プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
フォロー
今日は 暑いぐらい そんな気持ちのいい1日でした

月末ということで 支払いなど いつもよりバタバタ感があり

時間を見つけては 美濃加茂の農園へ足を運び 来年に向けた準備を考えていました


美濃加茂の農園 山羊さんが4頭増え 今では 11頭となり 少しばかり賑やかになりました

銀杏畑の収穫は そろそろ終わり 今日は 最後の収穫となり

本格的に 山羊さんたちが銀杏畑に入って 銀杏の葉を食べます

食べたら出す まさに これが 来年に向けての準備です

山羊さんたちが 燃えにくい 銀杏の葉を食べることで それが 糞尿となることで

小さいですが ここ 美濃加茂の農園では 循環型農業ができています

今年は 山羊さんたちが作る銀杏 ということで 売行きが良く

いつも 売切れ状態 そのため ネット販売はできませんでした


銀杏の木の枝を揺することで 銀杏の実は 敷かれたブルーシートに落ちます

もちろん 銀杏の葉も ひらひらと 落ちてきます

ただ 実と葉を分けて収穫するのには 少々手間がかかります

そこで 山羊さんたちにフォローしていただきます

もちろん 私たち人間は 山羊さんたちが届かない枝を揺らすことで 葉を落とすフォローをします

お互いさまですね 協力し合うというか そんな感じです

follow 1

落ちてきた葉を 一目散に食べまくります ( 笑 )

follow 2

で こんな感じとなります もう少し 時間をかければ 1枚も残りません

follow 3

あとは このまま水に付け グルグル果肉を取り 天日干し

finish

天気が良ければ 1日干すだけで大丈夫 少し独特の香りはしますが

これが銀杏なんですから 新鮮な銀杏は 中身が黄緑色

モチモチしていて とても美味しくて 私の大好物です 


お互い 得意なところで 相手をフォローし 不得意なところをカバーする

これ 生きていくための鉄則

なんて 偉そうにいえる立場ではないけれど ( 笑 )

来年 赤ちゃん山羊が生まれて欲しいなって そんなことも考えています


スポンサーサイト
どこかで ...
ここのところ 奥飛騨は めっきり冷え込みが厳しくなっております

外気温は5度前後 夜 星空を見ていると体が冷え切ってしまいます

それでも この時期の星空は 本当に美しく ・・・ 

そういえば 今夜は新月 手が届きそうなくらい 無数の星たちが輝いています


さて 奥飛騨の紅葉は 徐々に終わりを告げているようで

日中 ハウス内から 空を見上げると 大きな大きな山々が ・・・

turn red

私たちに 季節を伝えてくれます

熱交換された循環水が 足下のコンクリートの中を グルグルと回り

骨材が熱と反応し 遠赤効果で 足下がポカポカ

ここだけは このハウスだけは まだまだ 南国チックな雰囲気を味わうことができます

本格的な冬が到来すれば 春をジッと待つ準備に入ります

そんな中 秋に花を咲かせ 唯一 越冬するイエロードラゴンが

ゆっくりゆっくりと 花芽を大きくさせています

11月に入れば 徐々に咲き始め 今年最後のドラゴンの開花となります

そして 来年は辰年 まさにドラゴンの年 昇り龍の如く 一気に上昇したいものです


夕方 外に出て 山間を見ると 夕焼けが一段と美しく感じられるようで

スカイブルー色の空が ゆっくりと オレンジ色に染まっていく様子に 

しばし時間を忘れ 見入ってしまいます

skyblue and orange 1

うん? どこかで見たような? そのコントラストは ・・・

あっ うちのパンフレットだ なんて思い出し笑いしてしまい 

frusic color 1

今更ながら そういうことだったんだと ・・・ 自分でデザインしながら

おかしなことを言い出している自分がいて 半分 天然なので いやいや ほとんど天然ですけど

ひっくり返せば ということで

fursic color 2

本当は 太陽と水なんかをイメージしていたんだけど この風景も美しくて好きだから

これもイメージです ということにしよう と 思いました(笑)


でも あまりにも美しすぎる風景を見ると なんだか もの悲しくなってしまうというか

見とれて 気づいたときには 心に隙間ができているというか

なんなんだろう この気持ちっていうことがあって ・・・ ありません? そういうの?

