FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
いのち
『 生まれたぞっ 』 親父からの電話

日に日に大きくなる ハナのお腹を見ながら ペルシャ(雄)と出会ってからの日を逆算しては

生まれてくるだろう日を予想していました

1月6日(金)には 奥飛騨へ行かなければならなかったので 前日も様子を見に

hana

私の中での予想は 1月下旬でした

ところが 奥飛騨へ行く当日 親父からの1本の電話

びっくりして 嬉しくて 急いで銀杏畑の山羊小屋に向かいました

そしたら 生まれたばかりの2頭の赤ちゃんが ようやく立ちはじめ

よたよた よたよたってしながら ・・・ お母さんになったハナに甘えていました

baby's1

baby's2

とっても愛くるしい表情 秒刻みに成長していくというか

分刻みに しっかりしていくというか いのちってすごいんだなって

当たり前のことだけど しばらく 見とれてしまっていました

今度は私の番? とばかりに部屋の回りには お産を控えたユキもずっと見守っていました

baby's3

寒くなるからと 横からの風が入らないように 回りにシートを張りました

だけど 翌朝 仲間から電話が鳴り ・・・ 1頭の調子が悪いと ・・・

どうやら ハナから離れた場所にいたらしく 体が冷えきっているとの連絡

すぐさま 隣接するアセロラのハウスの中に入れ 暖めましたが ・・・

お昼前に 息を引き取ったのこと ・・・ やるせない気持ち

農業参入を目指した頃 アセロラの苗を焼却処分せざる得なかった状況が

日焼けにより 苗が枯れてしまった状況が ・・・ 頭をよぎり 言葉を失い

電話では 『 しょうがないよ 』 と 人間の都合のいい言葉を発する自分がいて

ずいぶん勝手だなって 今に始まったわけでもないけど 勝手な解釈をする自分という人間が

本当に嫌になるというか ・・・ 全部が全部 上手くいくことはないと 分かっていても

それでも嫌になる ・・・ 生きるってことは そういうことなのかって

周りの人は こういう運命だったとか もともと弱かったとか 言ってくれるけど

それでも やっぱり どうにかならなかったのかと思ってしまう

それでも 立ち会った仲間や妻には 私は しょうがないよって繰り返すと思う

でも 心の中は晴れることはないだろうって分かっています

ずっとずっと忘れることはないと思います

1つ1つのいのち 植物だって動物だって同じ 生きているんだから

野菜だって 果物だって 生きているものを頂くのだから そう 生きるために

だったら どのいのちも意味のあるものにしたい 生きている意味をしっかり考えて

全てが納得 全てがうまく行くなんていうことはないけれど

それでも それでも それでも ・・・ 見つけたい

エゴなのは分かっている エゴだって言われても 

いろんな命もらって生きている以上 意味のある命にしたい


ごめん ハナ 一緒にいて 守れなかったよ

ごめん 名前すらつけてあげられなくて 本当にごめんなさい

もう1頭の赤ちゃん 大切に育てるから 大切に




スポンサーサイト