プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
もどき
いやぁ 昨日の地震は びっくりしました

ハウスで寝ていたのですが 夜中に目が覚めてしまい ・・・

そうしたら ゴォーっていう音がしたと思ったら ドスンと大きな揺れ

深夜だったこともあり 地響きのような音がするんだと ・・・

それから 眠ってしまい ・・・ 朝方 ゴォーっていう音が再び

そして ドスンという 深夜より大きかったような 私にはそう感じました

ハウスから 外に出ようと思い ドアのところにいくと ・・・ ?

2センチほど ドアが開いていました おそらく 地震のせいだと思います

それにしても びっくりしました 大きな災害がなかっただけ 助かりました

ニュージーランドでは 大きな被害となり ・・・ 1日も早い復旧を願います



明るくなって ハウスとドラゴンたちを点検していると

マキスパ ( 赤肉腫 ) から 蕾のもどきが出始めていました

modoki

一瞬 蕾のようですが しばらく伸びると 新芽へと変化していきます

こういう新芽 いわゆる 『 蕾もどき 』 は 春が近づいているということを 教えてくれます

3日から始まる 高山物産展 ( 岐阜高島屋さん ) の準備が まだまだ 終わらず

ハウスでの作業 事務処理 来月中頃には 愛媛県へと出張する予定もあり

建設業に従事していた 年度末の忙しさを思い出します

当時は 普通に10キロとか体重が落ちてしまうぐらいでしたから

今は 年のせいもあるでしょうが 痩せずにキープ いやいや 増加しているぐらいなので

まだまだ 頑張りが足りないということでしょうね


高山物産展 3日から9日 お時間があるようでしたら ぜひ 遊びに来て下さい


スポンサーサイト
そろそろ3月
そろそろ3月です

今年の春は早い ・・・ そう思っていたら やっぱり早い

桜なんかは どうだか分からないけど ここ奥飛騨温泉ハウスの中は

すでに 春 ・・・ 日中は 初夏といった感じです

上からの太陽光 下からの温泉熱

常にポカポカのサンドイッチ状態のドラゴンたちは 冬眠から再び目を覚ましたようです

spring is coming

もう少し 冷え込みが和らぐのを待って 新芽を切っていきます

すると 数週間後には つぼみが顔を出す ・・・ 予定です


3月3日から 岐阜高島屋さんにて 高山物産展が開催されます

今回も 北陸の方々も合流し とても賑やかになります

お時間がある方は ぜひ 遊びに来て下さい

実は 今日 奥飛騨に遊びに来てくださったお客さんの1人は

昨年の物産展にて 私の長いウンチク話を聞いて ドラゴンジャムを 買ってくれた方でした

実際 嗜好品を扱う私たちにとって 物産展に出ると 人件費やら何やら経費を考えたら 赤字なんです

だけど こうして 奥飛騨に遊びに来てくださったことを考えると やっぱり意味があったって思います

嬉しいです!

6月以降 奥飛騨に花を見に来ていただけるよう しっかり 営業してきます

もちろん しっかり売れれば 言うことなしですが ( 笑 )
 