と 投げかけたところで そろそろ ブログ更新を終わります

 
交易文化
沖縄に来ている間 意外とニュースを見る時間があり

TPP問題など 推進派と反対派の意見を ふむふむと聞いていました


全国山羊サミットは 無事終了し 沖縄本島の南部と北部の農園をいくつか回り

それから 市場やお土産やさんなど 見て回りました

いくらで売られているのか とか どんな加工品が出回っているのかなども

ちゃんと この目で見ておきたかったから 買物を楽しむというよりは

調査団みたいな感じで 傍迷惑だったかもしれません 

運良く 那覇で産業祭が行われていて いろんな特産物を一気に見ることができ

とても良かったですし 沖縄のパワーや魅力を存分 味あわせていただきました

加えて 大学時代の友人が いろいろ案内してくれて 沖縄郷土料理を堪能することもでき

本当に 有意義な出張となりました ありがとうです


首里城を見学しながら 沖縄の歴史に触れ その立地から 交易によって栄えてきたことなどを

教科書ではなく 実際 沖縄の地に立って学ぶと 理解度が一気に高まるようです

shuri

友人の奥さんから 時間があったら 公設市場に行って 生ゴーヤージュースを飲んでみて

と 言われていましたので 帰る前 さっそく 行ってきました

お店に行くと 100%のゴーヤー それから リンゴなどを加えて飲み易いゴーヤージュースの2種類があり

迷いはしましたが ここでしか飲めないと思ったら 値段は倍近くしても

やっぱり 100%でしょ(笑) 別に 苦味は さほど気にならないし ・・・ と 思っていたら

goya-juice 100

想像通りと言うべきか 想像以上と言うべきか やっぱり 苦かった(笑)

何だろう 独特の青臭さもあり 苦味もあり ・・・ 

お店の人曰く 二日酔いのときに 飲みにくる人が多いとのこと

そのおかげか なんだか 体がリフレッシュされたようです


そこにしかないものに魅力を感じたり その地だからこそ 美味しく感じたり

ちょっと勇気を持って 挑戦してみたり ・・・ と

そこに 観光農業が成立していくヒントがあるのではないかと思いました

そう考えると 域内で生産 域内で加工 域内で販売していくことは とっても重要なことだと言えます

あとは 継続していく仕組みを確立していくこと

TPP問題で揺れる中 必ずしも 安いが勝ち残るという結果にならないこと

いっときは 勝ち残っても 価格競争を推し進めた先には ・・・ 

安いものが流れてきたら そこで どう対応していくか 現実 私たちのドラゴンやアセロラも

価格だけを見ると 他の国内産と比較して 高いわけですから

ここで 『 価格だけ 』 と 敢えて書いたのは 本来 価格は 総合的評価の結晶であり

総合的とは 質と量のバランスであります

となると 一般的に見えにくい 質をどう表現していくか ここが これからの課題だと思います


沖縄に行って 良かった

また 行きたいし もっともっと 知りたいって思いました


 
山羊サミット
久し振りに 飛行機に乗りました

初めての沖縄 どんなところなのか ・・・ テレビなどでは よく見るけれど

ガレッジセールのゴリの 『 ハブが出るよ 』 という台詞が 頭から離れない ( 笑 )

