プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
イエロードラゴン
さてさて 奥飛騨ドラゴンの1つ イエロードラゴンは 秒読み段階に入ったようだ

ここのところ 寒波の影響で 若干 熟すのが遅れ気味だったけど

色づき始めてきた ・・・ これは 本当に美味しいんだ

yellow dragon 2009-1

yellow dragon 2009-2

だけど 年1回しか収穫できない ・・・ 残念

10月中頃に花を咲かせ 厳しい冬を越す 越冬型ドラゴンフルーツ

イエロードラゴンとは言われているけれど 一般のドラゴンフルーツとは違う

採算性を考えると これは 趣味の世界なのかもしれない しかし 美味い


今日は 群馬からお客様が来た。

一念発起して 新たに農業へ挑戦するという青年

私が経験したこと 感じたことは伝えたいと思う

とはいえ その土地がら 気候 周りの環境 本人の人柄などなど

いろんな進め方があると思うので 私が話すことは 無責任だけど

正解ではなく これからの考えるヒントになってくれれば と切に願う

また 私も成長していく だから 訪ねてきてくれて ありがとう



スポンサーサイト
ホッとする。
今年も フロリダスウィート(アセロラ)が順調に花を咲かせている。

結実させるために ジベレリンというホルモン剤を噴霧すると言われているが

確かに噴霧すると 結実しやすくなる。

だけど これは あくまで 個人園芸に限った場合にあてはまると 私は思う。

私たちのアセロラ栽培は なるべく 自然のままでという 心的要因のほかに

何千本もある現状では 全て 噴霧できないという物理的要因がある。


農業経営の利益追求という部分から言えば 収穫量が上がることが優先され

結実率を上げることに重きをおきそうだが ・・・

売れる商品 売りやすい商品となると また 作業効率を考えると ・・・

アセロラは 自然の恵みのままが 望ましいと判断できる。


とはいえ ドラゴンフルーツのように 大きな花が1つ 2つと咲くのであれば

花粉をとって めしべにつける いわゆる 人工受粉が望ましい。


趣味での栽培と職業での栽培では 当然違ってくる。

しかしながら 必ずしも一致しないとは思わない と私は考える。


継続することで 揺るぎない自信を深め

葛藤することで 新しいアイデアが生まれ

挑戦することで 新境地へと導かれていく


継続 葛藤 挑戦 ・・・ フロリダスウィートの収穫が始まる。

実をつけると 正直 ホッとする。

人が生きる上で 完璧はない だから 心が必要なんだ。



腰痛 ・・・ 
昨日は一日 美濃加茂のハウスで作業していた。

久し振りに 腰痛が悪化。

ドラゴンフルーツやアセロラの揃手作業は 同じ姿勢が続くのか 腰が痛くなる。

私の腰痛パターンはこんな感じ

アキレス腱の辺りの疲れがとれにくくなり ふくらはぎが張り ・・・

夜 足の違和感で眠れなくなったら だいたい黄信号

一瞬で 赤信号となり 腰を伸ばせなくなるほど ・・・ いつものこと。

下が固い アスファルトやコンクリートの上での作業なら 尚更のこと。

ところが 奥飛騨の温泉ハウスでは コンクリートの上で 一日作業していても

腰痛になったことはない。

骨材が反応して遠赤外線効果なのか 実際 足の裏は ポカポカと暖かくなるし。

美濃加茂ハウスでの作業は 土の上 とはいえ 踏み固められた土。

それでも その日のうちに 腰が痛くなった。


遠赤外線効果 奥飛騨温泉ハウスは 岩盤浴状態での作業なのかもしれない。

足元が冷えなければ 腰痛にもならない。

であれば 足元である根っこが冷えなければ 植物の耐寒温度も上昇すると思う。


腰痛が 実証してくれた(笑)
 
