プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
締めくくり
あと数時間で 紅白が始まって 新年がスタートします

昨日 沖縄出身で 大学時代の友人から ソーキそばが届きました

我が家では 毎年の年越しそばを実家で食べることになっているので

今年は 間違いなく ソーキそばになります

大好きなので 無茶苦茶嬉しかった ありがとう~!!!


昨日 奥飛騨へ最後の営業をしてきました

今日は 朝から美濃加茂で作業をしています

今年は 何といっても 東北の震災が全てでした

1人の農家として どう 地域で生きていくか 人生半ばに差し掛かり

いろんなことを考えるようになり 理想と現実の間の中で 本当にいろいろ考えました

いまだに結論は出ないものの やれることから1つずつ 実践していこうって決めた

そんな矢先の震災でした 全ての歯車が狂っていくような それでも

それでも 毎朝 日は昇り 夕方になれば 日は沈んでいきます

夏になれば 暑くなり 冬になれば 寒くなり ・・・

人の心だけが あたかも 時間が止まったかのように感じています

それでも 生きていくこと 再び 地球の流れ 宇宙の時間に合わせていくこと

焦らず ゆっくりと そして 必要とあれば 軌道修正しながら 歩んでいかなければと思います


震災前から計画し 協力を得て 温泉排水と目の前の排水を利用した発電をスタートしました

許可申請は 震災前 許可が下りたのは 震災後でした

water-power

1年間の実験という形でスタートしました

来年以降継続するかどうか まだ 結論は出していませんが

とりあえず 1年間のデータを集積して その後 どういった改良が必要なのか

農家の立場から 強いて云えば 観光地農家として メリットとデメリットをまとめていきたい

震災後 発電することが注目されるようになり 法規制などの問題がクローズアップされています

法規制だけが問題ではなく 法を変えるだけの意見が出ていなかったことが背景にあり

今更 電気がない生活は想像できないけれど それでも 地域全体を考えて計画していくこと

バランス良く メリットとデメリットを話し合っていく必要があると思います

さらに云えば 地方と都市部では 電力消費量が違うわけで 

日本国全体と考えれば ちゃんと 地方と都市部も話し合わなければと思います

私は 今のよくある実験という形が嫌いです

実験していくことは 大切で必要ですが それは あくまで実践を目指してのこと

予算がついたから また1年できます なんていうのは やっぱり嫌い

理想論言っているかもしれないけれど そんなの本末転倒だと思うから

自分たちがどうしたいか それをすることで どうなるのか

だから やるんだという強い意識が必要で 資金は自分で調達する

補助や助成だって使えばいい だけど その先の経費は自分たちで賄い 自立して当たり前

今のままのやり方は 将来の子供たちの負担になると思います

脱原発 私もその1人 だけど それに向かうには 長いビジョンが必要

だけど いろんな考え方があって いろんな行動の仕方があります

だから メリットやデメリットなどなど しっかり話し合う必要があるんでしょう

有識者という中に 現場の人間がいること そういう時代になってほしいです


奥飛騨のドラゴンフルーツハウス イエロードラゴンの蕾が大きくなっています

2012-1.1?

通常 9月の終わりから11月の初めで 開花は終わるのだけど

どういうわけか 2つだけ

来年が辰年ということで ひょっとしたら このまま今夜咲き 1月1日を迎えます

それとも 1月1日に咲くのか いずれにせよ 新年を祝っているようで

とても 嬉しいです

年末 剪定作業を終え 年明け 少しずつ作業を開始します

例年通り 3月末頃にイエローの収穫が始まればと考えております

そして 2012年は ナイトツアーに力を入れていきます

ドラゴンの大輪の魅力 もっともっと知っていただきたく 市内の旅行業者さんと協力して

高山市内からもバスが出るように そんなオプショナルツアーも考えております

開花あって ドラゴンフルーツが実るのですから その花を見て欲しいです


美濃加茂のアセロラハウス 今年から 本格的にアセロラ狩りをしました

年末から 少しずつ剪定作業をしてきました

acerola house

思い切って 太い枝も切りました

中に十分 陽が差し込むようにって願いながら

アセロラの新芽は 本当に成長が早く 春先には もう一度やらなければなりません

今の温度設定は 最低で5度を切るかどうか 化石燃料も極力使用しないように心掛けています

いずれ 化石燃料を一切使用しない仕組みに変えていく予定です


それから 銀杏畑にいる 山羊さんたち

2頭から11頭 一気に増えました 奥飛騨に行っていると なぜか 増えている(笑)