内地には マムシがいるよ なんて 1人つぶやいてみたり


とにかく 天候には恵まれてほしいと ・・・

飛行機から見る空は 何回見ても飽きない

雲が生き生きとしている

okinawa-sky

で 今回 沖縄に来るきっかけとなったのは 山羊

そう 山羊サミットが行われているから 沖縄に来ました

もちろん 昨日は 沖縄本島の南部と北部をレンタカーで移動

アセロラやドラゴン それから マンゴーを作っている農家さんを訪ねました

いろいろ話を聞いたり 栽培方法を見たりしました

明日は 産業祭にも顔を出し 沖縄文化を楽しんできます


全国的に 山羊さんの人気が高まっているようで

ただ 食肉という部分ではなく ペット感覚というのが実際のところかもしれませんが

今後 どうなっていくのか ・・・

しっかり ビジョン持って 継続していく方法を確立しなければと考えています

goat-frusic
 
今は 一緒に除草業務をする仲間だけど 将来的には 山羊乳を考えていますから

サミットでは いろんな立場からの考え方があるようで

ただ 私たちは あくまで 農業従事者として どう取組みを続けていくか

補助助成に頼らない 自立した形を作り上げていくのかを 常に試行錯誤して

地域農業のあり方を考えていきたいと思っています

熱帯果樹栽培が 今後もフルージックの基本であることは 変わりませんが

現場という立場から見た考え 実践している内容を しっかり情報発信していくことが

継続という観点からすると 決して 避けることはできないことだと考えています

もちろん 時代の流れや変化の中で どう対応していくかも 大きな課題だと思います


実は NHK沖縄さんが取材に来ていたらしく 私が本を買っている姿

それから 講演を聞いている姿など 夕方のニュースで流れたようで

昨日 訪れたアセロラ農家さん 沖縄出身の学生時代の友人から テレビに写っていたよ

連絡があり ・・・ 足を組んで聞いていたので 生意気そうに見えていたのでは?と

友人に尋ねたところ 笑っていたので 生意気に見えたんだなと 1人反省しているところです


とにかく 沖縄は 今も暑いですから

月曜 内地に戻って 奥飛騨行ったら ・・・ 体おかしくしてしまうかも

体調管理だけは しっかりしないと ・・・ とにかく 沖縄料理をたべまくって

元気にならなくては なんて 都合の良い 言い訳を考えているところです



紅葉狩り
さてさて 少しずつですが 奥飛騨の紅葉も楽しめるようになってきました

ロープウェイから きっと 素晴らしい景色を楽しめると思います

この時期になると サンセットロープウェイというのも登場しますので

ぜひぜひ 奥飛騨に来たら トライしてみてください


毎朝 毎夕 ハウスを見ながら バックの山々を見るのが日課ですが ・・・

今年は どんな紅葉が見れるのだろう そんなことを考えてみたりします

上の方では 徐々に始まっている様子 これから 紅葉狩りのシーズンとなります

turn red1

turn red2

紅葉狩りが楽しめるということは 朝晩の冷え込みが厳しくなったということ

暖かい服装で 遊びに来ていただければと思います

それから 温泉 大自然の中で入る 露天風呂 これもまた 何とも言えない良さがあり

特に この季節は 寒すぎず 熱すぎず 

紅葉狩りを楽しんだ後は 満天の星空を楽しむのも おすすめです

そんな奥飛騨の旅を もっともっと素晴らしくするには ご当地グルメ

ドラゴンフルーツ食べ比べ ドラゴンソフトは もちろん おすすめです(笑)

お土産に ドラゴンジャム これは 欠かせないアイテムです!