ネットワークカメラ
奥飛騨温泉ハウスには ネットワークカメラ が稼動している。

以前 ウェブカメラと思っていたら 知合った方から ネットワークカメラと言うんだよと教えられたので

相変わらず 機械音痴?な私は 今の時代についていけないと ・・・ (笑)

さてさて 町中に監視カメラなど こうしたオンタイムで見ることができることで

治安が良くなるから賛成とか 常に監視されているようで プライバシーがないから反対とか

両極端の意見が 歩み寄ることは 厳しいかな?と思うのだけど

私が これを導入した理由は 1つ。

人との信頼関係を生むこと それ以外 何もない。

ネットワークカメラ もちろん 使い方や使う人により 捉え方が違うと思うけど

私は ネットワークカメラを開発した方々の想いは

人を監視するという いわば 人を信じないマイナス的な捉え方ではなく

人をつなぎ合わせる 信頼を生む プラス的な発想があるのではないだろうかと。

もちろん 毎年 盗難被害にあう さくらんぼ畑には 監視カメラは必要であろう。

実は 私たちの会社も 過去3回 重機(バックホー)を盗難されている。

そのため 盆休みなど 深夜や朝方に 現場パトロールをしたこともある。

余談だけど 今では 重機にはGPS機能が整備されているので 見つかってしまう。


ネットワークカメラの導入は ハウス内の栽培風景を見ることで 見てくださる方々との

信頼関係が生まれるのであれば また 花が咲いている情景を見ることで

奥飛騨に行こうと思ってくれることを願って 決断しました。

そんな想いが 開発者にはあるのではないだろうか?と 私は考えています。

使う人 使い方により また 見る側 見られる側によって 感じ方が変わってくる。

技術が進歩すると いろんな想いが交錯しているもんだと しみじみと思った。


ただ 私がハウス内で寝ている様子は見られたくないので そこは見れないようにしている(笑)



 
Mです。
私のイニシャルは S なんですが ・・・

性格は M です(笑)

正確には 追い詰められるのが好き ・・・ 好きという表現は誤解を生むから

追い詰められると 俄然 メラメラと闘志が漲ってくる ということに。

厳しくなればなるほど 楽しくなってきてしまう。

どうやって 乗り越えるのか 可能性を見出していくことが ある意味楽しい。

頭おかしいのかな?と思う反面

親父に似ていると つくづく思う(笑)


ただ はっきりしていることはある。

新しいことをやろうとしているとき 何かが産まれようとしているとき

その反動があるっていうこと その反動に負けない強い心と体力が試されている。


さぁ~て どこから どうやって 切り崩していくか

仲間に支えられながら 共感を創り上げていく


思うようにいかないことがあるからこそ 私は生きていると実感する。

最後は その想いを仲間と創り上げ 感動したい。

厳しさがあるからこそ 達成感が生まれてくる。

今は その厳しさに ありがとう と言いたい。


もちろん その厳しさを乗り越えるつもりだから。


そうそう 今日も奥飛騨は雪 ・・・ 平湯峠辺りは真っ白なので

スノータイヤかチェーンが必要です。

奥飛騨へ行かれる方 運転には 十分気をつけてください。

それから お土産には ドラゴンジャムとアセロラジャムを よろしく(笑)

今日は わざわざ これを目当てに来ましたというカップルさんがいました。

本当にありがとう。

ドラゴンフルーツ
今 奥飛騨ドラゴンの中にいます。

奥飛騨は 昨日から雪 ・・・ 路面は真っ白く ・・・

冬と春の綱引きをしているのだろうか?

それとも 人事異動の如く 引き継ぎをしているのだろうか?


