プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
そろそろ
雨がしっかり降って 暖かくなる

春は とても速いスピードで駆け抜ける

そんなイメージ 私にはあります

植物たちもそう 一気に青々とし 蕾を持ち始めます

ところが 昨日の雨 そして今日 しっかり冷え込みました

例年にはないような感じ 

いつもなら 暖かい朝を迎えていたはずなのに 

風が冷たい 気温もさほど上がらない様子 

すぐそこまでやってきている春 嫌気をさしてしまわなければいいのにと

ちょっと心配してしまいます

それでも 今か今かと待っている植物たちは ゆっくりと開花の準備を始めています

floridasweet2014

蕾の先端 うっすらと淡いピンクが顔を出しています さくら色

そうそう アセロラは バルバドスチェリーとも言われているので 桜色に納得

1度目の開花は さほど期待できないけれど それでも いくつかはと思っています


これから 山羊小屋へ行き 生まれた子山羊の除角をしてきます

この作業は 一番嫌 何回やっても

ただ 多頭飼いする私たちにとって 除角は ある意味 必要だと感じています


FC2 Management
環境は大事
3月が近づいているというのに 朝晩の冷え込みは かなり厳しい毎日です

幸いにして 降った雪が融けてくれたので とても助かっています

とはいえ ハウスの上に乗っかった雪は 氷となり 溶けるのに時間もかかりました

奥飛騨は それなりの設備にしているので 心配はないのですが

アセロラのハウスは 一般的なもの 大雪には 耐えられない部分もあります


毎年 いろいろ試しています

今年は 極力 内カーテンも開けないようにということで 今までやってきました

時折 ハウス内部の湿気を出したいし 暑くなりすぎないようにしなければなりませんが

保温ということに ある意味 重きを置いてきました

なので 締め切った状態だと 日中 真冬でも40度近くになることも

その温度差もいかがなものか?と思いつつ やってみないと分からない

ということで 管理する仲間に お任せしています

例年だと 2月の終わり あるいは 3月の初めにならないと

新芽が出で来なかったアセロラが 2月の中ごろ前に 出始めていると報告がありました

実際 見に行くと 

2014.2acerola

今までの感じだで説明すると 3月に新芽が出始めた場合 蕾も出始めます

新芽と蕾がセットの状態というのが パターンでした もちろん 最初は 新芽

まだまだ 寒い日が続くので 何とも言えませんが

このやり方で 半月から1ヶ月ほど早くなるのであれば 出荷も 比例して早まることに

常に一定に それなりに高い温度を保てばいいのかということではなく

1日のトータルを考えることもでき その積み重ねで 1ヶ月の積算温度も導かれます

それが どう影響するかは別として そうしたデータは必要不可欠だと考えます

植物だけでなく 動物もそう 育つ環境が大切

さらに言えば、動植物の性質 同じものでも 1つ1つの性格を考えた方針があればと思います

そんなものを無視した中で 生まれるものは まさに天才だと

そう考えると 天才は育てるのではないのかも

 
果汁
雪 そして 冷たい雨 

2月の冷たい風は 水気を含んだ大地を 乾かしてくれる

ただでさえ 朝方にしっかり冷え込み 霜柱ができ 乾きにくくなっているのだから

この時期の風 特に 山羊牧場にはありがたいものです


さて アセロラの加工品 少しずつ シリーズ化しています

アセロラ7 アセロラ25 そして アセロラ80

数字は アセロラの果汁を何%使っているか ということです

acerola1

acerola2

acerola3

とにかく 今のところ 果汁というか果肉にこだわっています

つまり 粉末にはしないということです

海外産を使うなら 運送やその費用を考慮すると 粉末がベストなのかもしれないけれど

私たちは 国内の生産者 なので なるべく果肉や果汁にこだわります

もっと言えば フレッシュにこだわります

アセロラのアメは これ以上 果汁を入れると うまく固まらないとのこと

なので 7%が限界だと アメ職人さんに言われました

では アセロラのゼリーは?というと 最後まで 果汁の割合を悩みました

で 結局 25%にしました 理由は 濃くて美味しい です

少なすぎると アセロラの味がしなくなり 濃いからといって 美味しいは保障されない

80%を使った ピューレみたいなジュース 今回は 下濾ししていないので