さて 明日から 4日間 沖縄に行ってきます

全国山羊サミット という催しがあり ・・・ 会員ということで 顔を出してきます

いろんな情報も知りたいし それから 沖縄の農園にも いくつか 訪問してくる予定です

それから 大学卒業以来会っていなかった 大学時代の友人にも会えるので とても楽しみ

正直 4日も農園から離れるので 少々 不安もありますが ・・・

来年 再来年 もっともっと先を見据えて しっかりとした ビジョンを作っていくためにも

どうしても 訪れたかった沖縄へ行きます

海のない岐阜県 海に囲まれた沖縄県

雪が降る岐阜県 雪が降らない沖縄県

素晴らしい沖縄を 五感モード全開で 感じまくってこようと思っています

 
さすがに
昨日 今日 JAひだ主催の農業祭が 高山でありました

とても活気ある祭り 私たちフルージックも 毎年 参加させていただいております

美濃加茂にも農園がある 私たちは この時期 美濃加茂で採れる 栗と銀杏も販売します

もちろん 奥飛騨ドラゴン(奥飛騨産ドラゴンフルーツ)も

旬ということで 毎年 栗と銀杏は 売切れてしまいます 感謝感謝!

ここのところ 奥飛騨と美濃加茂を行ったり来たり

さっき 美濃加茂に戻ってきたところ 明日は 高山市役所の会議に参加しなければならず

資料を作って 再び 高山入りです で 夜には 奥飛騨に入り

翌日 午前には 打ち合わせがあるので それをしてから 再度 美濃加茂へ

美濃加茂市役所で打ち合わせがあり ・・・ 翌日には 沖縄へ ・・・ (笑)

さすがに ・・・ 疲れてきたのか 耳が痛い

耳かきのしすぎかも(笑)

でも 奥飛騨と美濃加茂 標高差があるので 行ったり来たりは 耳にくるようです

疲れたとは あまり言いたくない性質ですが さすがに ・・・


う~ん いやいや 頑張らねば そうそう 楽しく楽しく 笑って笑って

でも 心の扉は ・・・ こんな感じ 

leave me alone

Leave me alone ...

忙しいことは ありがたいこと 誰にも声かけられないことを考えれば

農業に挑戦していた(今でも)駆け出しのころ 全く 声もかけられなかったことを思い出せば

どんなに忙しくても どんなに追い詰められても とっても幸せに感じます

認めれるために農業しているわけでもないし 認められるために生きているのでもない

ただ モノゴトは単純 この世に生まれたのなら 楽しく生きたい

それには まず 自分自身を信じなきゃ 自分自身を好きにならなくては

暑苦しいって言われても お構いなし それぐらいでいこう!


でも 今夜は ・・・ 寝床に入ったハナ(山羊さん)の気分です(笑)

月虹?...月暈
昨夜 不思議な現象に出会いました

そう 満月の夜でした

いつものように 受粉をして 夜空を眺めに 外に出てみると

星が見えないほど 眩いばかりの月光が 奥飛騨の山々を照らしていました

okuhida fullmoon

お月さんの左には 金星が輝いてて 本当に美しい 秋の夜空だと思っていたら ・・・

なんやら ぼんやりと お月さんの周りが ・・・ ん?

虹? 夜に虹なんて見える? なんて 思いながら ずっと眺めていると

だんだん 色濃くなっていきました

さっそく カメラを持ち出し 何枚か写してみたものの カメラの性能なのか

私の腕が悪いのか ・・・ 上手に写すことはできず 

それにしても お月さんを囲うように 丸い虹が ・・・ 

大きすぎて 虹の全体を写すことはできませんでしたが

moonbow

少し シャッターを開けた状態?で 撮ってみたものの 

やっぱり この目で見た情景ほどではなく ・・・ それにしても 綺麗でした

さっそく ネットで調べてみると 月暈 ( つきがさ )とか 白虹 というらしい

月虹というものだったら これを見たものに幸せが訪れる なんて ウィキペディアに書かれてあったから

1人 月虹だと言い聞かせ( 笑 )・・・

なんだか 嬉しくなってしまって なかなか 寝付くことができませんでした ( 笑 )