fursic yagi

今年は 恵まれたことに 美濃加茂市のお仕事を頂き 除草作業をしました

社会実験という形からスタートし 結果 契約に至り 本当に嬉しかったです

来年もしっかり 期待にお応えできるよう しっかり頑張ってと思っています

1年 ずっと山羊さんたちと接していると いろんな問題点も見えてきます

メリットとデメリット デメリットをどこでカバーするか いろんな知恵を振り絞って

事業として しっかり継続できるよう 頑張っていきたいです


長くなりました

今年1年 ありがとうございました

来年 さらにパワーアップした農業企業にすべく 精進します

作る生産現場を大切にし 地域の方々と連携して 必要とされる農業企業を目指します

2012年 よろしくお願い致します

FRUSIC代表 渡辺祥二


 


 
スポンサーサイト
年の瀬
もう~ い~くつね~ると おしょおが~つ~

12月は 本当に早い早い

今日は 朝からずっと 美濃加茂の事務所と美濃加茂のハウスを行ったり来たり

美濃加茂の支店は 私の実家 なので 今日は朝から賑やかでした

朝から 3家族分の餅作り

もちろん 餅つきではなく 機械ですけど


そういえば 昔は ウスで餅ついていたんだよなって 懐かしい思い出が ・・・

鏡餅も手作り 熱い熱いって 大人たちが騒いでいたっけ

私も30日には 奥飛騨と美濃加茂のハウスに行って 鏡餅飾らなきゃ

今年1年ありがとう それから 来年もよろしくって

父の兄弟は じぃちゃん家を囲んで みんな近くに住んでいたから

正月になると 従兄弟も集まる 本当に賑やかでした

大晦日から集まり 朝までっていう感じが続き 従兄弟で雑魚寝するといった

まるで テレビの大家族の世界でした

ドラゴンでいうと こんな感じになるのかな?

brothers

この年になると 従兄弟が集まるっていうことはないけれど

それでも 今思うと 楽しかったなって

当時は 過去が短く 未来の方が長かった

今はどうなんだろう? 同じぐらいなのかな? それとも 未来の方が短くなっている?

そんなこと考えると 随分と年を重ねてきたなって ・・・

農業を始めようと決意できたきっかけも 今はいない 同級生の言葉

『 何のために生まれてきたのか 』 その答えは まだまだ分からない

どこがゴールで どこが目的なのか そんなことではなく 先を見据えて

今できることを頑張り 少しでも 明るく有意義な未来のために 歩んでいこうと思う


本当に いろんなことがあった1年でした

ありすぎて 自分自身を見失いそうなぐらい 衝撃的な1年でした

まずは 足元しっかり固めて 背伸びせず 

ある意味 来年が本当の意味での正念場 辰年が追い風になってくれればと思います

強く さらに強く 自分自身が歩んできた道を信じ これからも 真っ直ぐ突き進みたい

過去は過去 未来は未来 今をしっかり意識すれば 過去も未来も今の自分次第なんだから

結局 今の自分を信じるっていうことなんだと思う

 

