プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
黄色い絨毯
奥飛騨の平湯峠では 雪がちらつき 冬が始まっています

ここ美濃加茂では 秋が終わろうとしている そんな感じでしょうか

冬と秋の綱引きも やがて 冬の勝利となり ・・・ 春との対戦を待つばかり

この時期のハウス栽培は とても神経を使います

冷え込んだかと思ったら 日差しの加減で ハウス内の温度は どんどん急上昇

湿気がたまらないように 換気も大切だし

そうかと思って 窓の開閉を大きくしていると 冷たい風で 温度が急降下

温度センサーがついていて 全自動ならいいんだけど ・・・ 手動はキツイです

加えて 保温のため 二重構造にしているので 内幕の開閉も必要だしね

とはいえ この時期の冷え込みは 果実にとって 甘みを引き出す裏技みたいなもの

これは 高原野菜などに限らず ドラゴンフルーツにも当てはまるようです

ただ 温度の低下は 熟す期間が伸びたり あるいは 色つきに影響を及ぼすようです


さて 秋が終わりを告げる頃には ・・・

光合成の役目を終えた 銀杏の葉っぱたちが 最後の仕上げを行います

そう 黄色の絨毯です

a yellow carpet

1枚1枚 また 1枚と ひらひらと重力に従い 寒々しさを感じる土肌を覆うように ・・・

黄色い絨毯の美しさを 私たちは目に焼きつけ 冬支度に入ります

黄色い絨毯は暖かく 虫たちの寝床となり やがて 土にかえっていきます

来年の新しい命のために ・・・ 1枚1枚の銀杏の葉っぱたちは 最後の仕上げをしています

繰り返し 繰り返し 誰に教えられたことでもなく つなげていく

そんなつなげていく姿勢に 私たち人間も 気付かされることがあります



スポンサーサイト
守るべきもの
週末を家で過ごすため 奥飛騨から帰ってきました

明日は 娘の8回目の誕生日

一念発起し 農業をはじめたのは 娘が生まれてすぐ

ある意味 娘の成長とフルージックの成長は 重なっている

そんな大変な時期にと言われても ・・・

当時は 建設業もバリバリで 娘といる時間すらなかった

唯一 お風呂の時間に帰る わずかな数十分が 私の息抜きでした

だけど 毎晩帰ることができるだけ 幸せなこと


年末が近づき いろいろ整理する中で ・・・

baby1

懐かしい写真が出てきて ・・・ 3年前だろうか

幼稚園児だった娘と 堤防沿いを散歩

急な土手を ダンボールをお尻にあて 滑降りて遊んだころを思い出す

ふと 目を離すと 土手に咲く 小さな花を摘んでいる姿が 愛おしく

baby2

ママにお土産と言っているそばから 暖かい日差しの誘惑に負け 眠ってしまう娘

baby3
 
大事そうに握っている小さな手から ママへの想いが伝わってくる

玄関についた頃には すでに 萎れてしまっていた花を見つめ 悲しそうな目を向け

小さいながらも 納得いかないという顔つきが 微笑ましく

その晩 お風呂の中で ・・・ 

命あるもの むやみに摘んでしまってはダメだよ と 話したことが甦る

当時は 分からなかったことも 大きくなるにつれ 分かってくることもある

私たちの世代が 親の世代から受け継いだもの ・・・ 次の世代へと伝えていく

同時に 社会で生きていくことには ルールというものがあるということも


 

  


