FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
URANO-3
ドラゴンフルーツに興味を示し 本格的にフロリダから苗を輸入したフルージック

日本初品種のものばかり 24種類 ・・・ 

無謀だと言われても 全て花を咲かせ 実を食べてみなければ と思い

4年かけて その習性を把握して 今に至っている

そんな私たちのドラゴン温泉ハウスに興味を示し 遊びに来ていただき

その可能性と 現実にしっかり育っているドラゴンたちに感動し 1人1人と仲間が増えている

こうして 私たちの想いに応えてくれている ドラゴンたちに感謝

また ドラゴンを通して 支えてくれる仲間が増えていることに 感謝しています


そんな仲間の1人 URANO氏が 自分で交配したドラゴンが花を咲かせ 実をつけた

実は 昨年 花を咲かせたのだけど 木が充実していなかったのか 実をつけることはなかった

今年は 7月2日に花を咲かせ URANO氏には悪いと思ったけど

『 はじけ始めた状態 』 まで 収穫しなかった

なぜなら はじけたものは甘いので この初めてのドラゴンも できるだけ良い状態で

データを取りたかったというのが 本音であります

それに 花を咲かせてから どれくらいで はじけるのか これも目安としてとても大切なこと


というわけで URANOドラゴンの歴史に触れてみよう(笑)

2007年9月に送られてきた URANOドラゴン 下の画像は 2007年9月15日に植え替えたもの

urano-3-1
 
実は 1本の台木に No.1 No.2 No.3 と それぞれ接木されている

同年12月には 順調に育ち始め 来年の開花を予想するが 開花だけで 実をつけず ・・・

urano-3-2

花が咲いて 40日経った URANO-3-ドラゴン 大きさは 小振り

この大きさは 一概に言えない 成長の具合で もう少し大きくもなることだと予想される

urano-3-3

中を見てみると 外は デライト(薄ピンク色)に似た感じ

外(表皮に近い部分)は ピンク色であるが 中心にいけばいくほど 白くなっている

urano-3-4

画像では分かりにくいかもしれないが とりあえず アップ画像

urano-3-5

ふと疑問に思ったのが この果肉の違い 外と中での違いを知りたかった

一般的なドラゴンフルーツでも 外と中では 糖度が違う

フルージックの甘い品種は 5度以上違うことも良くある

だからといって 食べてみて そこまで味が変わるとも 私は思っていない

中心の白果肉部分は 18度を記録した 食べた感想も 甘い

正直 白果肉で ここまで 甘さを数字同等に甘いと感じたのは 今回が初めてに近いかも

urano-3-6

では 外のピンク色のところは どうなんだろう?

12.4度 ・・・ あくまで ピンポイントでのデータであり 今後もっと 調査していく必要がある

urano-dragon-7

ただ 食べてみて 甘いと思ったこと タネを潰すと白ドラゴン独特の香りがあることなど ・・・

やってみなければ分からない

2年かけて 収穫する前に URANO氏は それ以上に年月をかけてきたはず

農業は時間がかかる と 改めて認識した

毎回 『 改めて 』 という言葉が多くなるが 実際 その通り ・・・ 

改めて 自分の無知さに気付かされるから



スポンサーサイト