FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
ハイビスカス・ローゼル
カテゴリが増えていってしまう ・・・ (笑)

昨年 沖縄の知人から ハイビスカス・ローゼルの種子をいただいた

正直 種から育てるのは 小学生時代の 『 あさがお 』 以来 ?

あっ ドラゴンフルーツも種からも育てているので そうでもないかも ?

でも ハイビスカス・ローゼルとドラゴンフルーツとでは ちょっと違うような気もする


種子を蒔いていたのだけど 温泉ハウスではなかなか芽が出ず ・・・

やはり 無理なのかな?って思っていたら いくつか芽を出してくれた

種子から芽が出ない理由の1つに 温泉ハウス内は乾燥しやすく

プランターの土が乾燥してしまうことなどが考えられ

小まめに水遣りをしているつもりでも 発芽の環境づくりが上手くできていなかったと思う

それに アセロラの種は 発芽率が緯度に関係しているとも言われているので

ひょっとしたら 南国の植物なので 関係しているのかもしれない

とはいえ 今回の発芽率の低さは 私自身が下手くそだったということにつきると思う

ハイビスカス に興味がある方は クリックして下さい

ネットでは 栽培方法など情報がたくさん載っているので 本当に便利です

どうやら10月から11月に開花するようで 奥飛騨のハイビスカス・ローゼルも順調ということです

Hibiscuc sabdariffa1

Hibiscuc sabdariffa2

Hibiscuc sabdariffa3

ハーブティを作るほどではないので 今年は花を楽しみます

それから 咲いた後の種子で 来年に向けて花を咲かせようと思います

南国沖縄からのハイビスカスの種子が ここ雪国奥飛騨で育っている

なんだか 不思議な感じです

今 沖縄では どんな風や吹いているのだろう?

さんさんと太陽が降り注いでいるのだろうか?

 
スポンサーサイト