ビジョン
名古屋のリコール 成立しませんでしたね

結果は 僅差だったようで ・・・ それぞれの立場から いろいろな意見があると思いますが

ただ 否定だけでは 何も変わらない

農業に取組み始めたころ ぶつかる壁 壁 壁 ・・・

全ての壁に対して 怒りや憤りをぶつけるだけで

今 思うと 当時の自分が とてもちっぽけに思えてなりません

否定するだけでは 何も生まれない 何も変わらない

そう思えるようになったのは 農業を続けてこれたこと

強い思いで 1つ1つ実績を積み重ねることで 自信を深めてきたこと

揺らぎそうな心を支えてきたのは 応援してくださる方々でした

そんな中 ぼんやりとしていたビジョンが くっきりと明確に浮き出てきました

ビジョンが浮き出れば あとは それに向かって突き進んでいくだけです


だけど そうはいっても 人間です

落ち込んだり やる気を失ったりもします

ドラゴンたちだって 本当は 咲きたくないなぁ~ って思ったりすることもあるはず

それでも 変わらず 咲き誇ります

今夜も 2輪 季節外れかもしれませんが 咲いています

結実する確率は ほとんどないと思いますが いつものように 受粉する予定です

嫌だなぁ~ って思っていても 一歩前へ進んでみれば 違った世界が広がってくることも

heavy ... ?

まずは 現実を受け入れること

このドラゴンも なぜ 重力に負け こんな形で成っているか

過程を振り返ることで 見えてくることもあり そこから そうならないためのヒントも見つかるかも

今だけを 点でだけで捉えることなく 線でつながっていくようなビジョンが必要です


こういった文章を書くときは 私の心は荒んでいるときです(笑)

これから 眠くなるまで アセロラの剪定作業をして 気を紛らそう

悔しいなって思う それは 自分自身の実力のなさだから もっと努力しなければ ですね






ルーティーン
そろそろ 秋も終わり 寒く冷たい冬がやってきます

個人的には 暑い夏が好きです

暑くて暑くて 寝苦しい夏の方が ・・・ ただ 寝ているときの蚊はキライ

そんな夏があったことすら 忘れてしまうような ・・・

毎年毎年 同じことを感じながら 同じことを繰返しています

奥飛騨では 初雪があったかと思うと 日中はポカポカと 嘘のような暖かさ

一段と冷え込んだかと思うと また暖かくなり こうやって 冬が近づいてきます

この時期の植物は 霜露でダメージを受けてしまいます

植物だけでなく 私たち人間も 温度差の変化に対応できず 風邪をひいてしまいます

そういえば インフルエンザの予防 ちゃんと打ってきました

ルーティーンな1年 微妙に変化はあるものの 進歩しきれないのが 長く生きるコツなのかも( 笑 )


収穫を終えた銀杏畑で 暖かい日差しを体中に感じることへの幸せ感

attakai1

澄み渡った秋空 役目を終え 黄色くなった 銀杏の葉

わずかな隙間を探し出し 差し込んでくる木漏れ日が 暖かくて眩しい

私を見つけ ゆっくりと歩んでくる ヤギさんの姿に 私の頬は緩む

attakai2

ありがとうって なんだか分からないけど 音にはならない言葉が 体中を駆け巡る

なんとも言いがたい気持ちになりながら 足元を見ると

tanpopo1

タンポポさんも ルーティーンな1年を終えようとしている

tanpopo2

風を待ち どこかへ飛んでいくタイミングを待っている

何もなければ 来年も同じことを繰返す

銀杏畑に ヤギさんが来ても 変わらないルーティーンな1年を送れることに

深い意味を感じてしまうのは 私だけであろうか ・・・

自然って なんとも不思議なことなんだって 当たり前のことに感じていたことに

感謝です ありがとう



 