今日は 午前中 お客様と会う予定があった。

明日も午前中 温泉ハウスで待ち合わせ。


5月になり 乗鞍が開通されると 奥飛騨の地は賑やかになる。

奥飛騨ドラゴンも 長い?冬眠から目を覚ましている。

勢いよく伸びた新芽を切り 花芽の準備に入る。

今年は ネットワークカメラを設置したので オンタイムで花の様子を見れる。


ドラゴンフルーツの苗(赤と白)とフロリダスウィート(アセロラ)の苗を販売します。

ようやく 奥飛騨ドラゴンの認知度があがってきたので ・・・

今度は 広める方にも力を入れていきます。

ただ 価格は他と比較して高めですが それが今の精一杯といったところです。

他と比較してと言っても 私たちの品種は 日本ではフルージックだけが栽培しています。

それが広がったところで 奥飛騨で育ったドラゴンフルーツが 奥飛騨ドラゴンです。

奥飛騨ドラゴンに 兄弟姉妹ができる日も近い(笑)

他の栽培地と情報交換ができれば 嬉しい。


ハウス作業
農業は 本当に厳しいものだと 実感している。

昨日 お風呂に入る前には 心の整理はできていた。

私は お酒を飲み鬱憤を晴らすわけでもなく 外で遊んでストレスを発散するタイプでもない。

1人考え 時には? 家族や仲間に ダァーと話し 整理していく。

人に話すときは すでに 心は整理されつつある時だ。

人には それ以上 何を頑張るの?と言われるけれど 

いやいや 私はサボっていたんだよ。 確実に気が緩んでいたんだ。

だから いろんなことが起こる。

さすがに 昨夜は 神様はどこまで私を試しているんだと思ったよ(笑)

だけど みんなみんな 何かを成し遂げようとする時は 乗り越えなければならないんだよね。


超楽観主義というか 楽天家というか 良いようにしか考えない性格に感謝。

それから イライラを聞いてくれる ぶつける相手がいることに 本当に感謝。


これからが 本当の厳しさを味わうとき。

私は 必ず乗り越える。

乗り越えなければ 今までのことが水の泡になる。


私にも サクセスストーリーがあるんだよ(笑)


