FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
旬 (しゅん)
今年の冬の寒さ 本当に厳しかったです

ただ 寒さに比例して雪が多かったわけではなく 逆に 雪が少なかったです

寒かった分 美濃加茂の保温カーテンも締めっぱなし 少し換気する程度に抑え

なるべく 日差しがなくなる夕方以降のハウス内温度を上げることに努めました

今年は イチゴなどの価格が2割程度 高くなっています

明らかに寒さの影響で ハウス内を温める重油代も上がっているのが原因です

価格は下げることは簡単でも 上げることは難しいと一般的に言われていますが

まさにその通りだと 私も思います

とはいえ しょうがないなんて言えないですから なんとか手を打たなければと思います


さて フロリダスウィートという品種のアセロラ 今年も順調に美濃加茂で育っています

『 旬はいつ? 』 なんていうことを よく聞かれますが

ドラゴンフルーツも含め 熱帯果樹に関しては 収穫時期が長いため とても難しい質問です ( 笑 )

だけど 生産者として伝えられることは 伝えます

夏の初めと夏の真っ只中 秋口と秋の終わり それから 一部 冬の時期にも収穫できますが

同じ品種であっても それぞれ味が違うことを伝えます

美味しいとかいうのは個人差がありますので その時期の特徴を伝えることにしています

日本には素晴らしい四季があり そのおかげで その時期にしか味わえない美味があります

『 旬 』 という言葉から連想されることは やはり季節感であると私は思います

熱帯果実は年中だから旬がない なんて言われる方もいますが それもそうでしょうが

それでも 私は それぞれの収穫時期の違いを説明しながら 旬を表現しようと思っています

それが トロピカルフルーツ栽培者としての責任だと たいそう大げさだけど思っています

収穫できる時期が 彼らにとって 果実たちにとって 『 旬 』 なわけですからね

人間もそう 若い時期は若いときの 『 旬 』 があり

少し大人になれば 大人になった魅力が備わり 人を魅了します

40を過ぎた私にも 今にしかない? 『 旬 』 があると信じていますし

さらに年を重ねれば 人生観などの重みを感じさせてくれるように それぞれの 『 旬 』 があると

まっ 屁理屈だとお叱りを受けるかもしれませんが ( 笑 )


今年は 10日ほど早く アセロラのつぼみを見つけることができました

acerola's buds

本来なら 最低気温を10度ほど確保できればと思うのですが

ここは焦らず じっくりと ・・・ プロ野球もオープン戦が始まったばかりですから

体力つけて 実践に向けて調整しながらです

早ければ 4月の中頃には 第1陣が収穫できるかもしれませんが 本格的に収穫が始まるのは

5月以降になると思います 5月も旬 6月も旬 7月 8月 9月 そして10月と旬は続きます

それぞれの特徴を説明しながら 収穫をしていきたいと思います





スポンサーサイト