本当に美しい光景でした


そろそろ
今夜は満月 夜空は とっても明るいです

奥飛騨は 少しずつ 紅葉が始まってきたようで そろそろ 紅葉狩りのシーズンに突入

短い秋が 足早に去っていけば 本格的な冬の到来となります


さてさて 好評だったアセロラ狩り

今年は そろそろ終了となります

何とか 10月いっぱいまでは 出来るかもしれませんが ・・・ 何とも言えません

電話などで 連絡いただければと思います

そういえば 岐阜県の動画サイト グービーにて アセロラ狩り 第2弾が完成したようです

時間があれば ぜひ 見てみてください

私たちは フロリダスウィートという甘味系の品種を栽培しています

基本 生の味を知っていただくことに力を置いていますので

生のアセロラ あるいは 冷凍アセロラ(実のまま)を 出荷しています

中でも 深紅色になった 超完熟状態では 日持ちの関係上 出荷しないため

その場で食べていただくことを 少しずつではありますが アセロラ狩りという形でスタートさせています

ただ 出荷用に栽培しているため アセロラ狩りがいつもできるとは限らず

加えて いつも実がなっている状態でもないため 要予約という お客さまにとっては

煩わしい形となっていますが どうか ご理解していただければと思っています

一応 来年もアセロラ狩りをやる予定としていますので 興味がある方は

ぜひ トライしていただければ 生産者として 嬉しい限りです

10月まで 何とか 生アセロラの生産はできると思いますが

その後 お礼肥をして 越冬の準備に入ります

暖かくなるぞっと 何となく そんなふうに感じる日がきたら 思い切って 剪定作業に入ります


そろそろ アセロラ狩りの終了 スノータイヤの準備 などなど

この時期は そろそろ が 多いように感じます(笑)



 
笑える
とってもいい天気 ・・・ 今日も朝から 栗と銀杏拾いからスタート

高山では 秋のお祭り 世の中 3連休 ・・・ 連休だろうが 何だろうが

私にとっては 何も変わらない1日です

といっても 遊びに行きたいって思うことはなく ・・・

ただ たまに青空見上げて スーッと伸びていく 飛行機雲を見つけると

海外行きたいなって いろんな食文化に触れたいなって思います


さてさて 先日 アセロラ100と一緒に送られてきたもの ・・・ それは

『 ドラゴンフルーツのファブリーズ 』

はっきり言って ウケて笑ってしまいました

何でもありだなって ・・・ で 画像がこれ

dragon?

ネットでも販売しているから 知っている人はいるだろうけど

で ドラゴンの香りは ・・・ 深く追求しないことです(笑)

でも イメージだから 私は好きです こういうの かなり ウケました

たしか ニューヨーク発のビタミンウォーター ドラゴンフルーツもあって

それには パワーって書いてあるのだけど ・・・ そもそも ドラゴンフルーツの栄養価は

食物繊維とかカリウムであって イメージ的には パワーではないと思うんです

ただ 赤のイメージで エネルギッシュだと言うのであれば そうなのかもしれないけれど

体に入るもので 栄養価など誤解を招くものは 生産者として好きでない というのが本音


まっ 生産者だから 口に入る・入らないが 1つの基準になるのかも

だけど 自由な発想があるってことは 素晴らしいことだし 楽しくなるから ・・・

で このドラゴンフルーツのファブリーズ ドラゴンの香りとは かけ離れていると思うけど

十分 いい香りがします ・・・ ただ 誤解はして欲しくないけれどね

正直 何でも 売れればいいっていう考え方は 嫌いだけど

それでも みんなに知っていただける機会を得ることは とても大切なこと

そんな中で 生産者として 本物を追求し 押付けるのではなく 

やんわりと 上手に 情報発信して 知っていただければと思います


偉そうに ウンチク書きましたが 長く続けていく秘訣は 笑えることだと思っていますから

なんか矛盾しているようで ・・・ すみません

 

 
高山祭りと食べ比べ
やばい ヤバイ 満腹中枢がイカれたみたい どれだけでも食べられる

やっぱり 冬に向かって 太っていくのか ・・・ (笑)