いろいろな経験 試練を与えてくれて 本当にありがとう。

私は 絶対に負けない。

後悔先に立たず
悔やんでも 悔やみ切れないことがある。

何度も 何度も 味わってきたはずなのに ・・・

人の意思とは 弱いもので 形を変え 繰り返してしまう。

調子に乗り 幾分気を良くし ついつい怠けモードに突入してしまう。

全ては 私の力不足のためなのだ。

武田軍に敗れた家康が その敗戦を教訓にと 描かせた肖像画。

私は こうして ブログにて綴る。

内容は 書かないけれど 予期していたことなのに

ここのところ 資料作りや営業活動などなど 農園へなかなか顔を出せずにいた ・・・

いやいや それは 言い訳に過ぎない。

農園を任せていたと言えば 都合が良いけれど それこそ 責任は全て私にある。

農業は 本当に気の抜けないものだと しみじみ思う。

異常気象だと言っても 許されるわけでもない。

誰が許すことでもなく 自分に跳ね返ってくるものだ。

明日は その様子をビデオに収め 私の教訓としよう。


明日は 明日の風が吹く ・・・

私の長所は 引きずらないこと。

すでに 頭の中では 整理できている 何をすべきかを。


ゴメンなさい。

生きるもの全てに ゴメンなさい。





卒園式
昨日 チビ(娘)の卒園式だった。

4月からは ピカピカの1年生となるわけで ・・・

あっという間だなっと しみじみと考えてしまい ・・・

遠くない将来 好きな人ができました と 言われてしまうんだろう

成長を見守るのは 嬉しいことでもあるけれど 寂しくもなる

いずれ 独り立ちしていくことを考えると

生きていく力を身につけて欲しい

生きていく力とは あまりにも抽象的であるけれど 

協調性や感受性 そして 思考力と行動力だったり ・・・

それから 何かをやりたいと言われたら 大人目線で否定するのではなく

話を聞けるゆとり 挑戦できる環境 など 私たち自身も しっかりしなければと思う


考えると 随分欲張りになってしまうけど

要は 元気でいてくれるのが 一番


夕方 久し振りに公園行ったり 散歩したり かけっこをした

肉まんが食べたいと言い出したので 夕飯前ということで ママには内緒と約束し

コンビ二まで競走だと 走り出したのは良いけれど 駐車場の車止めに足を引っ掛け

転んで捻挫してしまった チビ。

大きくなった娘を左腕で抱っこして コンビ二行ったけど 肉まんはなく ・・・

替わり番こに アメリカンドックをかじって 帰宅

今日になり その左腕は筋肉痛 ・・・ 

成長するにつれ 抱っこすることもなくなる ・・・ なんだか寂しくなってしまった



 


理想と現実
夕方 東京から帰り 家で夕食を食べた後 すぐに事務所に戻ってきました。
たまには ゆっくりしたら?と言われたけれど そんなわけにもいかない。
課題がまた1つ 見えてきてしまったから。

昨日の報告会の様子は こんな感じ。
challege 1
私 ピンボケです(笑) 
challenge2
パワーポイントで説明しました。
challenge3

challenge4
ちょっとした 私たちのブース (ハイエストは建設業でフルージックを支援しています)
challenge5

家に帰り 夕飯を食べながら NHKの番組を見ていたら
アメリカのグリーンニューディール政策のことの特集をしていた。

私たちフルージックは それを実行している。
環境配慮した地域活性の実現 ・・・ オクヒダン・スタイルの提言。

私は オクヒダン・スタイルの提言の中で 偏った政策は危険性を持っていると言っている。
若輩者であり 世で言う成功者ではない私が 偉そうなことは言えないけれど
番組の中で 綿を育てていた農家が 風力発電のため農地転用し プロペラを建設させ
音を立てて回るプロペラを眺めならがら
『 お金の音がする 』 と ・・・ 正直 恐ろしいと思い ゾッとした。

二酸化炭素を排出しないとか 太陽光発電を進めるとか 風力発電の必要性とか
1つ1つとても大切なことだけど それにより 地域がどのように活性化していくのか
地域の産業が連携し 地域社会が潤い 国や世界が平和になっていくというのが
オバマ大統領が望んだグリーンニューディール政策ではなかったのだろうか? 
つまり この政策で 何かを産み出していかなければならないと 私は考える。
その何かとは 雇用はもちろんのこと 私は 農業が核となると思う。

環境問題で隠れているが もっと深刻なのは 食糧危機なのだ。

想いを全て 同時に形にしていくことは 無理な話。
私たちは 私たちのやり方で 地域に何ができるかを考え取組んでいきたい。

利益重視では また 同じことを繰り返す。
何度も何度も ・・・

しかし 世の中は 理想と現実が存在している。

要はバランス バランスが大切。

※元綿農家と取材班との会話のやりとりを全て聞いたわけではないし 編集されていると思うので彼の本心ではないかもしれないが ただ その言葉だけを聞くと 私は不安な気持ちになりました。
改めて 報道は難しいと感じたし 情報発信の仕方を考えてしまった。



無事終了。
東京での国交省モデル事業報告会 無事終了しました。

会場は400~500人程度いたと思います。

あんなにたくさんの方々がいるところでの発表は 初めてのこと。

緊張していたせいか アドレナリンが出ていたのか 発表前は少し偏頭痛気味。

25分程度の報告だったのですが 普段から時計を持たない私 ・・・

携帯電話の時間を見ながらと思っていたのですが 時間が経つと 真っ暗に ・・・ (笑)

また 直前になるにつれ 不安になりそうでしたが こんなことで 緊張するぐらいでは

何にもできないと 自分自身に言い聞かせ 堂々と自分の言葉で話すことを心がけました。

携帯電話の時計も役に立たず 時間をオーバーしてしまい

みなさんに ご迷惑をおかけしてしまったことが 反省点です。

報告内容は 本当に良かったと言われたこと 感動しましたと言われたこと

重責を果たせたと思い ホッといたしました。

逆に 私は 多くのみなさんから勇気をいただきましたし 私自身経験を積むことができました。


また 本日は 東京にいる仲間 地元の仲間が応援に来てくれたこと

本当に嬉しく 改めて 恵まれていると深く感謝しました。


そして 明日からも トップランナーとして 走り続けると 強く決意しました。

私には 地域と共に歩む建設魂が しっかりと胸に刻まれている。



短距離ランナー
私の性格は 短距離ランナー

一瞬の瞬発力が 持ち味?