みんな ドラゴンジャム 買いに来てぇ ~




謎です
昨日 超 久し振りに病院へ行きました

耳の調子が悪いのか いやいや 単に耳かきをやりすぎるのが原因というやつで

どうやら 傷つけてしまったらしい ・・・

で 今日も 耳鼻科に行ってきたわけだけど 

院内にある自販機 ・・・ 中学生くらいの女の子が ふるふるゼリーを買いました

飲んでいると じっと見つめる幼児が現れる ・・・ で お母さんが幼児に買ってあげる

お~ 連鎖反応だっ! と 以前 カレーうどんは連鎖反応するということを思い出す

しばらくすると 名前が呼ばれ 先生のところへ

で ・・・ 帰り際 ・・・ ガチャン 私も買ってしまったよ

事務員さんたちから丸見えの位置に その自販機はある

私は 体で覆うように なんだか不自然な格好で ふるふるゼリーを取り出し

カニ歩きのように 出口へと急ぎました

あ~ 謎だ~ なんで連鎖反応するんだろう ・・・


そういえば 先週末 ドワーフバナナを切りました

dwarf banana cut1

不完全燃焼といった感じで うまく実りませんでした

理由は謎 天候なのか それとも 緯度なのか ただ単に 運が悪かったのか

いずれにせよ 検体が1つでは なんとも言えず ・・・

中がどんな感じなのか ・・・ 切ってみると ・・・

dwarf banana cut2

バナナが出てくる形にはなっていたことが分かります

形にならなかった 小さな無数のバナナたち とても残念です

dwarf banana cut3

画像 左下の部位を見ると 排水口のようにU字になっているところがあります

dwarf banana cut4

そこが 何らかの影響で上へ伸びることができず 無理な状態で伸び続けた結果でしょう

では なぜ 上へ伸びることができなくなってしまったか

それは 分かりません

ただ ドワーフバナナにしか分からない 何かがあったのでしょう

う~ん 謎だ


明日から日曜まで 奥飛騨

ただでさえ タイトなスケジュールなのに 大学のゼミの論文を書くことになり ・・・

少々 逃避気味です




キラキラ
今日も暖かい1日でした

どうやら 今週1週間 春のような暖かさになるようです

一概には言えませんが ドラゴンフルーツのハウス栽培は この時期が要注意です

というのも ・・・

基本的な温室ハウスは 材料を少なくすることで 投資額を抑えるたり

あるいは 暖める空気量を減らすことで 冬場の温度管理を容易にするなど

経済性の観点から 背が低いビニールハウスが主流だからです

つまり 温度が上がりやすいということが言えます

もちろん 横から 上からと換気して 温度調整できますが 

冬から春にかけては その調整が難しいというか ・・・

全自動なら 任せておけばいいのですが 手動にすると 太陽次第で大慌てとなってしまいます

また 春の紫外線は強く 冬の後なので 余計に感じてしまうのかもしれませんが

温度上昇したハウス内では 日焼けの原因となってしまうことがあるのです

ドラゴンフルーツに限ってですけど

もちろん 夏でも 日焼け対策はあった方がいいですけどね

たとえば 南国では 海風が心地よかったり 時より スコールで冷やしたり

ジャングルが 天然のUVカットカーテンになっていたりするわけで ・・・

そういったものがない 温室栽培は 少々手間がかかってしまうのが現状です

それでも作りたい という想いがあるので 手間も気になりませんが 気が抜けない季節です


ハウス前に積もっていた雪が 朝の陽射しに反射して まぶしいまぶしいっ

sunshine

生まれたとき 私もまぶしかったはず?なのに 今は ・・・

大人社会に揉まれ 現実という壁にぶち当たり ・・・

まっ それでも 他人にどうのこうの言われようとも 

信じた道を歩むだけの性格は変わっていないようなので ・・・ 相変わらずですが

それでも 自分自身 キラキラでいたいと思います ( 笑 )



踊る地方
『 首都機能移転 』 幕引きへ

そういえば ・・・ 建設時代 ひょっとしたら? 仕事が増える? なんて

勝手に想像していたころを思い出します

岐阜も一生懸命 誘致活動していたし 国道や県道の至るところに

『 東京から東濃へ 』 へと書かれた看板を よく目にしたものです

で 結局 ・・・ 踊らされたのは 地元住民

決まっても いつになるのか分からなかったので 期待していなかったというのが大半かも

当時 首都機能移転問題が出た背景として ・・・

バブル時期 東京の土地も値上がりする中 一極集中を避けるため

あるいは 万一の災害を想定し いくつかの地域に分散しておいた方が良いとのことから だったらしい

なるほどなって思うものの バブルは崩壊


1つの計画を実行し 結果を出していくことは 本当に難しい

あらゆる知識を持った人たちが集まった集団でさえも 予想通りにはいかない

企業もしかり 私たち自身にもあてはまること

先を読むことは難しくても あらゆる状況にも対応できる準備が必要なのかも

ましてや 投資をするということは それに対する結果が求められる

ただ1つだけ言えることは 直接 結果が出なくても

大きく見て 間接的に結果がついてくるのであれば それはそれで意味があると思います

今尚 残っている看板を無にしないためにも 何かを見つけ 続けていきたいですね

私自身 地方社会で生まれ育ってきた身として感じることは

大切なことは 続けていくことだと思っています

いろんな都合で 踊らされ 『 や~めたっ 』 と 言わないように

私たち自身 もっと真剣に 地方で生きることを考えていかなければならないのかも

なんて偉そうに言っている私ですが ・・・ 私自身に言い聞かせているのです


さて 今夜の温泉ハウスは まだまだ暖かいです

2011.2.19-1

2011.2.19-2

19度あります

廃棄される温泉で こうして ハウスが暖められています

栃尾温泉の民宿や家も 温泉暖房が完備されているのですから すごいですね

今朝は5時起き 今 とても眠いので 今夜は早く寝ます

もちろん ハウスの中で ( 笑 )







