プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

10 | 2006/11 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
嘘だろっ!
最近は、本業が忙しくなかなか『ひとりごと』が書けませんでした。
『ひとりごと』は、毎日のように呟いていますが・・・
ところで、最近収穫したドラゴンフルーツは、どれを食べても甘いです。これは、木が充実してきたのか、はたまた、寒暖の差で甘みが増しているのか、分かりませんが、本当に美味しい。
おそらく、否、間違いなく、国産やアジア産のドラゴンフルーツを食べたことのある人は、これが、ドラゴン?っとあまりの美味さに絶句するでしょう。 間違いない。(長井風に言ってみる)
白、薄ピンク、ピンク、紫、朱、赤とさまざまな色を見るだけでも圧巻ですが、食べて2度ビックリです。 糖度は、なんと19度を越えるものまであります。メロンのように瑞々しく甘いのに、後に残らないので、どれだけでも食べれます。 食物繊維もとても豊富ですし、その他ミネラルも同時に補給できるので、まさに、健康フルーツです。
でも、もう1週間か2週間で、収穫も終わりです。
しかし、現在、イエロードラゴンの受粉をしていますので、おそらく年末か年明けには、収穫できるでしょう。 私が知る限り、イエロードラゴンが一番甘いと思います。 初めて、口にしたとき、あまりの甘さにびっくりして、サボテンの実であることを忘れてしまったほどです。
ただ、今回は、50収穫できるかどうかなので、もし、食べてみたい人は、早めに連絡ください。
ちなみにイエロードラゴンは、秋から冬が収穫のシーズンです。このことからも、他(赤や白など)のドラゴンとは、種が違うのです。 木も容易に区別することができます。 私たちは、現在24種類のドラゴンフルーツを栽培していますが、毎日見ていると、その違いが分かるようになります。 気のせいかもしれませんが、話しかけているように感じることが多々あります。 農業は神秘的です。

スポンサーサイト