プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
最終章 ・・・ 噛みしめる想い
農業を始めて 今年が5年目
いよいよ最終章へと突入した想いを 一人噛みしめている
最終章と言っても 終わりではない

農業の基本を学んできた 最初のステージの最終章のことである
この基本も ドラゴンフルーツとアセロラのことしか 理解していない
それだけ 何かを極めようとすると 時間がかかるものなのだろう

5年という月日 なぜ ここまで取組んでくることができたのだろう?
生活は明らかに厳しくなり 家族との時間もほとんど持てなくなるまで
自分の想いを頑なに 貫き通そうとするのだろか?
分からない 本当に分からない
どこから そんな活力が生まれてくるのか ・・・

だけど
農業に身を投じると いろいろ見えてくるものがある
物事には 表と裏があるように
裏の部分を感じなければ 理解しなければ 何も生まれない 何も変わらない
今の世は 私たち世代は 先輩方 これからの若い世代も 
みんなみんな 表しか見ようとしない 表しか発信しようとしない
だから 日本には何も残らない 生まれない 夢を持てないのかもしれない

農業に限って言えば ・・・
最終章という言葉を使ったのは いよいよ加工品を生産できるように準備が整ってきたこと
加工品に回すには 小規模な個人経営を除いて 
ある程度の品質 量を確保できなければ 工場などのロットにのせることができない

最近では 最小ロット数が低くなり わずかでも一定の品質を保った商品生産が可能だ
つまり(裏側) 高くてもより質の良いこだわりのモノでも売れるということ
これは ネット情報が発達したり みなさんの目が肥えてきたきたこと
また 最小ロットにも対応できる技術が進歩してきたことなどが挙げられる

人はみな 最初は 小さくやって 少しずつ大きくした方が 良いって
それは全くその通り 言われなくても分かっている
表から考えると 自ずとその答えに導き出されていく

農作物の単価は低い 生活できるには ・・・
低い単価なら 数を作る必要が生まれてくる
となると それなりの施設 農地が必要になってくるわけで

つまり 農業を農家でない人に開放するなんて 国が進めようにも
農地を持たない 農地がない 取得できにくい現実を考えると 

非常に狭き門なのだ

農地を借りて 或いは 法に触れないように取得できたとしても
栽培する期間 育て上げる期間を 耐え忍ぶ資金力も必要になってくる
資金を借入れしようとしても 実績がないと門前払いが現実

これもクリアして 収穫を迎える
収穫できたものを売ることへと ・・・
10個や20個では 流通は相手にしくれない
安定した質や量が確保できなければ 彼らとて商売 易々と引き受けることは出来ない
ましてや 信用できる生産者であるかどうかなんて ・・・

一つのものを作り上げ それを売っていく 生活の手段としていくには
たくさんの裏側を理解し クリアしていかなければならない

私が最終章と書いたのは そういうこと

表と裏 裏を知っている行政がいない限り
自給率を上げること 若い就農者を増やすことは できないだろう
ひょっとしたら 彼らはそれを知っているのかもしれない
知っているとしたら かなり手強い(笑)

だけど これからのためにも 農業文化を放棄してはならない
奥飛騨温泉ハウスは 見た目(表)は圧倒されるけど
なぜ その大規模なハウスが必要だった(裏)のかを 考えていただきたい

とはいえ 誰でもかんでも 農地解放は危険すぎると 私も思う
ただ 私は純粋に 農業を考えている
そして 若い就農者に夢を感じてほしい 
ものが出来上がる過程を学ぶ農業こそ 人間教育だと思っている

暑苦しい文章 最後まで読んでくださり ありがとうございます



スポンサーサイト
しばじゅん
気持ちのコントロールは とっても むずかしい

人生 谷あり 山あり とは 上手く表現したものだ

私のこころ 谷あり 山あり

先週一週間は ちょっとブルー気味だった

だけど 暑苦しい仲間の鶯谷(料理研究家)が 後押ししてくれる

先日は 商品開発中のものとCDを送ってくれた

まさに フルージック(笑) FRUITS+MUSIC

そのCDは インディーズのELLEGARDEN

それから しばじゅん こと 柴田淳

音楽聴きながら 気持ちを高めたり 考えたり 落ち着かせたり

先週は しばじゅん にはまってしまった

ということで? ELLEGARDEN を聴きながら 日曜日は伊勢神宮へ

早朝 仕事を終わらせ 午前中にお参りできるように

午後からは 立川祭で AYURI さんが生ライブ 想像しながら ドライブを続ける

例年の如く 夏休みはどこへも連れて行けない チビを連れて

帰りには 名古屋港水族館へ寄り イルカのナイトショー

リフレッシュされた私 

みんな ありがとう!

