プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
an effect
春になれば 桜が咲きます

梅雨になれば 紫陽花が見頃となります

植物は 気温に反応しているとも言えますが 光にも反応しています

光の強弱や時間によって 気温も変わってきますが

意外と 気温だけで 季節を語ってしまう傾向にあると思います

そして ドラゴンフルーツも 温度だけでなく しっかりと光にも反応しています

ナトリウム灯を照らした場合 それから LEDを照らした場合

熱を生む ナトリウム灯の方が LEDと比較して 反応が早いです

LEDでも どんな色が良いのか 今後 研究を重ねていく必要があります

要は 成長反応する波長と温度のバランスだと言えます


さて 秋に花を咲かせる イエロードラゴンですが

この時期にも 花芽をつけ 花を咲かせ 実をつけることも分かってきました

原産の亜熱帯地方では 雨季と乾季 つまり 季節は2つ

ここ日本では 四季と呼ばれる 春夏秋冬があります

つまり 秋と同じ状態になったとき どうやら イエローは反応します

分かりやすく言えば 夏の終わりと夏の始まりが 似ていると言うことです

イエローを栽培して 7年ほど経ちますが 苗が成長した ここ3年ほど前から

こうしたことが分かってきているというか ただ これは 進化と言えるものではなく

an effect ・・・ 何らかの理由があっての結果だと言えます

何らかというのは 温度と光だと考えます

yellow 6.30 2011

ここ数日以内で いくつかのイエロードラゴンの開花も始まります

秋ほど たくさんではないですが 他の品種のドラゴンは 秋まで咲き続けますので

もし イエローの開花を見ることが出来たら 花の違いを確認することもできます

さらに付け加えれば 暑い暑い美濃加茂の実験棟でも 同じように イエローが開花しています

奥飛騨と美濃加茂でも 数日しか違わないということは 単なる偶然ではないような ・・・

ドラゴンフルーツの開花は 満月新月に多いとも言われるように

月に影響しているとも考えられ それから

不思議なことに ある日 突然 蕾の成長をやめてしまうものも 多々あるのです

苗が幼ければ 理解できるのですが そうではない しっかりとした苗の蕾であっても

成長をやめてしまい さらに言えば 同じ大きさの状態でやめてしまうのが 何とも不思議なんです

だから ドラゴンたちは 予め 咲く日を決めていて 逆算して成長を続けている

間に合わなければ 成長をやめ 次の世代(蕾花実)へとエネルギーを保存しているのでは?

とにかく 接する時間が多くなればなるほど 謎が増えていきます(笑)


奥飛騨のドラゴンハウス前の喫茶・那由他にて ドラゴン食べ比べ(3~4品種)が始まりました

ぜひ いろんなドラゴンを楽しんでいってください!