ラブ注入!
暖かい雨が降っています

この時期 この暖かい雨は 春がもうすぐそこにやってきていることを 

予感させる そんな感じです


さてさて

実家に行ってみると 親父がニヤニヤと ・・・ 気色悪いというか ・・・ ( 笑 )

見せてくれたのが これ ↓

love banboo

バンブー ( 竹 ) です

もう少しで ふたごになれそうで ・・・ だけど なれなかった

でも ハート型のバンブー

今 流行の 『 ラブ注入っ 』 ていうやつですね

世の中には いろんなものがあふれています

ちょっと時間をとめて ちょっと気にかけるだけで それから

ちょっと想像するだけで いろんなものが見えてきます

見えてきたら ニヤニヤしてくるような 面白い発見があります

ハート型のバンブー

ひっくり返せば タヌキの目に ・・・

tanuki's eyes

モノゴトには いろんな見方があるということ

横にすれば クチパッチの口にもなるしね ( 笑 )



予感的中?
昨日の夕方 奥飛騨を出発 美濃加茂へ戻っていたら

携帯が鳴り ・・・ 車を止め 電話に出ると ・・・

学校の授業 ・・・ サッカーが苦手で ・・・ 教えてほしい と娘から ・・・

サッカーは見るのが専門 ・・・ 得意ではないけれど ・・・ 

道中 一緒に遊ぶ時間がないこと いろいろ教える時間がないこと などなど

父親として失格だと ・・・ 落ち込みながら ・・・

急遽 サッカーをしている甥にボールを借り 家に着いたのは午後8時

すぐに 近くの公園へ ・・・ 1時間ほど練習

最後の仕上げは ・・・

お風呂の中で おまじないを教えた

で ・・・ 娘から 上手くできたと報告があり 良かった良かった


今日は 1日バタバタとしていて ・・・ とても慌しい日でした

美濃加茂の銀杏畑にいる ヤギさんと遊ぼうと 近所の保育園児が遊びに来ました

芸をするハナ いつもよりおとなしいユキ みんなかわいがってくれて 良かったです

それが終わると 法務局行ったり 役所に行ったり いろいろ手続きに追われ ・・・

午後からは 愛媛県からの来客 ・・・ お出迎えといったところ

明日から 5日間 ドラゴン栽培とアセロラ栽培のやり方を教えていきます

もちろん いろんな視点があるので 私たちも勉強になります

そういえば ・・・ 

というわけではないですが 今年の春 早いように感じます

今も 美濃加茂でも雪が降っているぐらい 寒いですが ・・・

でも 何となく 木々は 春が近づいているのを感じているようで ・・・

特に 奥飛騨の温泉ハウスにいると それを感じてしまうのです

アセロラは すでに 花芽を持ち始めていますから

florida sweet 1

florida sweet 2

例年と比較して 半月から1ヶ月ほど早いような そんな予感を感じています

予感的中となるかどうか それは分かりませんが

来週から 急ピッチに 剪定作業を進め 準備をしていきたいと思います


で おまじない ですが

寝る前に 上手くできている自分を想像をしてから寝なさい と

私もよくすることですが ( 笑 )

要するに イメージトレーニングというものですね

 