実際も 30メートル走は得意 50メートルはダメ 100メートルはもっとダメ

超短距離ランナーかも(笑)

もう1つの特徴は 走り終わった後 止まらないこと

歩いている 歩き続けて また 30メートル 猛ダッシュ

その繰返し 何度も繰り返している

振り返ると 自分の仕事のやり方も そんな感じというか まさにその通り


超短距離+超長距離 なのかもしれない(笑)


明日 いよいよ 東京で報告会

30分弱のプレゼン 400~500人が出席すると言われている

プレゼン資料は すでに出来上がっているけど 話す原稿はできていない

まっ これも いつものこと(笑)

みなさんに支えられながら 自分たちの手でやってきたことなので

緊張はすると思うけど 自分の言葉で しっかりと話そうと思っている


こういう機会を与えられたこと 本当に感謝しています

ありがとう

これが 地域のためになればと その想いを 私は伝えたい

たとえ 綺麗ごとと言われても



強い意志
昨日今日と 情けないけれど 私には強い意志がない。

時間に余裕を感じてしまうと 頭が働かないのだ ・・・ 

頭が働かないのではなく 自分の意志が弱いんだと思う。


昨夜 川村カオリさんが出演している番組を見た。

人のこと見て どうとか 感動したとか そんなことは書くつもりはないけれど

ただ 人として もの凄く伝わってくるものを感じた。

中途半端では 何も伝わらない。

だけど 中途半端が受け入れられてしまう しまいがちな現実。

完璧とはいかないまでも それに向かって 突き進んでいく姿勢は

やがて 風となり 言霊となり あたかも 鋭利な刃物のように

その生き様を 思想や哲学を 私の心に刻んでいく。


中途半端な知識 ・・・

その知識があるために 他を否定してしまうこともある。


まだまだ これからこれから と 空から声が聞こえてきそうだ。


じんわり
昨日 ふと ドラゴンフルーツ と検索してみたら ・・・

このページの下のほうに ドラゴンフルーツ奥飛騨 ドラゴンフルーツ栃尾温泉とか

書かれているのを見て ・・・ じんわり 心が温かくなった。

振り返ってみると ・・・ 言葉が出ない。

満足しているわけにもいかないから もっとガンバろう。


だけど 今日は 早く家に帰ることにする。

明日から プレゼンの準備を整える。




Spring is coming!
今朝の奥飛騨は 薄っすらと雪化粧。

だけど 春は すぐそこまで やってきている。

奥飛騨温泉ハウスにいると 春の訪れが よく分かる。

春の日差し 太陽光 ・・・ 植物は 敏感に反応している。

spring is coming 1

spring is coming 2

厳しい冬に 別れを告げるこの時期は 次から次へと 新芽が伸び始める。

奥飛騨ドラゴンも 太陽光を目一杯浴び 生き生きとしてくる。

私も エネルギッシュに なっていく ・・・ これが 奥飛騨ドラゴンだ。


そして 昨年秋に咲いた イエロードラゴンが ようやく 黄色くなり始めてきた。

spring is coming 3

春になれば 桜が咲き 桜で春を感じるように

奥飛騨では イエロードラゴンが収穫できるようになって 春がきた ・・・

そんな 風物詩になれば 嬉しい。

収穫は 4月初めから 4月末といったところだろうか。


今年は もう1棟のハウス それから ちょっとした加工・販売所を整備したい。

奥飛騨へ来る楽しみとして 広まってくれたら 本当に嬉しい。








外は風雪
こんばんは。

奥飛騨温泉ハウスです。

今晩は冷えています。

外は風雪です。

ハウス内は 16度ぐらい。

風のため ビニールシートが音をたててます。

聴こえてくる音楽 ザワザワ ガラガラ ・・・

ウェブカメラからでは 外の様子が分かりませんね。


どこまで 技術は進歩していくんだろう?