スポンサーサイト
なんか違和感
奥飛騨の夜は 涼しいです

本当に涼しく 今の外気温は20度ぐらいかな

美濃加茂へ戻ると 蒸し風呂って言うぐらい暑く 眠れない

クーラーなんていらないし もちろん 日中は それなりに暑いけど それでも過ごしやすいです


最近 小水力とかマイクロ水力とか いわゆる 再生可能エネルギーの話題が多いです

ここ岐阜県の新聞でも そうした話題が多く ・・・

水を差す訳ではないけれど ← 水力だから?水を差す

県など 行政が主体となっていることが多く ・・・ 

どれだけの発電量とか 何%を賄えるとか そういう数字は出てくるけど

総工費がいくらだとか 費用対効果みたいなものが 示されていないのが 違和感を感じてしまう

なぜなら 民間企業ではあり得ないことだから

もちろん 技術革新を目指していくには 目先の利益ばかりを気にしてはいけないけれど

実験と成果ばかりを誇張しているように見えて ズレているって思ってしまう

私も 一応 岐阜県の省エネ・新エネ推進員の端くれで 私自身 勉強不足な面もあるし

偉そうなことを言える立場ではないけれど

行政側も 税金で取り組んでいるのであれば もう少し 説明する義務があると思います

また 今は この設備投資金額だけど 将来的には これぐらいを目指しているとか

つまり 行政が主体となっていくのは 無理があるというか ・・・

やっぱり 自分の腹を痛めないと 気づかないところもあるし 必死さも生まれにくいから

見極めが難しいって言われれば それまでだけど

やる気がある県内の民間を どんどん 応援してほしいかな 正直なところ

もちろん 応援を望むなら それに値する努力と実績を積む必要があるけど


敢えて水を差す言い方は 決して 否定しているわけではなく

もう少し わかりやすいビジョンだったり 県民や市民に説明する必要があると思うから

それに 今後 脱原発へと向かうには こうした現実的な議論をしていかなければならないし

対立する意見だったり いろんな考え方から よりベターな方法が生まれていくだろうしね

私たちの温泉ハウスの前のマイクロ水力 とにかく1年間実験して

どんな問題点があるのか いろんな角度から整理して より地域に馴染む方法を探したいと考えています

365日実験して 初めて1回のデータが取れるのだし そうそう 農業だって一緒

1年で1回の経験を積むのだから ・・・

まさに 継続は力なり!!! そして 働いた時間は しっかり金額に代えなければ

じゃないと 継続できないから

生きるって言うことは そうした 現実と向き合っていくということ

理想があって 理想は生き甲斐となるけれど 現実と向き合わなければ 理想も形にならないから

違和感を感じてしまうのは 現実が見えてこないからだと思います


いろんな取り組みが 一過性にならないよう ガンバレ!岐阜県

偉そうに言う前に 私自身 何を目指すのか しっかりしないと

どりあえず 岐阜県人の1人として 日本国民の1人として 頑張ります!
 
私は 理論派現実主義者です(笑)







Crazy Dragon
昨日の夕方 少しだけ 娘とドッジボールをして遊びました

近所の兄弟も合流して 一緒に汗を流しました

小学校と言えば ドッジボール ・・・ ドッチャーという言葉もあったほど

とにかく 強い相手に挑むのが 無茶楽しかったし

給食なんて あっという間 すぐに校庭に飛び出し 場所取り 

それから クラスの仲間を待つ あるときは 昼休みなのに クラス対抗をしたり

そのため 授業の合間に 試合の申込に行っていたほど(笑)

それぐらい アホみたいに のめりこんで

まさに ドッジに関しては クレイジーそのものだった

突き指なんて当たり前 今も その名残からか 関節が太い(笑)

そんなことを思い出してしまい 子供たちとのドッジは なんだか年月を感じさせるものでした

すると 宿題終わっていないからって お家に戻る子供たちを見て

自分には考えられないことだと びっくり ・・・ 

というのも 真っ暗になってボールが見えなくなるまでやっていたし 

最後は 呼びに来られ もう遊ばせないなんて怒られながら 無理やり 家に連れて行かれていたほど

気付いたら 『 勉強も大切だけど 子供のうちは とにかく遊べ 』

『 しっかり遊ばないと 応用が効かない大人になるぞ 』 と 自分の子供でもないのに

いかにも無責任な言葉を 発していました

ルールを覚えるのは大切なこと だけど 子供のうちは 遊びながら覚えていくもの

じゃんけんだって その地方に行けば 掛け声1つ違ってくるしね

その変化や違いには 案外 そのルーツがあって 納得する意味があったりするもの

そういったウンチクは 後で気付くのも楽しいものだし

それに 大人になって 後で気付いた方が 妙に納得したり 感慨深いものになるし

とにかく そのとき そのとき 夢中になれるもの 

たとえ 周りからクレイジーだって言われても 私は応援したい

Crazy 悪い意味もあるけど 良い意味もあることから 紙一重ということかも


そういえば 苗木1本求め フロリダへ行ったときは 農園の社長から 第一声が Crazy だった

その言葉を発するときの表情から 愛を感じたというか 間髪入れずに強烈なハグ


昨年も見つけたのだけど 新芽から蕾へと 姿を変えて行くものがあります

蕾もどきではなく 明らかに 変化と呼べるものです

crazy dragon-1

crazy dragon-2

crazy dragon-3

こういう変化が 少しずつ 変えていく原動力になるのかもしれません

主流はあくまで主流であり 奥飛騨でなら 奥飛騨のやり方があるはず

休耕地での太陽光発電 ・・・ 異論反論はあるだろうけど 大切なことは

そこに住んでいる人たちがいること 住んでいる人たちが考え 結論を出していくこと

私も 一地方に住んでいる人間として しっかり考えていかなければなりません

Crazy Dragon そう呼ばれるよう 頑張っていきたい




 
失ったもの
2004年9月 現場監督として働きながら アメリカへ飛びました

当時 往復で7万円ぐらいの航空券 サンフランシスコ経由でマイアミへと

ハリケーンの被害が大きく 訪問予定だったナーサリーは 全て壊滅

空港も閉鎖されていなかったし とにかく行ってみよう 空振りに終わることを覚悟していました

hotel in maimi 2004

ホテルについて 連絡するも音信不通 ・・・ どうしようと思い

ペラペラと日本で調べていた資料をめくっていると ・・・ 

偶然にも 1つのナーサリーが 目に飛び込んできました

1度 メールをしたことがあったものの 快くない返事 日本への輸出もしたことがない

ここでも とにかく行ってみよう 片道1時間半 車を走らせ マイアミ郊外のナーサリーへ

ドアを開けると同時に 熱いハグがあり バカだと言われながら 商談はあっという間に成立しました

florida sweet

フロリダスウィートという品種のアセロラを探していたのです

ホームステッドという小さな町で生まれた フロリダスウィートという品種

なぜか この名前に惹かれてしまい フロリダへ呼ばれたようなもの

そして 日本に帰ったら 再び連絡すると約束を交わし ・・・

今度来るときは ホテルに泊まらないで 家に泊まれと いかにもアメリカっぽい言葉をかけられ

翌日 西海岸のサンディエゴへ飛びました

サンディエゴから1時間ぐらいだったろうか? カールスバットというリゾート都市に宿をとりました

この近辺のナーサリーに行こうと思っていたからです

ところが 結局 会うことはできず 1日フリーになってしまいました

carlsbad in CA 2004

海も綺麗だし ・・・ ビジネスで来たのに どんどんどんどん 私の中の遊び心は膨らむばかり

レゴのテーマパークに行きたいけど 1人で行くのは寂しいし ・・・

ホテルの電話帳をペラペラと ・・・ Water Skiing という文字が ・・・ お~っ!

