プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
全ての道は
松本での催事の後片付けをして 奥飛騨ハウスへ寄り 受粉を済ませてから

美濃加茂へ戻ってきたのは 夜中過ぎ ・・・

慣れない緊張の中での売り子 車の運転 適度とは言えない疲れがありました

久し振りに家に帰ったものの なかなか緊張はほぐれず 朝方までうとうと状態

それでも朝が来るし 加えて月末 たまった書類に目を通し 昼前には名古屋へ


そう 今日は 農水省から認定をいただく日だったのです

ドラゴンフルーツやアセロラなど これから どんな形で販売に結び付けていくのか

販売を強化するには 新しいハウスが必要となったりするわけで

つまり 生産から販売まで いわゆる 農家の六次化を応援するといった内容の認定式でした

東海地区(愛知・岐阜・三重)で 16社(16農林漁業団体や農家)

岐阜県から4社(4農林漁業)が選ばれたのですが 全て高山市ということを考えると

改めて 飛騨高山のポテンシャルの高さに驚きます


思い返せば ・・・ 農家出身でなかった私たちは 農地を手にすることすらできず

生産法人を立上げ 農地を取得する権利を得たわけで ・・・

建設業からという部分もあり なかなか 農分野に溶け込んでいくことは難しかったです

ただ 運にも恵まれ 支えてくれる仲間にも恵まれ

実績のない私たちの取組みは 1つ1つステップを踏み ・・・ まだまだ

そう まだまだ未熟者ではありますが 先を見据え 着実に階段を登っていきたいと思っています

サンフランシスコの空港で出会った1人のアメリカ人から

ディズニーワールドへ行けと言われ 馬鹿正直にすぐさま飛んで行ったこともありました

今では そこで見て感じたことが 私たちの農業の基本になっているわけだし

もちろん 奥飛騨ならではの形になっているのですが 

ハウスに来ていただいたお客さまが 楽しめる農業でありたいと願い ・・・

今となっては お客さま以上に 自分が一番楽しんでいることに気づかされます

だから 良いか悪いか別にして 仕事だと感じたこともなく

今の取組みが 私の趣味になってしまったようです

ただね そう ただ 家族がいて 地域社会で生活しているからには

生活していくだけの収入もしっかり稼がないといけないから

理想だけでは生きていけないことは 苦しかったとき 不安でヤバかったときもあるから

よ~く理解しています 当時を忘れないように こうしてブログに残しています


私は 農家 作り手としてこれからも農業に励んでいきます

いろんな分野を勉強したり いろんな分野で顔を出すこともありますが

私にとって 全て農業につながっていきます

全ての道はローマに通ず ではありませんが 全ての道は農業に通ず です

frusic

種から発芽すると 普通は双葉 3つ葉を持ったものは 初めて見ました

う~ん 異業種から参入した私たちも こう見えていたのかな?

