プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
現実
今日は、とっても真面目なネタ。

農業に夢を感じて5年余りが経過します。
試行錯誤して今の温泉ハウスが誕生しているわけですが。

最近、農業への新規参入者とお話しする機会があったりと、全国で頑張っていらっしゃる方々と意見交換ができるまでになりました。
農業を応援しますと国も打ち出していますが、新規参入者にとってはまだまだ厳しいのが現実です。
私たちだけかと思ったら、みなさんが同じ悩みを抱えていらっしゃることが分かり、一体感が生まれます。

私は、この現実に苛立ちを感じたりしているわけでなく、むしろ、実績のない参入者に融資できないという立場、よく理解できます。私が逆の立場なら、同じことを言うでしょうから。
ただ、参入者の中にも1,2年だけでなく5年も自己資金を投入してまで、苦しい生活を送ってまで熱い情熱を注いで頑張っている人たちがいます。
私たちの熱弁は、一方的な主張だけではいけません。
やはり、結果として何かをイメージさせ心を動かせるものでなければいけません。
その努力や試行錯誤は、続けなければならないと思います。

その思いがようやく形になり、少しずつ仲間が増え、注目されるようになってきました。

あともう少し。
力を振り絞って、前へ進みたいと思います。

上手く軌道に乗せ、熱い思いを語れる場を持ちましたら、私たちは大きな声で

『 結果は財産でなく、結果を生み出す過程こそ財産である 』   と叫びたい。

農業に命を捧げてきた先輩方の経験や知恵を受け継ぐ時間は10年もないでしょう。
後継者がいないという現実を考えれば、急がねばなりません。

今の時代、道の駅や農協さんの朝市が、老齢化した農家の唯一の情報発信の手段です。

一方的な主張だけでなく、イメージできるよう舞台を整えるのも私たち新規参入者の役目だと思います。
運があれば、世代交代の役を引き受けたい。

※写真がなく、重苦しい?内容で ・・・ 次回は楽しくなるネタにします。(笑)
スポンサーサイト
春を感じる。
春は、すぐそこまで来ている。

連日、雪のネタばかりだけど。
今日は、春の気配を感じることができた。

農業をはじめて、季節を身近に感じるようになった。

フルージックは、24種類のドラゴンフルーツとフロリダスウィートというアセロラを育てている。
熱帯果樹栽培の方々のほとんどが、ドラゴンやアセロラに品種があることさえ、知らないだろう。
フロリダスウィートは、甘味系の品種で、他と比較して大きく、瑞々しく甘い、日持ちに適しているという特徴がある。
アセロラというと、ビタミンCである。
私たちのアセロラにも、100g中1700mg前後のビタミンCを確認した。
一粒食べれば、一日のビタミンCを補ってしまうほど。
スポーツをやられる方は、ビタミンCの補給がとても大切だそうです。

私たちのアセロラも今年から、ネット販売と奥飛騨温泉郷などでの直接販売をする予定。
梅の代わりに、アセロラをつけたりするのもお勧め。

常緑樹でありながら、冬に古い葉をほとんど落としたアセロラ。
新芽、蕾がたくさん出始めた。
新芽は先がとがっているけど、蕾は先が丸い。
Can you see it?

少しずつ大きくなる蕾。
ポコポコポコポコってなるのがアセロラの特徴。
Yes.

そんでもって、花が咲いた。
自家受粉して、結実したようだ。
この右の実は、天気と温度に左右されるけど、20~25日前後で完熟するだろう。
set fruits

私たちのアセロラは、年7回前後収穫できる。
もちろん、夏前後は収穫量が多くなる。
だけど、暑過ぎるのはNG。
何でもほどほどが良い。

サプリメントより、食べて元気になろう!
感動を表現すること
温暖化と言われているけれど、今年は寒い。
奥飛騨温泉ハウスのデータは、より良いものとなるだろう。

データを蓄積、分析することが財産である。
その過程がとても大切なことであり、その過程こそもっと認められる世の中になってほしい。
結果(利益)が重視されるようでは、育つ芽さえも刈られてしまう。
植物を育てることも若い世代を育てることも、時間がかかる。
時間がかかるから、揺るぎない自信が生まれる。
揺るぎない自信の裏側には、いつも不安が存在し、決して傲慢にならないようブレーキをかける。
それが、ものづくりの原点ではないだろうか。