かなり ドロドロ感があります ヨーグルトやシリアルにかけてもOK

もちろん お湯を注いで アセロラティもいいです

80%の商品は ハチミツしか加えていません なので かなり単価も高いです

それでも 私たち生産者だからできることを 1つ1つ形にしていきたいと思っています

アセロラ7 アセロラ25 アセロラ80 そろそろネット販売もする予定なので

ご連絡していただければと思います

楽しいですよ 新しい商品が生まれるのは 


そうそう ラベルは いずれ近いうちに チェンジすると思います

今年は寒い!
今年は寒い 美濃加茂のアセロラハウス 及び 実験棟

ギリギリにまで下げた温度設定をしているものの 例年以上に 暖房機が回っていると

仲間から 年明け早々 報告がありました

そういえば 昨年の12月 今年の冬は ・・・ 寒いと言っていたなぁと思い出し

あっ 当たっている と

スキー場からすれば 寒く 雪が降った方がいいのかもしれませんが

冬場の温度管理に気を使う 私たちのような農家にとっては やっぱり 暖かい方がいい

立場違えば いろんな意見があるので なかなか難しいものです

まっ 寒さもほどほどに ですね


さて フロリダスウィートという甘味系のアセロラ

冷え込みの影響もあって 緑色した葉が 黄色くなり 落ち始めています

2014.1.9-1

2014.1.9-2

まだ 幾分青々しているように見えますが いやいや そう見えるだけです

これからが アセロラにとって 耐え忍ぶ?月なのかも

日差しが強くなり始める2月下旬 3月まで辛抱です

ハウス内は6度ほど おそらく ピンポイントで5度以下になっているところもあるでしょう

ただね こうして 木を休ませる期間があるから 良い実をつける秘訣かも

南国で 温度気にせずに ぬくぬくと育つのがいいのか

それとも 越冬の厳しさを知った方が 美味しいアセロラの実をつけることになるのか

それにしても 今年は 美濃加茂の暖房費が 昨年以上になりそうだから困ってしまいます


そうそう 実験棟で育てている マンゴーやレモン 今 蕾は花を咲かせています

いつもギリギリ
明日と明後日 環境大臣表彰のため 上京してきます

上京すれば 寄りたいお店など 営業をいくつかしてきます

こんなことを言えば叱られそうですが 営業の方が 楽しみなんです ( 笑 )

なぜ? それは 表彰式では 慣れないスーツを着て シャキッとしていなければならないからです

いつも現場で 好きなように動いている私にとって

そうしたところは苦手なんです ダメですよねェ ほんと

たまには シャキッとしないと ということで こうした機会があれば

なるべく参加したり 参加できるために 応募したりしています

で 運が良かったり 縁があれば 選ばれという流れです 


さて いつもギリギリ

上京しなければいけないのに 今日も1日やることが多く 結局 まだ終わっていません

それでも ブログを更新 でも この更新は 今日やると決めていたので

というのも 来週から 名古屋の松坂屋さんで 高山物産展が行われるのですが

そこでお披露目する 新しいオリジナル商品が出来上がりました

アセロラ25 ( クウォーター ) アセロラニジュウゴって読んでもいいですが ( 笑 )

アセロラセブンというのが アセロラ果汁を7%使った塩飴でしたが

今回は アセロラ果汁を25%使ったゼリーになります かなりリッチな感じです

もちろん 香料などは入れません

私たちが育てたアセロラの風味 しっかり出ていますよ

価格は いつものように高くなります 地元 ( 岐阜県内 ) で 小ロットで作ります

加工賃がどうしても それなりにかかるのは 人件費がかかるため 当然のこと

アセロラの果汁もそうです 栽培から収穫 そして 一次加工 ( ピューレ作り )

人の手が加われば どうしても という感じ

1袋には 20グラム入りの小袋が 15個入っています

おそらく 価格は1袋 1500円前後になると思います でも 美味しいです

もし 欲しいっていう人がいれば ぜひ 連絡ください

ショップでは まだ対応していませんが 大丈夫です 

お歳暮に使いたいっていう人もいるので 箱詰めもできますので

で 画像は 今日の夜ぐらいに アップします

時間に追われていて 写真を撮った場所は 私の机

パソコンのキーボードが うっすら見えています こんなことでは いかんよね ( 笑 )

acerola25-1

acerola25-2

ところで 明日は メールが確認できないと思います

明後日の夜以降になると思いますので どうぞ ご理解願います