どう見られようと どう言われようと やることは変わらず

1つ1つコツコツと これからも積上げていきます

その結果が こうして 形として現れると やっぱり嬉しいし 頑張ろうって思います

なぜなら こころを持った 1人の人間だから




スポンサーサイト
生産と販売
松本での催事 残すところ2日になりました

私たちの商品は バカ売れするわけではないですが 毎日毎日 コンスタントに売り上げます

正直なところ もう少し 全体的に売り上げをアップさせたいのですが

扱っているものが嗜好品ということ まだまだ 馴染みのないものなので

認知されるまで 時間がかかるようです

とはいえ 言い訳しているわけではなく あきらめずに コツコツと情報発信を心掛け

来て下さったお客さまには 誠心誠意 くどくならないように ← くどくなりやすい性格

説明していきたい そんなふうに思っています


私たちは 生産から販売まで 責任持って取り組んでいるのですが

その長所を活かしきれていないようで まだまだ 改善の余地があると感じています

モノを作ることは 日々の積重ねが 結果となって現れてきますが

モノを売ることは その一瞬一瞬が とても重要となり お客さまに伝えなければなりません

知名度が低いなら そのモノの情報力が低いなら 言葉でもって説明が必要となります

マンゴーのように 香り高いフルーツであるならば 五感に訴えることもできますが

香りがない ドラゴンフルーツは ・・・ やっぱり難しいのが現実です

そこで重要となるのは やっぱり 売る人の魅力だったりするわけで

そう考えると まだまだ 勉強不足な面が大いにあると痛感いたします


ドラゴンフルーツ = 味がない という印象をもたれている方が多いというのも

寂しく とても厳しい現実ですが それでも 美味しい品種のドラゴンフルーツがあることに驚き

栽培に力入れてきたわけですから 何を言われようが 頑張って続けていきたいです


奥飛騨でなく モノを売る現場に来ると 改めて 井の中の蛙ではないですが

実力不足を肌で感じ 気が滅入ってしまうこともありますが

それでも 私たちのところに来るのが目的でしたっていう言葉をかけられるので

よし 頑張ろうっていうやる気が漲ってきます

不思議なことに 1つ辛いことがあると 1つ楽しいことがあり

その繰り返しなんだなって ・・・ 当たり前のことだけど 明日も頑張ってきます

そして 来て良かったって言われるように 生産と販売を両立してみせます!

 


 
涙そうそう
松本での催事 今日2日目が無事終了しました

催事のときに限って いろいろと大切な電話がかかってきたりして ・・・

この場を離れられない とてももどかしい気持ちになります

催事の初日には スペインからのお客さまから電話が鳴り せっかく来ていただいたのに

お会いすることができず とても残念な気持ちでした

いつか お会いできる日を楽しみに これからも頑張っていきますので よろしくお願いします

さて 2日目は 沖縄の方から電話をいただきました

催事が終わってから 連絡する旨を伝え 宿に帰ってから電話をしました

いろいろ 農業に対する想い それから 取り組んできたこと などなど

雪の降る奥飛騨であっても 1年中暖かい沖縄であっても 感じていることは一緒なんだと想い

なんだか いろんなことを思い出してしまい ・・・ 笑って話しながらも

気づいたら 涙が ・・・ 同じ生産者として 共感できることや

離れていても 同じことを共有していたと思うと 逆に励まされたようで ・・・

沖縄と奥飛騨 お互い情報交換しながら 頑張っていこうね ということになりました

1つだけ言えることは 私たち農家にとって 農作物は子供と一緒

だから 大切に売りたいって 強く真剣に思っていることです

消費する側にとっては 安い高いが1つの大きな目安となってしまうこと

こうした現実と どう向き合っていくかが これからの課題であります

情報発信は必要不可欠であるけれど それだけではなく 需要に応えられる

真摯なモノ作りへの姿勢も伴って これからも 農家として成長していかなければなりません

良いものが必ずしも売れるという法則はないことに苛立ち ムキになるのではなく

理想と現実の間の中で どうバランスをとっていくのか ・・・

決して 良いものを追求するなということではなく 

どう理解され 共感されるかを見つけ出していくかが とても大切なポイントだと思っています


電話で話した内容は 農家にしか分からないことかもしれないけれど

だからといって その想いをみなさんに強要することは論外なこと

穏やかな沖縄の言葉を聞きながら 涙そうそうの歌詞を思い出し まだまだ始まったばかりだと

真っ二つに割れたアボカドの種の間から 細く弱々しくも 力強い新芽に自分たちを重ねているようで

avocado-1

そう まだまだ始まったばかり これから どんなふうに成長するか

自分たちの強い想い次第 頑張っていれば 必ず 結果はついてくると心の中でつぶやき

今まで たくさんの暖かいお客さまに支えられてきたことに感謝しながら

自分で蒔いた種を しっかりと育てていきたいと思います



 
 
深志城
早朝から支度をし 昼ごろ美濃加茂を出発 ひたすら19号を走りました

奥飛騨で見る 壮大な北アルプスとは違い

どことなくやわらかい そんな南アルプスを眺めながらの運転でした

途中 信号が多く 工事もやっていて 4時間以上かけ 催事場につきました

城好きな私にとって 深志城のふもとにいながら 散策する時間がないことは とても辛いこと

ですが 売り子に来た以上 しっかり成果を上げてこなければと 心引き締めている そんな感じです

そういえば 昨年も時間がなく 見に行くことができなかった ・・・

今年こそはと思っていましたが 催事が30日まで 31日は名古屋に行かなければならず

やっぱり 今年もとんぼ返りといったところです(笑)


