FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
惹かれる1枚
今日も 平湯バスターミナル内の産直市場で ジャムの売り子をしていた

収めた商品 暇があれば 責任持って売り子になるのが 私の身上

生産量が限られている 私たちのフルーツやその加工品

だからこそ 地域で売りたいし 作り手の想いを伝えたい

それなりの代価をいただくわけだから できるだけ 会話をしたいと思う

いずれ 『 あ~ あそこのものなら確かだよ 』 『 ここに来たら これを買わなくちゃ 』 と

言われるように 頑張らなければと思っている

それには 作り手と売り手 お互いの意思疎通が大切で

それがなければ 買い手には うまく伝わらないと 私は考える

だから 人任せではダメなんだ 作ったものを自分で売る努力をしなければいけない

特に 地域ブランドを創り上げていくには こうしたことがとっても大切だと思う


『 どうして ドラゴンフルーツを? 』

いつもながら みなさんに聞かれることだけど ・・・ あまり上手く説明できない

それでは 伝わらないかもと反省はするものの 言葉を並べれば並べるほど

なんか胡散臭く 自分自身が思えてくるときもある

もちろん ちゃんとした理由もあるし 作ったフルーツには 絶対の自信はある

ドラゴンフルーツ ・・・ 最初 ・・・ その花に感動した

昼ぐらいから 大きく膨らみ始め 日が沈む頃には 雌しべが顔を出す

20時過ぎには 満開となり 22時には 舞踏会の如く 咲き乱れる

私は この1枚の写真が大好き

lose the word

満開も美しいけれど 開き始める手前が まるで ドラゴンの息遣いが聴こえてくるようで

ふわっ ふわっ と かすかに音を立てて 開いていく

重なり合う 花びらとガクが 何とも美しく 私は いつも 言葉を失ってしまう


『 なんで ドラゴンなの? 』

『 そう ドラゴンに魅了されたから 』



スポンサーサイト



意志と義務
今晩も 奥飛騨にいる

ここのところ 週末は 奥飛騨温泉ハウスというのが習慣となっている

夜は いつもお世話になっている 佳留萱山荘 さんのところで 陪審員制度のテレビを見た

途中からだったけど 考えさせられてしまった

以前 書いたこともあるけど 私は 大学時代 法律を専攻していた

憲法では 1年から3年まで 一貫して同じ回答(論文)を書き 不可をもらっていた

簡単に言えば 授業とは 反対のことを書いていた

解釈は 人それぞれであると 小さな抵抗をしていた そんな感じだったような覚えが ・・・

さすがに 卒業ということもあり 4年目の試験では 可だったか 良だったかで単位をとった

法学部に入学したころは 一応 法律家を目指していたわけで 入学してすぐに

自分には 無理だとあきらめてしまった ・・・ それから 4年間は 雀荘通い ・・・

今思うと もう少し 有意義な生き方 大学生活が送れたのではと?

後悔することは嫌いだけど これだけは 『 あ~ 』 と 思ってしまう

まっ そんなことはいいとして テレビを見ていて 気になったことが

それは 意志と義務 ということ

偉そうなことは言えない いろんな解釈があることを 前置きした上で ・・・

陪審員という文化が育っていない 日本において 誰かがやらなければならないということで

義務化され 人を裁くこと また 守秘義務を守らなければならないこと とても難しい問題だと思う

選ばれた方の 心のケアも 当然必要になってくることだと推測される

これは 明らかに 国民性の違いや宗教観などが 大きく左右されるように思える

果たして 日本に根付くだろうか ・・・

とはいえ 新しい取り組みを 頭から否定しているわけではなく ・・・

意思の尊重を もっと しっかりと討論してほしかったように思う

陪審員になりたいか それとも やらなければならないのか

意志 と 義務 どちらか一方が 優先されるべきではないけれど

改めて 人間社会の難しさを 感じてしまった


農業の新しい取組み 私は しっかりと意志を持って 取り組んでいる

それだけは はっきりしている

意志が損なわれれば 心のバランスは 失われてしまうと 私は危惧している

義務だけで 生きていけるほど 人間そんなに強くないのではないだろうか?


明日も 平湯でジャムの売り子をする

久しぶりに 農業以外のことで 考えてしまった ・・・