ではないですが フルージック生産だから大丈夫なのです

ちゃんと産地も書きますし 何より 山羊さんたちが育てているんですからね

山羊さんたちの糞尿が しっかり?効いています

2013.10.16-1

2013.10.16-2

銀杏の果肉色も 新鮮さを表す エメラルドグリーンです 浅○飴ではありません

山羊さんが育ている銀杏 意外と人気が高いんですよね


それにしても 今日は1日肩こりの日でした 珍しいんですよね 私の肩こりは

普段から あまり気にならないというタイプなので ちょっとでも体に違和感があると

妙に気になり やたら 腕伸ばしたり 肩回したり ストレッチしています

それでは 明日からも いろいろと頑張ります


銀杏拾い
ようやく栗拾いが終わりに近づいてきました

毎朝 できるときは 毎夕とせっせと栗拾いをしてきました

栗拾い自体は好きなのだけど 蚊がうじゃうじゃ出てくるのが嫌い

長袖長ズボンは当たり前 頭からタオル被って マスクして

いわゆる完全防備で 作業しています

特に 汗をかいていたり かいた後に作業すると 蚊の近寄り方が尋常じゃないような気がします

やっぱり 蚊は嫌い 大嫌いです 蚊には申し訳ないけれど


で 今朝は 栗拾いして 銀杏拾いをしました

銀杏は 1度 水に浸しておきます

果肉が柔らかくなったところで 専用の機械でゴリゴリ

後は 綺麗に水洗いして 天日干しして できあがり しっかり臭うけど


秋は 実りの秋です

私たちが栽培しているお米 初霜は まだまだ刈り取らず もう少し待ちます

初霜が降りるころ 刈り取ることが 甘みが増すという 岐阜県のブランド米

新米になるのが 今からとても楽しみ 待ち遠しいです


今やらなければいけないこと それから 来年に向けて やることもあります

当たり前だけど 農作物同様 種蒔きはとても重要なんです

勝手に育って 勝手に収穫できるわけでもなく 

勝手に食べられる状態で お店で 売られているものでもありません

たくさんの人の手が加わっていることを しっかり意識してと思っています

  
銀杏の季節
今日も充実していた1日でした バタバタでしたけど

この時期 秋の収穫 行楽シーズンに暇だったら 考えものなので それでよし!です


さて 山羊さんが育てる銀杏 そろそろです

台風の影響 朝晩の冷え込み 銀杏畑には いくつか落下した銀杏があります

山羊さんの糞尿肥料が良かったのか?

2013.9.20-1

大きな実が いっぱいいっぱいにぶら下がっています
a gift from goats

あまりにもつき過ぎて? 枝が ・・・

too heavy?

枝の寿命もあるかなぁ それでも すごいです

ただ 例年と比較すると 夏の雨が少なかった分 全体的に小さ目かも

それでも この藤九郎という銀杏は 大きいです

もちもちです エメラルドグリーン色 とても 美しいです

そして なんと言っても 美味しいです

もう そろそろ 朝晩 時間があるときに 拾って

水に浸しておいて それから 専用の機械でゴリゴリ それから ゆすいで

ざるに載せて 天日干し 

今年は 銀杏を拾うの 手伝ってもらおうかなぁと思っています

もちろん 銀杏のおすそ分けですけど