プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
製作中なり
ただいま 製作中なり

2月8日(日) やりたかったことの1つ ふるさと体験学習が実験的にスタート

高山市地域振興課から

「農業や環境を学び 自然に触れ合うことができる フルージックの施設が面白い」

と声をかけられていた

何より 民宿や旅館が隣接しており 滞在が可能

プラス 農業と観光業の連携も生まれ 観農資源が実証できる

私は 1人の人間として まだまだ未熟者

決して 教えられる立場ではないことは 重々承知

だけど ここまで生きてきて 経験したことは 伝えることができる

農業の可能性 温泉熱を利用した産業の可能性 などなど

フルージックが目指す環境配慮のあり方 直面する矛盾や難しさ

子供たちと一緒に 成長していきたいと思う

春になれば 山菜取り 夏になれば 川遊び トレッキングなども体験できるだろう

自然との触合いは フルージックではなく 地元の先輩方が頼りになるだろう

まず 誰かが スタートを切らなければならない

農村部と都市部との交流が 目的の1つとして生まれた グリーンツーリズム

地域が活力を取り戻す 誇りを取り戻すため

1つ1つの小さな地域社会が 国を支えていること 実感するためにも

声を大にし 強い想いで 歩み出すことを求められている

この取組みは ふるさと体験・飛騨高山 の方々の協力があってこそ

人の出会い それぞれの想いに 本当に感謝です

今まで 撮りためた動画 画像を織り交ぜながら 小学3年生から6年生までに

分かりやすく 説明できるように ・・・ 使用する資料を

ただいま 製作中なり





スポンサーサイト
Phish と Fish
奥飛騨温泉ハウスには 2つの フィッシュ に出会うことができる

ドラゴンフルーツの品種の名前には ちょっとしたナゾナゾが存在した

David Bowie とか Halley’s Comet ・・・

一見 そのまま 聞いたまま 字の如くを連想しがちだけど

これは アメリカのフィッシュ(Phish)というバンドの曲名だったりする

前にも書いたけど Voodoo Child や Purple Haze といった品種名は

ジミヘン(Jimi Hendrix)の曲から つけられている ・・・ と想定される

品種に携わった人に 直接聞いたわけではないけれど

私の推測では そんな感じだ

Makisupa や Guyute などなど これらも曲名だ

そう だから これが1つ目の フィッシュ

2つ目は ・・・

goldfish

温泉ハウスの入り口では 金魚(Fish)たちが 出迎えてくれる

これは 私の趣味ではなく 親父の趣味である(笑)

2つのフィッシュ 偶然なのか 偶然ではないのだろうか


ドラゴンフルーツが 元気良く育つこと これは偶然ではないことは 確かである

dragon house

フェチ
どうなの?っていうような タイトル(笑)

昨日 東海テレビの取材が無事終了して 今 戻ってきた

ドワーフバナナ君の成長が著しい

熱帯での成長ぶりは知らないので 何とも言えないけれど

10日間で 20センチほど 背が高くなっている

growing up1
1月20日 H=1.44 ⇒ 1月29日 H=1.64
growing up2

今年1月の奥飛騨は 雪が少ないし 3月のような日差しを感じるのは私だけ?

とにかく 太陽が顔を出すと ハウス内は常夏 ⇒ 半袖でも汗が出る

下からの温泉放射熱 上からの太陽光線で 普通に育っている

そんな中 すごく気になるっていうか 好きっていうのか 分からないけれど ・・・ (笑)

ドワーフバナナ君の ここを見るのが好きなんです

...

艶のある茎というか 葉の根元というべきか とにかく美しい(笑)

少しずつ太く 逞しく 艶を失わないところに 見惚れてしまう

太陽の光が反射しようものなら もの凄いエネルギーというか

生命力を感じてしまう ・・・ やっぱ変かな?