そのうち 自分の居場所がなくなったりして(笑)

技術が進歩するということ 使う側は しっかりと理解せねばなりません。

しっかりと意識すること ・・・ 

人が人であり続けるために。


都合の良い言葉
都合の良い言葉 ・・・

時に 私たちは こんな言葉を聞く そして 私も皮肉を込めて使うこともある。

「 これが世の中 」 「 それが社会というもの 」

この言葉で 私たちは 憤る気持ちを静めてきた。

「 私たちの実力不足 」 と つけ加えることで 自らを奮い立たせる。

私は このブログを通して 本音を書き綴ってはいるものの 封印していることもある。

なぜなら 全てオープンにすることが 必ず正しいとは 思っていないからだ。

許されるべきことではないけれど 時には過ちを犯す 感情を持つ人間が 作り出す社会

いつもその葛藤の中で 今を生きている。

志ある仲間の支えがあって 私は生かされている。

来たるべき時期を 性分ではないけれど じっと待つことを心がけている。

若い頃 戦国大名の中で 一番興味のなかった 徳川家康の生き方を

何となく理解できるようになってきたのは 良い悪いは別にして 経験を積んでいる証拠だと思う。

今日の朝刊 地元 中日新聞は 農は国の本なり という欄で 就農への壁を記事にしている。

岐阜新聞は 建設業の収賄を大きく扱っていた。

建設業と農業 ・・・ 私は 心が痛む。

痛むどころか 悲しくて悲しくて 悔しくて悔しくて。

だけど 批判だけでは何も解決されない。

粘り強く 諦めずに 前へ進まなければならない。

何をやろうとしているのか 何をやろうとしてきたのか 必ず理解される日がくるだろう。

農業にしても どんな事業を始めようとしても 覚悟があってのこと。

厳しい現実 それに耐えることができないようでは ダメ出しを食らっても仕方がない。


身を持って取組んで 理解されないのであれば 私自身の力不足

言い訳はしない。

いつか 過去を振り返り 笑い飛ばしていたい。

 
イッポウ
明日 CBCテレビのイッポウというニュース番組で 私たちの取組みが 放映されます。

時間は 午後6時20分前後 10分弱。

ストレス太り?で お見苦しい点もあるとは 思いますが

東海地方にお住まいの方 時間が許されるのであれば ぜひ 見てみてください。

ただ 大きなニュースが入った場合は 延長されるようです。


メディア報道 ありがたいことに たくさんの方々が応援してくれます。

報道されることで 認識され 私たちは成長を続けます。

新しいことへ挑戦していく者は とにかく 走り続けなければなりません。

建設業から 農業へ 観光へ ・・・ 地域活性と 目標が見えてきた今

弱音を吐いている時間はないのです。

見られることで 知られることで 私たちは 一回りも二回りも大きく成長していきます。


私が選んだ道 選んだ道は 最後まで歩み続ける。

ただ それだけのこと。


ありがとう。

選んだ道を歩めることに サポートされていることに 全てに感謝です。




Development
土曜日の朝 岐阜都ホテルに ホストファミリーを迎えに行きました。

ラオス ベトナム カンボジア タイ ミャンマー

メコン川流域の国々と日本との交流を深めようという 政府間の企画です。

各国10名ずつが 岐阜に来て 工場視察や白川郷などを 訪問します。

土日 たった1泊だけど それぞれホームステイ先で 日本文化に触れます。

政府関係の企画で 一般の家庭で受け入れる なかなか粋な計らいでした。


我が家(実家)に 来たのは ラオスの政府関係者 私と同年代でした。

かなりのイケメンで 好青年でした。

日本語 ラオ語は お互い知らないので 会話は 英語。

夜は 姉家族も合流し 賑やかな夕食

