プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
抜け殻状態
昨日今日 山羊さん除草隊の取組みで 一緒に研究している

岐阜大学応用生物科学部3年生36名との現場実習が行われました

昨日は 山羊さんたちが出勤している さくら広場での実習

昨夜は みんなでバーベキューパーティで盛り上がり

そして 今日は 岐阜大学美濃加茂農場での講義でした


いやぁ 感無量

もう 死んでもいいやって思ったほど

適切な言葉ではないですね ただ 他に言葉が見つからないので お許しを

なんで そこまで思うかというと

ひと言で 大げさだと言われるでしょうが 命かけて 取組んでいるからです

1人でやるならいいですが 信用してくれる仲間がいて

それに この研究は 先生と学生たちとやっているからです

だから 絶対に中途半端にはさせない させたくないという強い想いがあります

それに 時間は有限なので

チャンスも1度きり 出会いもそう 全てが1度きり それから 自分の能力の限界を知っているから

1人では登れない山も チームを組めば 登れることもあります

そして チームは 伸び悩んでいた自身の能力を高めることも

もちろん 50に近づいている私は 自身の能力を高めるには あまり興味はありません

むしろ これからの若い世代の夢に乗っかりたい そんな感じです

お荷物にならないようにしないとね ( 笑 )


今回の現場実習は 必須授業 だから 出ないと単位がもらえない

つまり 学生の授業の一部になったわけです

とてもすごいことです

現場実習では 人力草刈り機を使って調査すること それから 山羊さんたちの行動を学びました

lesson1

台風の影響で雨が降るなんて言われていましたが 運が良く晴れてくれました

各班に分かれて それぞれ課題実習の開始です

lesson2

人力草刈り機の使用方法を教え 草刈りをする時間を計測

そして 自分が草を刈った面積を計測 そして 刈った草をビニール袋に入れ 総重量を計測します

人がやると 時間がどれだけかかるか どれだけ 刈れるかなどを体験します

もう一方のグループはというと 山羊さんの行動学と植生調査です

lesson3

単に座っているわけではなく 1頭の山羊さんをずっと観察しています

どの順番に どの種類の草を食べるか 嗜好性を調べたり 食べる感覚などを調査します

lesson4

それが終わると 規定の枡を使い その中の植生を調べます

どんな草が どんな密度で生えているかなどを調べます

こうした植生調査は継続が大切なので ここでは やり方を教えています

lesson5

学生全員が それぞれの作業を終え 自身で刈った草を持ち帰り 現場での体験授業終了

午後7時ぐらいから みんなでバーベキュー

いろいろと話をしました このクラスは 動物コースなので みんな動物が大好きです

改めて 山羊さんの魅力にはまったようです

山羊さんにおいては まだまだ 分からないことばかり 

イグノーベル賞を取ることだって夢ではない という話で 盛り上がりました ( 笑 )


翌日 台風が近づいている中 農場にある施設内で 講義がスタート

lesson6

美濃加茂市土木課の職員が 緑地管理をする行政の立場を しっかり説明してくれました

続いて 私たちフルージック 民間企業として 農業者としての立場を話しました

最後に 研究をしている先生が まとめるような形で話しました

後日 学生たちはまとめ レポートができあがる予定です


いやぁ 本当に素晴らしかったです

こんな形で これからを切り開いていく学生たちと関われることができて 本当に幸せです

学生たちを応援する そんな資金的な余裕なんてないですが

それでも 地域として これからの学生たちと関わっていくヒントがあると思いました

今日は エネルギーを出し切ってしまったようで 午後からは 仕事ができず 抜け殻状態

だけど 明日は明日で やることがあります

明日は 地元の高校へ行ってきます

置土産から手土産プロジェクトが 本格的にスタートしていく感じです

仕事しているの? 

みんなに疑われても仕方ないですね 

がんばります








スポンサーサイト
ヤギの日制定
今日は 必ずブログ更新しないといけない

ここ1週間ほど前から プレッシャーがかかっていました ( 笑 )

というのも ヤギの日を制定したからです


yaginewspaper

実は 昨年の4月から毎月 山羊さん新聞を書いています

どこに配られているか 身内だけです

美濃加茂市のさくら広場にある掲示板には 毎月 市の職員さんが更新してくれています

視察に来られた方にも配ることもあります

とにかく これは 今までの歩みを形にしようと思って

地道に活動をしているっていうのを 知って頂く努力をすること 

それから 自己満足もあります ( 笑 )


