FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
今年のイエロー
毎年ですが 年の最初に収穫をするのは イエロードラゴン

春 = 桜 ではないですが ここ フルージックの 春 = イエローのシーズン到来という感じ

秋に花を咲かせ 厳しい冬を越し 熟していきます

中南米では 秋に花を咲かせると 2月ごろから収穫できるようですが

ここ奥飛騨というか 岐阜では 3月の後半にならなければ 十分な熟しは期待できません

つまり 開花から4ヶ月程度でいいものが 日本では5ヶ月から6ヶ月 ( 半年 )

それだけ 何かが足りていないということなんだと思います

つまり 自生していなかったということです 

だから 奥飛騨での栽培は無理があるということになるんでしょうが

私は それはそれ そういう考え方を意識しながら 何をプラスすればいいだろうか?

逆に 何か違う要素がプラスされることで もっと面白い発見があるのではないかだろか と

いろいろ考えてしまいます 

フロリダで初めて食べた イエローの味が忘れられなくて 

採算性が悪いことで栽培には反対されましたが だからこそ 輝くものがあると思っていますし

だからこそ しっかり情報発信すれば 感動していただける機会を得ることができるのでは

などなど 毎度毎度 屁理屈ばかりですが そう思い 取組んできました

で 2012年 そうそう 今年のイエローの出来はと言いますと

いいです! 過去を振り返っても 今年は その中でも1番の年ではないかと思っています

それぐらい マスカットのような風味が残っています

yelloe2012-4-1

念のため 糖度計で確認しました

yellow2012.4-2

19.2度 十分な数値です 満足です

価格が価格だけに 価値があるかどうか それは人それぞれですが 

ゴールデンウィーク中 奥飛騨へ来られることがありましたら 

ぜひ チャレンジしていただければ幸いです

ドラゴン ありがとうです
 
スポンサーサイト