ドワーフバナナ君の葉に隠れ 上を見上げるのも 良いもんだ

banana's leaf

雪国で トロピカルフルーツ ・・・ 不思議なことではないんだよ

私に言わせれば 電波でテレビが見れることのほうが とっても不思議


パワースポット
今夜は 奥飛騨温泉ハウスです

ハウス内の温度は14度 フリースを着ていますが ちょい肌寒い感じ

音楽聴いて パソコンに向い合っています

ドラゴンたちは どう思っているんだろう? なんて考えることもある(笑)

今日というか 昨日かな テレビの取材があった

東海地方(東海テレビ:ぴーかん)だけだけど

2月10日(火)9時55分から 奥飛騨特集の中で紹介される

取材してくださること 本当にありがたく 感謝しています

フルージックが紹介されることで 少しでも 高山市 奥飛騨の宣伝につながれば 嬉しいです


このハウスに入ると よくパワーを感じるって言われるけれど

鈍感な私は ほとんど感じることがない(笑)

だけど やっぱり守られているんだろうな ドラゴンたちに

(3年以上 風邪をひいていない)

局の方にも 雪国でトロピカルフルーツって言うと どこか無理している感じがするけれど

普通に 無理なく育っているのを見て 感動しましたって

喜んでいただけると やっぱり嬉しい 本当に嬉しい


改めて 温泉を掘った先人に感謝です

温泉という地域資源を 時代の流れに影響されながら 形を変え 受け継いでいく

それが 人間の文明なのだろうか

生きるって云うことなのだろうか

なんて 無理やりコジツケながら ・・・ おやすみなさい


 
Dark X David
毎日 気持ちを維持することは 本当に難しい

考えて行動に移すことは好きだけど 踏み出す一歩が とっても重い日もある


今まで 手を出さなかったことがある

それは いろんな品種を掛け合わせること

私たちは24種類のドラゴンフルーツを育てている

その特徴をしっかりと調べたかったからだ

果肉が紫色の Dark Star の花粉を 果肉が白色の David Bowie の雌しべにつけた

実がなったので その種を蒔いてみた

Dark Star X David Bowie Jr.1

Dark Star X David Bowie Jr.2

Dark Star X David Bowie Jr.3

発芽率は 非常に高い

もう少し 双葉がふっくらとして 真ん中の突起 ( 葉状茎 ) が成長したら

URANO式実生接木をする

一方で このまま成長を見届ける

どちらが早く成長をするか また 台木の影響を受けるかも見なければならないだろう


いろんな可能性があること その面白さの裏側には

絶えず 畏怖心がチラついているのも事実



高山市奥飛騨温泉郷から世界へ
タイトルは 何とも言えない(笑)

ただ 私は真剣だ

言い換えれば それだけ たくさんの魅力が詰まっているっていうこと

地域社会から 全国 世界へ発信していくこと

観光都市としての高山市 農産物生産量も全国でトップクラスである

ただ その連携がしっかりできているとは 私は思わない

北アルプスの山々に囲まれた高山市 雪解け水が川となり 国土を潤す

そして 温泉という地域資源 財産がある

それぞれが それぞれのためにではなく それぞれを生かす工夫と勇気が求められている

岐阜県飛騨振興局から見た北アルプス 本当に美しい

North Japan Alps

私たち フルージックの取組みは 美しい北アルプスの麓

自然界の恩恵を受けながら 地域社会の活性を目指している

そんな想いを胸に 昨日 地球温暖化防止 ひろがれ!つながれ!ちいきの環 に参加した

人が生きていくこと 自然環境を守ること 矛盾が生まれ 心苦しくなることも 正直ある

しかし 私たちは生きている これからも 生き続けることを忘れてはならない

生き続けるには 地域社会があってこそ 可能なことだ

だからこそ 私たちは 地域からの発信を重要視する

okuhida-dragon

定年して 職場を去り 一人になってから 初めて気付くだろう

いや 今でも気付いているだろう 虚しさの中で 生きていることを

私も含め 個々の意識が変わらなければならない


会場で こんなものを見ることができた

昨年の洞爺湖サミットで掲げられた メッセージフラッグ
massage flag

私の故郷 岐阜県のメッセージ
gifu

お隣 愛知県は 一番シンプルだった
aichi

気になったのは 島根県
shimane

農業は 国の基礎 基本であること

農業があって 初めて経済を語れること これを忘れてはならない





さて 明日はどうしよう
今日一日の車の走行距離は 400キロだった

それも 岐阜県内で 400キロ(笑)

400キロ走る間に 8ヶ所で 用事(営業)を済ませた


明日は 岐阜で 地球温暖化防止活動の発表会(東海4県)がある

前回同様 5分という短いプレゼンがある

いつも 話す内容を考えない

とはいえ パワーポイントを使用するので ある程度は イメージできている ・・・ つもり


農業の魅力に惹かれたから 今の私たち FRUSICがある

時代の流れ 試行錯誤を繰り返しながら 奥飛騨に辿り着いた

環境配慮が農業にも求められると思い 一大決心して 社運を賭け

ちっちゃいけど 私の人生を賭けて 温泉熱に想いを込めた この取組み

最初は 相手にもされなかった ・・・ 今でも覚えている 今でも

悔しいとは思わない ・・・ いや やっぱり思うかな(笑)