crystal
美濃加茂でも初雪 まさに ホワイトクリマス

我が家でも クリスマス会は行われました

1年を振り返ってみて 記念日とか誕生日とかいうものは 私は不在が多かった

日にちをズらすか そんな感じでした

クリスマスに関しては 娘に約束させられていたので ・・・ 

私の帰宅が遅くなれば 寝るのが遅くなり サンタが来てくれないと

夕方から 何度も何度も 『 帰って来て 』 電話が鳴り響く

『 もうそろそろ 』 から 『 今出るところ 』 と 何度か ごまかしごまかしの返答

何とか 家に帰ると 暖かい空間があることに なんだか目頭が熱くなり

来年も頑張らなければと 楽しくも厳しい現実 心の中で農業への想いが強くなっていく

snowy crystal

規則正しい配列を持つ 『 結晶 』

生きていくということは そういうことなのか

私は どうなんだろう? 私は よく変わっていると言われるが ・・・

ひょっとして 『 結晶 』 ではなく 『 アモルファス:非晶質 』 なのだろうか

いやいや 日々やることは違えども ある意味ルーティーンな毎日を考えれば

やはり 私も 『 結晶体 』 なのだと思う


今年1年があったように 来年も 必ず1年がくる

そして その次も その次の次も ずっとずっと 地球があって 太陽や月がある限り

ずっとずっと 小さく変化しながらも 続いていくだろう

いつか 自分がいなくなっても 自分がいたという何かは 残っているはず

その何かを求めて 人は生きていくのだろう

そして 何かは 決して見つかるものでない なぜなら

何かとは 感じることだから 心から 感じるものだから

強く感じれば 強く意識すれば 生きがいが見つかり 生の意味も理解するはず


大きく見れば 宇宙という大きな大きなところから見れば

私も 規則正しく 大地に整列している 1人の人間という結晶体なのかもしれない

だから 少々 人と違っていようとも ワガママ言ったところで

さほど 大したことではないのかもしれない 

だったら 思うように したいように 肩の力を抜いて 生きていきたい

もちろん 規則正しく整列するには ルールというものはあるから 


さて 何とか 年賀状を書き終えました 投函いたしました

明日からは 別の作業に入ります 頑張りますよ!

 
淡い色
奥飛騨は 雪が降っています

現在 ハウス内は16度 ・・・ 外気温と20度ぐらいの差があります

どうやら 寒波がやってきているらしく 

ホワイトクリスマスにはうってつけかもしれませんが そう若くない私にとって

学生時代のような ワクワク感はないんだなぁ ・・・ 残念ながら(笑)

プレゼントもあげる方であって サンタとして あと どれくらいいられるのか

そろそろ サンタは家の人だと 気付き始めていて ・・・ 

いやいや もう 知っているんだろうけど ・・・

でもね 親ごころとしては もう少し楽しみたいもの

成長を見届けるのは嬉しいけれど ある意味 寂しくもなるものなんだよね

サンタになれるんだから それだけで恵まれている だから 贅沢言ったらバチが当たる


さてさて 師走に入って バタバタとしていてという理由で ブログ更新が滞っております

年賀状の絵面はどうするか ・・・ 来年 辰年だから 余計に悩みます

トロピカルな とても際だった色も鮮やかだけど

淡い色も素敵だと いろんなドラゴンの写真撮りながら 1人呟いています

dragon year 2012

ツイッターではなく ホントのつぶやきです

まっ つぶやきシローのようなオチもなければ 面白みもないけど

赤く染まる前の黄緑色をした ドラゴンフルーツ

深い緑ではなく 淡い緑色が 心落ち着かせてくれるようで

手にすると ホッとするというか 自然と口元がゆるみます

ちょうど への字口なので アヒル口とまではいかないまでも(笑)

で 奥のドラゴンは 今 一生懸命研究している オレンジ色のドラゴンです

完熟すると 表皮がオレンジ色で 果肉は薄い紫色をしています

肝心の味は 甘いです 甘くて美味しいという人が大半を占めます

イエロー同様 ヴードゥー同様 しっかりとした甘みがあり 甘みに関しては それ以上かも

真っ赤っかのドラゴンも美しいけど 淡いオレンジ色も美しいです

これまた ホッとする色合いです

そういえば 今 私が着ているフリースもオレンジ色

娘の学校では 私のことオレンジと言っているようで ・・・ 気がつけば

オレンジ色の上着が多いかも といっても 2着だけどね(笑)

言い換えれば 選ぶ服がないということ 

でも 色って大切 感じ方次第なんだろうけど 寒い季節に暖色系を着ていると

ほど良く ポジティブになるというか そんな感じ

それだけ 気持ちだけでは グイグイ行けない年になったということでしょうか(笑)