さて 今日は そんな記念すべき日に 美濃加茂市立太田小学校で

山羊さんとのふれ合いイベントがありました

美濃加茂市土木課の方々 そして 山羊さんの研究を一緒にしている岐阜大学の学生さんたち

そして 山羊さん除草隊を組織している 私たちフルージック

今日は 小学1年生と2年生 

生徒たちが来るまで 学校の裏庭の雑草をしっかり食べていました

yagi'sday2

裏庭で 山羊さんたちと遊んだり 岐阜大生による 簡単な山羊さんクイズをしたり

35度近くになっている外でも みんな元気に触れ合い授業をしました

yagi'sday1

校長先生 教頭先生 それから 担任の先生たちも

子供たちがこんなに喜ぶなんてびっくりしたって 私たちも 子供たちの笑顔で嬉しくなります

今日は お家に帰ってから みんな山羊さんの話をしてくれていると思うだけで

なんだか 私も頬が緩みます 

触れ合い授業がなかった上級生たちは 休み時間になると ベランダから見ていました ( 笑 )

午前中で終わり 今度は 美濃加茂市役所へ向かい パネル展示の準備です

yagipaneru

1人でも多くの方々に知って頂こう 美濃加茂市土木課の方がパネル展示の段取りをしてくださりました

パネルは 以前 東海農政局の消費者の部屋で使ったもの

研究内容は岐阜大学の先生 その他のことは私たちフルージック 

きれいに刷ってくださったのは 東海農政局の方々 みんなの力が終結した展示です

今週金曜日までの予定なので お時間があれば ぜひ 見に来てください

美濃加茂市役所の玄関ロビーに展示されています


ヤギの日

来年も 当然 やれる範囲で イベントをしたいと思います

地道な活動 とにかく 現場を大切にしていきたいです






山羊さん除草隊2016
4月になり 奥飛騨と美濃加茂 行ったり来たりの毎日です

明日は 車を修理する予定です 朝からレッカーで運んでいただく予定

燃費の良いレンタカーを用意して頂き 修理から戻ってくるまで 相棒とはしばしお別れです


さて 相棒 そう パートナーと言えば 山羊さんたちですが

山羊さん除草隊が 今年も始まりました

美濃加茂市内にある さくら広場という公園ですが そこで 今年も始まりました

なんと6年目? よく続いているなぁと思います

他人事ではないですが ここ数年 植わっている桜の木の成長が素晴らしく

年々 しっかりと桜を咲かせております

改めて 公園管理をしていて良かったと思います

sightseeing

この公園には 19種類のさくらがあります

春が来て 山羊さん除草隊がスタートする 風物詩になればと思っていたのですが

今日も各新聞記者さん それから NHKさんたちがやってきてくれました

本当に感無量です

私たちたちは ずっと継続していくこと その意味を求め

市民の皆さんの理解を得られるよう さらに さらにレベルアップしていきます

思います ではなく いきます 

予定は予定ですが 言い切ります


お時間があるようでしたら ぜひ 遊びに来てください

新しい価値観を創造し 持続できるような仕組みを作っていきます

山羊さん ありがとう


3年目報告会
山羊さんの研究が始まって 3年が経ちました

5年という期間が設けられ 岐阜大学応用生物科学部 美濃加茂市

そして フルージックの3者の覚書が交わさ 研究がスタートしました

データ集積がベースにあり それらをどう活かすか

活かすのが私たち民間の役割だと 意識しております

もちろん 日々の研究を支えるための環境を整えること それも私たちの重要な任務です

世に言う 耕作放棄地だとか 荒廃農地 あるいは 荒れた山林などなど

そうした場所に類似したフィールドで研究が続いているので

何らかの形で これから示すことができると考えていますが それ以上に

継続するための仕組みを見つけ そして 実践し 希望を見出すことが

さらに大きな比重を占めることになるだろうと考えます

なぜなら 耕作放棄地 荒廃農地 そして 荒れた山林での取組みにおいて

これといった成果を生み 継続していくことができると言える取組みが なかなかないからです


いつも書きますが 補助や助成は必要ですが それがありきではないこと

そこをしっかり意識した現場人を どれだけ育て 世に送れるか

偉そうなことは言いたくありませんが それが 共通する私たち大人の課題だと考えます

口を開けば 批判ばかりするので かなり煙たがられること多々ありますが

それは 1つ1つ現場での作業を積み重ねてきたという想いと自信があるからです

だからこそ 堂々と議論したいと思っています

そうした議論できる場所に登りつめなければいけない 登りつめるという表現自体嫌いですが ( 笑 )