伊勢神宮で見かけた 大きな神木?
ise-god tree

帰り際 復活した赤福のお店で 抹茶氷を食べながら 
in akafuku

名古屋港で 夕日を眺め
nagoya sunset

イルカたち
dolphin1
dolphin2


前を向き続ける心
何かをやろうと思ったとき

必ず壁が ひとつ またひとつと 現れてくる

そのたびに 強く思い ひとつひとつ壁を 

バーンっと叩き割る 押し倒す よじ登る

だんだん 壁は 大きく 厚く 頑丈になっていく

もういいよっと肩を落とす弱気な自分

いつか見とれよっと歯を食いしばる強気な自分

どちらも私なのだ

間違いなく両方いる

ある人が 面壁一生 と言う言葉を教えてくれた

それ以来 その言葉が 私の座右の銘となる

強い精神力は 壁を乗り越えないと成長しない

右に流れるのか 左に流れるのかは 紙一重なのだ

最後は 心の問題

自分を信じ切ることの難しさ 実感している

単に自分が好きだ 自分がかわいい とは次元が違う難しさを

運を手繰り寄せる 心が必要なのだ

right or left?

満月の夜
昨夜は 満月だった
ドラゴンフルーツの花は 満月の夜によく咲くと言われている
一概に全てがそうか と言われると そうではないけれど
満月や新月の前後に 多く咲くというのは 当たっている

美濃加茂のハウスでも 満月の一夜前で 400ちょっと
昨夜の満月では 600を越した花を咲かせた

受粉作業は いまだに手作業
だから 昨夜も3人がかりだった

基本的には 自家受粉するのだけれどね
なぜだろう?
月の引力に引き寄せられるのだろうか

満月が本当に美しかった ・・・
full moon 1
薄い雲に反射して ・・・
full moon 2
さらに反射 ・・・
full moon 3
あ~雲が ・・・ 私の心の中を表している?
full moon 4
遠い先には はっきりと目標は見えるのだけれど
もやもや感は ある ・・・
フーって 吹き飛ばしたくなるよ
でも これがいいんだよな 多分
これだから 前へ進もうとできるんだよね

満月の夜のドラゴンフルーツの花は こんな感じ
(これは 奥飛騨温泉ハウスの中だけど)
dragon-flower with full moon

さぁ~て もうひと踏ん張りしよう!
って いつまで?
 
You Tube
前々回の記事で、アーティストのAYURIさんが奥飛騨温泉ハウスで唄ってくれたことを書きました

私は カメラを持っていましたが 唄っている声や姿に惹きこまれ ・・・

殆どシャッターを押すことができなかった

AYURIさんのCDを偶然手にし タイトルを見て これだ!って思って

わずか数ヶ月 ・・・ 私自身 こんなことが実現できるなんて 想像すらできなかった

やはり 月の力が関係しているのだろうか

今 You Tube 奥飛騨ドラゴン で 映像を見ることができる

静かな夜 海辺でも 空に近い山の麓でも お月さんを意識しながら

聴いていただきたい

なんだか 生命の神秘というか 心の中に すー っと

はいってくる そんな気持ちになるような気がする

私は ちゃんと生きているんだ っていうことを噛みしめている

農業は 生きるための文化なんだ

段取り替え
ここにきて、自給率を上げようという政府の発言が聞かれる。
福田総理も 食料自給率を上げることは国家戦略 と言っている。

まさにその通り。

こんな言葉を使いたくないが、食料は武器である。

ただ、モノがありふれている現状を考えると、私自身も食べるものがなくなるなんて想像できない。
が、しかし、近い将来、必ず起こり得る問題であろう。
某飲食チェーンは、採算性が悪いところは閉鎖する なんて発表したり ・・・
私は、採算性、そのことよりも安い中国産が手に入らないからだと考えている。

物事には、必ず表と裏が存在している。
今は、情報過多時代 それゆえに、裏事情を知らない、知ろうとしない。
上辺だけの情報で流していかないと、時代遅れと言われるような時代なのかもしれない。