 
牡丹雪と風
今朝は 雪がすごかった

この時期というか ここで 大きな大きな牡丹雪が降るのは 珍しい

奥飛騨に降る雪は 雪玉ができないほど 湿気がない粉雪が一般的のはず

風がなく ふわふわと 白い花びらが舞い落ちてくるような そんな大きな牡丹雪を見ていると

なんだか 時間が止まってしまったような そんな不思議な気持ちになります

a snow crystal

舞い落ちては寄り添うように 重なっていく雪の結晶たち

カメラで収め 結晶たちを覗いてみると ・・・

一瞬で時間が止まったかのような 気持ちになってしまいます

無意識なのか ・・・ 氷 ・・・ という意識があるのだろうか ・・・

とても神聖な世界に 一歩踏み入れたような そんな気持ちになります


3連休の中日ということもあり たくさんの観光客の方々が ここ奥飛騨に遊びに来てくれています

本当に嬉しいこと

たるまのライトアップ それから 中尾のかまくらまつり などなど

冬ならではのイベントがありますので ぜひぜひ 楽しんでいってください

ただ 雪道なので スノータイヤなど 冬装備 よろしくお願い致します


外は雪でも ドラゴンたちは すくすくと新芽を伸ばしています

もう少し成長を続けさせ 3月になり 陽射しが変わってきたら 一気に剪定しようと思います

なんだか 今年のドラゴンたちの開花は 

昨年と比較して 早くなりそうな そんな気がしています

アホかもしれませんが 目の前のドラゴンたちが そう呟いているような ・・・

少しずつ 温泉ハウスに遊びに来てくれるお客さまが増え 喜んでいるのかも

今朝と違い 今夜は 少々 風が強いみたい

ハウスのビニールたちが 風と楽しんでいるようです ・・・ 宴会でもしているのかも ( 笑 )