懐かしい響きと共に 留学当時の夏休み 毎日やっていたことを思い出し

迷わず電話をし ・・・ フリーウェイの麓で 水上スキーなんて

water skiing

水上スキーの醍醐味は 何といっても 水を切る感覚 水しぶきを感じるのが本当に気持ち良い

足の裏から伝わってくる 水に浮いているというか ・・・ その感覚もたまらない

30分もやれば 腕とふくらはぎの筋肉は パンパン

15年ほど経っていても 体は覚えているもの 感覚は失っていないものなんですね


当時は こうした遊びを楽しむことができたというか 現場監督として 収入もあったし ・・・

全てにおいて まだまだ 心に余裕がありました

農業を始め 本格的にシフトチェンジをし 建設業から身を引くことで

安定した収入を失い 遊び心も失ってしまったというか そんな余裕さえもなくなっていきました

とはいえ 農業そのものの楽しさに気付き 没頭していったというのも事実であり

1つ喜びを得ることで 何か1つを失っていくようで ・・・ 

とはいえ よくよく考えてみると 決して 失っているわけではなく

何十年経っても 感覚を覚えているということは また 思い出すということ

あれもこれも 欲張ることは決して悪いことだと思わないけれど

自分の努力と成果に応じた そんな生き方を目指していきたい

また いつか 大好きな水上スキーをやれるよう 頑張っていきたいです

じぃちゃんになっても 体は ちゃんと覚えてくれていると そう信じています(笑)

失うと感じることは 自分の気持ち次第なのかもしれません






 


宝石
美濃加茂での作業 ・・・ ハウス内は40度を超え ・・・

これでは 汗もしょっぱくないです

滝のように流れる汗っていうのは こういうことなんでしょうね(笑)

塩分 水分を補給しながらの作業です

ときたま アセロラを捥ぎって 食べています ・・・ ビタミンCの補給です


今日は アセロラの挿し木作業をしました

cutting-1

座っての作業なのに 汗はダァーダァー なぜか 作業ズボンもベッタベタ

3年ぶり?の挿し木作業 そろそろ 世代交代していくことも考えなければいけないし

私たちは 苗木屋ではなく あくまで フルーツ農家なので

収穫していくことをイメージしながら 計画的に進めていきます

同じ格好で作業していると 腰が痛くなるから ときたま ハウス内を散策

すると ・・・ まるで 宝石のようなアセロラに ついつい見とれてしまいます

looks like a jewelry

ピンクの花もかわいいし 

なんていったって 太陽の光を浴びると より輝きを増すところが好き

この実は 完熟一歩手前っていう感じ

完熟すると もっと色濃く 深紅色っていうのかな ・・・ とっても甘くなります

この時期のアセロラは 表皮が薄くなり易く 日持ちが適さないですが

私たちのアセロラは フロリダスウィートという品種のため 比較して 日持ちはします

とはいえ 痛み易いことには変わりありませんが

甘味系品種なので 酸っぱぁ~い なんていうことはないですし

この時期 ヘタを取ったものを冷凍して 氷代わりにしていただくのもおすすめです


暑い夏は アセロラ食べて 乗り切ってしまえ! といった感じです

アセロラ狩りの予約も受付けていきますので 連絡いただければと思います

1パック(25粒程度)1500円です

  
梅本さんの
昨日 高山市役所での試食会がありました

といっても 私が どうのこうの言える立場にはありませんが

ただ 私たちが育てている 大切なドラゴンフルーツも仲間入りさせていただいております

親心として 少しでも多くの方々に 喜んでいただきたいって思っています


で 何かというと ・・・ ふるさと清見21の新商品 

梅本さんの飛騨牛カレー You Tube にて 動画を見れますので ぜひ チェック!

