fc2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ホームな心境1
タイトルのホームは、最近?流行っている home という歌のこと。

昨日は、妻が久し振りに友人と出掛けたので、日中を娘と二人で過ごすこととなった。
早朝からのハウス作業を早めに切り上げ、妻を娘と送り出した。
最近、疲れ気味だったので娘に、朝マックを提案したが却下された。
パパのあれ(ホットサンド)が食べたい。と。
そんな一言に私の疲れは、一瞬に吹っ飛んだ。(笑)
それが、バリューセットの景品が自分好みでないという理由からきていると分かっていても。
それほど、父親にとって娘は特別な?存在なのだ。

ということで、せっせと作り始める単純パパであった。
トマトが嫌いなら、トマトを食べさせよう。  フッフッフッ ・・・
嫌いと言われれば、食べさせたくなる。
好みじゃないと女性に言われれば、燃えてくるタイプ。 超ウザイと言われようが関係ない。

それでは ・・・
まず、皮を剥いたジューシーなトマトを潰して、塩を少々。(本当に適当)
oh ! tomato

そんでもって、ちょっと厚め(6枚入り)食パンの耳を取る。
oh my ears !

形の残ったトマトソースをぬる。 フッフッフッ。
tomato sauce

市販のとろけるチーズをのせ、またまたトマトソース。 どうだ!これでもか!
cheese and tomato

近代文明の賜物、ホットサンド機器。 これは、超便利。
これで私も一流シェフさ。(笑)
ホットサンド機器の隙間から湯気が ・・・ チーズとトマトの香りが ・・・
hot sand !

好みだけど、少し焦げ目(焼け目)がついた方が美味しそう。
付け合せもスクランブルエッグに余ったトマトソースをトッピング。
くどいぜ。どこまでもくどい。(笑)
papa's breakfast

まさか、トマトが入っているとは思わなかった?ホットサンドをペロリと食べた娘。
スクランブルエッグとトマトソースも美味しいと食べてくれた。
何がダメなんだろう ・・・ 皮とあのドロッとしたのが違和感があるのだろうか?
ピザやトマトソースのパスタは好きなのに、生の固体のトマトは苦手らしい。

いやいや、そんなことより。
私は、たまになら料理はできる。楽しいし。
だけど、毎日となると ・・・ できない。 絶対に無理であろう。
毎日、栄養面考えたり飽きないようにしたりと献立を考えながら作ることは大変だなって感じた。
食べる人の 『 美味しい 』 という一言や喜んで食べる姿、残さず食べてくれることが、どれほど大切なことかって、娘から学んだ。

ありがとう。

ホームな心境は後半(パート2)へ続く。(笑)




スポンサーサイト