熱い人
慣れないことも 1つずつ

切羽詰まらなければ なかなか まとまらない

昨日は 久し振りに 1日パソコンと睨めっこ

おかげで 肩凝りが激しく ・・・ 頭痛がするぐらい

肩凝りも 頭痛の経験も ほとんどなく だからこそ たまに襲われると ヤバイです


おかげさまで 何とか 講師としての役目は終え

聞いてくださった方々のヒントになったかは 分からないまでも

一応 建設業で生きてきた経験 それから 現場でのこと 新分野のこと などなど

違った視点で 分析しまとめたつもりなので どうか ご勘弁を

相変わらず 話の途中で 脱線するわで ・・・ なんとか 熱い想いが伝わったことと

いつもながら 得意の勝手な解釈で 思っていたりするわけです

建設業が好きだからこその熱い想い 厳しい意見になってしまう ・・・

益々 建設業の今後は 厳しく難しい選択になってくると 私自身感じます

とはいえ 決して なくなってしまう業界ではないので

これから どんな形で 地域の中で生きていくか それにつきるような気がします

そんな中 私たちは たまたま 農業に惹かれ その農業の楽しさに触れることができ

その取組みを通しながら 建設業で培った財産を活かしながら 進んでいる ・・・ 

そう 全てがつながっている ・・・ 建設業から農業へシフトしたけれど

決して 切り離す必要もないければ 分けて考えることもない

建設業あっての農業 それが 私たちのあるべき姿なのかもしれません

とはいえ 今の基本は 農家として しっかりと生産に励んでいくことです

hana11

hana22

hana33

好奇心旺盛なハナは ユキと比較して することなすことが全然違います

木に登るのは 日常茶飯事

最近は 舗装用の型枠で作られた平均台を いとも簡単に スイスイと歩いていきます

バランスを崩しそうな そんな道のりでも しっかりと足元を見据えて

前へ 前へ 進んでいきたいです

夢も語れない人生に魅力は感じない なんて 大声で言ってみたいです(笑)

今日も1日 熱かったです






ジョーカー
奥飛騨に長くいると 携帯の向こうから 娘の声が聞こえてくる

今度帰ってきたら トランプしよう ・・・

家に帰り 何をする?と聞くと 7並べ それから ババ抜き 神経衰弱の順である

どうやら 最近 7並べを覚えたらしく 真っ先に 7並べと言う娘に

腹黒い大人の私は 意地悪なカードの出し方をしてしまう

そう 次々と考えずに カードを並べていく娘に対して 妻や私は 相手の出方を探る

はたまた ジョーカーの使い方を知らない娘にとって ある意味 邪魔なカードである

ジョーカーの使い方 ババ抜きのババの存在を楽しんでしまう 私たち大人

世俗に被れた そんな人間なのかもしれないと 無邪気に一喜一憂している娘を見ると

得意げな顔をしている自分が なんだか 安っぽく見えてしまう

安っぽいという表現が 妥当かどうかは別として 

その純粋さ 純朴さに 打ちのめされてしまう ・・・ のかもしれない

ジョーカー 使い方しだいで 良くもなり 悪くもなる

実は ここ最近 私自身が ジョーカーだと言われることもある

ジョーカー? 考えたこともなかったことだけど なんとなく ・・・

そう なんとなくだけど 分かるような気がする

それだけ 頑固だということだろうか ・・・ 

確かに はい そうですかと 簡単に頭を下げるわけでもなく

時には 誰であろうと カチンとくれば 強く反発してしまう傾向もあり

そうかと思えば 気遣いすぎて 言えなくなってしまう 弱々しいところも多々ある(笑)

