プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
初めての感動
さて 岐阜高島屋さんでの催事 無事2日目が終了しました

今回は 宿泊せず 通っています

といっても 奥飛騨からではなく 美濃加茂からです

宿泊代もバカにならないし 片道1時間ほどで着くので それに

朝晩とアセロラのハウスの状態を見なければなりませんから

仲間の1人は ずっと奥飛騨にいます 観光地なので  ・・・ となると

美濃加茂の農園は 必然的に私が見ることになるのです

でも 8時には出発したいので 6時ぐらいにはハウスに行って 必要であれば水遣り

夜8時過ぎに帰ってくるので その後で 必要であれば 水遣りなどをします

事務所に帰ってきてから 事務処理をします

で 今はブログ更新という いわゆる逃避行動です

本当は やらねばならないことがあるのに ・・・ ブログ更新したらやります 多分

明日は アセロラを収穫して 催事に持って行く予定なので いつもより早起きします

やっぱり もぎたてのアセロラ果実を食べていただきたいので

発送する場合も その日に発送しますから

florida sweet 2005

2005年 初めて フロリダスウィートを収穫したときの写真です

手は まだ幼かったころの娘です

感動したなぁって 今では 想像するしか ・・・ 当時の感動は だんだん薄れてしまい

だから たまに見るんです 過去の写真を

催事にて 初めて アセロラやドラゴンを食べる方がいらっしゃいます

他と比較して 品種が違えども 初めて食べるのであれば やっぱり感動していただきたい

初めての感動を意識して 明日も しっかり売っていきたいと思います

それが 生産者であり 販売する人間の務めだと思っています


スポンサーサイト
明日はすっきり
今日の夕方 メーテレさんで 山羊さんの取組みが報道されました

いい感じで報道され 本当に良かったです

今日は 岐阜高島屋さんで 明日から始まる高山物産展の準備があって ・・・

何とか ワンセグで見ることができました ラッキーでした


さてさて 今日は ・・・ 朝から忙しくて ・・・ 朝の5時起き

なぜなら 午後から催事の準備に行かなければならなくて ・・・

なので 朝早くから アセロラハウスの水遣り ・・・ で すっ転んだわけです

左肩を強打 左人差し指も強打 痛いです でも 切ったところはなく 単なる打撲

何とか 午前中に水遣りなどを終わらせ 午後から 準備に出発

で 商品を陳列していたら 加工品の賞味期限シールが間違っていることを指摘され

超恥ずかしいというか してはいけない確認ミスをしてしまい ・・・

とにかく 販売する前で良かったです 本当に ・・・ 良かったです

それから 3回 何度も確認して 大丈夫を確認してから 事務所に帰ってきました

朝が早かったこともあり 催事は やっぱり緊張するというか 精神的に疲れるんでしょうね

事務所に帰ってきたら 車の中で お眠りしてしまい ・・・ 

で 極めつけは ドアを開けても ルームランプがつかない 切れてしまったわけです

今日は 3回 嫌なことがありました まっ これだけあればと思っています

本人 ポジティブな性格なので 明日からはすっきり 催事に望めるでしょう!


ちなみに 岐阜高島屋さんで1週間 ぜひ 遊びに来て下さい!

生アセロラも持っていきます イエロードラゴンも(小さくて高いけど)



 
個体差
今日は朝から 地元テレビ局さんからの取材がありました

山羊さんにスポットが当ったという 親心として とても嬉しいことでした

かわいく撮ってよ なんて思いながら ニヤニヤしていました(笑)


