fc2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
農業のこれから
昨日は、奥飛騨へ日帰り。
それにしても岐阜県は広い。
往復330キロだからね。(笑)

家に帰ってご飯食べていたら、妻が 『 あっー 』 って。
昨夜から始まった? 社会科なぞ解明TVひみつのアラシちゃんという番組でディズニーワールドの裏側が放映されていた。
私も何度か取り上げたことがある農業施設の紹介がされていた。
詳しくは、カテゴリーのディズニーワールドを見てくださいね。

あまり詳しく紹介されていなかったので改めて
あれは、フロリダ州オーランドにあるウォルト・ディズニーワールドの中のエプコットというテーマパークです。
エプコットの中のランド館という施設に存在します。
確か ・・・ そこで食べた野菜にはミッキー・キュウリがあったような。
何年も前なのではっきり覚えていないけど、器(子供用のプレート)もミッキー型だったりとありとあらゆるものがミッキーに統一されていた。

ランド館でのアトラクションであの農業施設を舟?で見ることができるけど、立ち止まることがないのでミッキー・パンプキンなどじっくりカメラに収める時間はないかも。
農業やディズニーに興味がある方なら、ぜひ、参加して欲しいのが、あの施設の裏側を見学できるツアーに参加すること。
ビハインド ザ シーズ ツアーです。
一日2回(だと思う)で何組か限定なので、早めの予約が必要。
宿泊するホテルからでも予約できるけど、おそらく日本の代理店でも可能だと思う。

農業の楽しさを、農業や自然とひたすら向き合うことだけで会話しようとするのではなく、あらゆる方法で考えていかなければいけない時代になったのかな?って思う。
そんな中、あのツアーは最高でした。
子供と言うより、大人の私が楽しめましたから。

もちろん、自然の厳しさや地道な作業の農業は理解しています。
モノがありふれてしまい、どこへ行っても食べることができる日本。
夢や楽しさを取り入れなければ、農業に目を向けられない現実を私たちは受け止めなければならない。

外食産業の衰退の裏事情。
餃子問題から発展した中国から安い食材が手に入らないという理由も一理あるのではないだろうか?
あれだけ騒いだのに、今はほとんど何も情報がない。
一過性だけの情報はうんざりだ。


スポンサーサイト