fc2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
『 失敗 』 という言葉は存在しない
私の頭には、『 失敗 』 という言葉はない。
なぜなら、全てが進行形だから。
そこで、終わってしまうなら、失敗という言葉で片付けても良いだろう。

でも、私の人生は、ずっと進行形でありつづける。
つまり、フルージックの取組みには、ピリオドはない。

温泉ハウスの欠点は、乾燥しすぎること。
乾燥していることで、ドラゴンフルーツから出る蜜にカビが生えなくてもすむ。
病気が蔓延らないという長所がある。
だけど、乾燥を好む虫たちもいる。

この写真は、デヴィッド・ボウイという品種。
こちらが、表面が犯されていない状態。
david bowie good
そして、カイガラムシに犯された状態。
david bowie bad
さらに悪くなると ・・・
david bowie very bad
実は、こうなるのを放っておいた。
この品種に強く現れる特徴であることも分かった。
あとは、ひたすらカイガラムシを撤去するのみ。
毎日、水(シャワー)をかけて、小さなカイガラムシを洗い流したり、剥がしたり。
案外、根気の要る仕事。
乾燥するハウス栽培には、適度な湿度を考えなければならない。
考えてみると、熱帯地方はスコールがあり、洗い流している ・・・ 湿度が上がる。

そのせいか(湿度が上がったせい)、なかなか蕾を持たなかったダーク・スター(紫色)が ・・・
dark star 1
もう少し、近づいてみるとしよう。
so many buds
蕾をつけすぎだよ。(笑)
次にとっておいてほしいよ、というのが本音。
だけど、ダーク・スターの蕾の出が心配だったけど、毎日朝晩、水洗いすることで湿度が上がり
そのせいか、蕾が出てきたことは、偶然ではないだろう。
もちろん、生理的な理由もあるとは思うけど。

赤色のマキスパ、白色のデヴィッド・ボウイは、それぞれ花、実を繰り返している。
makisupa
david bowie

ドラゴンフルーツは、結実に安定しないと言われているようだけど、それは路地栽培に限り言われていること。
多品種を植えている私たちには、違う品種の花粉をつけてあげることで、結実しやすくなる。
ただ、同じように受粉しても、殆ど全滅してしまう日がある。
月の動きに関係しているのであろうか ・・・ 彼らにもリズムがある。

躓いても、前を向けば、必ず何かが見えてくる。
だから、失敗と言う言葉は、私にはない。

立ち止まらない限り、ずっと続いていくもの。


スポンサーサイト