プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
アセロラ満開
昨日まで奥飛騨でした

温泉ハウスでは ドラゴンフルーツの選定作業が 急ピッチに行われています

そんな中 フロリダスウィートという甘味系のアセロラ 超満開です

FloridaSweet2015

結実するかどうか それは次の問題ですが 

アセロラの本拠地は 美濃加茂 その美濃加茂のハウスは ようやく蕾がではじめたぐらい

これからです これから 復活してくる予定です

今年は 4月に冷え込みましたから 出始めていた新芽がダメージ受けましたからね

しょうがないですし 冬場も温度をギリギリにしているので

復活するには 時間がかかります


今年のアセロラの収穫開始は 予定通り 5月下旬ぐらいでしょうか

このままのペースだと 5月末から6月初めが初収穫

6月下旬ぐらいから7月に入って ピークになる そんな感じです

アセロラ情報も ブログにて情報アップしていく予定なので よろしくお願いいたします

ちなみに ドラゴンフルーツですが 先日 美濃加茂の実験棟で 2輪ほど咲きました

ではでは

明日もバタバタですが 1つずつ 仕事を終えていきます




スポンサーサイト
気づいたら
昨日14日で 45歳となりました

あいにくの雨 屋台が出ない高山祭となり ちょっと寂しさが残るものの

それはそれで仕方のないこと お天道様には逆らえません


さて 今日も1日雨 突然の突風など 荒れる1日となる予定でしたが

なんと昼前から晴れ 気温もだんだんと上がり 久し振りに暑いと感じる1日でした

そんな中 美濃加茂のハウスを見て回ることに

選定作業が終わったハウスは きれいに後片付けされており

これから 蕾 花 そして 実がなるのを待つだけ

太陽が顔を出さない それでいて 暖かくならない日が続いているので

おそらく収穫は遅れがちになるのではないか そう思っています

まだかな?まだかな?と 期待を込めながら アセロラの枝を見ていると

あっ 2輪咲いていました

まさに 気づいたら ・・・ 気づかなくてゴメンです

floridasweet2015

これから どんな感じで育っていくのか まだまだ天候に左右される時期ではありますが

5月下旬 なんとか 6月上旬には アセロラを出荷できるようになると予想しています


疲れたらアセロラ
昨日今日と暑い というより 蒸し暑い

夕方 美濃加茂のハウスでは 温度35度 湿度90% サウナ状態


先日 奥飛騨へ行ったとき 奥飛騨の温泉ハウスで育つ フロリダスウィートに驚きました

奥飛騨で6年 ようやく たくさんの実をつけました

毎年 そこそこ実をつけていたのですが 木が充実してきたのか

それとも 環境が良かったのか 核心はないまでも 1つの方向性が見えてきたように思います

fsokuhida

味は?というと まだまだ安定してなく 美濃加茂と比較しても 酸っぱい状態です

これからどうなるか 来年どうなるか です

こうしたことを 1つずつ 1年ずつの積み重ねですから

果実生産農家となると 尚更のこと 量と質のバランス 本当に難しいですね


暑いだけならいいのですが この蒸し暑さ 台風の影響もあり

湿度が高く 不快感がマックス状態 汗も乾かず 着ている服も汗が染みこんだ感じ

そうなると 疲れも増してきてしまうようで ぐったりしてしまいます

そんな時は アセロラハウスで いくつかアセロラを食べます

昨日は テレビの収録と収穫があったので 完熟したアセロラをいくつか採り

家に帰って 腐りかけの完熟アセロラだけを絞って 100%のジュースにしました

贅沢と言えば贅沢なものですが 生産者の特権というやつですね

acerola100fs


基本的に アセロラ果実の果肉色はイエローオレンジですが 

完熟すると 果肉も赤に近くなります ただ 痛みが早くなるので 流通や加工には適さず

そうなると なかなか 赤色をしたアセロラの加工品も生まれてこないわけです

日持ちしない 腐りかけの完熟アセロラを すばやく一次加工 ( 冷凍など ) すればいいのでしょうが

実際は なかなかハードルが高いと思います

だから 完熟手前のアセロラを収穫し 加工品が生まれ 赤い色素が必要となるのです

全てがそうではないと思いますが 

アセロラ果実は 1粒で 1日の成人が必要とするビタミンCを含有していると言われています

とはいえ こう汗をかいたりするので こまめに摂取するというのが望ましいですね

あと塩 これも大切です

市販されているジュース これも 塩とフルーツをヒントに開発されたと言われていますが

実際 ベトナムでも 緑のアセロラ果実に 塩と唐辛子をまぶして食されるようです

一部の方々かもしれませんが 夏場の暑さを乗り越えるには

ミネラルを摂取することが とても大切なんですね


そうそう 山羊さんたちも マグネシウムなどミネラルを含んだ塩をなめています

夏バテ防止目的ではないと思いますが この時期の塩は 夏バテ対策にもなっていると考えます

ただし 取りすぎには注意です

暑い夏 張り切っていきましょう!