今回の商品は 飛騨で生産されるものを ふんだんに使ったカレーです

飛騨には たくさんの特産物があり 飛騨牛 飛騨トマト 飛騨山椒 飛騨バター

恥ずかしながら 奥飛騨ドラゴンも末席に加えていただいています

というのも ドラゴンフルーツジャムも ふるさと清見21の梅本さんに作っていただいており

そんなことから 今回のカレー開発に至りました

また あまり表舞台には顔を出さない 料理研究家の山崎さんの存在があり

映像を撮ってくれた うどん職人?住田さん いろんな想いが詰まった カレーに仕上がっています


1人前1200円と レトルトカレーとしては高いと言われますが

トマトなど野菜の水分だけで煮込み 小麦粉や化学調味料は一切使用せず

カレーのとろみは 奥飛騨ドラゴンとなっていて ・・・ とても美味しいです

飛騨のものがたくさん詰まってしまって いろんな想いがあるから セールスポイントはたくさんあるけど

食べた1人として言うとすれば おかわり!って間髪入れずに 言葉が出てきます

トマトの酸味もほど良く あっさりして ・・・ もちろん 好き嫌いはあるだろうけどね

7月1日から販売する予定だそうです

もし 見かけたら ぜひ チャレンジしてみて下さい!


こうして 少しずつ ドラゴンフルーツも飛騨の特産って言われるようになって

一生産者として 本当に嬉しく 目頭が熱くなります

もっともっと 喜んでいただけるように もっともっと 良いドラゴンフルーツを作っていきます

ありがとうございます




秘訣
暑い 暑いというより 蒸し暑い ・・・

深夜 奥飛騨から美濃加茂へ 帰って来たのはいいものの まるで 南国へ行ってしまった?

少々 体力的にもバテ気味のため 思考回路も停止気味 ・・・ 

そんな錯覚に陥りそうになるけれど ・・・ ただ 空港降りて 異国の香りが漂ってくることはなく

やっぱり ここは美濃加茂だ なんて 当然と言えば当然のことだけど

それでも この暑さは なんとも恨めしい

涼しい奥飛騨から 蒸し暑い美濃加茂 ・・・ 簡易ベッドから イギリス製のベッド

あまりの蒸し暑さに 眠ることはできず ・・・ だけど 汗ダクダクの季節は好き

周りには 親父臭を撒き散らし ご迷惑をおかけしておりますが 

この蒸し暑さに慣れれば なんとも心地良い

加えて 今日 3年ぶり?に 生コン打設をしました

実家の車庫の土間コン(コンクリート)の作業を手伝ったので ・・・ 建設時代を思い出し

とても懐かしかった カラカラと空になると音をたてながら 回るミキサー

農園でかく汗もいいけれど たまには こうした汗もいいもの 気持ちいいぜっ!

やっぱり 私はガテン系?だと認識


で 午後から 再び美濃加茂のハウスへ ・・・ そしたら ・・・

young lemon-1

木が小さかったので 負担かけないよう 摘果して 大切に大切に見守っていたのに

全て落下 ・・・ ショックでした 完熟レモン 楽しみにしていたのに

でも しょうがない 何か理由があって落ちたんだろうから 

また 花を咲かせ 実をつけるのを楽しみにしていればいい

で よくよく見てみると ちゃんとレモンの果肉ができ始めていたことに 超感激

young lemon-2

ほのかな柑橘の香り レモンの香りが 蒸し暑いハウスを心地良い空間へと

Mっけ たっぷりな私は 日中のクーラー 扇風機なんていらない派

さすがに 眠るときは頼りたいけど それでも 昼間に汗をしっかりかいたときは

案外 涼しく眠れるもの 


ようやく 暑い季節がやってきました

暑い暑い日には ビタミンC レモンもいいけど アセロラもいいよ!

レモンのカテゴリーなのに 序章が長すぎた感じ ちょい反省です はい

そうそう 題名が 『 秘訣 』 だった

最初から上手くいかないほうが なんだか燃えてくるというか 意地になるというか

何でだろうって考えるから どんどん広がっていって ムチャクチャ楽しくなるっていうか

それが 続けていく秘訣かな?

簡単にできないから そこを乗り越えたいって思うっていうか ね!

そういうもんだって 

 

 