トロピカルフルーツでも 寒暖の差を生む 高地栽培が適していること

温泉熱があれば クリーンな栽培が可能なこと

それが 地域産業の活性化につながっていくこと

私は 一つずつ実証していきたい 実証していく

アイデアがすごいとか 今では 嬉しくなるような言葉をかけていただくけど

私たちより ずっと前に 奥飛騨で温泉を掘った人たちの方が もっとすごいと思う

どれだけ掘れば 温泉が噴出すのか分からない

岩盤にあたって 思うように掘れない可能性もあったはず

温泉が出たからと 旅館経営して すぐにお客さんが来る補償もなかっただろうし

先代がいて フロンティアがいて 今の私たちが生かされている

そう考えると 私たちは 次の世代へ バトンタッチしていかなければならない

守りに入るのではなく 常に 未来を睨んだ取組みに挑戦する勇気と共に



明日は 前を向いて話すことを心掛けよう




海の向こう
海の向こうで クシャミをすれば 日本も風邪をひくと言われてきた

それだけ 他国と密接な関係が築かれてきたと言える


海の向こうで アメリカが変わろうとしている

オバマ大統領の演説を ライブで聞いた

生の声や表情に注目したかったから 副音声に切り替えて

選挙戦のような演説ではなかったことが その重責と決意の表れだったのかもしれない

そして 一人一人に 問いかけるような 落ち着いたスピーチは

ズシリ ズシリと ボディーブローのように アメリカ国民ではない私にも 響いた

国民一人一人が意識する 変わろうとする想いの大切さ

数字やデータを重視しすぎたやり方への反省

強い想い コミュニケーションの必要性 などなど

人が人であることの いわば 当たり前なことへの メッセージだったような気がする


海の向こうで 変わろうとする 風が吹いている

その風は 太平洋を横断して 私たちの国にも吹くだろうか

このままでは 吹くような気配すら 感じない ・・・


私は 評論家ではない

私が どうしたいのか どうするのか 

一人一人が 想いを胸に 行動に移す時代の到来 ・・・

言い訳や 事なかれ主義は うんざりだ

揚足鳥(揚げ足取り)は 海の向こうへ 飛んでいってくれ(笑)





ドワーフバナナ君 Part2
昨日の晩 奥飛騨から帰ってきた

深夜にやってた オバマ新大統領の就任演説を聞いて

何となく 歴史が動き始めたんだと ・・・

興奮してたのか なかなか寝付けなかった

各々の自己責任を意識し できることに目を背けずに 実直に生きたい


温泉ハウス内には バナナも育っている

ドワーフバナナ君は 私たちの想いを裏切らず 日々成長を続けている

1月20日(火)現在で 身長144センチ

144cm

zoom-up

今年 収穫できれば 嬉しいなぁ と思う

食べるより どんなふうに 実がなるのか やっぱり見てみたい

途中からではなく 生っているのを見るのではなく

ネコやイヌの出産に立ち会うように 赤ちゃんが摑まり立ち 歩き始めるのを目の当たりにするように

その瞬間を見てみたい その時間を共有したい


農業に限らず どんなことでも 興味を抱くことが大切だと 私は考える

その中で 責任が生まれてくる
  
逆さパイン
奥飛騨温泉ハウスには 2株のパイナップルがある

1つは収穫が 遅れている

というのも 花が咲いたのが 遅かったから

頭 ( パインの実 ) が重そうで 折れそうだったから 添え木していたのだけど

「 ありゃま 」 って感じになってしまった
Aryama !

本当は こんな感じなんだけどね
This is pine !

よくよく見てみると 折れたところから 新しい根っこが ・・・ 恐るべし生命力
lots of roots

肝心のパインちゃんはというと ・・・ 逆さになっている
Sakasa Pine

そういえば なんか聞いたことあるぞ

逆さにすることで 甘さも均一になるとか ・・・ ?

