FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
温泉ハウス ここにあり!
昨日から奥飛騨温泉郷栃尾へ。
平湯峠手前から徐々に雪景色に変っていった。
道路は白い。

snow-road

チェーンかスタッドレスタイヤが必要だ。

土曜夜から日曜朝にかけて雪が降り続くと天気予報で聞いた。
温泉ハウスは大丈夫であろうか?
計算上は問題ないと分かっていても、やっぱり少しばかり心配はあった。
でも、ワクワクする気持ちが心を支配していた。
40近くにもなって、温泉ハウスに寝袋で寝ることが楽しみだなんて ・・・ 正直、アホなのかも。
人には、体感温度を確かめたいなんて格好いいこと言っているけれど、本当はただ、だだっ広いハウスの中で静かにドラゴンたちと過ごしたいだけなのに。

前回の晩とは違い、午後10時前にはマイナス気温となった。
室内は17度前後をキープ。
外は、雪が深々と降っていた。

翌朝7時ごろに目が覚めた。
外を見てびっくり。
雪が降り続いていたのだ。

snowy

snow-15cm

一晩で15センチほど積もったようだ。
でも、温泉ハウスは暖かさをキープしているため、屋根にはほとんど積もっていない。
屋根に積もることが怖かった。なぜなら、根雪ほど重いものはなく、ハウスの負担が大きいからだ。
午後から陽が差したので、屋根の雪は融けてしまった。

そうそう、昨日、4種類のマンゴーたちを引越しした。
願わくば、温泉ハウスで花を咲かせてほしいと思っている。

onsen-mango


それから、パイナップルも順調でもうすぐ食べごろになる。
奥飛騨で正月にパイナップルの収穫するなんて思ってもいませんでした。(笑)

onsen-pine


来週は、そろそろ正月を迎える準備をしなければ。
その前にクリスマス?
スポンサーサイト