うそ
これが パイナップルの子供だよ

matsu-bokkuri

少しずつ大きくなって やがて 黄色くなると同時に 良い香りを出すんだよ

なんて 子供たちに話したら 信じてしまうよね

松を知っている人 松ぼっくりで遊んだ人は 馬鹿にしてって怒るかもしれないけれど


知らず知らずのうちに ウソを教えているというか ・・・

こうしたことは よくあることで 全く悪気がなりから 後で調べることもなく ・・・

ドラゴンフルーツだって いろんな種類があって 

同じ品種でも 夏と秋とでは 味も変わってくる ・・・

自分自身 農業を始めなければ 自分の物差しで 自分の思い込みだけで

いろんな人に伝えてきたというか そういった部分もあったはず

農業を始めて 忙しく毎日がバタバタとしているけれど ゆっくりと時間が流れるようになって

考えたり 調べたり あるいは 直感を大切にしたり

40年以上も生きてきたのに 知らないことばかりだと考えさせられる毎日

すべてが完璧に 一字一句の間違いもなく 一点の曇もないとは言えないけれど

できるだけ いろんなことを知りたい 感じたいって思います

いくつになっても 好奇心旺盛でいたいと ね


嘘のない 真正直な生き方 もちろん憧れるけど 

日々の生活の中では ときには お茶目なうそ 冗談を言いながら

あとでゴメンねと ゲラゲラ笑える そんな生活もいいもんだと思います

それに 松ぼっくりからパイナップルを作ってしまえば ウソでなくなるのだから

そう信じたら とことん突き進むのもありかも


これから 受粉して 久しぶりに美濃加茂へ帰ります

それから 今週末 ドラゴンの花がたくさん咲きますので ぜひ 奥飛騨へ来てください

 
青い鳥
幸せを運ぶ青い鳥 ・・・ チルチルとミチルの兄弟が 夢の中で 過去や未来の国へ

幸せの象徴とされる青い鳥を探しに旅に出るという話 で 結局は ・・・

身近にあったという ・・・ とても考えさせられる そんなお話です


そういえば テレビドラマでもあったような ・・・ 

歌の題名でもよく使われるようで 恋物語という印象があります

歌 ・・・ ところで 鳥さんたちは よく美しい鳴き声を披露しますが

テンポだったり リズムだったり 一羽が鳴き始めると つられて合唱するなんてこともあるのかな?

なんて ・・・ もし そうだったら 私は音痴なので ・・・

もし 美しい鳴き声が 求愛の手法だったら 私は無理だな


雨が降るのか 降らないのか 煮え切らない梅雨空を見上げると

music-1

music-2

まるで 楽譜みたい(笑)

苦手だった音楽の授業 音符をオタマジャクシに置き換えたところで

苦手なものは苦手 姉がピアノを習っていたので 習うか?と聞かれたけれど

外で遊ぶ時間がなくなるからと とにかく嫌だの一点張り

今思うと 習っていればと思うし そんなに音楽が苦手なのに

FRUITS + MUSIC だからね


電線にとまると音が鳴る仕組み 鳥さんたちがとまるたびに

音が鳴り 音楽を奏でてくれたら 面白いなって ・・・

あり得ない くだらないことを考えながら 恨めしい梅雨空を眺め

1人ニヤニヤしていました 端から見れば 気色悪いよね


そうそう 幸せは背伸びしない すぐ目の前にあったりするもの

当たり前のように生きている今に感謝し これからも コツコツ歩んでいきたいです

でも 青い鳥を見つけたら 欲をかきそうだけどね(笑)

 
見守る
昨夜 350ほど 今夜も200ぐらい ドラゴンの花が咲いています

安定した天気が続くと 蕾が大きくなるスピードが速まります

今夜は 白果肉のデヴィッドボウイという品種が多く咲いています

この品種は お月さんに向かって咲くから 花粉がとりにくく受粉がしにくいです

加えて 200以上ですから 今年 早くも逃避気味です(笑)

とはいえ 生活がかかっているので ブログ更新したら 受粉を始めます


さて 美濃加茂のハウスで 実験栽培しているレモンですが ・・・

どうやら 実がいくつかついたようです

lemon-7

実がついた脇から 新しい蕾が ・・・

レモンも繰り返すんですね 開花と収穫を まるで アセロラやドラゴンみたい

大きくなる前に 落ちてしまうかもしれませんが

見守っていきたいと思います

そういえば レモンって 葉を剪定していも レモンの香りして 

気づくと しばらくの間 切った先を鼻に当て 香りを楽しんでいますからね

柑橘類の香りは いいです

なんだか リフレッシュされます


さてさて そろそろ受粉の時間

眠いから 少しだけ 横になってから始めようかな?

