プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
違和感
東北での震災があって5年が経ちました

当時をゆっくり思い出そうとしても なかなか思い出せないことばかり

ただ そんな中で記憶に残っているのは 義父と連絡が取れ みんな無事だと知ってほっとしたことです

当時は 携帯がつながりにくく ・・・ 何かできることはないか

義父には 今まで通り 働け とにかく働け ・・・ と言われました

働くことで 復興につながるのだから ということでした

実際 始めたばかりの農業経営も厳しく 現地に行って 人助けをする時間的余裕もなく

いやいや作ればいい話でしょ と言われる人もいるでしょうが ・・・ そうですね

そうかもしれません ただ 私は目の前のことに精一杯でした

その後 福島大学の先生からの依頼で 起業することや地域農業についての講演に行きました

そこでも先生から念を押されたのも やっぱり働くことでした 

ボランティアや人助け あるいは NPOではなく 起業する意味と楽しさを話してほしい ・・・

いろんな視点があり 被害そのものも個人差があり 現在も格差があるのも現状です


私が中学生だった頃 生まれ育った美濃加茂でも 水害がありました

9.28豪雨災というもので 世帯数の15%が被害にあったと言われています

夜 親父に連れられ現場に行きました

川は怖い 水は怖い 泳ぎに自信はあるものの 私の奥底には今もしっかり刻まれています

それからすぐ 建設業をしていた親父は 3日ほど家に帰ってきませんでした

復旧工事のため 重機を運転していたと聞きました

その頃 親父が言っていた言葉は ちっちゃな災害であっても 格差が生まれるということでした

親父たち現場の第一線でやっていた作業員は 不眠不休 食べるものもなく作業をしていたそうです

ですが 救援物資が届けられた役所の周りでは 食べ物があり ・・・

3日もぶっ通し その上 飲まず食わずで作業していた人たちからすると その光景を見て 

違和感が生まれたそうです ・・・ それが災害というもの

そうしたちょっとした格差が イライラを生み 思ってもみない方向へ感情がエスカレートしてしまう

そんなことを言っていました 恐ろしいのは そこだと

強力なリーダーが必要であり その下で統率されないといけない そうした準備が必要だと


全てが平等に進むことなどあり得ないこと それぞれの立場があり それぞれの想いがあります

テレビを見て 復興のお手伝いをしている映像ばかりを見てしまうと

行ってお手伝いしていない私自身 なんだか役に立っていないというか ・・・ そんな気持ちになります

いやいや 働き続けてきたこと 

そうした1人ひとりの地味な 地道な頑張りが 復興へとつながっていると思います


さて 昨日 奥飛騨の温泉ハウスで育った パパイヤを食べてみました

eatpapaya1

種がない 種がないことに違和感があり かなりびっくりしました

eatpapaya2

種なしの品種なのか ・・・ 私自身が購入した苗ではないので 何とも分かりません

食べた感想は う~ん

難しいところです おいしいパパイヤを生産できる人がいるでしょうから

今の段階では 軽々しく私が言えることではありません


今できること 目の前のことを1つ1つ その積重ねです

そうした行動の積重ねが 復興へとつながっていってくれればと思います

まことに勝手な想いかもしれませんが 忘れるということは 決してありません





スポンサーサイト
次のステップ
昨日今日と奥飛騨 そして 今は美濃加茂です

温度差だけでなく 高低差もあります

そして 来週火曜日から神戸入り 再来週の月曜日の深夜 岐阜に戻ります

神戸では催事があります 例の高山物産展です

今回は 富山も一緒にやります 

催事は 午後8時までなので 終わってからゆっくりと神戸の街を楽しむことはできません

疲れているというわけではないですが ・・・ 疲れていないとは言えないですね ( 笑 )

