プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
これなんだよね
午前中 美濃加茂で作業し 午後から奥飛騨入り

昨日は1日ずっと雨 それでいて ここのところ ずっと朝晩の冷え込み

丹生川あたりから 紅葉が始まりつつあると感じながら 車を走らせていると

時折 見え隠れする 白化粧をしたアルプスが 美しい

綺麗だなぁ と呟きながら 平湯トンネルにさしかかり ・・・

うわっ 思わず 安全なところに車を止め パシャリ

okuhida2012.10

5回目の冬? いやいや6回目? どちらもでいいのだけど

ここ数年 忙しかったせいもあり 景色を楽しむ余裕もなかったのかもしれないけれど

初めて 奥飛騨の紅葉と白く化粧したアルプスの景色に感動したときのことを思い出しました

何度見てもきれい 美しすぎるよと思います


紅葉も見頃 天気が良かったら ぜひ 奥飛騨へ遊びに来てください

ちょっと標高が高くなると 寒くなるので 暖かい服装で来てください


スポンサーサイト
勝手に ( 笑 )
奥飛騨は涼しいです

陽差しが強いと言いながら 美濃加茂で作業しているときと比較して

汗をかく量 水分補給の量が全然違います


さて 連日 ドラゴンの食べ比べが人気で とても嬉しいかぎりです

益々 美味しいドラゴンフルーツを作っていくことに精進致します

で というわけではないですが 先日 栃尾温泉の看板が作り直されました

tochio onsen

よく見ると 右端に ドラゴンフルーツの里と書いてあります ( 笑 )

勝手に名乗りました ・・・ こうなると こちらが元祖だの どうだの言われてしまうかな?

などと思いながらも 栃尾温泉の恵みで育っているわけだから 

栃尾温泉全体ののイメージが 少しでも広がればいいかな?と思い

フルージックでもなく 奥飛騨ドラゴンでもなく この文言にしました

月日が経ち いつか ここはドラゴンフルーツが盛んなところだと言われれば 本当に嬉しい

そうなるように 質の良い 喜ばれるドラゴンを作っていきたいですね

時間はかかるでしょうが 地元の方々に自信持って勧めて頂けるように 努力していきます


奥飛騨に来られたら ぜひ お立ち寄り下さい


ドラゴン食べ比べ
やっぱ涼しいです ここ奥飛騨は

夜も暑い 熱帯夜ということはなく ハウスの中で毛布にくるまって寝ています(笑)


さて 7月下旬からスタートした ドラゴンフルーツの食べ比べ

評判も良く とても嬉しく思っています

リピーターのお客さまも多く 本当にありがたいことだと感謝しています

また 他のドラゴンと比較することは好きではないけれど

それでも『 全然味が違う 』 『 瑞々しい 』 『 甘い 』 『 いろんな色があって面白い 』

って言われると やっぱり嬉しいものです

これこそ ご当地グルメだと力んでしまうこともあります ( 笑 )

ここにしかない ここでしか味わえない というものを発信していきたいです

最近 市内のお客さまも多くなっていることも嬉しいのです

時間がかかっても まず 地元の方々に知って頂くこと これが大切ですから

なので 今年も出血大サービスではないですが できるだけ多くの品種をと思っています

seven colors

7色のドラゴンではないですが 通常4種類ぐらいだったのですが

6から7品種 頑張って提供していきたいと思っています

これだけの種類のドラゴンを一度に食べ比べる場所は 世界でもここだけ?ですから

だけど この時期のイエローは 理由があって水分が多く 質は悪いです

それでも 楽しめます

これから来年の1月ぐらいまで 食べ比べができると思いますので ぜひお立ち寄り下さい

高山市奥飛騨温泉郷栃尾 温泉ハウスの前にある 喫茶・那由他で食べられます


2つのクリスタル
美濃加茂は 朝から雨 

奥飛騨に向かう途中 美女街道では 激しく降っていました

丹生川町に入り 標高が徐々に高くなると ・・・ やっぱり雪でした

奥飛騨は1日 雪が降っていました


で? 今日 地元のテレビ局 メーテレさんの50周年記念のライブ放送がありました

温泉部門でノミネートされていた 佳留萱山荘さんが見事最優秀賞を獲得

知っている人が賞を取ると とても嬉しいものです

それに 奥飛騨の温泉が素晴らしいっていうことの証明でもありますから

で 先ほど 私も 佳留萱山荘さんのお風呂に入ってきました

帰りには いただいたホヤホヤのクリスタルの盾を 拝ませて頂きました

crystal

クリスタルの盾を持ち帰ったから 雪(結晶:クリスタル)が降ってしまったのだろうか

なんて 親父ギャグを考えてみましたが ハウス内は1人ですから

誰も聞いてくれません なので ブログにてアップいたします(笑)


それにしても 何でも賞を取ることは素晴らしいし 1番になることも素晴らしいと思います

そんな素晴らしい温泉を活用する農業が出来て 感謝しなければなりません

もっともっと 情報発信に心掛け 外を意識して 人の流れを作れるような 

そんな農家になり そんな農業を創り上げていきたいと思っています


佳留萱さん おめどうとうございます!

冬色に染まる
昨日 奥飛騨に来ました

どうやら 寒波がやってきているらしく 途中から 雨が雪に変わってきました

どうりで 車の中が 冷たい風で支配されているわけだ なんて ひとりごと

確実に 冬が近づいている 

ちらちらと舞う雪は好きだけど やっぱり 冷たい風は苦手

特に 身も心も冬支度していない この時期は なぜか こころ落ち込むものです

ついに来てしまったかと ・・・ 

融けることのない 真っ白な雪道より 霙まじりのシャビシャビの路面の方が

なんだか 冷たく感じてしまうのは 私だけだろうか

こうして 奥飛騨は 雪景色へと変わっていく まるで 水墨画の世界のように

winter

1日1日 ゆっくりと雪景色は 広がっていきます

遠くに見える山々 だんだん近づいてきて 辺り一面が真っ白な空間へと変わっていきます

町を流れる水路からは 湯気が日増しに大きくなり 温泉街を演出していきます

湯量 湯質 申し分ない 奥飛騨温泉郷

2時間ほど前に 温泉につかってきたものの いまだ 体中はポカポカ

足下は コンクリートの骨材が 熱に反応し 遠赤外線を出しているので これまたジワポカ

さすが 温泉の力 なんて これまた ひとりごと


奥飛騨の冬色 寒いけど いいものです

ぜひぜひ 遊びに来てください