レモンの実を見守るなんて言いながら ここ 温泉ハウスでは

たくさんのドラゴンの花たちに 私が見守られているのかも



あくまで農業
ここ最近 自然エネルギーの可能性を探る取組みが多くなってきたと思います

再生可能エネルギーとも言われ ・・・ 言葉の定義は 私にはどうでも言いことですけど

とにかく あるものを有効利用したい その中で 新たな方法を模索し

結果として 環境負荷を減らすこと それから 持続できる利益を産むことが両立できればと

欲張りではありますが そういったことを考え 農業を続けています

農業を続ける 生きるためでもありますし 自分たちが目指す農業を模索すること

ある意味 ある意味ではなくても 人間のエゴそのものだと言われる方もいますが

全くその通りだと思います なぜなら ・・・

心があり 欲求もあり それ全てを否定してしまうことは想像できないからです


小難しいことは さておき 1月に申請していた マイクロ水力の実験の許可がおり

先月から ハウス前で わずかではありますが 発電を続けています

県内の角野製作所さんが作った設備で それを利用し ハウス前を照らしています

フルージックのハウスは 温泉から熱をいただき 熱をもらった循環水がハウス内を温めています

熱を奪われた温泉は 目の前の排水路に流れていきます

1口15㍑/min. 4口なら60㍑/min. 熱を奪われた温泉を もう1度 ・・・ と考え

地域再生機構さんという団体と出会い 彼らの知識をお借りし 今回の実験となっています

こうしたマイクロ(ピコ)水力が注目を浴びれば浴びるほど 実験していく意味合いは濃く

農業もそうですが 1年に1回のデータしか取れないことを考えれば

365日毎日 地域や気候の変化と向き合って 計測をしていかなければなりません

ソフト面 ハード面 それから 関連する方々との話し合いの中で 進歩していくことを願っています

そして 何より声を大にしたいのは 地域であり 現場の意見に耳を傾けてほしいことです

現場を無視したら どんな立派なものであっても 空論になってしまうからです

47都道府県 岐阜県では42市町村(間違っていたらすみません)があることを考えると

その地域ごとのやり方があり 地域にあった形を見つけていくことが大切だと思います

また 水路は何のために設備されたか そこから考え 今後のイノベーションを期待したいです

今あるものの有効利用はとても大切なことですが 本末転倒になってしまってはと危惧します

私自身 農家であるため こうした発電したものを やはり 農業に活かしたいと考えます

魅せる 見せる農業だからこそ ドラゴンフルーツの花見(観光農業)に活用したい

今はまだ ハウス前の外灯1つだけれど 将来的には ハウス内の照明も切り替えてきたいです

それが 私たちが目指してきた 観農資源なのです

電気は経産省? 水利は国交省? 農業なので農水省? 環境云々は環境省?