さて 3時間ほどかけ 催事の準備をしました

細かいところは 明日の朝 オープンする前に詰めていく予定です

明日(25日)から30日まで 長野県松本市にある 井上百貨店さんでお世話になります

高山と北陸の物産展です いつも同じメンバーなので 気心も知れていて安心します

で 私のお店は ・・・ こんな感じ

inoue-1

フルージックの定番といったら 3種のドラゴンジャム

糖度が高いから お砂糖を控えめなジャムに仕上がっています

それから 暑くなってきたからと 百貨店さんにも期待されてる アセロラゼリー
inoue-2

アセロラピューレをふんだんに使い アセロラの実も入っています

加熱処理しても 4日分のビタミンCが含まれているのですから これからの季節にぴったしです

そして なんと言っても イエロードラゴン

inoue-3

幻のドラゴンフルーツとも言われているもの 国内でも非常に珍しく

生産として栽培しているのは フルージックぐらいかも

ただ 価格が高いから ・・・ でも 頑張って説明して 売ります

私から イエロードラゴンをなくしてしまったら 意味がないし ・・・

というのも イエローを食べ 美味しさに感動し ドラゴンフルーツ栽培を決意したのですから

今回は 100個ほど持ってきました 1つずつ棘を取るのは大変でした

棘が残っていないか 洗い流す作業もあり ・・・ はっきり言って 趣味の世界かも(笑)


明日から6日間 お客さまとしっかり会話をし 楽しみながら頑張りたいと思います

そして 松本に住む1人でも多くの方々が 飛騨高山に遊びに来ていただけたら嬉しいです

願わくば 奥飛騨にドラゴンの花を見に来ていただけたらと思います


それでは ぜひ 井上百貨店さんに来てください!


ニームの花
昨夜 奥飛騨から美濃加茂へ

今朝 美濃加茂から奥飛騨へ

さすがに 長距離を運転したあとは 寝付きが悪いみたいで 昨夜もうとうした程度

で 疲れると 体がガツンとしたものを欲するようで 夕方 お肉が食べたいなぁって考えていたら

いつもお世話になっている方から バーベキューするから来いと誘われ

すげぇ こんなこともあるんだと ニヤニヤして出掛けると

猪肉のバーベキュー それから 熊鍋(汁)でした

どちらも美味 飛騨牛のようにとろけるようなことはなかったので しっかりと噛み噛み

おかげさまで 満腹感が満たし 夏場に向けて 体重を10キロほど落としている私にとっては

とてもありがたい食事となりました ごちそうさまでした

さて 今日の奥飛騨はとても暑かったです

現在もハウス内は 25度以上をキープしていて 換気をしている状態です

ある程度温度を確保でき 日中の太陽光が強くなってきたので ドラゴンたちも活発化してきました

ようやく つぼみをつけはじめ おそらく 来月の10日前後に

マキスパというドラゴンの花が 一気に咲き始めるとのではないかと 予想しているところです


つぼみを持ち始めてから ゆっくりと成長していた ニームの木

かわいい花を咲かせ始めています

いただいて3年ぐらいでしょうか

毎冬 葉を落とすので心配していたのですが ・・・ やっぱり 最初に見る花は感動します

flower-1

flower-2

花びらは 半透明色みたい それから おしべを覆うように 花びらがあるようで

一段目の花びらは がくなのかな?

