FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
真のヒーロー
『 さわさわ 』 『 さわさわ 』 と ・・・

静まりかえったハウス内に響く音の正体は 雪

空から舞い降りてきた雪 天井に張られたビニールに着地する音なんです

電気を消し ハウス内の簡易ベッドに横たわり しばし眠りにつくまでの間

この 『 さわさわ 』 という音が 子守歌みたいなもの 

花粉 黄砂 どちらにしても いつもより 早く夢の中へ ・・・

朝から雪が降っていたと思ったら 突然 晴れ間が広がり ハウス内の温度は急上昇

おぅ おぅ イエローの熟しが早くなる なんて喜んだものの 再び 雪雲が現れてしまい

結局 ずっと雪でした

2012.3.25

今日は 宮城県の石巻からの一行が訪れ 私は 温泉やドラゴンのことを説明しました

震災後 東北からの団体さまは 初めてのこと

どう言えばいいのやら 正直 適当な言葉すら見つからず ・・・

結局 私は 1人の農家 岐阜で農業をしている1人であって 農業しかないのです

だから 言葉を選ばず ただひたすら ドラゴンのことを伝えました

被災した方々から見れば 言葉を選ぼうとする私の行為すら 自己満足に過ぎず ・・・

それでも 帰り際 ドラゴンのジャムを買って頂き ・・・ 

私も頑張って自立する農業を継続しますって 心の中で誓いました

何ができるか あの震災後 みんながそれぞれの立場で考えたことだと思います

立場が違えば 考え方も やり方も違います

だけど みんな良い方向に進んで欲しいと願っていることは同じ

だからこそ 難しいところがあるのかもしれないけれど それでも それでも

ただ漠然とした言葉になってしまうけど 良い方向に進んで欲しいと思います

忘れたい思い出もあれば ずっと焼き付けておきたい思い出もあります

それぞれの立場を尊重すること 押しつけをしないこと 

でも 時には 強引にこじ開ける力も必要なことかもしれないって

それが 真のヒーローなのかなって 1人考えています


今も 『 さわさわ 』 と ハウスに雪たちが次々に着地しています

ハウス内の温度で 融けてしまうのにね

樋を通り 側溝の中へ流れ込み 目の前の高原川に ・・・ やがて 海へ ・・・

真のヒーローは 空から舞い降りてくるのか ちゃんと着地してくれるように祈っています



スポンサーサイト