2月は奥飛騨温泉郷のイベントが盛りだくさん。
15日から始まった平湯の結氷まつりを見てきた。
平湯大滝のライトアップ。冬の空に花火も上がった。
hirayu-falls light-up

平湯大滝のライトアップを見るには、駐車場から雪道を10~15分程度歩く。
外はマイナス10度前後と寒いけど、雪道を登るので体はポカポカ。
tree

同じ場所での写真です。暖色系の蛍光灯の意味が何となく分かりますね。(笑)
feel warm?

feel cold?

私たちの温泉ハウスがある栃尾の砂防ダムもライトアップ。
tochio-dam light-up

翌日は、温泉ハウスで作業。
一緒に連れていったチビは、雪に大興奮。
誰も踏み入れていない雪の上で、寝転がって遊んでいました。
down1

down2

down3


一緒にやろうと言われて、私も寝転んで空を見た。

小さい頃、雲を見ていた頃を思い出した。

何だか嬉しくなった。

ありがとう。

平湯大かまくら!
奥飛騨温泉郷には、いくつかの温泉地がある。
ちなみに私たちの温泉ハウスがあるのは、栃尾温泉。
源泉が70度前後、湯量も豊富で無色透明の単純泉。

昨日、栃尾から帰る途中に ???
『 何じゃ こりゃー 』
big-kamakura

ペー(タイヤショベルカー)が、穴の中に入ったかと思ったら、
back all right

気になった私は、お邪魔して中へ ・・・ ユンボ(バックホウ)が動いていた。
shaving?

この大かまくら、どれだけ大きいかと言うと
so big !

一日の作業終了ということで、
bar open soon

2月15日~25日の間、大かまくらの中でバーがオープンするらしい。
場所は、平湯のバスターミナルです。
これは、見る価値ありですよ。
お子さんも喜ぶだろうし、何より大人の私でさえ楽しくなってしまいましたからね。

ご機嫌のまま、車に乗り込み、いざ帰宅。
-10°

外は-10°でした。でも、そんなに寒いと言う印象はないんですよね。
風が強くなかったせいだろうか。

前から気になっていたものが ・・・
phone-box with snow
使えない ・・・ 電話ボックス君も寒いだろうな~。 足元から冷えているだろうし。

そう思うと 相棒の足に 『 ありがとう 』 と言いたくなりました。
thank you, my friend

まるで、鼻水たらしているみたい。
パトロール・スノーマン
降りましたね。
先週末(2月9日)、ポッポッポッと積もりましたね。

岐阜県というと雪国のイメージがあるようですが、美濃地方と飛騨地方では降雪量が違います。
私の出身は、美濃地方。
名古屋から北へ30キロ程度。
私が住むところから温泉ハウスまでは、北へ約165キロです。
岐阜県は広いです。

そんなあまり雪が降らないところでも約10センチ程度降りました。

くどいようですが、私は建設業にも従事しています。
雪が降ったり、路面が凍ったりすると除雪、融雪剤撒布の指令が下されます。

実は、私は融雪剤撒布は反対なんですけどね。
冬にスノータイヤに変えるのは当然、雪が降ればいつもより早く出勤するのも当然。
それに道路は、融雪剤で痛みやすく環境にも悪い。
ですが、観光地や主要道路はした方がいいと思っています。

土曜も除雪に行くことになりました。
夜中の0時から活動開始です。(交通量が少ないし、天気の回復が期待されたから)
暖かい格好に着替えに夕方、家に帰ったのですが ・・・

チビが待っていました。

少し仮眠しようと思っていたのですが、チビにはかなわず。
少しだけのつもりが ・・・
作り出すと技術者の血が騒ぐのか、凝ってしまう。(笑)
snowman

そして ・・・
patrol snowman

0時から翌日午後1時まで夜通し、除雪作業が続きました。
といっても、私は作業写真撮り専門。
実働してくれる仲間は、すごいです。

そうそう、『 ビームービー 』 が放映されていますが、私も撮っちゃいました。(笑)
暇があったら、ブンブンブンを観てみてください。

ビームービー、チビと観にいったのですが、なかなか面白かったです。
最近見る映画は、『たまごっち』とかばかり。
でも、気付かされることが多いんですよ。

立春ですが、まだまだ寒いです。
凍った路面で転んで骨折することがないように気をつけてくださいね。
自分の身(実)は自分で守るが、私の信条です。(笑)

冬の味覚?温泉パイン
ah ... pine ...