なんとも専門家ではないので 適当なことを書いていますが お許しを ・・・

それにしても いろんな形の花があるもんだと 自然界ってすごいなって

何がすごい?って問われても 曖昧なことしか言えないけれど

それでも すごい ・・・ という言葉しか 頭に浮かばない私は まったく語彙力がないのです

こうして植物と接していると 人間もその一部なんだって 改めて思ってしまう

それでも 人として生まれ 家族や仲間 見知らぬたくさんの方々に支えられながら生きていて

このまま これからずっと生き続けることを 本能的に望んでいるんだと ・・・

そう考えると 共存という言葉の真の意味を考えてしまう


今日ぐらいは 初めて見た ニームの花の美しさに こころ奪われていたい






花火のよう
震災の影響で いろんな花火大会が中止される傾向もありますが

どうやら 隅田川花火大会は 開催されるようですね


いただいた ジャボチカバの苗 順調に育ち 今年はたくさん花を咲かせる そんな気配を感じます

ジャボチカバの花は とても繊細なイメージがあります

というのも ・・・

hanabi

花びらより 無数のおしべが せり出しているというか

とにかく とても変わった花であることは 間違いありません

どことなく 夜空に広がる 大きな花火に似ていて

こういうところから 花火って名付けられたんだろうなぁって ひとり納得です


そういえば アメリカの高校に留学していたとき 

ホストファミリーから 今夜は ファイアーワークスを見に行くぞっと

ホストファーザーが 消防職員だったから 間違いなく 消防関係のものだと 勝手に勘違いしていて

日本で言う 出初め式みたいなものだろうかと 想像していた頃を思い出します

花火という単語を知らなかったこともありますが 

誘われたときは アメリカに来て 初めての土曜日だったし ・・・

生の英語なんて 本当に聞き取れず ファイアー???でしたから(笑)


当時は17歳 ・・・ あれから 24年?

いろんなことを経験し たくさんのことを知って 

自分なりに パズルを組み立て オリジナルの人生を完成させていきます

たとえ 突拍子もない1ピースをはめ込んでしまっても 背伸びして遠くの1ピースだったとしても

これから 焦らず ゆっくりと その1ピースの周りを見つけていけばいい

そうすると 意外と今までのことがつながっていくもの

ほんの少し 意識するだけで いつもと違う見方をするだけで

どんどん どんどん 無限の可能性を秘めた 自分だけのパズルが出来上がっていきます

そう考えると 決して 無意味な1日なんてないんだって思えて

これからの生き方 これからの未来が 楽しくなってしまいます

もちろん 嫌なこと 憂鬱なこともありますが それはそれ

すべてを受け入れ ちょっとだけ勇気を持って ちょっとずつ進んでいきます





ハナ 花を食べる
こんなこと 言ってはいけないと思うんだけど ・・・

ここのところ 体力的にも精神的にも 少々疲れていたみたいで

昨日の夕方 奥飛騨から美濃加茂の営業所へ帰ってきて 打合せを2件済ませたら

何にもやりたくねぇっていう 重い思いが 私の心と頭を支配してしまい(笑)

というのも ・・・ 私の能力不足なんでしょうけどね ・・・ やることが貯まっていく ・・・ 

でも 睡眠取れる時間あるんだから 贅沢は言えない 言えない

まっ 未来への投資というやつなので ← 言葉はカッチョイイ(笑)

すぐに結果が出るわけでもないことだから ・・・ 余計にキツく思うんだろうね

それに そういう時って 人は焦ってしまうし 腐ってしまうものだから

ここが頑張りどころと言い聞かせ 心と体をリフレッシュさせに アロマに行って来ました

首筋 モモの横 それから ふくらはぎ ムチャクチャ痛かった

もちろん 痛いの大歓迎だから ← 痛いほど 効き目があると思っているから

でも 気持ち良かった 最後は 手作りパンを頂き 大満足な私は

午後から 1つずつ事務処理を片付け 今は こうして ブログを更新しています

明日の午後には 再び奥飛騨 来週には 1週間 松本へと催事へ出掛けます

同時に かねてから計画してきたものの許可が下りたので 実験に移ります


で 昨日の夕方 暗くなり始めてから 娘と2人で スモールガーデンに行って来ました

脱走したと午前中に連絡を受けていたので 覚悟はしていたものの ・・・ 

そう ヤギのハナが脱走したのですが

hana

銀杏畑の管理人なくせに 木に登って 銀杏の芽や葉を食べるは 脱走するわで

それに よりによって スモールガーデンの花やイチゴを食べていました

small garden1

綺麗に張られたマルチも ハナの蹄で ・・・

ようやく 色づき始めていたと思っていたので ・・・ 残念

伸びたイチゴの芽もすっかり食べられていて ・・・ がっかり

small garden2

でも イチゴたちにとっては ハナに食べられたかったかもしれないし

はたまた ハナにも私たちにも食べられたくなかったかもしれない

どっちにしろ 食べられたイチゴの気持ちは 誰にも分からないわけで ・・・

イチゴさんには 申し訳ないけど 今度は 私たちが食べますから

ハナにダメだよと注意したところで 彼女たちには 彼女たちのルールがあるんだし

でも ハナは脱走しても 私たちの栽培地から離れようとはしなかったらしく

自分の居場所を分かっているとするのなら とても嬉しい気分

生き物を飼うっていうことは いろんな捉え方があるから 一概には言えないけれど

1つだけ言えるとしたら 最後まで 一緒にいたいって思うことかな

飼うっていう感覚は 私にはないけれどね 一緒にいるんだから


生きていれば お互いの生き方や考え方があるということ ですね


ありがとう
疲れすぎると眠れない?っていうこと ありません?