来年は辰年 ドラゴンの年

いろんな意味で いろんなこと考えて それでも 原点の栽培を見失うことなく

頑張っていきたいですね

適当にという言葉が適していないかもしれないけれど ある意味 淡い色で行こうと

そんなふうに思っています

『 ある意味 』 という言葉が どこにかかっているかは謎だけど(笑)

まっ そういうことです







着実に
40過ぎたんだから 急がなくちゃって思うことあり

とはいえ 形にしていくには ゆっくり少しずつ

焦る気持ち ないなんて言い切れないど それでも 着実に積重ねていきたい

頭の中を整理して 来年を見通し 同時に3年後 5年後も視野に入れる

うまく流れに乗れば 早まるだけ それでも 嫌な予感したら 1歩も2歩も引く

引くことは撤退ではなく もう1度 冷静に振り返ってみたり

時には 原点に戻り より良い方法を見つけ出すこと

そりゃ ドラマのように 2時間映画のようになればいいなって思うけど

でも いろいろ考えられること 考えながら進めていけること

何より しっかり生きていられることが 嬉しいし楽しい


さてさて ようやく 動画がアップされました

ありがとうです めちゃめちゃ嬉しいです

さくら広場 山羊さんによる除草作業

ぜひ 見てみて下さい

私たちは 美濃加茂市から委託されているので お話は市役所の方です

こうして 地域で何ができるか 民間の知恵を活かしながら 行政と協力していく

限られた財政の中で 企業も考える そういう時代になってきたのかもしれません

正直なところ 委託業務の金額は厳しいところです

それでも 企業の方向性だったり 地域の中で何ができるかを考えれば

そして 継続を視野に入れたとき 将来 何年か後に山羊さんたちのミルクができ

地元加工所との連携で 商品化に結びつけ 委託業務の厳しさを挽回していくのが 民間の知恵です

そういう意味で 今こそ 行政と民間 お互い歩み寄り 真の信頼関係を築くときだと考えます

何より 委託業務となれば 市民の皆さまのお金でもあります

私たち自信 そういう意識を持つことは言うまでもありません

良かったって言われるような結果を 着実に積み上げていく

それが 私たちフルージックが求めるところです


焦らず 着実につなげていく ダメだったなんて言わないようしなくては


明日から 高山 → 奥飛騨です

それから 私事ですが 明日の夕方 地元岐阜テレビで生出演させていただきます

5時15分ぐらいから45分ぐらいの間?かな

もう少し痩せようって思っていたのですが ・・・ 無理でした(笑)


ちがい
昨日 奥飛騨から美濃加茂へ移動しました

で 今日は朝から美濃加茂で せっせと仕事をしていました

平湯峠の路面は 本格的な冬ではないものの 事故がないよう 塩カリまいています

いつもなら 美濃加茂に到着したと同時に 車を洗うのですが

さすがに 車中はポカポカ 美濃加茂との温度の違いに ・・・

でも 雪道走ると やっぱり汚くなるようで 洗いました


pokapoka


今週は 本格的な寒波がやってくる なんて言われているし

クリスマス周辺も どうやら寒い寒い 雪が降る雪が降るなんて言われているし

奥飛騨へ来る予定がある人は スノータイヤ チェーンなど冬装備で!

もちろん 道路上は 地元建設業の方々がしっかり融雪作業をしていますので

それでも いつもより ゆっくりと運転して下さい


さてさて この時期は 本当にあっという間

あっ 年賀状もまだだ ・・・ ヤバイヤバイっていう感じ

どの写真を使おうか ・・・ ドラゴンだけに悩みます(笑)