どう転んでも 扱いやすいタイプではないということだろう


今日の奥飛騨は 随分と暖かくなりました

連日 天気予報などで 平湯峠で雪とか報道されたせいもあり お客様は少なかったです

夕方 蒲田川のほとりを散歩しながら 木々の紅葉を楽しみました

turn red
 
今週末 講師として 2時間ほどの時間をいただいているのに

いまだ その資料作りが終わっていないという始末

題材を決めてしまえば 集中して書き上げることができるんだけど ・・・


ジョーカー ・・・ やっぱり エースが良いよな ・・・ と 思ってしまうあたり

私は ジョーカーと呼ばれることを 喜んでいないのか ・・・

であれば ・・・ そう であれば である


よし 題材は見えてきた

何を伝えたいか 自分に素直に そして よりストレートに伝えることにしよう









ヌケガラ
午前中 冷たい雨が ポツポツと

身体にあたると 体の芯まで 伝わってきそうな そんな冷たい雨でした

昨日は 予期せぬことが いろいろとあり 

布団に入るまで いろいろと悩み それから 寝付くまで 考えていたせいなのか

いつもより 体の温度も低かったようで 朝の雨は 余計に心が重くなったようです

近所の方から キウイフルーツを譲り受けていたので 雨が上がるを待ち ・・・

日差しが回復すると 朝方の寒々さは 嘘のように どこかへ飛んでいってしまいました


収穫すること1時間ほど ・・・ コンテナいっぱいになったキウイフルーツ

kiwi-frutis

さっそく 表面を掃除することに ・・・ あっ 気になっていたものが

kiwi-fruits2

蝉のヌケガラが ぶら下っていたキウイフルーツに しっかりと しがみついていました

アブラゼミだな と 心の中で呟きながら 冬を迎えるこの季節 

どうにも表現しがたい 切なさを感じてしまいました

人の流れもあり 暑い暑いと言いながらも 活気があった夏

私たちの農業は これから 厳しい冬を迎えていきます

夏場に蓄えたもので どうにか冬を越し 来年に向けて 基礎作りに向かいます

地味な基礎作りがなければ 元気な春や夏を迎えることはできません


ただ 夏の面影を 何となく 感じてしまうと ・・・

やっぱり 秋から冬に向かうこの季節 寂しく 足をとめてしまいがち

気持ち的に不安定になったりしてしまうのも 自然のメカニズムなのかも

あったかい鍋 あったかい布団 身体を温めて この季節を乗り切ろう


魁蜜リンゴ型
小春日和 あたたかい1日でした

事務処理が多く 溜まってしまった仕事は なかなか減ることもなく

打ち合わせなどの予定 ・・・ 時間が空けば 電話 ・・・

あたたかい日は のんびりと いやいや サクサクとハウスでの作業を終えたいところ

現実は 日の差し方が鈍ってきた箱の中で ひたすら事務処理 ・・・


あっ そういえば リンゴと一緒に入れていた 魁蜜リンゴ型というキウイフルーツ ・・・

昼食後 思い出したように 袋から出すや否や サクッと

kaimitsu-ringogata1

kaimitsu-ringogata2

光の具合で 果肉色が黄緑色になっていますが

黄色に近く ゴールドキウイといった そんな感じでした

熟すと黄色になり 甘くなる そんな品種だそうです

食べた感想は 酸味が少なく 甘さがあり食べやすい ・・・ です


キウイフルーツには たくさんの品種があり それぞれの特徴があります

個人的な栽培ならいいのでしょうが 農業としてやろうと思えば 

その地にあった品種を選ぶことが 大切なことかもしれませんね

来年になれば 再来年になれば どんどん新しい品種が現れてくるでしょう

栽培する方も楽しいけれど サクッと切ることにも 楽しみがあります

どんな色なんだろう? 美味しいのかな?と 想像するだけで 嬉しくなります

それが 農業の醍醐味ですね


イエローパンダ
君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね ・・・

という曲 無茶苦茶 流行っていましたよね

どんな意味なんだろう?って 真剣に考えていた頃を思い出します ( 笑 )


秋になると 実家の縁側に キウイのたくさん入ったコンテナが置かれることがあります

近くに住んでいる方が育てているもので ・・・

すると 母から電話がかかり ・・・ 『 はい 売ってきます 』

と いつもの会話が ・・・

私が住んでいるところでは 売りにくいので 奥飛騨に行って 産直市場に置いてもらったり

それから フルージックのお店で 販売したりします

今年のキウイの出来は 夏場の暑さと雨が少なかったせいもあり 悪かったようですが

それでも 水を例年以上にまいては 管理していたようで いいものができています

昨年までは 1品種だったのが 今年は 2品種です

魁蜜リンゴ型という 黄緑色から 熟すと黄色になる お尻がリンゴのようにゴツゴツしたもの

それから イエローパンダともよばれる 小粒で黄色の果肉に 熟すと芯が紅くなるものです

硬い状態のものを収穫するので リンゴと一緒に入れておくと 10日前後で熟してきます

傷をつけたリンゴだと 早く熟すとテレビでもやっていました

で ビニール袋に入れていたら 部屋の中が 甘~い香りで ・・・

そう イエローパンダの表面が柔らかくなり 熟したよって言っているんです

イエローパンダという品種のキウイは 食べたことがなかったので とても楽しみ!