政治の話 家族の話 ラオ語や日本語の勉強 などなど

とても楽しい日を過ごすことができました。


彼との会話で Development という言葉を 頻繁に交わしました。

ラオス経済の発展 どちらかというと 日本からの工場誘致を視野に入れていました。

私は とても複雑な心境を 伝えました。

経済が発展した国の方々は 森林が大切 自然が大切だと ・・・

しかしながら これからの国は 働く場所がない ・・・

心に残った一言は 車一台を売れば たくさんの農作物を買える ・・・

単純に単価を考えると その通り。

どちらが どう正しくて どちらがどう悪いのか ・・・

だけど 目指すところは 国が潤うこと 国民の生活が安定すること

一人ひとり 人間らしく生きること ・・・ 

住む場所が違えば 育ってきた環境が違えば 考え方 手法も変わる。

ただ 私は続けた。

発展は必要だけど 日本の今の現状が良いとは思わない。

全ての生産拠点が 海外へ移っていくこと それを選択せざる得ない状況

食料を他国に委ねてしまっている現状

とても 誇れるものではない と。

私は フルージックの取組みを通して 地域社会が自立できること

人々の信頼関係 こころのつながりを 取り戻したいと思っていること

何より 日本国自体が

人材を育てる 企業を育てることに 否定的になってしまった ・・・

そう感じざる得ないこと などなど

最後は 胸に手をあて 心が大切だと 熱い会話を終了した。


奥飛騨でのフルージックの取組みが 上手くいけば

ラオスの大自然の中で 地域の方々と 農業を中心とした

観光を含む産業を目指すことを 彼と約束した。


だけど 今は 国内に目を向けたい。

ラオスにできた 友人と再会するためにも もっともっとガンバル。

Develop 工場とか近代文明ばかりを意識してしまうけど

進化には いろんな形があるはず。

私は 自然を活かした 農業が中心の地域進化を 追求していく。

それが フルージックの 方針だ。











メコンつながり
私が ドラゴンフルーツを最初に食べたのは 8年ほど前に行った ベトナムだった

メコン川を小さな舟で渡り

mekong river1

mekong river2

湿地帯の陸地で テーブルに並べられていた

vietnamease jaina

正直 美味しいとは 思わなかった というのが 第一印象

だから 今 こんなことになっているなんて 想像もつかない(笑)

考えてみれば 一度食べたことがあったからこそ

美味しいドラゴンフルーツに出会ったとき びっくりして 育ててみたいと思ったんだろう

人生 何があるか分からない 本当に 不思議なことばかりだと 思う

こうやって いろんな 点と点の経験が つながって 線になっていくんだろうなぁ

ほんでもって 脳の皺になる? コジツケか?(笑)

余談なんだけど ホテルで飲んだ ドラゴンジュースは 美味しかった

dragon juice

栃尾温泉のハウス前にある 喫茶那由他でも 裏メニューとしてある ( 奥飛騨行ったらトライしてみて )

フルージックのドラゴンジュースは 基本 赤や紫を使うので ピンク色

食物繊維が豊富だし 牛乳で割るから 栄養満点だね(笑) 


そんなこんなで ・・・ ?

メコン川流域5ヶ国の国会議員や政府関係者が 交流のため訪日している

1日だけだけど 日本の家庭に それぞれホームステイするらしく

幾分 コジツケでもあるけれど メコンつながり ということで

私たち(実家)のところにも ラオスの方がやってくる

明日一日 どこへ連れて行こうかと悩んでいるけれど

メコンクルーズに対抗できるのは 日本ライン下りでしょ? ってなわけで第一候補

だけど 天気が心配

まっ スコールだと思えば それでいいか ・・・ ?