これでは 熊になる 太って痩せて 10㌔の増減 ・・・ 冬眠しないんだけど


で? いよいよ 週末 秋の高山祭り 天気も良さそうだし 良かった良かった

奥飛騨の紅葉は まだ 見頃ではないけど 高山祭りに来たのなら

奥飛騨の温泉に入りに来てください お待ちしております ・・・

ていうか 私たちは お風呂屋さんではないのですが 

それでも せっかく 高山まで足を運んでいただけたなら いろいろ探索してみてください

ついでに フルージックにもお立ち寄り下さい

お勧めは いろんな種類のドラゴンフルーツ食べ比べ これは トライする価値あり

自分たちで栽培しているのだから 良い悪いは よく分かっています

で 今のドラゴンは いい味しています

甘さもあり ジューシーで いろんな色もそろっていますから

many dragon

many dragon2

きれいでしょ 

1皿(2~3人用)1600円 その時 収穫できるドラゴンを出すので

この画像と全く同じというわけではありませんが とにかく 奥飛騨に来たら 絶対に食べてみて

これでマズいって言われたら 返す言葉ありません というぐらい 

もちろん 味覚はそれぞれ 押しつけするわけにはいきませんが それでも 

他のドラゴンと比較して 明らかに味は違います もちろん 見た目も

私の正直な意見として 今年は 少しばかり甘さが強く出てしまったようで ・・・

もう少し 酸味が残るドラゴンもあっていいのかな?って 

酸味と甘みのバランス それでいて ジューシーさ フルーツ栽培は奥が深いです

それから 最後は 赤のドラゴンフルーツソースがかかった ドラゴンソフト

さっぱりとしたヨーグルトベースにドラゴンソース(ジャム)が グッド!


満足したところで 赤 白 紫 3種のドラゴンフルーツジャムをどうぞ なんて

かなり 宣伝してしまいました

とにかく ドラゴンの食べ比べ 絶対にお勧めです

この時期 寒暖差が より一層甘みを引き出していますから

ぜひぜひ 立ち寄ってください


朝晩 かなり冷え込みますので 暖かい格好で来てください




TPP
朝から すっきりとした晴れ 少々冷え込んだけど 気持ちの良い青空が

skysky

本当に気持ちの良い朝 !

明日から 天気が下り坂ということらしく ・・・ たまには 雨も必要だと言い聞かせ

それでも ここは観光地 雨降ってくれるなと思ってみたりしています


さてさて 今日は 料理研究家のしーちゃんから送られてきたモノが ・・・

2つあったのだけど その1つは 『アセロラ100』 という商品

もう1つは 次回に回すとして ・・・ この商品は 沖縄バヤリースという会社が販売しているモノ

私が アセロラを栽培していることもあり わざわざ送ってくれました

ありがとうございます

とにかく飲んでみることに ・・・ 

acerola100

ジュースの色は オレンジというか 加熱処理のせいか 少し茶色っぽさがあります

そう アセロラの果肉は イエローオレンジなのです

だから 赤色のジュースは ・・・ ただ 完熟してたりすれば 赤に近くなります

例えば 私たちの アセロラ生ジュース の場合 朱色で赤に近いでしょ

製造の仕方も左右されるだろうけど ・・・ ちなみに 私たちのアセロラゼリーもオレンジ色です

とにかく 飲んでみることに 

確かに アセロラです アセロラの風味もありますし

私たちのアセロラジュース(市販していない)とは 多少 味は異なりますが

品種が違うので 当然と言えば当然ですね 

少しピーチっぽい香りがするかな?と 個人的に思ってしまいますが それは 果肉由来なのかな?