それだけ、時代の流れが速いということだと思う。
それだけ、平和ボケしてしまったと言えるのかもしれない。

国産食品購入にポイント。

数字や目に見える部分にこだわりすぎるのは、私はどうかと思う。
もちろん、目に見える数字は大切だ。
説明する材料、納得させる資料としては、右に出るものがない。

そんな中、私は、段取り替えを推し進める。
若い就農者を増やすために、熱い夢とやる気にかけてみることである。
もちろん、農業は耐えなければならない。
耐えることを学んできた、根性論を叩き込まれてきた世代(私世代を指している?)に任せて欲しい。
今でこそ、根性論は好かれないけれど、農業を通して、やっぱりそれを一番学んでいる。
種を植えて収穫できるまで、やっぱり時間がかかる。
オリンピックで感動を呼ぶのは、やはり、耐えてきた部分が垣間見れるからでもある。
それが、数字となって現れるけど、新記録の数字を見て感動するだろうか?

私が言いたいのは、そこ。
数字や言葉だけで、人は感動するだろうか?
肝心なことは、生産者が消費者と同じものを食べること。
それが、一番の安心安全なことではなかろうか?
農薬をまかないとか、有機栽培とか、それはあくまで栽培者側のセールスポイントであり、
その言葉が、安心安全につながること自体、私は理解に苦しむのである。

最後にもう一度、物事には表と裏がある。
政府の発言も裏(選挙のため?)がないことを祈りたい。



夢のような日 ・・・ Part2
最近、みなさんのブログへお邪魔することができず ・・・ すみません。

夢のような日が続く。
暑苦しい仲間の鶯谷のりしー。
彼女たちは、若手料理研究家だ。
しーちゃんこと山崎志保さんのレシピと指導で、奥飛騨温泉ハウス内で料理教室が行われた。

地元の子供たちとドラゴンフルーツを収穫体験もした。
恐る恐る?ハサミで大きく熟したドラゴンフルーツをチョッキン。

ドラゴンフルーツの収穫体験が終了すると
予め、準備されていたアセロラを使って、超贅沢なアセロラアイス作りがスタート。
今回は、私たちが栽培しているフロリダスウィートを使用。
土台のアイスは、時間がかかるため、前日に仕込みをしていたから段取りOK。
卵アレルギーの子供たちも食べられるようにって、卵を使用しない。
アセロラの酸味や風味を生かしたアイス。

アイスを食べた後の甘ったるさが全然ない、すっきりとしたヨーグルト風味。
アセロラの香りや酸味が超生きていたよ。
さすが、素材を生かす職人技だった。

夢のような日がこうして過ぎていった。

ありがとう。

jyunbi-tyu

acerola-ice

ice-ice-ice

そうそう、このアセロラアイス
食べられるお店があります。
正確には、まだですけど。
暑苦しい仲間の一人、料理人(職人)が引き受けてくれるそうです。

詳しいことが決まったら、ブログにて紹介しますね。


夢のような日 ・・・ Part1
FRUTIS+MUSIC=FRUSIC

先日、ドラゴンフルーツの花とAYURIさんの歌を コラボ した映像を流した
農業に惹かれ、取組みながら
いろんな思いが私の脳裏を駆け巡ってきた

何度も書くけど
農業は生きるために生まれた文化
火をおこすとか いろんなことを学んできたけれど
一定の場所で 一定の期間以上 生活を持続するために それが農業文化である

木々を育てることを覚え 耐えることを覚え 収穫することへの喜びを覚え
家族の絆が強くなっていったのであろうか ・・・
あらゆる生命に感謝し それを自分の体内へと

こうして 恵みに感謝することで 歌が生まれたのであろうか
歌とは 生命に触れた瞬間に生まれるのでは?
そんな想いが 私の中で聴こえてきた

そんな想いが 私の中で確信へと変わっていった
AYURIさんが 奥飛騨温泉ハウスに来てくれて 歌ってくれたことで
FRUSICという言葉が 単なる造語ではなく
生まれるべくして 生まれた言葉だと

遊びに来てくれたのは 8月1日 ちょうど新月
ドラゴンフルーツからエネルギーを ・・・
AYURIさんから喜びの歌声を ・・・
お月さん ドラゴンフルーツ AYURIさんが一体となっていった

見とれてしまい 殆ど写真を撮ることができなくて
撮った画像も手振れがあったりと ・・・
でも しっかりと私の中で記憶された

一生 忘れることはない一日となった

greenhouse with moonlit

dragonflower with moonlit

ayuri with moonlit

hand with moonlit

すべてに ありがとう