FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
建設人
来月18日 建設業での異業種参入 報告会で 発表するプレゼン資料を作っている

全国から 選ばれた98のモデル事業が報告され その開会の場で

代表として 30分弱 パワーポイントにて発表する

昨年の秋から 毎月のように プレゼン資料を作り続けているような (笑)

本来なら 1つあれば その応用で良いかもしれないけれど ・・・

いやいや 発表する場所 主催者の意向 聞く側 などなど いろんなことを考慮すると

いつも ベストでありたい と思うし 

限られた時間の中での発表であれば それこそ 要点を押さえなければと 考えてしまう

農業という面 環境という面 地域活性という面 子供たちとの勉強会 ・・・

今回のように 建設業からということであれば 書き方 表現の仕方 組み立て方が違ってくる

30分弱と言われたとき 正直なところ 長いなぁ~ なんて思っていたけれど

作り始めると 短すぎるかも? (笑) 

そうだよなぁ~ 今年6年目となるこの取組み ゼロから栽培をスタートしたわけだから

それも 独自にそのノウハウを築き上げ 展開してきたわけだから

それに やっぱり 私の中には 熱い建設人(けんせつびと)としての血が流れているんだって

改めて 思ってしまった

何かあれば すぐに叩かれる建設業 だからこそ 言い換えれば それだけ注目されるってこと

減らされる建設費の中で 厳しい競争を繰り返している

生き残ることが正義なのか 勝ち誇ったところで 何が残る?と考えると 言葉に詰まる

建設業が 地域に貢献してきたと言うならば 真に建設人としての誇り 魂があるのなら

地域にとって 何が大切なのか 何が必要なのか を問い 考え 行動することも

1つの 建設業としての生き方だと 私は信じている

道路ができて 公園ができて いろんな施設ができたなら

それを 生かす ことが その事業に携わってきた 建設業の仕事の1つなんだと

発想の転換が必要だと思う

道路ができて 便利になり過ぎて ではなく それを どう 活かす かが これからの役目だ

それが ゼネコンとは違う 私たち地方建設業の生き方だ



スポンサーサイト