奥飛騨と美濃加茂の農園 ついこの間までは3人で 面倒見ていたのですが

3月より 仲間の1人が入院してしまい ・・・ 2人で ・・・

ドラゴンの花も咲き始め アセロラの花や実が ・・・ 剪定と水遣り ・・・

加えて 山羊さんと ・・・ それでいて 事務処理が ・・・ 終わらない

明後日からは 岐阜高島屋さんでの高山物産展 ・・・ ヤバイやばい 本当にやばい

ほんと どうしようっていう感じなんです とはいって 焦ってみたところで

何も変わらない 解決しないのです 残念ながら ・・・ 

夜遅く 朝早く 作業作業 そして モノも売る しっかり売る

プラス 来年 再来年の準備もする 欲張りだけど ・・・ それから 寝る ちゃんと寝る

データも取る 比較を忘れない ・・・ っていうことで イエローの個体差を ・・・

big yellow

small yellow

大きいものは300gをオーバー で 小さいものは150g程度

平均 200gぐらいかな? 今年のイエローの出来は 

本当は コンスタントに250gぐらいになってくれればと思っています

そりゃ 常時 300g超えになれば 嬉しいですが ・・・ それでも 

それでも デカければ良い ということではないしね


私の仕事は 大きくても 小さくても ちゃんと それなりの値段で売ること

それなりのっていう表現が いかにも曖昧で分かりづらいけど 要は 私たち農家が納得した価格

生活していける価格ということです

ガンバって ガンバって という感じです はい

初めてかも?
今日は 大学の校友会 ( 岐阜県支部 ) があり 参加してきました

大学卒業後 20年近く経っているのですが 実は 今回が2回目なんです

というのも あまり組織組織しているのは苦手な方でして ・・・ それに ・・・ 

自分の時間だけで精一杯というのが 本音です

実は 2年ほど前 地元新聞で 今のフルージックの取組みが紹介されたとき 自分自身の経歴が載り

それを見てくださった 大学の大先輩が 声をかけてくださったのです

奥飛騨にも何回か 家族で遊びに来てくださったりと ・・・ とても嬉しいものです

昨年は 行事と重なってしまい 参加することはできませんでした

今年は その大先輩が 岐阜支部の支部長になられたと報告を受けておりましたので

是が非でも参加せねばと思い 早々に 予定を空けていました

正直 組織は苦手なんです ( 笑 )  それでも いろんな方々に支えられているし

応援されていることを考えれば 可能な限り 顔を出し 元気な姿を見せなければと思うわけでして

それに 大学時代の縦のつながり あるいは 他校との横のつながりもあって

心強く感じることも多々あり 恵まれている環境に感謝している毎日です

久し振りに 大学の校歌を歌い 肩を組んで歌っていると 学生時代を思い出すわけでして

なかなか感慨深いものです ちゃんと歌詞も覚えているし ・・・ 

どんなに心細くなっても 1人なんじゃないかと思ってしまうようなときでも

小学校でもいい 中学校でも あるいは 高校でもいいので 校歌を歌ってみると

当時のことが思い出され 楽しかったこと 嫌な思い出もあるでしょうが それでも1人ではなかった

そんなふうに感じて 少しだけど 勇気をいただけるのではないかと 思ってしまいました

今は 離れていても つながっていた時間 共有していた時間があったことを意識することで

次への1歩を踏み出す そんな力を持っているのではないかと ・・・ 大げさですね


恒例?のビンゴゲームが行われたのですが 私は 一切というほど 当らないのですが

最後の最後 終わりそうなところで 明大ラグビーのストラップが当りました

数に限りがあるから早い者勝ち という一言で 

小走りに中央へ向かった自分が 少々恥ずかしかったですが ( 笑 )

meiji

前へ前へ というのが 明大ラグビーの持ち味

これを頂いたということは 私たちフルージックも 力強く 前へ前へということなんだと

いつものように ポジティブに受け止め 努力していきます

古い古いって言われそうですが 根性論とか 精神論とか 泥臭さがあるかもしれませんが

才能なければ それしかないという気持ちで 頑張っていきます

ゲームやクジで当るなんて 初めて?なんて思いながら ちょっとした幸運に感謝です

  
強い気持ち
1つ1つ進んでいる しっかり感じている毎日

ある意味 とても有意義な時間を過ごしていると 全てに感謝しています

最近 年を重ねることに 忘れてしまうことが多く ・・・

ここまでくるのに いろいろなことがあったはず 良いことばかりでなく

嫌なことも 悲しくなることも 悔しいって思うことも そう いろんなことがあったはず

それなのに 忘れてしまうなんて ・・・ だから 私には苦労という言葉はないのかも ( 笑 )