ちょい寝不足なのに 眠りモードになれない

明日も早いし やることあるから 頭も体もリフレッシュしたいのに

そう思えば思うほど 眠れなくなってしまう

こういう感じになったら 黄信号 


明日は 6日ぶりに美濃加茂へ戻ります

その前に 市役所行って いろいろやって ひたすら41号を南下

美濃加茂着いたら 打合せがあり ・・・ 

来週から始まる 松本での高山物産展の準備もあるし

で 考えていたら やっぱり 眠れないので

暗い暗い 夜の温泉ハウスを探索していたら 見つけたよ

もちろん ドラゴンのつぼみ

makisupa

品種によって 早い遅いはあるけれど やっぱり この品種のドラゴンのつぼみを発見すると 

ホッとします そう マキスパという赤果肉のドラゴンです

このつぼみが出始めると 一気にドラゴンの花見の計画ができます

この3日間 ずっと良い天気だったから

見つけたときは ありがとうって 思わずつぶやいてしまったからね

1日の最後に発した言葉が ありがとうって なんか良くない?

これで 今夜はぐっすり眠れます

ドラゴンやアセロラがいて 私たちは生かされているんだ

本当にありがとう

リンゴの花
今週もバタバタでした

ハウス内での作業が多く 建設時代に培われた体力は下降線 ・・・

温泉入って 夕飯食べれば バタン・グーといった感じ

ここのところ午後8時には夢の中という日が続いていました

夏場から秋を迎える前に 改善したいことは山ほどあります

1年1年 少しずつ積み重ねてきた経験を活かし 昨年よりは今年

今年よりは来年と ちょっとずつでもいいから 喜ばれる農産物を作りたいですね


冬はアセロラに気を配り 春になれば ドラゴンたちの準備に取りかかり

気づいたら 5月の半ば ・・・ すぐに梅雨がきて ・・・

ピーカン照りのあつい暑い夏がやってきます

作業に追われて 確認する余裕すらなかった 鉢植えのリンゴたち

花が満開でした こんなに花が咲いていいの? と

思わず 声をかけたぐらい 見事な満開でした

気づかなくてゴメンね と 小さくつぶやき 

その淡く 可愛らしいピンク色の小さな花びらを カメラに納めました

apple flower

アポーッ ・・・ 口ずさむ自分に苦笑いしながら

今年は ちゃんと袋かけするからね と約束

小さい小枝に 自分の小指をからませ 指切りげんまん

指切ったっ ・・・ あっ 小枝 ・・・ 

相変わらず失敗ばかりだけど 乗り越えれば 失敗は失敗でなくなるから

上手くいくまでの 唯一の大切な過程

上手くいかないこと 焦ってしまった苦い経験も 大切に胸の中にしまっておくと

ちゃんと良いことあるからと いつも いつも私自身に言い聞かせています

41歳になっても デリケートな部分は直らず いまだに夢見がちです

リンゴの花 とてもきれいです

これから 全国のリンゴ農家さんも 大忙しですね



small garden
大型連休が終わったものの いつもの車の多さは目立たない

朝 家からハウスまで 車で移動するのだけれど ・・・ 橋での渋滞がない

震災の影響からか 工場などの稼働率が悪いのかもしれません

とにかく いろいろと先行き不透明の中で 生きていかなければならないという不安を抱き

時代の流れの中で 軌道修正をしながら 目の前の生活 これからの命を

必死に守っていかなければならない そんなふうに思います

一時的な感情に走るのではなく 冷静に もっと冷静に 中長期な計画を立てる必要があります

これは 風が吹けば跡形もなく吹き飛んでしまう 私たちのように とても小さな企業にもあてはまること

それでも しっかりと地域に根を張り 地域にとって必要だと言われる

そして これからの時代にあった 明快なビジョンを持った農業経営を目指していきたい

また 大きな大きな大儀を達成するには そこで苦しむ人たちもいることを

私自身 人間であり エゴを持ち 守らなければならない家族がいる中で

全てに完璧であることはできないと 情けなくも 悲しくも言い訳してしまうけれど

それでも 良いと思うことに全力で取り組み 歩んでいきたい


春休みに植えた いちごの苗たち

すっかりと根を張り どんどん成長しています

small garden1

花を咲かせ アリさんが受粉を手伝い 結実していき ・・・