現場は下じゃないのでね ですが 実際のところ そうなっている ・・・ 


こうして積み上げてきた実績を表現し 知って頂ける努力をする そして 仲間を増やすこと

とても地道で 時間のかかることだけど やらなければ 何も変わらない

ただただ 現状に批判するのは嫌なので とにかく 持てる力を目一杯発揮できるようにと思っています

少しずつ良き理解者が増えてきたことで

今回 こうして報告会に合わせて 今までの活動をパネル展示できることは 本当に幸せです

予算もなく 素人集団ですが それでも 理解者がそれぞれパネルを作ってくれたり

本当に よくここまで 活動が育ってきたなぁと思っています

yagiten1

yagiten2

みのかも文化の森にて 3月6日まで 展示されています

テーマは まだ決まっていませんが ( 笑 ) 山羊さんの研究報告会に関連してのことです

もちろん 学校でのこと 工場でのこと あるいは 置土産のことも

つまり 感じる 学ぶ 働く そして 繋がる です

感じるというのは 学校でのことです 山羊さん除草隊とふれあうこと

学ぶは 研究もそうですが 高校生たちの研究も含まれています

そして 働くは 工場でのお仕事です 継続するには ここが大切なことですから

最後は 繋がるです 山羊さん除草隊から あるいは 研究データから 何に繋げるかです

組み合わせはいろいろありますから それが 考えて実践する力です

そうした力を身につけた次世代が育ってくれれば そんな感じに繋がってくれればうれしいですね


正直な感想として 山羊さんの力は こんなもんじゃありません

私の力不足で 中途半端なことになっていますが これから もっともっと頑張っていきます

とはいえ すぐに結果が出ることではないので 地味に地道にです

その積重ねを どうか お時間があれば見に来てください

展示は 明日から3月6日まで 来週早々 少し 展示内容をより充実させる予定です

山羊さんの研究報告会は 2月27日(土)午後2時からです

みのかも文化の森 ( 美濃加茂市 ) です

当日は ひょっとしたら 山羊さんたちも連れていきます スイートポテトも配布されるかも?

お昼ぐらい お昼前に来て頂ければ パネル見て 研究学生の発表も聞けます


かなり マニアックに それでいて 画期的なことをやっていると思っています

協力してくれた皆さま ありがとうございます

再び出張中
先日の生中継 何とか無事終了しました

次回 感謝の気持ちを ブログにて書き綴りたいと思います


さて 昨日と今日は 御嵩町の中学生の子どもたちが 職場体験にやってきていました

職場体験? そう 温泉農業ではなく 山羊さん除草隊の方です

昨日は雨で残念でした ですが 今日は晴天

良い体験ができたようで 楽しかったと生徒たちから言われたときは とても嬉しかったです

改めて 地域の大人として 地域の企業として

やるべきことを見つけ 子供たちと一緒に 歩んでいきたいと思いました

今年から5年間かけて 次世代を意識した活動に シフトチェンジしていくと決めたこと

決して間違っていなかったと思う2日間でした

こうした機会を与えてくれたことに 深く深く感謝したいと思っています

そして 何より 数ある体験場所から 私たちを選んでくれたことに ありがとうです


そうそう 先月の25日から 岐阜県の西濃地域にある太陽光発電所に 山羊さんたちが出張しています

前回 この記事をアップしましたが ここは 山羊さんたちが除草するために

設計変更までしてきた場所です パネルが屋根 そう お家なんです

山羊さんたちの飲み水は ちゃんと井戸を掘っています

電気が流れる配線も 地中や高いところに 何から何まで 山羊さんが除草するためにといった感じ

この場所は 年2回 除草に行くという計画

出張する山羊さんたちは 基本同じです なるべくストレスを感じないようにと思っています

solar

2回目なので どうも覚えているようで 落ち着いた様子だったと思っていたら

案の定 毎日面倒を見てくれている担当者から どうも前回より 早い段階で草がなくなると報告が

冬に向け 山羊さんたちも太ろうとしているのか それは定かではありませんが

どうやら 予想より早く除草が出来てしまうことだけは確かなようです

あと1ヶ月ちょっと 12月の半ばごろまでは 何とか生草を食べられます

冬になれば 牧草へとシフトチェンジしていきます


山羊さん除草隊 ガンバレ