FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
昇り龍
今年一年間、大変お世話になりました。
私は、こうしてブログで日々感じたことや夢を語り実現に向けて進んでいく毎日の心の状態を書き続けてきたことで、自分の思いや一人の人間として忘れたくないものを確かめながら生きてこれたと思っています。
そして、何より嬉しく感じ、私自身を励ましてくれたのは、訪問者の方々がいたこと、コメントをいただけたことでした。

本当にありがとうございました。

余談ですが、私はブログなんてと思っていた人間です。
ネットで知り合って結婚したなんていう話を聞いても、良いイメージさえ持っていませんでした。
でも、今は違います。
何度も何度も言葉を書き込んだり、読んだりすることで相手が見えてくるということです。

私は、言霊を信じています。
それまでは、言葉を発しなければと思っていました。
でも、キーボードを打ち込む作業にも言霊は乗り移っているのだろうと思うようになりました。
なぜなら、私自身打ち込まれる文字(画面)を見ながら心の中で文章(言葉)をつぶやいているからです。

今まで、メールには気持ちがないと言い切っていた私。
そこには、知らないが故に相手を感じようとしなかった自分がいたのでしょう。
今は、何度も何度も言葉を交わすことにより、画面の向こうが見えてきている。
撮られる写真、趣味の画像などがアップされれば、想像力がさらに膨らみ画面の向こうが見えてくる。

人間は会話をしていて、言葉ではなく相手の思いを感じようとしている、だから頭で理解するのではなく、心に響く言霊を信じるのかもしれない。

もらって嬉しい手紙。
その一字一字から放たれる私を想ってくれた相手の心が伝わり心地より暖かさで包まれる。

実際、私は手紙とメールを使い分けている。
オンタイムでの情報はメール。でも、心は込めているし、つぶやきながらキーボードを叩いている。
手紙は、少々時間に余裕があり、節目節目にしっかりとゆっくりお礼を書き綴りたいとき。

だから、年賀状なんかは手書きが多いし、必ず一言は付け加える。
枚数が多いと本当に大変だけど、私が受けた恩や勇気はそれ以上だから。

そうそう、奥飛騨の温泉ハウスも初めてお正月を迎えます。
昇り龍のように来年は飛躍の年にしたい。
nobori-ryu


今年一年、大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

みなさま、良いお年を。
スポンサーサイト