積み重ね
いろいろな意見があり とても勉強になります

とはいえ 私も人間ですので ・・・ 気持ち良いことはなく 寂しくもなりますが

それはそれ 信じる道があるのなら 1つ1つ積み重ね 形を作っていくことに 全力投球です

厳しいご指摘 励ましのコメント それから たくさんのメール ありがとうございます


さて 種から育てているドラゴンですが

同じ実の種なのに 違うものができてしまいました

DS1-1

DS2-1

明らかに 見た目が違います

DS1+2-1

で 切ってみると ・・・ やっぱり違います

DS1-2

DS2-2

並べて比較してみると 明らかに色が違います

DS1+2-2

甘さも違いますし 糖度計でも しっかりとその差を表しています

DS1-3

DS2-3

美濃加茂のハウスでは 何度まで耐えられるのか

いろいろ実験しています 

トロピカルフルーツと言えでも 低温に強いものもあり 環境さえ整えば 成長していきます

栃尾温泉では バナナの温泉栽培に一生懸命な熱い若者もいますしね

こうした1つ1つを積み重ねることにより 1つの形ができ 実績が生まれることで

直接的ではなくても 間接的につながっていくこともありますから

これからも 一歩一歩 頑張っていきます







エコシバリ
温泉熱を利用していることで エコな取組みとして 紹介されることが多々あります

これからの企業方針として 環境に配慮することは もはや 説明するまでもなく

全世界 共通の認識として 当たり前のこととになっていくことでしょう

しかしながら さまざまな人間 地域社会が存在する限り さまざまな意見があり

時には 利益を求め そして 悲しいことに 衝突してしまうことがあります

モノゴトには 常に 表と裏があり 表にも裏にもなれない 中間というものも存在します

見る人が違えば 表が裏であったり 裏が表であったり ・・・

さらに つけ加えれば 誰が 表と裏を決めるのか ・・・ 時の権力者なのか と

いろんな思想 文化 などなど いろんな地域で存在しているからこそ

大げさかもしれないけれど 私たちは 生き続けることができる そんなふうに思います

全て 自分の意志のまま それでは 面白みがなく 発展は望めない と


環境 = 二酸化炭素を削減する という風潮があります

二酸化炭素が温室効果ガスを増大させているという事実から

曖昧で分かりづらい 『 環境を守ろう 』 を 

具体的数値で表す 『 二酸化炭素排出○○%削減 』 と置換えているのが現状だと思います

数値を示すことで 共通した目標がたてられるというメリットもありますが

より具体的な目標をたてることで モノゴトの本質が隠れてしまうように 私は考えます

REDUCE REUSE RECYCLE という言葉があります

REDUCEとは 減らすこと そう ゴミの量を減らす

REUSEは 古着や車など 使えるものは もう1度使うこと 必要な人がいます

RECYCLEは 再資源化すること コンクリートは 粉砕することで 道路の路盤材になります

環境負荷を減らすなら とことん REDUCE や REUSE になるわけで ・・・

とはいえ 生きていく以上 働く場所が必要で RECYCLE に目がいきがちです

例えば 残飯で堆肥 ・・・ とってもエコな取組みだと ・・・

確かに もう1度 資源として使えること 自然に帰っていくことは素晴らしいことですが

本来は 残飯が出ないようにすることが 本質ではないでしょうか

決して RECYCLEを否定するわけではなく 再資源化していく取組みはとても大切なこと

木質ペレットを使えば 二酸化炭素を排出しないという 無理なルールを周知化させるより

木質ペレットを普及させることで 森が生き返る 持続可能な森林が形成される望みがあり

結果として 森林に囲まれた地域社会が崩壊せず 存続していくことへとつながっていく

そう説いたほうが より説得力があるのではないでしょうか

つまり 環境配慮を心掛けるには しっかりとした 地域社会という軸があってこそなのでは?