販売価格は 600円ぐらいなようで ・・・

1㌔のアセロラから 約6割果汁がとれて こしたりすると ・・・ 結局 約500mlぐらい

で アセロラ1㌔(生出荷用)収穫するのに1時間かかり 加工用でも 結構時間かかるし

沖縄の知人(アセロラ農家)から アセロラの相場を教えてもらっているから 

この販売価格は はっきり言って 農家泣かせ です

もちろん 買ってくれるお客さまがいて 商売は成り立つので それはそれ

ちなみに 原材料は 台湾と沖縄って書かれていました

まっ 来週 沖縄に行く予定があるから いろいろ見て 話を聞いてこよう


農家も生計が立てられるよう 努力しなければいけない

そうしなければ どんどん質が落ちて 質が落ちれば 買い叩かれる要素となってしまう

偉そうなこと言えないけど 農家として 作り手としてのプライド持たなくては


ちょっと違うけど TTP問題ということは こういうことだろう考えてしまいました

価格差 その価格差をどう埋めていくのか

数字的には 決して埋めることが出来ないものを どうカバーしていくか

大げさだけど 国内農業の生きるかどうかの問題だと思います

頭ひねって 知恵振り絞って お客さまが満足するように頑張らなければと思います

すっきりした1日がスタートしたと思ったら また1つ考えることが増えてしまって

まっ ドMな私には これぐらいがいいのでしょうけど(笑)



秋の日課
随分と冷え込みが厳しくなってきました

美濃加茂でも 最低12度ぐらい? 早朝は とても肌寒いです

それでも 日中は25度を超え ハウス内もポカポカ 下手すると熱くなり過ぎて

手動ハウスだと温度調整に 走り回ります


さて 寒暖差が生まれると 秋の味覚のシーズンとなります

フルージックの農園では 栗 それから 銀杏 毎朝 拾うのが日課となっております

栗や銀杏を拾いながら 差し込む暖かい朝日を浴びながら ゆっくりと1日がスタートします

たわわに成った銀杏たち 青々していた実が 徐々に黄金色に

autum 1

このころから 少しずつ 独特の香りがしてきます

よく見ると 双子の銀杏の実も落ちています 見つけると 何となく ニヤニヤしてしまいます

autum 2

秋風に揺られて 熟した実から 少しずつ落ちていきます

そして 肌が弱いとかぶれてしまうので ゴム手をしたり 挟んで取ったりします

ふと 視線を上げると ヤギさんたちが ・・・

autum 3

毎日毎日 やることが多く なかなか終わらない現実を 少しだけ 忘れさせてくれるようで

ニヤニヤって してしまいます(笑)

twins 5

双子の銀杏見つけて また ニヤニヤ 

今日は朝から ニヤニヤの1日でした


明日からは 奥飛騨です イエロードラゴンが咲き始めています!

これ な~んだ?
What is this ?

これ な~んだっ?

パッと見て 分かるかなっ?

答えは 栗 正確に言えば 毬栗です


そう 今日から10月に突入しました すっかり秋です

秋の味覚 盛りだくさん ・・・ 太ってしまいます ・・・ トホホ

というか 毎年 この時期から 太り始めますので ・・・ 10キロほど(笑)

ていうか すでに 4キロほど太り始めています(笑)

よくブログに書くのですが 夏と冬では 体重が10キロほど違うので

春から夏前にかけて 10キロほど痩せ 秋から冬にかけて 10キロほど増えます

冬 太った方が風邪ひきにくい 皮下脂肪たっぷりだし と言い訳しながら

本当の理由は なんか 秋になると むしょうにご飯が進むのです

しょうがないさっ 秋の味覚は たっぷりあるし


フルージックでも 栗 銀杏 それから ハツシモ(お米) などなど 

もちろん アセロラ ドラゴンフルーツ 寒暖差で甘味も上昇!


でも 今年 迷っています 太るのを ・・・ というのも 以前と比較して

体重を落とすのに 時間がかかったからです

年取ったせいで 代謝が落ちてきたせいでしょうか ・・・ 厳しすぎる現実

でもさっ 美味しいもの前にして 箸は止まらないよ

お米だった なんだか つやつや光っているし 焼きサンマだって 焦げ目ジュワッと脂出しているし

そうそう 朝 農園行くと パンパンに張った栗が落ちているしね

まっ 食欲の秋には かないません ということです


では では