この 逆さパイン は もうすぐ収穫

逆さパイン ネーミングもばっちし

これで 味も均一になっていたら この栽培方法もありかも (笑)


収穫したら ちゃんと株分けするから それまで 頑張って 逆さパイン


今夜も ・・・ 1人考える
今夜も 奥飛騨温泉ハウスで寝ます

今日は いろいろと 仲間 ( 勝手に思っているだけ? ) とお話をした

お話しといっても 私にとっては 大切な営業活動 ・・・ のつもり

夜ご飯食べて 温泉入って 簡易ベッドの用意をして

少しだけ 調べものして

寝る前に もう一度 ドラゴンたちを見て回り

いつものように ドラゴンたちと眠る

2年目の冬も 今のところ すこぶる順調

順調でないのは ・・・

奥飛騨へのお客さんが 減っていること

景気が悪くなったこと 雪道が遠出するのを億劫にすること などなど

いろんな理由が考えられるけど ・・・

温泉だけでは 人が来ないこと しっかり認識する必要がある

奥飛騨の温泉は 質量共 本当に素晴らしい

全国 温泉地はたくさんあるけれど 奥飛騨温泉は 間違いなくトップクラス

だけど 何かが足りないと 私は思う

箱根 熱海 お客さんが増えているのは やっぱり理由があるはず

単に 東京から近いということだけではない

これだけ 恵まれた温泉があるのなら 温泉を生かさなければ と思う

高山市も 環境に配慮した街づくりを! と言っている

いっそ 温泉 ( クリーンエネルギー ) をフル活用した産業 街づくりをしてみたら?

世界を視野に入れた街づくり これが これからのキーワードだと 私は思う

環境に配慮した高山市 ・・・ 温泉が希望の星だ!


いろいろ 想像していたら 目が覚めてきた (笑)

中部4県活動報告会
1月24日(土) 午後1時30分から午後4時30分まで

ホテルグランヴェール岐山 2階 カルチャーホールにて

地球温暖化防止 ひろがれ!つながれ!ちいきの環 に参加します

昨年11月に 私の責任 という内容で ブログで書いたことの続きです

冷静になって 時間が経って 改めて あの時の心境を思い返すと

本当にショックだった 自分自身が許せないほど 悔しかった(笑)

人生 勝ち負けではないと言いながら やっぱり 目標をクリアできないと悔しいもので

はたまた 周りがいて 初めて評価されるという 矛盾みたいなものを抱きつつ

自分自身への評価 自己満足にすぎないと言われようが

周りと比較することへのくだらなさを 言い聞かせている 自分もいたりして ・・・

そんなこんなで 改めて 発表させていただける機会を与えられたこと

本当にありがたいことで 恵まれていると 感謝感謝です

今回は 個々の省エネという部分の比重が重いような そんな気がするのだけど

温泉熱の利用や 地域がそのクリーンエネルギーを利用してできる産業の可能性などなど

知識の1つとして 頭の片隅に入れていただけるよう 発表したいと思う

奥飛騨温泉郷栃尾では 温泉を各家庭に配管され 暖房として利用され

熱が奪われた(下がった)ところで お風呂に使う 

そんなことが自然とできているところなのだ

つまり 冬になるとストーブに使う灯油を ほとんど必要としないところがすごい

だから 日本一 世界一 環境に優しい地方でもある

そういう地域にだからこそ 温泉ハウスが可能であった

そんな想いを感じながら 今回の5分という短いプレゼンの中で 発表できればと考えている

あきらめなければ 必ず 道はつながっている

道がなければ 創っていけばいい ただ それだけのことだから
 
願掛け
2006年7月 農業生産法人を設立

その1週間後に 富士山に登っている

運良く天候にも恵まれ 朝日を拝むことができたことを 鮮明に覚えている

Top of the Mt. Fuji

頂上の神社で 農業に挑戦することを報告 そして お守りを買った

それから そのお守りは 私の車につけられ 私を見守っている

本来なら一年でということだろうが 私の想いは まだまだ

そのお守りも 朝日を浴びて 随分と色あせてしまった


富士山に登ったときは 二度と登らないだろう 

富士山は下から 拝むように眺めた方がいいと 思っていた

でも 知らないうちに そのお守りに 願を掛けていた

2009年1月になっても そのお守りを外せないでいるんだから (笑)

再び登って 朝日を拝んで 報告したい

建設業から異業種へ 独り立ちできるまで

建設業の支援が必要な現状 ・・・ 言い換えれば

支援がなければ 農業へは参入できない現状 ・・・


偶然なのか? ハイエスト ( HIGHEST ) という名の建設会社

頂上に 再び 社旗を掲げたい

フルージックの自立の報告と共に!

flag on the top




前を向こうよ!
毎日毎日 暗いニュースばかり

いい加減 うんざりだ (笑)

テレビをつければ ニュースを見れば 新聞読めば

先行き不透明なことばかり 派遣切りのこと 定額給付金のこと

国のせいにすればいいの?