small garden2

どこからくるのか 甘い?香りに誘われて 葉の裏や青い実には アブラムシ

small garden3

申し訳ないけど アブラムシたちは 私の指に潰されてしまう

あまりに被害がひどいときは 決められた薬剤を撒布 ・・・

絶対に薬を使わない 大きな大きな目標を持つことは とても素晴らしいことですが

ただ 状況によって いろんな手段を使い分けることも 時には大切

それには 経験が何より とても重要な鍵を握ります

逆に アブラムシたちから見れば 私は きっと鬼だろう いやいや 鬼以上であることは間違いない

いちごたちにとっては どうなんだろう ・・・

私たちに食べられたいのか それとも アブラムシたちなのか ・・・

結局 答えが見つからない 迷宮入りの問題にぶち当り 悩んでしまう

モノゴトには 必ず 表と裏があること それから

自分では正しいと思っていても 見方を変えれば 違った考え方があること

たとえ 選択する手段は変わらなくても 違った見方があることを そっと心に留めることも

大切なことなのかもしれません

私にとって スモールガーデンは 私たちが住む世界を表しているのです
 



英断と唐突
浜岡原発 突然の全面停止要請 ・・・

昨夜 突然 ・・・ 首相が発表 ・・・

福島の問題があり 東海地震の恐れ ・・・ などなど いろいろな理由があって

たくさん悩んで 発表したことだと思いますが ・・・ あまりにも唐突すぎて ・・・

静岡県知事は この発表に 『 英断 』 だと言い

御前崎市長は この発表に 『 唐突 』 だと ・・・

国家の一大事を想定し 国家の中枢で決めることは  私は あってもいいと思いますが

それでも 今回は ・・・ その後の説明責任がなされていないというか

当の原発を運転している中部電力さんも 苦渋の選択をせざる得ない状況だと思われます

なぜなら 電力不足による不安があり ・・・ 一方で 原発反対の意見もあり ・・・

ただ 経済界のダメージが大きくなれば 復興に向けて 支えていく基盤さえ 危うくなってしまいます

原発の是非は 今後 あらゆる方面から議論し できれば依存しない形にしていきたいと

私自身も 強く思いますが ・・・ ただ 今まで取組んできた太陽光発電 バイオマスなどなど

まだまだ クリーンな代替エネルギーは十分ではなく ・・・ 課題は山積み 

マイクロ小推力など 水利権などの問題から なかなか設置許可が出ない現状を踏まえると

全てが ちぐはぐに空回りしてしまっているのが現状で ・・・ 

しかしながら こうした問題は 1つずつ解決していくことで 必ず 未来があると私は信じます

そのためには まず 地域1つ1つをしっかり把握し 現場との会話を通して

お互いが共存し合っているという現実を理解することが大切だと考えます

なんて偉そうに言える立場ではないことは 重々承知

ですが 国民の1人として 地方に住む1人として 思うことは多々あります

地方に住む私たちも もっともっと知識を高め 現場力を身につけ

国家と話し合える次世代を育てていかなければと そんなふうに思います


温泉熱を利用したことで あるいは 

農業に携わることで エネルギー問題の根底に 食糧危機があることなど

私自身 クリーンなエネルギーに興味を抱くようになったことは 偶然ではなく必然のこと

だから マイクロ小水力の導入 太陽光 ・・・ 消費電力が少ない LED照明など

実行のタイミングを図り 実験をしています

とはいえ 私たちは 実験施設を運営することではなく あくまで農家を続けること

だから 農業経営が滞っては意味がない 家族も養えない

ただの話題だけの取組みでは 継続できるはずもなく ・・・ 次へつなげていく姿勢

結果を積み重ね 経験を活かし 予想をして取組んでいくことが大切です


・・・ アボカドの種が割れ よく見ると 中から新しい芽が ・・・

hello

隠れているようで 見えないようでも そこには人がいること

いろんな思想や考え方を持っている たくさんの人間が住んでいることを

もっともっと感じてほしい

100%の正解なんてないかもしれないけれど それでも 100%に近づけるよう

努力していく姿勢を 私たちは期待していると思います

 

