プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
奥飛騨レモン
昨日今日 奥飛騨でした

奥飛騨の朝は 例年と比較して とても暖かかったのですが

昼ぐらいから 冷たい ちょっと強めの風が

あぁ やっぱり冬が来るんだなぁと 寂しくなりました

今年のドラゴンフルーツは これまた例年と比較して 早目に収穫が終了しました

さらに イエロードラゴンの開花も1ヶ月ほど早く 収穫も早まりそうです


さて 今年の4月に開花した レモン ( アレンユーレカという品種 ) ですが

緑のまま収穫しました グリーンレモンですね

lemonfrusic1

lemonfrusic2

ちょっとライムっぽいですね

もう少しすれば 黄色くなるのですが 敢えて グリーンです

なぜか? 理由などありません ただただ収穫したかっただけです ( 笑 )

といっても ちゃんと1つ収穫して 切ってみて 食べてみて それで収穫したわけです

酸っぱいぃぃぃ というほどの酸味はないです

奥飛騨の温泉ハウスは 乾燥気味なので 柑橘類には適しているのかもしれませんね

とはいえ 需要があるかどうか

なってたって 広島や瀬戸内海の地域では 良質なレモンたちがいっぱい生産されているので

実際のところ ジャムなどに使う レモン果汁を 自分たちで作りたかったというのもあります

それに ずっと前 飛騨のJAまつりの際 ある女性から 国産のレモンを作ってくださいって

そんなことを言われたこともあり ・・・ ようやく 第一歩ですね

この先 量産していくのか それは分かりませんが 1つずつステップアップです


私たちは あくまで生産者

生産者としてやるべきことは 質の良い生産物を作ることです

それができるのかどうか ここ奥飛騨の地で可能かどうか まずは そこが基本です

4月に開花 11月に収穫 およそ7ヶ月でグリーンの状態で収穫できました


さて 今年も残り1ヶ月ほど 年内に片付けないといけないことが多々あるので

もうひと踏ん張りします 

そう 来年に向かって もうひと踏ん張りです

来年やることは すでに固まっているので あとは 実現できるよう整理しないといけません

  

スポンサーサイト
続きまして
続きましては ・・・ と呟きながら キーボード叩いたら

小学生時代に通っていた そろばん塾を思い出してしまいました ( 笑 )

暗算のとき 先生がよく言っていました

なつかしい 書道 それから そろばん 土日はスポ少で野球

塾通い スポ少 やり出してから 友達とくだらない?ことして 遊ぶ時間がなくなりました

といっても 書道は5年生ぐらいでやめてしまったし

そろばんに関しては 6年までやっていたけど 6年のころは ほぼサボりでした

塾に行ってくるわ と家を飛び出し 近所の空き地で 秘密基地作ってました

結局 それが親にバレて 叱られましたけど ( 笑 )


さて 先日は奥飛騨のレモンの話でしたが

今日は 美濃加茂のレモンです

そう 続きまして ・・・ といった感じです

lemonlemon2015

挿木して 地植えしたものです

鉢より地植えの方が 断然成長スピードが速く グングンと大きくなっています

成長が著しいので 花芽は期待していませんでしたが

ちらほらと小さいですが 蕾を見つけることができました

そうそう 実は 奥飛騨のレモンにも 蕾がついています

同じ時期に見られるということは ・・・ そういうことなんでしょうね

花は咲いても 実は期待していません

実がつけば儲けもん そんな感じで 見守っていきたいと思います




1つずつ
5年ほど前 国産のレモンを食べたい 農薬を使わないで ・・・

私たちのお店に来た女性から そのようなことを言われました

その場では できますなんて即答はしませんでしたが あれからすぐに

1本のレモンの苗木を買って ひっそり育てています

最近では 広島産のレモンが元気よく出回っていますね 

何と言っても 牡蠣に合うなんて いいじゃないですか 素晴らしい謳い文句だと思います


そういえば たびたび ドラゴンフルーツジャムに使われるレモンまでも 

フルージック産でとお願いされることがあります

さすがに すぐにはできないまでも 絶対に不可能ではないので 1つずつ階段を登っていきます

私たちは 露地ではなく ハウスでの栽培

ただ 高温多湿では 病気になりやすく 毎年課題を頂いております

lemon2014-1

lemon2014-2

lemon2014-3

こうしたカビが どううつっていくのか これも勉強だと割り切っています

1つずつ 1つずつ 経験しないと

あくまで 生産者として 美味しいフルーツを作る お届けする生産者として

ドラゴンフルーツやアセロラなどなど いろいろと聞かれることが多いけど

全くもって 私たちも素人同然です 達人なんてなれるわけもなく 

そうそう 植物をあなどってはいけないです 彼らのポテンシャルは もっとすごいはず


さて 明後日は 富山県の南砺市に行きます

温泉農業についての講演依頼があるので 頑張ってきます

資料作りもありますが こうしたものを作ることで 頭を整理できますから

 

次から次へ
1つずつ終わらせているのですが 1つ終われば また1つ

次から次へと いろんな依頼があり バタバタが続いています

建設業時代 会社を清算し 働きたくても お声がなかなかかからなかった時を思えば

忙しくて ちょっとした休み時間さえない今の方が どんだけ素晴らしいことか

どれだけ 今の状況が恵まれているのかと 本当に厳しかった月日を経験したからこそ

しっかりと はっきりと実感できます

私が持っている時間は 1日24時間 みんな平等にあります

そこから寝る時間を差し引けば 残りは 私自身が頑張れる時間です

時間は平等ですが 持っている能力は みんなバラバラ だから面白いんだと思います

1時間悩むぐらいなら スパッと切り替えるようにしています

とは言うものの なかなか 切りかえれないときもあり そういうときは 悩みながら作業しています

悩みながらでもできることがあるので 

ただ ここ最近 ようやく 自分の生き方 生きる道が見えてきたような気がしています

性格的に かなり不器用な部分もあるけど 嫌なことは嫌

たとえ嫌なことでも 将来 必要なことだと感じれば 喜んでやります

自身の能力の限界を知り 反対に 絶対にやれないとは 口に出さず

全ては 自分がいいように解釈し 自身が納得するような形で 自分を鼓舞すること

そうしていると 不思議といろんな縁があり いろんな出会いがあり

いろんな能力を持った方々と共感すれば これからを想像でき 一瞬で笑顔になれます

今は どんなに忙しくても どんなに腰が痛くても 楽しいです

子供時代の楽しいとは違い 40半ばの楽しいは かなり奥が深いと思います

楽しいというか 充実という言葉の方が 適切かもしれませんが


lemon2014.6.21

ハウスでは レモンの実が次から次へと大きくなっています

実になったものもあれば 新しい蕾 開花しているものもあります

レモンの木 息が切れないように しっかりと水やりをしなければ

同時に 私自身も長く続けていけるように しっかり食べて しっかり寝るようにします


  
レモン
今日は1日 打合せ 多治見市と可児市にいました

山羊さんの取組み 今年度に向けての調整と相談でした

明日からは 奥飛騨へ行く予定です

ただ大雪なので どうしようかなと思っています


さて 昨年 奥飛騨温泉ハウスに移設された 小さなレモンの木

ようやく環境に慣れたのか 少しずつ 新芽を出し始めました

okuhidalemon

温泉ハウスの中で 乾燥はどうなのか じっくり育てていきたいと思っています

今のところ いい感じです

やってみないと分からないことがありますからね 1つずつです


いよいよ オリンピックが始まりました

応援していた 上村愛ちゃん 見事予選突破 何としてもメダルを取ってほしいです

届かないかもしれませんが 取れるよう エネルギーを送ります