FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
転げ落ちる前に・・・
Mt.Fuji-1

昨年、富士山頂から下りてくるときに撮った写真です。
ものすごい急な勾配で、一度転ぶと何十メートルも転がってしまう。
だからといって、ブレーキかけると脚が笑ってどうにもならなくなる。

ガソリンの値段の値上がりが止まりません。
それに伴い、工業はもちろん、農業までもが深刻な状態になるだろう。
なぜなら、温室栽培している果物はたくさんあるからだ。

その打開策として、バイオエネルギーという技術が注目され始めた。

今朝、出社すると電話が鳴った。
『○○ですけど、バイオエネルギーで注目されているとうもろこしとかに投資しませんか?』と。
バイオエ・・・と聞いただけで、『興味ありません』と即答した。

人間が生きていく限り、エネルギー問題は一番大きな課題の一つだと思う。しかし、それと同時に食料も大きな問題の一つであることは変わらない。
いや、食料の方が大切だと思う。

大豆農家が、次々ととうもろこし栽培に変わり始めた。大手商社も大豆確保に躍起だ。大豆の味に気付いた欧米諸国、そして中国と競争である。将来、納豆や豆腐が食卓から消えるかもしれない。消えないとしても国産は・・・なくなるかも。

私がバイオエネルギーをなぜ、忌み嫌うかというと、まず生態系を乱す確率が高いということ。
第一に、人間が食べるものではない。すると、いかに効率良くエネルギーをたくさん取れる植物を栽培するかである。農薬はある意味かけ放題?そして、遺伝子組替えも頻繁に行われるだろう。
考えるだけで・・・恐ろしい。
そして、食糧難を引き起こす可能性が高いこと。
現実、とうもろこしの値段が上がり、それを主食とする人たちが手に入らなくなってきた。

エネルギーは、今の生活を維持するのに大変重要なことであると思う。
しかし、食べるための農業をもう一度考え直して欲しい。
若い力が、バイオエネルギーばかりに流れ込まないことを祈ります。

Mt.Fuji-2

一度転がると引き返すのに、相当な時間がかかります。
今ならまだ、間に合います。
ふと、見上げた時 『こんなにもきてしまったのか・・・』 と思わないためにも。

Simple is the Best. 食べるためにつくる。

なぜ、栄養価を含んだ植物が生まれたのか・・・もう一度、考え直そう。
スポンサーサイト