カシオペアの丘で
今 奥飛騨のハウスの中

今年1番の冷え込み ハウス内は 現在15度

外気温は マイナス4度

明日の明け方は もう少し下がっていることと思います

さっき 温泉に入り 体を温めてきたつもりなんだけど 

徐々にポカポカ感が奪われていくのを感じ キーボードを打つ指先は冷たくなっています


あ~ 本当に冬が来てしまったな 今更だけど

朝 目覚めると あたりはまだまだ薄暗く 午前9時になっても

雪雲のせいか なかなか明るくならない そんな気がしました

雪化粧をした山々が なんだか 迫ってくるようで ・・・ 

あたりを見回していると

四季桜とも 冬桜ともいう 小さな桜の花が咲いていました

winter cherry

3ヶ月前までは まだまだ 暑かったんだよな~ なんて思ってみたり

あと少しで 新しい年 そう また1つ年を取るんだと思うと

なんだか 寂しさを感じてしまったり

あと どれくらい生きられるんだろう なんて 考えてみたり

この世に 生を受けた以上

これから 何をしていくのだろう まだまだ 何を求められているんだろう

何をするために 今を生きているんだろう なんて 

急に 哲学っぽく考えてしまったり ・・・ 冬のせいなのか ・・・

いやいや 1年の締めくくりの月だから 1年を振り返ることが多いからなのか


それに ・・・ うん そうだ

『 カシオペアの丘で 』 という小説を読んだせいだろう ・・・ 多分そうだ

間違いない ・・・

内容は 重いという人もいるだろうけど 

それだけ 人は 重い想いを それぞれ持っているということだと

そして 人は それぞれ 決して 完璧だと言えない人生を歩み続けている

他人から見れば 羨ましく そして 完璧に思えるような生き方でも

それでも 悩みがある ・・・ 何より 価値観が違うのだから

比べることほど 愚かなことはないって 思ってしまう

だって みんな 自分が1番なのだから

でも 1人では生きていけない ・・・ 限られた時間の中で

人は 人と出会い 時間を分かち合いながら生きていくもの

だからこそ 喜んだり 怒ったり 哀しんだり 楽しいを思いっきり感じたりするんだと

自分が1番 というのは みんなみんなひっくるめて 1番なんだと

大事にしたい 全ての ・・・ 生きている時間を




ブレックファスト
昨日の夜 高山での催事から戻りました

今朝は 美濃加茂のハウスへ直行

久し振り?に 山羊さんたちの顔を見に行くと

あっちの方から ゾロゾロとやってきます

zorozoro

冬になると 雑草と呼ばれる草は勢いをなくし 山羊さんたちの食べものも減ってきます

さっそく 銀杏の畑の扉を開放します

大好きな銀杏の葉 山羊さんたちの朝ごはん 

そう ブレックファスト・タイムが始まります

breakfast

あまり水気があると嫌がるようで 霜露が降りた日は

乾いていそうなものを選んでは 食べていきます

銀杏畑の朝食 もうそろそろ終了といったところでしょうか

暖かい春の日差しを感じる3月までは 少し 地味な朝食時間になってしまいます

枯れ葉も好んで食べるので 近所の枯れ葉も収集しにいこうと思っています

奥飛騨も そろそろ本格的な冬となります

色鮮やかだった ドラゴンやアセロラの木々たちも 少しずつ地味になり

越冬する準備に入ります

考えてみれば こうして 収穫時期とそうでない時期のメリハリがあるからいいのかも

なんて いつもながら 都合の良い解釈をしています


山羊さんたちが いつも安定した朝食を食べられるよう 知恵振り絞らなきゃって

そう考える日となりました

マイホーム2
冬らしいって言えば 冬らしいのか

例年は もう少し晴れ間が多いような そんな気がします

ただ 奥飛騨で作業するようになって 飛騨と美濃では 天候は全く違うので

記憶も定かではありません 

私が奥飛騨にいるときは 美濃加茂で作業している仲間に美濃加茂の天候を聞き

美濃加茂で作業しているときは 奥飛騨で作業している仲間に奥飛騨の天候を聞きます

それが ここ数年の日課になってしまったような そんな気がします

今となっては 私のマイホームは2つ 2ヶ所になりました

岐阜県の北と南 行ったり来たり 龍の背のような41号線をひたすら走っています


小さな犬小屋 すっかり気に入ってしまった山羊のマロンちゃん

my home 1

落ち着くのか いろんな表情を見せてくれます

my home 2

何とも言えないぐらい かわいい表情を見せます

今のところ 私のマイホームは 眠る場所みたいな感じ

