FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
何なんだろう
大きな震災から 今日で3ヶ月が経ちました

離れた場所から発する どんな言葉も

偉そうで 表面的で 被災された方々にとって 安っぽい言葉になってしまうようで

現地の映像を見たり ラジオなどから 生の声を聞くたびに

もどかしい気持ちで いっぱいになります

たとえ 僅かであっても できることを続けていくことが 結果として 少しでも役に立てばと ・・・

そう思うことさえも 自己中心的なようで ・・・ どれが正しいのか

普段から 正しいも間違いもないと言いながら 考え込んでしまうと やっぱり悩んでしまいます

とにかく 一歩ずつ 目の前のことをやる ブレないでやり続けることに 全力投球します


さて 温泉熱を利用していることから 岐阜県の新エネ・省エネ推進員となり活動をしてきました

将来的に ハウス内の電力をクリーンエネルギーにしたいと ずっと考えてきました

しかしながら 法規制の問題や技術的な問題から

あるいは 農家としての立場から 農作物にどう影響してくるのかを 

少しずつ実験していく必要があると 大げさな言い方かもしれませんが そう思っていました

なるべく 節電を心がけてきたりしたせいで 昨年と比較すると4割削減することができ

言い換えれば 無駄な電力を使用していたとも言えますが ・・・

さらに削減するなら また 小さくても 新たな電力を生み出すことも計画してきました

ハウス前の側溝に 県内の業者さんが開発した 小さな機械を設置し発電したり

はたまた ハウス内の照明を LEDに換えるための実験をしてきました

小さな発電機(ピコ水力)の実験設置許可を 地域再生機構さんの力を借り 国交省からいただきました

この申請も 1月末にしたものでしたが 皮肉にも震災があり 原発事故も重なり ・・・

加えて 震災前から ドラゴンフルーツへの影響も考えながら LED照明の実験をしてきました

LED1

LED2

少しずつだけど いろいろ分かってきた矢先の震災 一気にLEDの需要が増えるだろうなって

業者さんと話していたら ・・・ 今度は 設備投資していこうと考えていたLEDの材料が間に合わず

正直 何なんだろう?って ゆっくり時間をかけて積み上げてきたのに

とはいえ 現地ではもっと大きなことで悩んでいることを考えると ・・・

何とか 何らかの形でLEDに換え 夏までの夜の花見に間に合わせ より節電に努めます

脱原発のデモも各地で行われている様子

今後 しっかり討論して 次世代へつなげていく姿勢と行動を示していくことが大切なのかも

観光シーズンが終わり 少し時間を持てる余裕ができたら 妻の実家 岩手県へ行こうと思います

私にとって 岩手県は第2のふるさと 今は なかなかやれることがなくて 心苦しいけれど

離れた岐阜から 少しずつでも 元気を送れたらと強く思っています


 
スポンサーサイト