上の写真は、消えたパイナップルで紹介したパインの傷跡。
パインの傷跡も修復されている。
私の心も癒えている。

なぜなら ・・・ 

1月28日のパインの状態は、こんな感じ。
1.28 pine

1週間後、2月5日のパイン ・・・ 甘~い香り ・・・ 収穫だー!!!
2.5 pine

ハサミでザックリ。
I got it !

今までありがとう!
thank you

どうだ! どうだ! どうだ!
Yes ! pineapple !

ザクッと豪快に。瑞々しくて甘酸っぱい香りが漂う。
half & half


香り良し。色艶良し。瑞々しさ良し。
甘みは、部分部分で少々差があった。

でも、美味しかった。

欲を言えば、もう少し熟した方がいいのだろうか ・・・
昨年、熟しすぎて発行したことがあったしな~。
飲酒運転?がその記事です。(笑)

冬の時期、朝晩マイナス10度前後にも冷え込む奥飛騨で、パインが収穫できるなんて。

温泉パワー 恐るべし!!!

石ころ
石ころ。

東京で石ころを見つけることは大変かもしれないけれど。
田舎では、簡単に見つけることができる。

私は建設業の技術者でもある。

圃場整備や土地改良で、田んぼや畑の効率性を上げるために整地してきた。
工事の最後には、耕土を戻すわけだけど。
拳大の大きさの石ころは、拾わなくても叱られなかった。

効率良く広い面積で耕作でき、技術が進歩してきたせいで、赤いトラクターが登場。
石ころがトラクターの刃を傷めることから、石ころは嫌われ始めたようだ。

農家の方は知っている。
石ころの意味をね。

日中、太陽の光をたっぷりと浴びた石ころは ・・・ 土を暖めている。
石焼き芋を考えてみて。
昔の人も石ころを暖めて、着物の中にいれていたそうです。

家庭菜園とか兼業農家の方々が増えてきた現代。
トラクターが全てとばかり、石ころは無残にも場外へ。
ishikoro1

でも、昔からの農家の方々は知っている。
石ころが土を暖めてくれていることを。
ishikoro2

ishikoro3

イエロードラゴン 奥飛騨温泉編
ドラゴンフルーツの中でも、唯一、冬をじっと耐え春を待つイエロードラゴン。
そのためか、多品種との自然接触(交配)は考えにくい。
ただ、先月紹介したオレンジドラゴンが、ひょっとしたらひょっとする。
というのも、イエローの特徴である鋭く長い棘の名残があるから。

イエローは、他のドラゴンと違って基本的に年1回しか収穫できない。
それも花が咲いてから3~4ヶ月の間、熟すのに時間がかかる。
そのため、通常のドラゴンより単価は上がってしまうのが現状だ。

だけど、私がドラゴンフルーツを栽培しようと思ったきっかけのもの。
美味しさには自信がある。
宮崎のマンゴーにも劣らない自信がある。
(といっても、宮崎産のマンゴーは食べたことないのでゴメンなさい。)
値段は、今の段階で3000円(1個)ぐらいになるだろう。
というのも、今年は60ほどしか出来ない超レアものだから。

今年からインターネットで販売するためホームページを整備中。
5年かけて、ようやく他のドラゴンと比較して絶対の自信ができたから。
もちろん、今までどおりメールやブログでの予約も可能です。

まだまだ、大変なことばかり。
能天気な私は、温泉熱利用形農業は、地域のあり方の一つだと洞爺湖サミットのモデルケースになることを夢見ています。

何でも夢や希望、志は高くです。
このまま行けば、今年の果物の話題はFRUSICで決まりだ!ということで、

現在のイエロードラゴンの写真です。
green?dragon

green!dragon

緑の中に何とも赤紫の棘が美しい。
そう思って、触るととんでもないことに。
萎れた先端に私たちの顔の大きさぐらいの花が一夜だけ咲いていたんです。

信じられます?