私たちが人間である限り ・・・ 

文化や技術レベルの向上を希望していくならば

私たちは 私たち1人1人に存在する良心で持って ブレーキをかけなければならない

ブレーキと言っても 決して 歩みを止めることではなく 知恵と技術を活かして

新しい地域社会を創っていくことではないでしょうか

REDUCE REUSE RECYCLE だけではなく 『 CREATE 』 が必要だと思います

お叱りを受けるかもしれませんが 『 森を守れ 川を守れ 』 の現実は 過疎化ですから

こうした厳しい現実を受止め モノゴトの本質を見極め

机上での発想だけではなく 現場にて 現実に行動していかなければなりません

onsen

dragon flower

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷栃尾には あふれ出る高温な温泉があり

それを 農業に活かした ・・・ 

観光地であれば 夜に咲くドラゴンフルーツの大輪は お客さまに喜んでいただけるのではないか

喜んでいただければ 私たちの農業も持続できる

結果として 地域社会が存続していく1つの歯車になれれば この上ない幸せなことです

それが 地域の特色を活かし 知恵と技術で 環境負荷を減らした取組みであれば 尚更のこと

環境問題と向き合うには それぞれの地域を理解しなければならないと私は考えます

そのためにも 知識と行動力を備えた地域人が育たなければと思います

環境問題の本質は 地域社会の存続と密接に関わっていることを 今後も伝えていきたいです

そのためには 温泉で育つ 魅力あるドラゴンフルーツを作り続けることが

私たちにとっては 『 全て 』 なんです

金縛りではありませんが 『 エコシバリ 』 にならないよう 隠れがちな本質を見極めたいですね


すごく長くなりました

読んでくださった方 ありがとうございます

自分の考えは 決して押付けるものではありませんので ・・・

こういう考え方もあるのかと そう思っていただければ幸いです



 
おもてなし
グリーンツーリズムの行事は なんとか 無事終了することができました

相変わらず バタバタとしていましたが ふるさと体験のスタッフの方々の協力もあり

私自身も 楽しく過ごすことができました

愛知県からも こういった行事に参加してくださり 本当に嬉しかったです

ありがとうございました


さてさて 今夜は 福地温泉の雪像 それから 新平湯のタルマの滝を見に行って来ました

今回の雪像コンテストの優勝者だけあり 細かい作業に驚きました

shi-shi

口から飛び出している舌 ただでさえ ディーテールを仕上げるのが難しいのに ・・・

となりには へび ( へんべ ) さん

snake

それから へんべ岩

snake-stone

なぜ 獅子とへび というと ・・・ 聞いた話ですけど ← 受け売り

古くから福地に伝わる毒ヘビ伝説があるらしく ・・・

温泉療養中だった村上天皇さんが 村人に悪さをする毒ヘビをなだめて 村に平和をもたらしたとか ・・・

へんべ岩に 毒ヘビが閉じ込められているとか ・・・

獅子がヘビを咥えて踊る 郷土芸能として 今でも受け継がれています ・・・ ということらしいです

こういった 歴史的背景も素晴らしいですね

それから 新平湯では タルマの滝のライトアップがあり そこへも足を伸ばしました

love

タルマの滝をバックに LOVE注入という感じでしょうか ・・・

お馴染みの 『 ICE BAR 』 いつもながらに 素晴らしいです

ここまでするのに 準備も大変で ・・・ 

それでも 喜んでくれる観光客がいれば 疲れも飛んでいってしまうそうです

welcome

『 WELCOME奥飛騨 』 と刻まれた ワンピースの雪像

1人でも多くのお客様が 楽しんでくれること また来たいと感じてくれること

それを演出していく 地元の方々がいて こうして観光地が成り立っていく

そこでしかできない何か ・・・ それでもってPRすることで お客様に喜んでいただく

そうしたサービス精神がなければ 続くことはないだろうなって

偉そうですが 改めて 考えさせられました

もう少し 冬のイベントは続くようですので ぜひぜひ 遊びに来て下さい

この冬ならではの ちょっと変わった 奥飛騨のおもてなし 味わってください




とちおドリーム
1月末にかけての 厳しい寒さは どこへやら

ここのところ 暖かい日が続き 奥飛騨までの道路に 積雪はほとんどなく

だからといって 気を緩めたらダメ 

奥飛騨に来ていただけるなら いつも以上に 安全運転 よろしくお願い致します


さてさて 2月に入ると 奥飛騨では 雪像まつり かまくらまつり などなど

冬ならではの楽しみ方 満喫できます

知られているようで あまり知られていなかったというべきか

意外に 観光客を見かけることは少なかったような気がします

確かに 外気温がマイナス10度前後になると 外に出る気はしないかも

それでも 地元の方々は 少しでも 楽しんでいただこうと頑張っています

私は ブログで情報発信するぐらい そんなことしかできませんが ・・・

冬の奥飛騨 ホントにいいですよ!

寒くなったら 体が冷えたら 温泉入ればいいんだから! ぜひぜひ!


ということで ・・・ ?

栃尾の有志の方々が 今年も大作を作り上げました

『 とちおドリーム 』 と 名づけられた 雪でできた 豪華客船です

tocio-dream1

窓も丁寧に 1つ1つ穴を開け ライトを設置しています

夜になると 本当に幻想的で ・・・ 見ている方も わくわく感いっぱいになります

tochio-dream2

かなりの大きさのものです

奥飛騨温泉郷のあちこちにある ライトアップされた雪像を見ようと

静かな奥飛騨の夜も 少しだけ 外が賑やかです

最初は 尖閣諸島だなんて ブラックジョークを言っていたのですが

全くの正反対 ・・・ 失礼しました

それにしても 見事な出来ばえ!

1日1日暖かくなるのは ありがたいけど 雪像が融けてしまうのは ・・・ 寂しい

なので 融ける前に ぜひ 奥飛騨まで 足を運んでください

栃尾に本拠を構えている FRUSIC

『 とちおドリーム 』 を現実のものにしたいっ!


明日は グリーンツーリズム 小学生の子たちが遊びに来ます

ドラゴンハウスの中でも記念撮影はするけれど 豪華客船の前でも記念の1枚にする予定

もう少し 準備をして 寝ることにします


体は1つ
昨日は節分 そして 立春 ・・・

暦どおり? ずいぶんと暖かくなりました

毎年のことですが 台湾や中国 それから シンガポールなどのお客様が

この時期 ( 正月 ) 遊びに来ます

今日も 通訳連れて シンガポールの観光客が 遊びに来たようです

やっぱり 味が違うといって びっくりしていました


そういえば 昨夜 東海地方ですが CBCテレビの そこ知り坂東リサーチ が放映されました

特番ということで 2時間たっぷり 飛騨高山の魅力をお伝えしていただけました

厳しいツッコミをする坂東さんだと予想していましたが 意外や意外?