 


私は私
まだ41年間の人生ではあるけれど ・・・ 

41年間で いろんな始まりと終わりを経験してきました

始まりがあれば終わりもあり ・・・ 逆に 

終わりがあれば始まりもあります

小さな小さな 始まりと終わりを 私たちは繰り返して生きています

人生とは 同じことの繰り返しなのかもしれません

濃い内容の始まりと終わりもあれば 記憶にも残らない始まりと終わりも ・・・

ただ 人は ・・・ おかしなもので ・・・ 忘れるという能力を身につけています

胸がはちきれそうな緊張感や隠し切れない喜び それから 大きな感動は ・・・ いずれ

年月と共に 少しずつ そして ゆっくりと ・・・

新しい始まりと終わりを重ねていくことで 薄れていきます

また ずっと続けてきたことへ 自ら終止符を打つこと 打たざるえない状況を受け入れることは

言葉では表現できないほど ・・・ こころに大きな穴が ぽっかりと空いてしまうことも

一方 辛く とても長い長いものであれば 大きな大きな幸福感でもって 終わりを告げられます

人は 終わりを意識することで 続いていた始まりまでを思い出します


nagame1

nagame2

nagame3

いろいろあり 建設業を清算する状況となり 1つの区切りができたことで

長い間 通い続けたビルが取り壊されることとなり ・・・

当時 5階建てのビルはなく ・・・ 屋上からの眺めは最高だった

小学生だった自分には とてもとても大きな大きな存在で ・・・ 取り壊される前日

屋上への鍵を握り ・・・ そこから見える 360度の景色を目に焼き付けておこうと ・・・

同時に 引越しは 急ピッチに進められ ・・・

農業と事務所整理 ・・・ 4月は 本当にバタバタと ・・・ 

ただ 文句が出るぐらい こういうことは急ピッチな方が 案外 すんなりとコトが進むもの

一気に 解体業者が ・・・ あれよあれよという間に ・・・

kaitai

あまりのスピードに 過去を思い出し その思い出を噛みしめる暇さえなく ・・・ 

kaitai-kanryo

最後は 親父が自ら整地して ・・・ どんな心境だったんだろう

ただ 自分で建てたものだから 自分の手で壊せて良かった ・・・ と 

翌朝 毎日通った道 ・・・ 橋の上から見える 5階建てのビルがないことに気づくと

nai ...

やっぱり寂しく ・・・ 橋の上で 信号待ちをしていた車の中で 自然と涙がこみ上げてきたことを

解体後2週間が経った今 そう 今になって 思い出します

1つの建設業時代が終わり 新しい農業が始まっている

こうして 今の私は 農業という新しい扉を開き 毎日毎日 続けています

職業が変わろうとも 生きる場所が変わろうとも 何も変わっていない

なぜなら 私は私なのだから

そして 敢えて言うならば 始まりと終わりの中で 今日も生き続けています







 
程よい疲れ
1日から5日 奥飛騨での作業 メインは売り子ですが ・・・

さすがに疲れました 体力的にというより 精神的に疲れたみたい

早朝から イエローを収穫して1日がスタートします

天候に恵まれ たくさんのお客さまが 奥飛騨に遊びに来てくださったこと

本当に嬉しく 感謝いたします ありがとうございました

本来なら ハウスやドラゴンフルーツの説明をするところ

バタバタとしていたこともあり 不十分な対応もあったと思い 1人反省しているところです

これから ドラゴンたちは 花芽を持ち 6月中頃から一気に咲き始めると予想されます

どうか 懲りずに奥飛騨まで足を運び 温泉を楽しみ 自然を楽しみ

それから ドラゴンの花たちを見ていただければ この上ない幸せと思っております


もう少ししたら 奥飛騨を発ち 美濃加茂へ行きます

明日からは 美濃加茂の農園で作業をし 溜まった事務処理を ・・・ 

それから 少しだけ 家族サービスをと ・・・ 潮干狩りに行こうかなと

海のない岐阜県育ちなので たまには 海の風を感じにいきたいと思います

ちなみに 私の少しだけというのは 本当に少しだけなので(笑)