でもね 嫌だなって思ったり 感じたりしたら 

ぜったいに乗り越えよう ぜったいに何とかしようって とにかく強く強く思ってきました

で 最近は 最初から上手くいかない方が楽しいっていうか 面白いっていうか

ワクワクしてくるっていうか 作戦というわけではないけれど どうやって切り崩していくのか

どうやって 乗り越えていくのか などなど 1人作戦会議を頭の中で開くのが趣味になっていて

やっぱり 好きなんだなって アイデア振り絞って組み立てていくことがね

2005 acerola

2005年 輸入して育てていたフロリダスウィート苗から 挿木して 増やして ・・・

2012 acerola

今年 ( 2012年 ) も ちゃんと実がなり始めました

7年かぁ 振り返ってみても あんまり思い出せないです ( 笑 )

でも ところどころ 嫌なこと やめようって思ったことは ちゃんと覚えています

どちらかというと 初めて口にしたアセロラの味の感動の方を忘れているかな ( 笑 )

残念なことだけど それが現実かも ・・・ あのときは 本当に夢中だったし

こんなに時間がかかって 厳しい現実を味わいながら ここまでくるなんて想像すらできなかった

ただ 育てれば 実がなって それが売れて 生活できる ・・・ 

ただ 漠然とそれしかイメージしていなかった 恥ずかしいけど


長くなってしまいました ・・・ さて 今年もアセロラの出荷が始まります

まだ 安定供給できるほど収穫量はありませんので 予約という形となります

順次 収穫できしだいの発送となりますので ご了承下さい

また アセロラ狩り(1パック30粒程度:1500円)も 状況を見ながらスターとさせます

ぜひぜひ 生のアセロラ 口にしていただけると幸いです

へこたれそうになっても いつも強い気持ちで頑張ります

その強い気持ちに応えてくれる アセロラやドラゴンたちがいるから 継続できるんだと思います

それに 山羊さんも加わったし ますます 力が湧いてきます!

それでは 今日は この辺で ・・・






ところで
今日は4時起き さすがに暗い状態で起きるのは嫌かも(笑)

でも 少しずつ明るくなってくる様は好き なんだかワクワクしてくるっていうか

で 7時に用事があったので 高山市へ向かい 用事を済ませ奥飛騨入り

どうやら 昨夜 奥飛騨の温泉ハウスで1輪だけ ドラゴンが開花したようです

今晩も1輪 見事に咲き誇っています

2012.5.23

運良く お客さまが見に来てくれて ドラゴンの花も喜んでくれたことでしょう

あくまで 私の推測ですが(笑) 