誰のせいにすれば 気が済むの?

今の日本は 自由なんかじゃない

上に立つ者の姿 厳しく問われるけれど

言ってはいけない言葉 そりゃ たくさんあるけれど

本当にそう思っているのなら 撤回して欲しくない

見方を変えれば あてはまっていることもあるのだから

こうやって 傷口をオブラートで包むやり方が良いとは 私は思わない

これでは 何も言えなくなる

言わない方がましだとなってしまうことの方が 私は恐ろしく思う

とはいっても 公で人を傷つけることは ダメ

偉そうに言っている私は完璧ではない

だけど 1本筋の通った姿勢 愛があれば 受入れてくれると思う

大切なことは 個々であれば 自己責任を考える姿勢であり

全体を考えるのであれば 愛を持って接することだと思う

間違いに目くじら立てることより 聞き流す余裕も必要なのかも

生きるということは 責任の下に行動することでもあるのだから

本当の優しさって なんなんだろう ・・・




いろいろあって
いろいろ思うところあって 通販サイトを準備中。

良かったら遊びに来てください。

奥飛騨ドラゴンのお店

一応 会員登録できるけど。

本当は 1年前から準備して ほぼできていたんだ。

だけど 個人的に ネット販売は苦手。

やっぱり 人が来てくれて お話して買って頂きたいからね。

とはいえ 少しでも売上を上げる努力をしなければいけないし。

本当に 悩みながらのスタートとなります。

私の心は荒れ模様 ・・・ (笑)
snow-storm


今日の奥飛騨は 吹雪いているとの報告が。

今朝 現地の仲間から電話があって 「 今日は来るなよ~ 」 って。

前が見えないほど 吹雪いているらしい。

やっぱり 温泉はすごいよ って改めて思った。

寒い冬にも奥飛騨に来てもらうためには どうしたらいいのだろうか ・・・

温泉の魅力は 冬にこそ 最大限に生かされるのに。

チェ・ゲバラ
昨夜 レイトショーで 「 チェ 28歳の革命 」 を見た。

私も 喘息の発作を繰り返していたので あの辛さを思い出した。

今は すっかり完治したけれど。


志を持ち 強く信じ 進むことができるか できないか。

ただ それだけのことである。

それだけのことが なかなかできないでいる。


 
グリーン・ニューディール
首相は、オバマ次期米大統領が提唱している地球温暖化対策と景気刺激を両立させた

「グリーン・ニューディール」構想の日本版の指示をしたそうだ。

簡単に言えば、二酸化炭素排出を減らす環境配慮型技術を進めると同時に雇用も生むということ。

雇用が生まれれば、自ずと地域が活性化され、日本経済が復活していくというシナリオ。

私は、ずーっとそれを言い続けてきた。

生きるための農業文化が主体となり、地域資源を有効利用した環境配慮型社会の実現、

観光業や地場産業と結びつくことで、雇用が生まれ、地域が活性化していくことを。

理想だと言われても 目標を掲げ 前へ突き進んでいくことが大切。

どうだのこうだの議論を続けることは 地域がどんどん痩せ細っていくことにつながる。

このグリーン・ニューディール構想 果たして地方社会 地方の地域社会にも根付くだろうか。

息のかかったところには 知らない間に支援策が盛り込まれているという話に ・・・


特効薬では効き目が鈍くなってしまった社会状況

社会の仕組みそのものの 体質改善が望まれているのかもしれない。


いずれにせよ グリーン・ニューディール構想が実現されるのなら

均等に話を聞いていただけるチャンスをいただきたい。

地方社会は 各々自立できるよう力をつけねばならない。

それには 一人一人が想いを持ち 情熱を持って行動することが大切だと思う。

今週末は チェ・ゲバラの映画を見に行こう。

といってはも 私は革命を求めているわけではない。(笑)


