FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
守るものがズレている?
今朝、新聞読んでいてとてもショッキングな記事を読んだ。

最近、食品にまつわる不正が多く指摘され、経営者の責任が追求されている。
真面目に作っている生産者にとっても、信用して買ってくださる消費者にとっても、とても悲しいことです。
私は、生産者であり消費者でもあります。自分の知っている分野では、必ず疑いの目(寂しいけどね)を持って、商品を手にします。
だけど、無知の分野ではイメージだけで買ってしまう。
私たち消費者ももっと第一次産業のことを学ばなければいけないと思う。
その姿勢が、生産者の質を高めることにつながるのでは?とも思う。

あっそうそう、ショッキングの記事とは、
私の実家のそばのある県立高校で、生徒さんが栽培したお米を販売するというところでおきたこと。
当初、教諭は栽培した生徒さんご家族に優先的に売りたかったそうです。
しかし、なかなか売れなかったため、校内で募ったところ注文がきた。
すると、後日、栽培に関わった生徒さんの親からも問い合わせがきてしまったのです。
教諭は、『 売り切れです 』 と言うことができず、インターネットで古米を購入し、それを売ってしまったとのこと。
おかしいと思った学校側は、即座に返金して謝罪したと書かれていました。
教頭は、利益を求めての販売ではなかったので、これからはもっとモラルを徹底したいとコメントしていた。

私は、このコメントを見てびっくりしてしまった。

『 モラルを徹底したい 』 という部分ではなく『 利益を求めての販売ではなかった 』 の方が私には問題に感じたのです。
なんか、大切なものを忘れている?って思ってしまった。
確かに、新聞を読んだだけなので一概には言えないが、この言い方だと利益追求じゃないから別にそれほど悪くないとも感じ取れる。

本来、学校とは勉強やモラルを身に付ける場所ではないだろうか?
そう考えているのは、私だけでしょうか?
一生懸命栽培して、それを自分たちがつくったお米だと信じて食べた生徒さんがいると思うと・・・。

心情的に、その教諭の気持ちも分からないまでもないし、私もその場だったら、なんとかしたいという気持ちも生まれるだろう。

しかし、そこはグッとこらえて、勇気を持ってはっきり言うことも大切だったのではないだろうか?
今回は、学校でのことなので、大きな問題にもならないけれど、これが民間の会社なら、袋叩きですよ。特に今はね。

最後に、これを教訓として生徒さんたちに、このような真似は一般社会では通用しないと教えて欲しいです。

考え方を変えれば、この問題は生徒さんたちにとっては、どこの会社へ行って社会体験するよりも勉強になったことだと思います。

何が大切なのか、何を守らなければいけないのか、私自身考えさせられる記事でした。

スポンサーサイト