アセロラ2014
さて アセロラの出荷がスタートしました

少しずつですが アセロラハウスでは いくつか実がぶら下がっています

まだまだ 深い緑色をしているものから 赤くなったものまで

私たちのアセロラは フロリダスウィートという 甘味系品種

アセロラには いくつか品種が存在します

ただ 国内で苗木として出回っているもの 栽培されているものには 品種がありません

元々 日本にはなかったもの では どうやって?

実生からは まず 無理です 緯度が関係しているとも言われていますが 定かではありません

検疫を通さなければ 日本に持ち込むことができません

私たちが栽培している フロリダスウィートは 当然 検疫を通しています

なので そういった資料はあります これが とても重要ですから 

もし 苗木屋さんで フロリダスウィート苗が出回っているとしたら それは?かも

私たちは 苗販売をしているので そこから増えたかもしれません

当然 どこへ苗を出したか 私たちもちゃんと把握しています

フロリダスウィートという品種は 比較して 大粒でジューシー そして 甘いと言われています

甘いといっても 砂糖のように甘くはありませんが 市販されているような ジュースの酸味はないです

完熟すると ぶどうのように甘くなりますが そこまで 完熟させると 日持ちはしません

ただ 完熟手前で収穫すれば 酸味と甘み そして 瑞々しさのバランスが良く 美味しいです

花と実 同時に繰り返していくので 水やりのタイミングが難しく 

いつも バランス良い美味しさではない ちゃんと甘さを感じることができるとは限らない

そこが 大きな課題でもあり まだまだ 努力と経験が足りません

そんなアセロラの実を 上手に収穫し 手際良くパックに詰めれば 冷蔵庫で1週間は日持ちします

昨今 日持ちしないということが言われていますし そうしたお問い合わせがありますが

それは 間違いです 確かに 表皮が薄く 摘み取った後は 傷みやすくなりますが

収穫のタイミング 仕方 その後の保存をしっかりすれば 日持ちするんです

日本では 食べる文化がないから 流通しないだけなんですよ 収穫量も少ないし

流通しないのは 日持ちしないからなんていうのは 大きな間違い

私も1人の生産者として そんな情報を出している方がいると とても寂しくなります

ちゃんと知ろう ちゃんと調べよう そう思います

ドラゴンフルーツだってそうです 品種があること 水やりのタイミングで とても甘くなること

味がない 不味いなんて 軽々しく言われたくない!って 生産者として思いますから ( 笑 )

とはいえ まだまだ 本来のポテンシャルを引き出せていないのも事実なので

これからも 努力していきます 


今日は お客さまから 緑のアセロラを出荷してほしいと言われ 収穫 出荷しました

green acerola1

green acerola2

アセロラは ご存知のように ビタミンC含有量が高く 流通する果実の中では 一番です

赤くなった実より 緑の実の方が ビタミンC含有量が圧倒的に高いことも調査されています

それを知っている方からの依頼 こうした変わった依頼は とても好きです

果実としての美味しさは 完熟するよりありませんが 天然のビタミンCを摂取したい方にはお勧めかも

ただ 大きくなる前に収穫すること どれを収穫するのか などなど

赤い実を収穫するより 若干 手間がかかるところがあるので ちょっと割高ですが

何でも 希望を仰って頂ければ なるべく 対応したいと考えています

生産者 ちゃんと 現場で作業をしているから そうした依頼にも 迅速に対応できます

アセロラは 出荷がメインですが 今年も アセロラ狩りをやる予定です

連絡頂ければと思います

暑い夏 アセロラの季節がやってきました!
 


今年初もの
ゴールデンウィーク たくさんの方々が奥飛騨に訪れてくれ 本当にありがとうございました

騙されて?とお願いしながら イエローを食べて頂いたお客さまからは

ドラゴンフルーツのイメージが変わったって言われ とても嬉しいかぎりです

とはいえ 一度 美味しくないドラゴンフルーツを食べてしまい

植えつけられてしまったドラゴンフルーツへのイメージを変えるには まだまだ 時間がかかりそうです

それでも 地道に頑張ります ドラゴンフルーツ伝道師として?頑張っていきます ( 笑 )


さて 今日は 美濃加茂での作業でした

山羊さんの出勤日でもあり 朝から1日 バタバタでした

アセロラのハウスへ行くと いくつか緑色した実がぶら下がり 

収穫のシーズン到来を感じさせてくれます

その中で 3粒ほど 赤くなった実があり 丁寧にもぎり さっそく食べました

acerola2014.1

acerola2014.2

まだまだ小粒でしたが しっかりとアセロラの味がしていました

ちょっと植物っぽさが残り これぞ アセロラっていう感じがして 今年もひと安心です

5月に入り 少しずつ暖かさが落ち着きはじめ ハウス内の植物たちも元気になってきました

これから アセロラとドラゴンのシーズンとなります

よろしくお願いいたします