哲学。
世の中 不景気になったとか言われている。

海の向こうのサブプライムから トヨタショックなどなど

実体のない経済 欲を欲で何重にも覆うマネーゲームの数々

私たちは バブルを繰り返す。

何度でも繰り返すことであろう。

人は簡単に生まれ変われるわけではない。

一度味わったものを忘れ ゼロからのスタートを切るには

瀕死の状態を経験しなければ 難しいと私は考える。

それでも また頂点に登りつめれば その苦しさを忘れてしまうかもしれない。


混沌とした社会 若い力が育たない今の日本

地方分権と叫びながら いまだ中央の圧力を感じている。

社会が変わるとき 変化するときは 理想主義が必要だと私は考える。

理想主義が全てではないが そこには明らかに 

心が存在するから。

熱い情熱が存在するからだと思う。

これも時代の流れなのだろうか ・・・

NHKの大河では 直江兼続がその生き様を見(魅)せてくれる。

今週末から キューバの革命家 チェ・ゲバラの生き様を映画で見ることができる。

サッカー選手が シュートを放つ際 決めれば1000万円と思うだろうか?

野球選手が バットを振るとき ホームランなら特別ボーナスだと思うだろうか?

試合に勝ちたいとか きたものに反応するとかだと思う。

何より 好きだから努力を続けられるのだと。

数字(実績)がちらつくことはないと思う。

実績は後からついてくるもの。


心を育てなければ何も変わらない。

人を動かすのは 実績(数字)ではなく 熱い心だと私は考えている。




臨機応変。
今年は 闘争心むき出しで 情熱を形にしようと思っている。

髪の毛も 年末にばっさりと切った。

おかげで スースーして 寒い ・・・ 本当に寒い。(笑)


私は 喧嘩することは嫌い。

言いたいことは言うけれど 物別れになると感じたときは グッとこらえることにしている。

時間はかかっても 理解されるのを待つ方かもしれない。

待つ方と言うと 聞こえが良いけど

腹の中では 今に見とれ というギラギラした想いが 宿っている。


撮りためた写真を見ていたら ハウス内で出会う虫たちが

私に メッセージを送り続けてきたような そんな気持ちになった。

農業への想い 熱い志を胸に 何度でも立ち上がる。
fighting sprit

農業への想い 冷静に対処することで 危機を回避。
still waters run deep

農業への想い 時期を待つ 風を読み 風に乗る。
waiting the time

農業への想い ゆっくりであっても 一歩一歩前進していく。
step by step

不景気になればなるほど 新聞紙上は 農業の話題が多くなる。

しかしながら 今まで それで農業が復活してきただろうか?

一過性の流行り熱は 必ず下がる ・・・ 今以上に下がってしまうこともあるだろう。


我田引水では ダメなんだ。

イエロードラゴン。
新年 明けましておめでとうございます。

ご訪問してくださり 暑苦しいひとり言にお付き合いしてくださる方々

今年もよろしくお願いいたします。


ドラゴンフルーツは しばしばテレビで紹介されるようになり

見た目のインパクトから 徐々に知名度がアップされてきました。

今後は 食物繊維が豊富なことから 健康果実としての定着を期待しています。

それから 花。

月夜に咲く大輪 一夜限りのドラゴンフルーツの花。

観光の目玉として 奥飛騨に来られたら ぜひぜひ 見て感動してほしいと思います。

それから 茎(サボテン)や実 実の皮などを料理して ご当地グルメとして

地域の活性化につながっていくことを 切に願います。

観農資源を 高山市奥飛騨地域から 全国 世界へ発信します。

そのためには もう1棟 レベルアップした温泉ハウスを建設することです。

いろんな考えやアイデアを 昨年以上に行動に移していきます。


さてさて 奥飛騨温泉ハウスには 日本ではほとんどないと言われる

超珍しい イエロードラゴンが 昨年以上に実を結び 大きく成長しています。

ドラゴンフルーツの部類に入っていますが 原種は全く違うものでしょう。

秋に花を咲かせ 越冬し 3月末から4月にかけて収穫できます。

沖縄地方など 暖かい地域なら 2月の収穫も可能かもしれません。

基本 年1回のものなので 採算性は良いとは言えませんが 味はピカイチ。

これぞ 夢幻のドラゴン。

yellow-2009-1

yellow-2009-2

yellow-2009-3

国産のイエロードラゴンは まず流通しないでしょう。

収穫数が少ないというより 栽培している人が皆無に近いですから。