再生可能エネルギー庁ができても こうしたところと意見交換できる形でなければ

加えて 現場を理解する 現場の意見を取り入れる形になってほしいと 切に願います


長くなりました 角野製作所さんの機器でハウス前の外灯は照らされています

奥飛騨に来るようなことがあれば ぜひ 見に来て下さい

新しい形の何かを感じ 何かヒントを見つけるかもしれません 

その地域ごとに素晴らしい資源があり その利用法は これからだと思います

pico1

pico2

pico3

pico4

そして 地方で住む私たちは 私たちなりに 自由な発想と力強い行動力で頑張っていきたい

あくまで農業 私は あくまで農業を基本に 本末転倒にならないようにと思っています






何なんだろう
大きな震災から 今日で3ヶ月が経ちました

離れた場所から発する どんな言葉も

偉そうで 表面的で 被災された方々にとって 安っぽい言葉になってしまうようで

現地の映像を見たり ラジオなどから 生の声を聞くたびに

もどかしい気持ちで いっぱいになります

たとえ 僅かであっても できることを続けていくことが 結果として 少しでも役に立てばと ・・・

そう思うことさえも 自己中心的なようで ・・・ どれが正しいのか

普段から 正しいも間違いもないと言いながら 考え込んでしまうと やっぱり悩んでしまいます

とにかく 一歩ずつ 目の前のことをやる ブレないでやり続けることに 全力投球します


さて 温泉熱を利用していることから 岐阜県の新エネ・省エネ推進員となり活動をしてきました

将来的に ハウス内の電力をクリーンエネルギーにしたいと ずっと考えてきました

しかしながら 法規制の問題や技術的な問題から

あるいは 農家としての立場から 農作物にどう影響してくるのかを 

少しずつ実験していく必要があると 大げさな言い方かもしれませんが そう思っていました

なるべく 節電を心がけてきたりしたせいで 昨年と比較すると4割削減することができ

言い換えれば 無駄な電力を使用していたとも言えますが ・・・

さらに削減するなら また 小さくても 新たな電力を生み出すことも計画してきました

ハウス前の側溝に 県内の業者さんが開発した 小さな機械を設置し発電したり

はたまた ハウス内の照明を LEDに換えるための実験をしてきました

小さな発電機(ピコ水力)の実験設置許可を 地域再生機構さんの力を借り 国交省からいただきました

この申請も 1月末にしたものでしたが 皮肉にも震災があり 原発事故も重なり ・・・

加えて 震災前から ドラゴンフルーツへの影響も考えながら LED照明の実験をしてきました

LED1

LED2

少しずつだけど いろいろ分かってきた矢先の震災 一気にLEDの需要が増えるだろうなって

業者さんと話していたら ・・・ 今度は 設備投資していこうと考えていたLEDの材料が間に合わず

正直 何なんだろう?って ゆっくり時間をかけて積み上げてきたのに

とはいえ 現地ではもっと大きなことで悩んでいることを考えると ・・・

何とか 何らかの形でLEDに換え 夏までの夜の花見に間に合わせ より節電に努めます

脱原発のデモも各地で行われている様子

今後 しっかり討論して 次世代へつなげていく姿勢と行動を示していくことが大切なのかも

観光シーズンが終わり 少し時間を持てる余裕ができたら 妻の実家 岩手県へ行こうと思います

私にとって 岩手県は第2のふるさと 今は なかなかやれることがなくて 心苦しいけれど

離れた岐阜から 少しずつでも 元気を送れたらと強く思っています


 
物言い
はっけよ~い ・・・

sumo-1

のこった ・・・ 

sumo-2

のこった ・・・

sumo-3

のこった ・・・

sumo-4

お ~  

sumo-5

寄り倒しで イエロードラゴンの勝ち ・・・

おおっと ここで 物言いっ

ヴードゥーが土俵を割る前に イエローの尖った表皮が土についたとのこと


モノゴトを進めていくときは 必ずいろんな見方 さまざまな意見があり

時には 避けることのできない対立を生んでしまうこともあります

ただ こうした意見の衝突は 決してマイナスではないこと

しっかり意見を言い合うこと それから 自分と違った意見を聞く耳を持つことで

大きく大きく 進歩していくことになると思います

とはいえ 頭ごなしに否定されてしまうと なかなか聞く耳は持てません

そういう自分もその1人 だから 務めて いろんな催事に参加します

言い方は悪いけど いろんな考え方を持った方々に会えるから

住んでいる場所 働いている環境 あるいは 置かれている立場が違えば 

当然 それぞれの考え方や主張があります

そうした中で 私自身 偏っていないかなど 冷静に見つめ直すことができます

そして 必要と判断すれば 訂正することもできます

もちろん そういう考え方もあるんだと理解しながら

やってきたこと それから これからの方針を覆すことはせず 突き進んでいくこともあります

いろんな意見が衝突してこそ より良い道が見えてくるのかもしれません


なんて 偉そうなことを書きながら 

否定されたり 頭ごなしに鼻で笑われると カチンときてしまうけど(笑)

カチンときたら 自分自身の実力不足を意識し 1歩ずつ努力努力です







耳鳴り
今日も 暑い暑い1日でした

午前中は奥飛騨で作業 午後から 美濃加茂へ移動 で 3時には打合せ

夕方 事務所(実家)に戻ると 娘にドッジボールをしようとせがまれ 

さすがに疲れてはいたけれど 娘にとって パパはスーパーマン ・・・ だから

いつか そうでないと気付かれてしまうまでは スーパーマンで居続けようと 心に誓っております

忙しくても 娘との時間を持つことができること 極々当たり前のことのようだけど

とても幸せなこと 最近は 本当にそう思う日が多いです

感謝して 感謝を日々の生活の中で表現し 悔いのない生活を心掛けたい

完璧は無理かもしれないけれど それでも 精一杯と感じられるよう生きなければと思います

奥飛騨と美濃加茂 高低差1000メートル以上 さすがに疲れてくると耳鳴りがします

年をとったせいか それとも 朝方からの草刈が効いているのか ・・・ (笑)

いずれにせよ 忙しい観光シーズンは待ってくれないので 気合を入れなければっ!


奥飛騨のドラゴンフルーツたちは いよいよ 開花の本番を迎えます

月明かりの下で 咲き誇る大輪も好きですが 開く前 この瞬間も大好きです

3.2.1 ... 0

長さ30センチ前後の大きな大きな蕾 ゆっくりと膨らみ 息遣いが聞こえて?きます

これから10月中頃まで 開花は続きます ぜひ 奥飛騨に見に来てほしいです

ちなみに 今夜は100輪以上 今週末は 少し落ち着きますが また 徐々に増えていきます

美濃加茂のアセロラたちも いよいよ 本腰を入れ始めたようです

3月4月の冷え込みの影響を吹き飛ばすように 一気に開花をしています

florida sweet

ギンギンとした太陽の下で咲く 直径2センチ弱 ピンク色の小さな花たち

6月下旬ぐらいから アセロラの収穫が始まる予定です

品種は フロリダスウィートという甘味系のもの

甘いか酸っぱいかと聞かれれば 酸っぱいと言いますが レモンのような強烈な酸味はありません

アセロラ狩りも少しずつスタートさせていく予定です

こちらは 美濃加茂の栽培地です 連絡いただければ 対応します ← 場所が分かりづらい


さて 明日は 明後日(8日)に行われる 全飲連全国岐阜県大会 の準備に行きます

良かったら 遊びに来て下さい ↑

行ったり来たり なかなか栽培に時間を割けないので ・・・

これから夕飯食べて ハウスに行って作業をしてきます 限られた時間の中で やれることをみつける

これからも頑張っていきます!



夜の花見
今日は とても暑い1日でした

昼間 ハウスにいると 『あっちぃーなっ』 て 思わず呟いてしまいそうです

で いよいよ ドラゴンフルーツの花見が始まります

まだまだ咲き始めなので 毎晩っていう感じにはならないかもしれませんが

これから 徐々に開花していくと思います

当初 6月10日前後って思っていたら 思ったより 速いスピードで ・・・

明日から来週の中頃 たくさん咲くといった感じです

もちろん 週末にも いくつか見ることができると思います

ぜひ 見に来てください

ちなみに 夜の花見は 400円/1人 お願いいたします


で 夕方のハウスの様子 ・・・ 携帯カメラなので 画像が悪いです

dragon flower

今夜は 原種の1つと言われている コスタリカン・サンセットという品種

自家受粉タイプではないので うまく結実しないかもしれませんが ・・・

一応 やってみます 実がなったらラッキーです


これからの奥飛騨は 本当に気持ちいいですよ

ぜひ 遊びに来てください!