夜 カフェに行くぐらいですが そうそう全国に友人がいるわけでもなく

1人だと出不精になります 

それに 高山の仲間となると みんな飲むの好きなので ・・・ 

ホテル近くの中華屋さん あるいは カレー屋さんで済ませることが多いです


さて 奥飛騨の温泉ハウスで育っている パパイヤ

今日 収穫してきました

papaya2016a

papaya2016b

papaya2016c

ここのところの暖かさで しっかり完熟していました

ていうか 完熟しているはずです まだ 食べていないので勘です

でも 柔らかい感触があるので たぶん大丈夫でしょう

明日 報告できると思います

品種は? 分かりません どこで 何年ものなのかも定かではありません

平湯温泉で育てられていたもので 実がつかないからと言って 苗を持ってきたところ

その年に しっかり花を咲かせ 実がなり 年を越して 収穫です

奥飛騨の温泉ハウスの状況が良いとも言えますが 木そのものも成長していたんでしょう

木の年齢 そして 温度と光など とにかく すべての条件が揃わないとダメですね


さて 私ごとですが 次のステップに動き出しています

いろんな話もあります ただ 体は1つなので やれることには限界があります

それでも 話がある 頼って頂けることは とてもありがたいこと

どうしようか なんて考えながら 車を走らせていると ラジオから

GReeeeN さんの 「 遥か 」 という曲が流れてきました

よくよく歌詞を聞いていると ふと思うことが その言葉が気になり

私が考える 次のステップに重なり ・・・・ わぁわぁわぁ ・・・ だよねぇ なんて ( 笑 )


余裕なんて これっぽっちもありませんが やっぱりそうだよねと

親父は健在ですが 私も娘の親父です

それに 学生たちと一緒に活動していると ある意味 親父です


いざ 行こう

です

こんな感じ
早朝 美濃加茂から奥飛騨へ

午後には 高山に寄り 打合せ 夕方には美濃加茂に戻り 今も事務処理を継続中

車での移動時間は なんと7時間ほど かなりもったいないようですが

その時間を 考える時間に充てています

それから お昼休みと言われる時間は 移動時間に充てたり

そうすると 打合せがすんなり組めるので

ただ 昼ご飯を食べる時間がなくなったり あるいは 移動中に食べたり そんな感じです

こういう忙しい時間というか 切羽詰まった中で考えるのに慣れてしまったというか

限られた時間をどう使うか 結構 有意義に時間を使えるように?なるもんです

今日の事務処理というか 資料作りは この辺で終わりにします

ブログを更新して そろそろ家に帰ります

明日は 午前午後と打合せ

ただ 今後に向けてのことなので かなりワクワク感でいっぱいです ( 笑 )

強気に ただ強気に 攻めるのみです


さて 奥飛騨の温泉ハウスで育っているパパイヤですが やっぱり黄色くなってきました

papayafrusic1

papayafrusic2

いつになったら食べごろ?

何とも分かりませんが まっ なるようになるです ( 笑 )

いつも まぁ こんな感じです

こんな感じでやれているときは かなり充実して やる気がみなぎっているときです

現実と理想 それから 夢 バランスが良い状態です

何より 目の前に目標というか 壁というか そういったものが見えているので

それを どう乗り越えるか 切り抜けるか あるいは 新しい道を開拓するのか

切り開いていくっていうのは 楽しいです

それに 昨日は 山羊さんの研究をしている学生の卒論を聞きに 岐阜大学まで行ってきました

若い学生たちが それぞれテーマを持って研究し 論文を書く

そのお手伝いをできていると思うと 何だか嬉しいです

充実している気持ちになっているのは そのせいかもしれませんね

自身というより 若い世代が育っていく姿を見て エネルギーをもらったのかもしれません


さぁ がんばるぞぉっ


期が熟す
今日は 朝から 岐阜県庁での農業フェスティバル

私たちが陣取っているところは メインではない グランド

人通りが多いわけではないですが それでも 参加させていただいているだけありがたいこと

それなりに売り上げも求めなければなりませんが 

それだけでなく 何かしらを感じなければいけないと思っています


さて 奥飛騨の温泉ハウスで育っている パパイヤ

以前にも書きましたが 高山市内の方から頼まれて 面倒を見ています

ドラゴンフルーツを始めたころも 流通者から パパイヤを作ってくれないかと言われてこともありました

それでも ドラゴンフルーツやアセロラに対し まだまだ思うような栽培を確立できていなかったので

時期早尚だと 丁重にお断りしていました

お客様の口に入るものだから やっぱり あれもこれも手を出さないで

とにかく 一極集中ではないですが そういうことを意識してきました

そんな中 少しずつ 余裕はないものの 期が熟すではないですが タイミングというものがあり

それを感じたので 今回は依頼を受けたところです

で 温泉ハウスに来てから 数か月 花を咲かせ 小さい実をつけています

frusicpapaya1

しかしながら ・・・

frusicpapaya2

1つ目の実は 落下 

仕方ありません 大きな実ができることに まだまだ期待はしてはいけませんしね

まずは どのように性質があるのか しっかりと自分の目で見ていきたいです

そう 期が熟していないだけのことです

焦らず じっと待つ 時期が来るのを待つことが大切です


期が熟すではありませんが 山羊さんの取組みで ずっとやりたいことがありました

その1つですが それが いよいよ 現実のものになるかもしれません

そういう気がするだけですが 私は 直観派なので ( 笑 )