何とも 不思議な メコンつながりでした 




強行日帰り
今 帰ってきました

高山 奥飛騨 日帰りコース

慣れてしまいました 往復7時間

帰宅途中 小腹が減って マックが食べたいなんて 思っていまい ・・・

いつもと違う道を 選択してしまった

走っていると バチって 大きな音がした

しばらく 走って ・・・ うん?

フロントガラスに 直径1センチ程度の ヒビがある

やっちまったなぁ

飛び石が フロントガラスに直撃したようだ

フロントガラスがなければ 間違いなく 私の顔に直撃する位置

そういえば この間も コンとタクトレンズが 割れたばかり

超 珍しいことが続くものだ 

それとも ポルターガイスト?

どちらにしても ガラスのおかげで 私の体は 怪我1つしなかった

ありがとう ガラスさん

なにか 良いこと おこるかな?


オープンカーは 危険だから 乗らない

それから 肩掛けの草刈り あれも危ない 飛び石が飛んでくる

 
嬉しい電話。
どうやら 奥飛騨は ここのところ 雪が降っている

高山市で お世話になっている方々に 挨拶してから

奥飛騨へ向かう ・・・ 日帰りするか ハウス内で一泊するか

明日になったら 決めよう いつも そんな感じで 計画する


奥飛騨で買った アセロラジャム

美味しかったから 送ってほしいと 大阪の方から 電話があった


アセロラは 美濃加茂で アセロラちゃんが栽培している

アセロラちゃんは お兄ちゃんに頼まれて 収穫したアセロラを

奥飛騨のドラゴン君のもとへ 送っている

ドラゴン君は それをジャムにして 奥飛騨で売っている

アセロラちゃんとドラゴン君は 直接の友人ではない

つまり ドラゴン君は アセロラちゃんのお兄ちゃんと 親友関係にある

まっ どうでもいいことなんだけど(笑)


奥飛騨で買われた方から 連絡があること 美味しかったから ・・・

本当に嬉しくて 嬉しくて 

徳川家康ではないけれど その嬉しい表情を 肖像画で残したい気分

初心忘れべからず

いつまでも 喜んでいただけることに 熱中したい


そうそう

CBCテレビのイッポウという番組内で 3月10日 フルージックの取組みが紹介されます

だいたい 午後6時20分ぐらいから 10分程度

取材してくださった アナウンサーは 私以上に熱い人でした(笑)

どんな仕事でも 熱い志がなければ 続かないってことですね




私は人間
私は 人間であります

心を持った 人間であります

嬉しくなって 子供みたいに喜ぶ 人間であります

時には カッとなって怒る 人間であります

別れを経験すると 哀しみを堪えきれない 人間であります

好きなことをやっていると 楽しくて楽しくて 途中で止められない 人間であります

喜怒哀楽 という言葉 誰が言い出したんだろう

喜んで 怒って 悲しんで 楽しんで そんなことの繰返し


本来 自分ひとりでは 喜怒哀楽は生まれない

人と関わることで 人の間に自分が存在していることを 感じることで

改めて 私は 人間であることに気付く


私は 人間であります

喜んだり 怒ったり 哀しんだり 楽しんだりします

カントリージェントルマン
昨日は 身内の結婚式だった。

久し振りに カメラを握ったような。

レンズ越しに見る親戚 ・・・ 成長していく 時間が経っていくことを感じながら

どういうわけか 頑張らなければ やることは まだまだあるって

そんな気持ちになっていった。


1つ1つ形に残していくこと 分かりやすく説明していくこと

言葉を発することも大切だけど 言葉を記していくことも大切。

映像 画像が残っていれば もっと心に訴えてくる。


帰宅して 見たかった白州次郎の話 ( NHK )

カントリージェントルマン ・・・

私は ジェントルマンには 程遠いけど

志を持ち 強い信念を持って突き進んできた生き方に

深く感銘を受けた。