とても優しく というか ドラゴンフルーツを気に入っていただけたようで ・・・ ホッとしました

食べものなので 好き嫌いがありますから 仕方ないと言ってしまえば それまでですが

それでも 美味しいって言われれば この上なく嬉しいですから

1日から 新穂高温泉で 中尾かまくらまつり が始まっています

新平湯温泉では タルマの氷祭があります 氷で作られたバーもおすすめですから

ぜひぜひ 奥飛騨に足を運んでください


・・・ で 本当は 明日 東京へとんぼ返りをする予定でした

というのも 聞きたいゼミ ( 大学 ) というか 勉強会があって ・・・

明後日は グリーンツーリズムなので 奥飛騨に戻るという ギリギリの時間設定にしていたのですが

いろいろあって 急遽 東京出張は取りやめにしました 残念です

私は あくまで 現場派なので いろんな話や考え方を持った 専門家というか知識人に興味があって

ましてや 私の知らない世界の話を聞けるとなると 尚更のこと ・・・

余裕があったら もう1度 大学行って勉強したいぐらい ・・・ そう 真剣に

結局 体は1つというのがオチで

いくつかある中から 選択しなければならず ・・・ トホホです

縁があったら また その人にも会えるだろうし 話を聞けるだろうから

今は その時期ではない ということだろうと 1人ブツブツ言っては納得させています ( 笑 )

春のような暖かさの中 美濃加茂のハウスの中で作業していると

昨年 地元の方から持ち込まれれ マンゴー苗の花芽を発見

Miyazaki Mango ?

友人( 宮崎 ) からもらったけど 育てられないからと 地元の方に5本ほど渡され

品種等は 一切分からないですが おそらく アーウィン種といったとこでしょうか ・・・

ハウス内は 6度近くにまで 温度が下がるのに ・・・ マンゴーは強いもんだと感心

ドラゴンなんて 10度切ると 花が開かないのに ・・・


とにかく 体は1つなんだから 何もかもとは欲張らず 1つずつ形にしていこう

東京出張を諦めざる得ない状況になったということは そういうことなんだろう

まだ グチグチ言っている ( 笑 )

急がば回れ 急がば回れ 急がば回れ ・・・ 急がば回れ ・・・ 言い聞かせます

今回は かなり ねちっこい






ドラゴン君
四十肩なのか ここ最近 左肩が痛い

といっても 上がらないほどではなく ちょっと背中が痒いっていうときに

なんとも突っ張るような感じで ・・・ 特に この時期 乾燥しているので

夏と比較して 背中が痒くなるのが多いから 余計 うっとおしく感じてしまう


今日は 久し振りに 美濃加茂でゆっくりと?事務処理をしています

でも なかなか終わらず 加えて 週末にグリーンツーリズムが行われるので

その準備をしなければならず ・・・ いつものように ギリギリを続けています

なのに ・・・ こんな写真を撮る時間あるのかっ! と お叱りを受けそうで ・・・

dragon-kun 1

dragon-kun 2

続けるには 楽しくなくてはっ! というのが基本なので ・・・

ハウスにいるときは いつも ニヤニヤ ニヤニヤ いろいろ考えています

ところで これは ドラゴン君です

ジャムのレシピを考えてくれた しーちゃんが描いたもの

で 絵を見ながら 清見町観光協会 ( ジャムは清見で作っている ) の方が 紙粘土で作ってくれたようです

まだ 作ってくれたお礼も言っていないから この場を借りて ありがとうございます

時期を見て 顔を出し きちんとご挨拶させていただきます

ちゃんと腕には 『 I 奥飛騨 』 って 芸が細かい細かいっ

こうやって 少しずつ 知っていただけること 少しずつ 形になっていくこと

いろんな人たちが FRUSIC や ドラゴンフルーツを気にかけてくれること

本当に嬉しく思い 感謝しております


不況や政治不信などが影響してか

各々の地域が 各々の地域の自立を真剣に考え 地域の宝物や特産の発掘に力を注いでいますが

私たちは 急がず ゆっくりと時間をかけて 足固めをして進んでいきたいと思います

なぜなら 農業がそうであったように ・・・

どんな職業でも言えることですが 基礎があってのことだから

商品を世に出すことが 本質ではなく 地域が元気になることが本質ならば

自然と答えが見つかるように思います

私たちも 奥飛騨という地域で 今の農業を続けていくためには

美味しいドラゴンフルーツを作り続けること その結果 売ることができ 続けることができます

それからそれから ・・・ 

その結果 地域にとって必要だって言われるようになったなら

それはそれで ご褒美みたいなものだけど 素直に むちゃくちゃ嬉しいと思います


あくまで 私は 一農家 

一農家としての想い ドラゴン君に ラブ注入です ( 笑 )