今週末(土日)も わずかですが咲く予定です 


ところで 今朝 TBSラジオさんで 美濃加茂市で取り組んでいる山羊さんが紹介されました

山羊さんのレンタルというような解釈となっていますが 実際は 私たちの大切なパートナー

ただ この場合 レンタルといった形が理解されやすいということになったのでしょう

で ここで問題なのが レンタルと位置づけた場合 動物取扱業のレンタル(貸出)の許可が必要

もちろん 私たちフルージックは 展示 貸出 販売 の登録をしていますので問題ないですが

この登録がなく 貸出をしてしまうと違反となってしまいます

家畜業として除草業務を行うことは なんら問題ないですが

貸し出したりすると 動物愛護法からの規制がかかってくるということになります

このあたりの法律は それぞれの立場により解釈も異なり なんで?と思うことが多々ありますが

それはそれで しっかり受け止め 1つずつクリアしていかなければなりません

あくまで 私たちの考え方は 山羊さんが大切なパートナーであって 

最初は 銀杏畑の草処理として飼い始めたのがきっかけですが 今となっては

フルージックが目指す 循環というテーマに欠かせない存在なのです

正直 契約内容としては 直接的に厳しいところもありますが 私たちが求める農業が理解され

少しでも多くの方々の共感が得られれば とても大きなことなのです

モノゴトは直接的な捉え方だけではなく 間接的にどう影響してくるのか メリットはあるのかなど

総合的に判断しなければならないと思っています あくまで 理想論ですが

地域で農業を営む上で 何らかの形で地域に貢献することを意識することは大切なこと

利益が生まれにくいとなれば どんな形で補っていくのかを考えるのが これも民間企業の知恵

大げさに言えば 支出のみの維持業務 その維持費を抑えることは当然のこと

さらに言えば 維持から生産することをイメージしていくこと 実践していくこと

それが 山羊さんのミルクだったりするわけです

すでに 山羊さんのミルクで製品を作っている方々もいらっしゃいますので 私たちも勉強して

いろいろ試行錯誤を繰り返しながら この取組を継続していきたいと考えています

  
金環日食と新月
おはようございます

今日は 誰もが金環日食のことを書いていると思います

私も 当然 金環日食のことです

昨日の天気予報では 少々 厳しいという内容でしたが 朝6時に目を覚ますと

なんと! 晴れているのです で 急いで ハウス(美濃加茂)へ行って 窓を開け

家族で見ようと 再び 家に戻りスタンバイしました

肉眼では分からないけど 専門メガネ越しから見ると 日食が始まっていました

eating sun 1

eating sun 2

eating sun 3

eating sun 4

カメラの性能は あまり良くないけれど 何とか撮れました

レンズに専門メガネを当てて ピンボケでもいいやっていう気持ちでシャッター押したら

意外にも いい感じに撮れていて 満足満足です

私自身 星空も好きなんですが 私以上に興味を持っている妻は なにやら ・・・

画用紙に仕掛けをして 木漏れ日を楽しんでいました

お~ ちゃんと影も三日月になるんだと 感動でした

eating sun 5

そういえば 日食が始まっていくと だんだん暗くなり 影自体も消えていくんでは?

と 思ってしまうぐらい くっきり感を失っていき ・・・ ブレているというか

手でキツネを作っては その影を見て 楽しんでいました

eating sun 6

今は とにかく眠いけど 眠いの我慢して 仕事します

それにしても 見れて良かったです

ちゃんと願いごとしましたよ 欲張りだけど いろいろと(笑)

あとは 私自身 しっかり努力して1歩ずつ進んでいくだけです 


そうそう 今夜は新月なんです

これも 何とも言えないことですよね やっぱ 生きていること自体 神秘的なことなんだぁ


山羊さんの夕食
山羊さんたちにとって 今日は お休みの日です

これから9月にかけて 週3回ほど 美濃加茂市が管理する公園へ出勤し

除草業務に精を出します 頑張って食べます

最近 草が伸びるペースも速くなってきて 私たちサポート隊も大忙しです

山羊さんのお腹も どんどん大きくなってきています

急傾斜地で作業するので 帰ってくると少々お疲れモードになります

それでも ちょっとすると また 草を食べ始めます

お腹がすいたらいけないと思い 私たちサポート隊は 1日の除草業務が終わると

刈った草を コンテナに入れ 運びます

つまり この除草業務は 通常の草刈と違い 刈り草の処理費が発生していません

食べて 食べて 糞尿が出て ・・・ 循環です


今日は 1日良い天気 昨日の疲れを癒やすべく 日中は 日向ぼっこをしていました

その姿を見ると とても癒しです 心が和みます

で ちょっと涼しくなった夕方頃から 生えている草を食べ始めます

それでは足りないかな?と思い 昨日 持ってきた草もあげます

すると もしゃもしゃ 食べ始めます

dinner

来週は 火曜日と木曜日に出勤となります

雨が降れば スライドしたり 前倒しになったりしますが

時間があったら 除草業務の風景を見に来て下さい

美濃加茂市蜂屋町中部台で作業しています 


おっさん化
今日は 奥飛騨へとんぼ返りでした

通常 木曜定休にしているのですが 他の予定がなく 予約が入れば お店を開けます

夏から秋にかけては 当然 無休となります

観光地ということを考えれば いつでもウェルカム状態というのが望ましいと思っています

ですが どうしても予定が ・・・ というときは ゴメンなさいです


さて 外はカミナリの音がすごいです

明日は 山羊さんの出勤日なのですが ・・・ 多分 雨が上がると思うので大丈夫でしょう

で ・・・ ということではないですが 最近 かわいかったハナが ・・・

エライことに ・・・ ヒゲが伸び ・・・ おっさん化しているのです?

hana ... ossan-ka ?