甘いとは聞いていたのですが ・・・ サクッと切ってみると ・・・ なるほどっ!

yellow panda1

確かに 芯が紅くなっています

yellow panda2

で 味は 甘いです

キウイフルーツですが 酸味はあまりなく 甘い品種ですね

何とも 品種名がかわいいというか どんな品種?と聞かれると

イエローパンダって ハニカミながら言っている自分が ちょい恥ずかしいです

でも ネーミングって とっても大事ですから

キウイフルーツにも いろんな品種があり 面白いですよ!

Brothers
ここのところの冷え込み ヤバイです

超暑かったと思ったら 雨 雨 雨 ・・・ 止んだと思ったら 急激な冷え込み

これでは 露地栽培の野菜や果実へのダメージは はかりきれないと思います

だからといって 耕作を放棄してしまえば あっという間に荒地になり

再び 耕作できるようにするには 時間と労力がかかります

今 管理している銀杏畑も ・・・ たまたま バックホー ( ユンボ ) があり

たまたま 建設上がりだったので 機械を扱うことができ それでも 数ヶ月かかって

ユキとハナ それから 私たちも 自由に走り回れる土地になりました

綺麗になれば 荒れていた頃のことは忘れてしまうようで ・・・

だから 野菜や果実が 綺麗な状態で店頭に並んでいるのを見てしまうと

農家さんが 1つ1つ 当たり前のことだけど 丁寧に手作業していることなんて 

想像すらできなくなってしまうのは 致し方ないのかもしれませんね

少しでも 生産する人と消費する人の距離を縮めたい そう思っています

縮まることで 『 お互いさま 』 という言葉が生まれるのかもしれません


寒くなると ドラゴンフルーツの色づきも悪くなります

これは 毎年のことです

収穫するの早いんじゃない? ・・・ と 言われそうですが

green

いやいや そういうものでもないんです

purple

開花から 60日前後 経過しているものです

色づきが悪いからといって 表面が赤くなるまで 放置していると 劣化してしまいます

half and half

これは 紫果肉の品種にありがちな状況です

光が当る方が緑色で 直接光が当らない下面が 赤色になるんです

普通 光が当る方がと思うのですが 意外なもので ・・・ 劣化するのは 必ず 赤い表面の方

1つぐらいならともかく この時期の紫果肉は ・・・

brothers

兄弟 仲間がいれば 怖いものなし ・・・ ?

というか 栽培する方も 同じ現象が いくつか起きた方が 安心するもので

たった1つだったりすると 何でだろう?と 悩んだりするものです ( 笑 )


動き出す
ここのところの奥飛騨は 寒い

真冬の寒さからすると 比べものにはならないけれど

暑かった夏の面影を どことなく 引きずっているようで この冷え込みはキツイ

だからこそ 温泉ハウスに入っていただくと その暖かさを実感できるようです

snow 2010 fall


そういえば 以前 私の友人に 優柔不断だと言われたことがあります

その友人とは 20年以上の付合いなのですが 

意外とそんな言葉をかけられたのは 生まれて此の方 まだ1度きり

でも そう言われたということは その友人にとっては そうなんだろう

当の私は 心当たりがない ( 笑 )

恋愛も一直線だし 行きたいと思えば どこへでも あっという間に飛んで行くし

ただ 何か大きな目標みたいなものがあるときは じっと時期やタイミングを待つことがあります

熱しやすく冷めやすいという性質ではありますが 今のフルージックの取組みについては

とても慎重です ・・・ というより 農業そのものが すぐに答えが出ないから

自ずとそういうことになってしまうのでしょうけど


・・・ で ・・・ いよいよ 次こうしたいと思っていたことを 実行に移します

1人ではできないし 私には そんな技術や知識もないので できる人たちにサポートしていただきます

といっても そんな大きなことではなく 1つの叩き台からスタートすることになります

もちろん 将来的なビジョンや広がりは しっかり組み立ててあります

その時期がやってきてくれた ということで 本当に嬉しい限りですし 感謝感謝です

今回 動き出すことで よりフルージックらしい農業ができるっていうことになります


もちろん 私たちは あくまで一農家ですので より魅力ある農作物を作ることが基本です

オクヒダン・スタイルを実現していくために 限りある資源を有効利用しながら頑張っていきます