FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
第六次産業
知っていましたか?
第六次産業と言う言葉。

私は、知りませんでした。
農業のパンフレットを見ていて、ふと気になった言葉だったのです。

第六次産業とは、農業の経営形態の新しい形として提唱された形態だそうです。
提唱者は今村奈良臣さん。(単に、6次産業とも言う)

なぜ、6次?
最近の社会で変わったことだったのか?
なんて思い、遠い記憶をたどりながら ・・・

第一次産業は、農業、林業、漁業、鉱業。
第二次産業は、第一次産業が採取、生産した原材料を加工する産業。製造業、建設業、電気・ガス業など。
第三次産業は、小売業やサービス業などの無形財がこれに該当。
(コーリン・クラークによる古典的な産業分類の一つ)

そこで。
なぜ6次かというと。
1,2,3を足しても掛けても6だからそうだ。
(1+2+3=6 1×2×3=6)
なるほど!!!!!

でも、なぜこんな言葉が必要なの?

たしかに、最近の農業の形態は変わってきました。
私たちが目指そうとしていることもこの第六次産業になります。
作物をつくり、加工して、売る。

ドールのプランテーションのように、以前から海外では見られてきましたが、ようやく日本も農業経営の多角化が注目をあびるようになってきたと思います。

栽培に力入れずして加工、販売に力を集中し利益を上げることが目的になってしまうことが課題になるように思います。
つまり、地元で採れたもので間に合わなければ、輸入してでも間に合わせる。
観光客が増えれば増えたで、嬉しい反面ジレンマが生まれてくるでしょう。

ただ、大切なことはそれで、町の活性化が進むという現実です。
そのために何をしてもいいかということではないですが、理想どおりに上手く進まないのが現実です。

私自身、わざわざ遊びに行って、今日は売り切れですなんて言われれば、やっぱりショックですからね。

そう考えると、やっぱり第一次産業の底上げがない限り、日本の底上げは期待できないのかもしれませんね。

明日は、奥飛騨に行きます。
温泉ハウスで寝ます。
遊びに来ます?(笑)
スポンサーサイト