御意 ...
久し振りに晴れ とても暑い1日でした

一気にアセロラの開花が始まり 気付くとアセロラの実がぶら下がっています

おそらく 6月下旬ぐらいから アセロラ狩りができると思われます

場所は 分かりづらいので 連絡いただければお教えいたします

また 収穫に限りがありますので 予約制とさせていただきますので ご理解下さい

で 連絡先は 電話:0574-25-7183 メール:cocoro@frusic.co.jp

お手数ですが よろしくお願いいたします 

尚 料金は 1パック(25粒程度)1500円です


さて 美濃加茂にある実験ハウスには いろんな種類の植物があります

その中の1つ 3品種のマンゴーの摘果をしていたら ・・・

よくあることなんですが ・・・ 目が合うと いつも 心臓が止まりそうになります(笑)

flog

あまりにドキッとしたときには 『 驚かすなよっ 』 と伝えます

すると? 『 御意 』 と言っているかどうかは別にして ・・・

礼儀正しく 両手をついて 私を見つめています(笑)

ドラゴンの葉の上にいたり アセロラの枝にいたり ・・・ 今回は マンゴーの葉の上

香りを発し マンゴーの花の周りを飛んでいる 小バエを狙っているのでしょうか

じっと待つカエルの姿勢 ・・・ 動かざること山の如し ではないですが

こういう日は 焦らず ゆっくりと1つ1つ形にしていこうと 自分自身に言い聞かせます


感じることを最大限に意識していると 何となくですが

ちょっとしたことも目にとまり ちょっとしたことがヒントだったり

強引に突き進むことも大切なことですが 少しだけ 足をとめて 周りの風景を見たり

自分が置かれている環境を 冷静に見つめ直すことも大切なことかもしれません


さて 明日から奥飛騨です 土日と天気も良さそうなので ぜひ 奥飛騨に遊びに来て下さい

そろそろ 花も咲き始めますから

 


small garden
ここのところ ずっと雨 ・・・ 梅雨入りしたのかな?って 思ってしまいます

どうやら 明日から回復するようで また 暑くなるようです

ハウス栽培といえども この時期の天気の変化には 少々敏感になります

で 月末の事務処理 溜まりに溜まった書類作成などを ある程度片付け

今日は 久し振りに 美濃加茂のハウス内で作業をしました


4月の底冷えの影響から アセロラの開花が予想より遅れていましたが

ここにきて 一気に開花の様子 次から次へと新たしい蕾が出てきています

5月の始めに 少しだけ咲いたアセロラの花 少しだけ実がなり

雨空にもかかわらず 艶のある朱色から深紅色に輝いている様子に 毎年ながら うっとりします

贅沢にも 1つ2つともぎとり 口に運ぶと

アセロラ独特の香り それから ジューシーな果汁が口の中に広がります

やっぱり 市販のアセロラジュースとは違うよな なんて思ってみたり ・・・ 

すると 体中にビタミンCが広がっていくようで 疲れた体もリフレッシュ

アセロラ1粒で大げさだけど 多分 私にとって

今年も収穫できる ちゃんとアセロラの味をしているって思うと ホッとするんでしょうね

やっぱり 農業が趣味であっても 農業で食べている以上 気合入っていますから(笑)


午前中 アセロラハウスで作業をし 外へ出てみると ・・・

Small Garden が 少しずつ形になっていることに気づきました

small garden 11

ハナ(ヤギ)に 食べられてしまったイチゴたちも 徐々に復活し

わっさわっさと成長を続けています

やっぱり 植物が育っていくのはいいなって 心から思ってしまいます

なんでだろっ? 小さいころっていうか 大人になっても 興味なかったのに

笑っちゃうぐらい 興味なかったはずなのに ・・・ 不思議なもんだ ほんと

で よく見ると 紅くなったイチゴが ・・・

small garden 22

本当は チビと収穫したかったけど 学校だから仕方ない

ちょうど3つ収穫できたので 家に持ち帰り 食べることに

はははっ 1つだけ 虫食いのものがあったんだけど やっぱり私のお皿に(笑)

娘だからね いつもママの味方

いつも 1対2になって負けるのは 分かっているよ(笑)

で 味はというと イチゴっていう味

いちごのプロが作るのとは 全然違うけど それでもイチゴの味がしました

1つずつ経験を積んで 頑張っていきます


プチ情報 ・・・

さて アセロラ狩りもそろそろです おそらく6月の下旬ぐらいからできそうな感じ

それから ドラゴンの花見も6月10日前後となる予定です

ちなみに アセロラ狩りは 美濃加茂の農園 ドラゴンの花見は 奥飛騨の農園です