FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
an effect
春になれば 桜が咲きます

梅雨になれば 紫陽花が見頃となります

植物は 気温に反応しているとも言えますが 光にも反応しています

光の強弱や時間によって 気温も変わってきますが

意外と 気温だけで 季節を語ってしまう傾向にあると思います

そして ドラゴンフルーツも 温度だけでなく しっかりと光にも反応しています

ナトリウム灯を照らした場合 それから LEDを照らした場合

熱を生む ナトリウム灯の方が LEDと比較して 反応が早いです

LEDでも どんな色が良いのか 今後 研究を重ねていく必要があります

要は 成長反応する波長と温度のバランスだと言えます


さて 秋に花を咲かせる イエロードラゴンですが

この時期にも 花芽をつけ 花を咲かせ 実をつけることも分かってきました

原産の亜熱帯地方では 雨季と乾季 つまり 季節は2つ

ここ日本では 四季と呼ばれる 春夏秋冬があります

つまり 秋と同じ状態になったとき どうやら イエローは反応します

分かりやすく言えば 夏の終わりと夏の始まりが 似ていると言うことです

イエローを栽培して 7年ほど経ちますが 苗が成長した ここ3年ほど前から

こうしたことが分かってきているというか ただ これは 進化と言えるものではなく

an effect ・・・ 何らかの理由があっての結果だと言えます

何らかというのは 温度と光だと考えます

yellow 6.30 2011

ここ数日以内で いくつかのイエロードラゴンの開花も始まります

秋ほど たくさんではないですが 他の品種のドラゴンは 秋まで咲き続けますので

もし イエローの開花を見ることが出来たら 花の違いを確認することもできます

さらに付け加えれば 暑い暑い美濃加茂の実験棟でも 同じように イエローが開花しています

奥飛騨と美濃加茂でも 数日しか違わないということは 単なる偶然ではないような ・・・

ドラゴンフルーツの開花は 満月新月に多いとも言われるように

月に影響しているとも考えられ それから

不思議なことに ある日 突然 蕾の成長をやめてしまうものも 多々あるのです

苗が幼ければ 理解できるのですが そうではない しっかりとした苗の蕾であっても

成長をやめてしまい さらに言えば 同じ大きさの状態でやめてしまうのが 何とも不思議なんです

だから ドラゴンたちは 予め 咲く日を決めていて 逆算して成長を続けている

間に合わなければ 成長をやめ 次の世代(蕾花実)へとエネルギーを保存しているのでは?

とにかく 接する時間が多くなればなるほど 謎が増えていきます(笑)


奥飛騨のドラゴンハウス前の喫茶・那由他にて ドラゴン食べ比べ(3~4品種)が始まりました

ぜひ いろんなドラゴンを楽しんでいってください!





スポンサーサイト