ゆっくりテレビを見たり いろいろ考えたり なんていうことはなくなってしまった

ついついこの間までは ・・・ それでも10年以上前になるかな

テレビゲームにはまっていた時代もあったりして ・・・ そう考えると

随分と生活パターンが変わってしまったような そんな気がします

どちらが良いとか悪いとか そういうことではなくて 

人は 目的が変わったり 環境が変わったりすると 意外とスパッと変えられるものだと

そういう意味では 農業に出会って良かったなっ 幸せだなって思います

これから もっともっと頑張って もう少しゆとりが生まれて

将来 マイホームでゆっくりできる時間を持てればいいなって そんなふうに思います


さて 明日明後日(土日)は 高山の陣屋前広場でイベントがあります

あいにく雨模様ですが DFQの試飲販売もします

ドラゴンフルーツジャムなども販売いたします

いろんな飛騨の特産が 若干お値打ちで販売されますので ぜひ 遊びに来て下さい

      
DFQ
来年は辰年 そう ドラゴンの年です

辰年を睨んでということで 新年に ドラゴンの赤白のジュースを飲んで

良い年を迎えていただければ そんなふうに思っています

昇り龍っていうことではないですが フルージックも右肩上がりを目指して

頑張っていきたい そんな想いも詰まっています

子供から大人まで 誰でも飲めるように 欲張りですが ・・・ ただ 嗜好品なので

フルージックのお土産の定番は 3種類のドラゴンフルーツジャム

まだまだ早いかもしれないけれど ようやく 定着し始めたように思います

それでいて 来年は辰年 いろんな想いがあって 今回のジュースの販売となりました


新聞など メディアの方々の協力で 情報発信させていただきました

彼らからの一言で ハッと気付かされることもあり

自分自身 腹が立つというか 情けないというか ・・・ 

いつの間にか 見えなくなってしまっているというか バランスというやつでしょうか ・・・

急遽 段取り変更というか 発売日まで 時間を空けておいたことが良かったです


さて 発売は 今月の16日(金) 友引の日です

奥飛騨に 友達たくさん引っ張ってきて そんな想いもあります(笑)

内容的に ドラゴンフルーツジュースと謳えないので ・・・ 悩みました

個人的には シンプルなデザインと思っていましたが 先月の催事に出ることで

まだまだ ドラゴンフルーツの認知度の低さ なぜ?奥飛騨で? ということもあり

リンゴやみかんのようにはいかない と ・・・ また コンビニで販売するのではなく

お土産売場ということであれば ラベルに情報を目一杯載せるのもありなのかな? 

旅行は 普段より時間に余裕があるし その地のものを探したり 人さまにあげるのなら

いろいろ考えた挙句 字ばっかりのラベルになりました

料理研究家のしーちゃんが描いてくれた ドラゴン君がほんわかさを出してくれていて

とっつきやすくなっていると思います

DFQ

ラベル屋さんには これでいいの?と 賛否両論があることは覚悟の上でしたが

買っていただくこと以上に 奥飛騨に来て このラベル読んでいただければ 嬉しいです

そうすれば 少しは頭の片隅にインプットされるでしょうし

時間はかかりますが じっくり 1歩ずつです 

だから この 『 奥飛騨ドラゴンDFQ 』 は 私たちの新たな営業マンなんです

そうそう ドラゴンのD フルーツのF それから クウォーターのQです

クウォーターとは25% つまり ドラゴンフルーツ果実を25%使用しているっていう意味です

世の中 AKBということで ・・・ 確かに ゴロ的に良いと思いましたが

私の世代は JFK ジョン F ケネディの映画ですから(笑)

阪神ファンは ジェフ 藤川 久保田 って言うでしょうが


地域があって 地域の特色を活かして 地域で販売するということは

いろんな考え方 やり方があると思います

まずは 知っていただくこと 手にとっていただくこと もちろん それだけでなく

買っていただいて 初めて 継続していくわけだから 理想だけではダメだけど

原価も上がってしまうけど 高山市の丹生川町の水 北アルプス山麓の湧水を利用して

フルージックが目指すところ 存在する意味 もう少し 理想を追いかけます

見返りを求めるのでなく 私がどうしたいか フルージックをどんな農業企業にしたいか

しっかり足元を見据えて 取組んでいかなければと思います


奥飛騨ドラゴンDFQ よろしくお願い致します

来年の新入社員です