FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
一夜限り
昨夜 受粉作業を終え 床に就いたのは 午前3時過ぎ

『 これで見納めだぞ 』 と ドラゴンたちの囁きが聞こえたのか

朝方6時には 目が覚めてしまい ・・・

あたりは すでに朝日で明るく

ドラゴンたちも最後の力を振り絞っているかのように

閉じようとする花びら 見えない力に抵抗している

( 携帯画像のため 少々みにくいのですが ご了承ください ちなみに朝6時ごろです )

one night flower1
 
昼間は昼間で 少々やることがあり 打ち合わせがありと

なかなか 栽培に専念できないことに 不安を抱いていたり

作って 売って 当たり前にみえる こういった仕組みが なかなか農業では実践できない

そりゃそうさ と ・・・ 作るのに追われるし 植物は待ってくれないし

でも 何かあるはず どこかにヒントがあって ・・・

いろいろ考えながら ドラゴンたちに水を与える

気付いたら 午後6時 ・・・

大好きなバンドの1つ Uncle Kracker を聞きながら 1日は早い ・・・ つぶやく私

奥飛騨にいるときは 食べるモノに気をつけてと ・・・ 

渇いた体に 野菜ジュースを流し込む

ふと気がつくと ・・・

one night flower2

朝の6時 夕方の6時 たった12時間で 姿を変える ・・・

よっぽど力を使ったのか ぐったりとしているドラゴンたち

あ~ 私も昨夜 ほとんど眠っていないのだから ぐったりとしたい

と思いつつ 今夜はいくつ咲くのだろう?と ハウス内を散歩する

one night flower3

うん? 昨夜のようなことはないまでも 今夜も 100は咲く 150ぐらいだろうか ・・・

こうして 10月中頃まで ほぼ毎晩咲き続ける ドラゴンフルーツの花たち

ここにいると 生命の神秘さ 本当に感じ

受粉して 結実して 実になり 種子が生まれる ・・・

純粋に 子孫を残すお手伝いをしたいと ・・・ なんだ? 真剣にそう思ってしまうから不思議

ドラゴンたちにとっては おせっかい野郎と言われても

手から 受粉用の筆は離さない(笑)

一夜限りの花 ドラゴンフルーツを実らせるために


あっ そういえば 明日の夜 9時54分から

BS JAPAN ふるさと発 元気プロジェクト という番組で 私たちの取組みが紹介されます

奥飛騨の魅力たっぷり お時間があれば ぜひ 見てみてください

私は 奥飛騨にいるので オンタイムでは見れないですけど ・・・ トホホ

ハウスには テレビないし 受粉作業を頑張っていますよ(笑)

スポンサーサイト



ドラゴンの香り
今夜の温泉ハウスは ドラゴンの香りでいっぱいです

ドラゴンの香り ・・・ うん?

そうです ドラゴンフルーツの花の香りです

で なんで? ということになるのですが ・・・

携帯の画像で申し訳ないのですが 

many many

今夜は むちゃくちゃ咲いています

今年一番のピークです

ざっと 200以上です

訂正です 今 受粉終えて数えたところ 450ほどでした ギェ~(笑)

受粉作業の時間ですが 少々 逃避気味(笑)

2時間ぐらいかかるのかな?と思うと ・・・ 

今日は 朝からアセロラ収穫していたので 疲れ気味であるのです

それでいて 3時間ほど運転して 奥飛騨までやってきたので

岐阜は広すぎる 本当に広いよ

アセロラがある美濃加茂は 日本一暑い地域だし

ここ奥飛騨は 本州の北海道と言われるところだし ・・・

いろんな意味で 面白い 

トロピカルフルーツが それぞれ元気に育っているんだからね

今週末は 花が咲く数は少ないと思うけど ゼロではないと思います

ぜひぜひ 奥飛騨へ !!!


さてさて そろそろ やるとしよう(笑)