たくさんの方々に支えられていることに感謝し 自分自身 見失わないよう

これからも 頑張っていきたいと思います


心地よい疲れを感じながら 4時間ぐらいかけて ゆっくりと41号線を南下します

久しぶりに ラジオを聞きながら


ありがとうございました
 
大満足
ゴールデンウィークも半ばを過ぎ 明日から少しずつ 人の流れが落ち着き

観光地としては とても寂しい気持ちになるのが本音です

加えて 高速道路の値上げも実施されるようで 客足が遠のくのが心配です

とはいえ 私たち農家にとって やることは1つ 今まで通り作り続けること

それから どうやって興味を抱き 奥飛騨に足を運んでいただけるか それを考え

情報発信しながら コツコツと1つずつ 積み重ねていかなければと思います


さてさて

先日 コロンビア産とフィリピン産のイエローを売ってくれた フルーツ屋さんから

幸運なことに ブラッドオレンジを1つだけ 譲ってもらいました

少々 保管期間が長かったため 味は保証しないけど と前置きがありましたが

とても美味しかったです 愛媛県の宇和島で栽培が行われているらしく

さすが ミカンの産地だと 長い年月の経験が生きているのでしょうね

blood orange1

blood orange2

ネットの画像で見るように 赤い果汁があります

早速 糖度もチェックしました

blood orange3

オレンジとしての糖度は 高いかどうか分かりませんが 

個人的には 酸味も残っていて それでいて ほんのり甘く ジューシーで大好きな味です

オレンジ特有の香りがあって パクパク食べてしまいました

1個だったので 絞ったジュースはできなかったけど

今度 機会があったら 挑戦したいと思います

初ブラッドオレンジ 大満足でした!


やっぱり 農業は楽しいです 

なかなか思うようにはいかないけれど ・・・ だからこそ のめり込むのでしょうね

明日も早いので そろそろ眠ります

どんなに遅く寝ても 朝日で 早起きしなければならないし ・・・

ハウスで寝るのは ある意味 健康的です(笑)



咲いた咲いた
ゴールデンウィークに入ったというのに 雨ばかり

観光地の雨は 少々 気分をブルーにさせます

基本的に 雨は好きなんだけど ・・・ 休みの日とかは やっぱり晴れがいい

明日から 天気が回復しそうだから 奥飛騨に遊びに来てください


昨年の農協祭 ある女性から こんなことを言われました

国産のレモン 無農薬なものってできますか? ・・・ って

絶対に農薬を使用しないっていうのは ・・・ 私はレモン農家ではないから 分からないって

続けて 誰でも農家なら 基本 農薬は使いたくないというのが本音

趣味の世界なら ・・・ 生産販売が生活に直結するとなると ・・・ 

と まぁ いろいろお話ししたことがありました

それから 半年後ぐらい? ホームセンターをウロウロしていたら 偶然 レモンの苗を発見

1本だけ購入し 翌日 大きな鉢にに植え替え 様子を見ていると

lemon1

つぼみかな? 多分 つぼみ 

1週間後 徐々に大きくなり 明らかにつぼみだと分かるようになりました

lemon2

黄色いレモンのイメージとは ほど遠い 薄い紫色がとてもきれいで ・・・ それから10日後

lemon3

まだか まだかと 焦る気持ちが 毎朝の日課

というのも 初めての開花だから 自分が見てみたい

美濃加茂の実験ハウスの中で栽培しているので 奥飛騨で作業していると

最初の開花を人伝で聞くことになってしまうから ・・・ やっぱり 自分で見たい

と 念じていたら 奥飛騨へ出発する前日 昨日 咲いてくれました!

つぼみを発見してから20日ぐらい

lemon' flower

朝方 ちょっと冷えていたので ゆっくりと開花していきました

苗が小さいので 実をならすかどうか 迷っていますが もう少し レモンの花を楽しみながら

摘果するか それとも しないか 考えてみたいと思います

その前に 受粉しているかどうかがポイントですけどね(笑)

気は早いけど レモネードにするか レモンスカッシュにするか

想像するだけで 唾が出てきてしまうけど ・・・ 果樹栽培は やっぱり楽しいです


あっ そうそう レモンの30倍のビタミンCと言われる アセロラ

少しずつ 開花が始まりました もう少ししたら アセロラ狩りの情報をアップする予定です

では 今朝 超早起きしたので そろそろ眠ります