何をやるにも 1人ではできません

人を頼るのではなく それぞれの能力というか 持っている力を合わせることで 何かが生まれます

今の私 今のフルージックは そうやって成長してきました

農業フェスティバルにて よい出会いがありました

これから どうなっていくのか これから しっかりと意識して 頑張っていきたいと思います

ずっと思い続けていた出会いだったり あっと思うような出会いだったり

そらから これから先も どのような形で 人や動物 植物たちと出会うか分かりませんが

感謝する気持ちを忘れずに 取組んでいきます


淡い期待
久し振りの雨 少し 空気に湿気が加わったような そんな感じがします

相変わらず やることが多いものの

紅葉シーズン 忙しくなる奥飛騨にとって 

御嶽山の噴火により キャンセルが相次ぐなど なかなか厳しい状況なようです

考えてみれば 消費税のアップの影響があるのかな

行楽地だけでなく 消費する側に立つと やっぱり厳しいのかな?と

それに見合った給料のアップがあればいいのですが

なかなか地方には ・・・ 加えて 自然災害の多さ ずっと良い状況は続かないものです

それでも そんな状況の中でも 生きていかないといけないわけで

1つずつ 小さな心で受け止めて 前へ進まないといけないと 自分自身 言い聞かせています

世の中には 当たり前のことなんて1つもないこと

もっともっと自覚して 今できること これからのためにできることを考え

活動していくことが重要だと 改めてではないですが そう思うようになりました

40半ばになり 体を酷使しているせいか 腰が痛い 腕が痛い などなど

若いころは 寝たら治ったり 1週間程度で症状が改善されていたことが もうないのです

それでも 痛いからと言ってやめるわけにはいきません

痛いから 痛くない方法を考えること 痛くても やらなくてはいけません

それが 応用力であったり 人間力であったり 大ぎさですが 日々成長していることだと

体自体は 成長することはなくても 違った意味で成長できることを意識して

頑張っていきたいと思っています


さて 前置きが長くなりました いつものことですが

お付き合いのある平湯温泉のある施設で パパイヤの木を任されました

基本 私たちは いろんな果実に手を広げることではなく 1つに集中しています

それは 苗販売者ではなく 果実生産者であるからとも言えますが

その果実が持つポテンシャルをどう引き出すか 糖度だけでは伝わらない美味しさを追及

また 温泉を活用しているから その温泉の魅力を 果実を通して どう伝えられるか

などなど いろいろと模索しながら取り組んでいます

きれいごとだと言われるでしょうが 商売とか 儲かるとか そういう次元でやっているわけではありません

もちろん 生きていかなければいけないし お金がないと生活できないので

それらを否定するわけではありませんが ただ 地域にとって 私たちの役割を常に意識しています

それが 今のフルージックのあり方であったり 存在する意味だと思っています

あらら また 屁理屈が長くなりました 

そう そのパパイヤの木 実がつかないから預かって育ててほしいと

それなりに大きな鉢に植え替えて しっかり水やりをして 少し肥料をあげて ・・・

あっ 花芽がちゃんと出てきました ただ 初めてだからなぁと思いつつ どうなるのかなと

papaya2014-1

すると その3週間後後ぐらいかな 実がついていました

papaya2014-2

ドラゴンフルーツを始めたころ いろんな人に パパイヤを作ってくれと言われていました

とはいえ ドラゴンフルーツやアセロラだって まだまだまともに出来ていないので 

ずっと断っていました が 今回 地元からそういった声がかかり 苗が私たちの元にやってきたので

今も こうして育てているわけです

パパイヤだっていろんな種類があるだろうし それらの種類の違いも知りたいし

ただ単に 資料読んでというのではなく 自身の体験から説明したいものなので

少々時間はかかるかもしれませんが 少しずつ 栽培を通じて 勉強していきたいと思っています

本音を言うと どんな実ができるか その味はどんな感じ とか

淡い期待を持っています

とはいえ 初めて実をつけているので あまり無理をさせないようにと思っています

無理をさせるのは 私の体ぐらいにしておきます ( 笑 )