相変わらず サービス精神旺盛なのはいいのですが ・・・ 自己中というか

山羊さんに 自己中になるなっていう方が間違っているけど ・・・ 笑

このヒゲを触るのが 案外 私のストレス解消だったりして

黒いから分かりにくいけど 1個だけ肉ぜんがあるんですが

その肉ぜんを触るのも好き ネコの肉きゅうを触るのが好きっていうのと同じ感覚

この肉ぜんの感触 それでいて たまらんっていう感覚

山羊飼いではないと 分からないことかも(笑)

近くで山羊さんがいて それでいて 喉のところに肉ぜんを見つけたら

とりあえず 触ってみて やみつきになるから


この写真だけ見ると ハナはオッサンみたいです

でも ちゃんと女の子なんです 母親なんですよ

そういう私は すでに おっさんですけどね


ちょっとした幸せ
カテゴリで レモンを加えてしまうほど 大げさなものではないし

レモン栽培を主にしている方々にとっては 申し訳ない気分でもあります


昨日 超ハイピッチで過ごし バタバタモードでした

今日は朝から雨だったので ゆっくりと思いきや 体は覚えてしまうもの

いつもの時間に パッチリ目が覚めてしまい(笑)

美濃加茂のハウスへ直行しました そこで 前から栽培しているレモンちゃんを確認

花は咲けども 実はつかず ・・・

厳密に言うと 小指の爪ぐらいのレモンまでは成長するけど それから なかなか

力強い真緑色が徐々に 黄色くなり ・・・ 落ちしまうこと多々あり

で 今朝 ハウス内を点検しながら おはようと声をかけ ・・・

すると 親指の爪ぐらいに成長したレモンちゃんが ・・・

わぉっと思い すぐに 携帯を出し カシャ

lemonlemon

朝から ちょっとした幸せを感じてしまいました(笑)

ここまで大きく成長したレモンちゃんは 初めてのことなのです

落ちしまうか それは分からないけど 何となく 可能性を感じてしまいました

ゆっくりでいいとは言わないけれど 上手くいかなくても 少しずつ結果が生まれてくれば

とても嬉しいものです 

嫌なこともあるし なんでぇ~? 腹立つぅ~ なんて思うこともあるけれど

ちょっとした幸せを感じしまうと 不思議と忘れてしまうのです

だけど ここでポイントなのは ・・・ なんて偉そうなこと言えないけれど

やっぱ 意識すること 常にジロジロとするような意識ではなくて

今 やっていることに集中したり 意味を考えたりすることで ちょっとした幸せを見つけられる

そんな気がしています 

大きく育って欲しいという思いでいっぱいですが たとえ今回はダメだったとしても

次につながる1歩を感じたような そんな明るい兆しが見えたような思いです


母の日
そういえば ・・・ 今日は 母の日だった

相変わらず というような言い訳はできないわけでして ・・・

昼ごろ 妻からの電話で 思い出しました

そういえば 娘に相談されていたんだ ・・・ だけど 今日は奥飛騨なので

帰ってから 作戦(母の日:妻へのサプライズ)を実行しようって約束していたんだ

娘から見たら 妻は母なわけで ・・・ 私にとっても母がいるわけで ・・・

こりゃ 人間失格だなって ・・・ 恥ずかしいばかりです 

農業(仕事)が忙しくと言えば 何でも許されるわけではなく その辺 理解しているのだけど

40過ぎても 一丁前になれないくせに 感謝すべきところを忘れてしまうなんて

やっぱダメだなって 思ってしまいます

結局 妻と娘がプレゼントを買って届けてくれて ・・・ 

何にしようか 時間かけて 悩んで ・・・ ありがとう

しっかり農業しようって しなければいけないって いつも以上に強い想いが ・・・


そういえば 昨年 娘と作った small garden ・・・ カーネーションが植わってあったはず

5日前ぐらいに 携帯で撮っていたんだと思い

母は決して読むことのない 私のブログにて こっそりと 『 ありがとうっ 』 て言います

mother's day

直接言えば良いのだけど 直接言わないと意味がないかもしれないけれど

なかなか照れくさくて ・・・ でも 本当に感謝しているんです

この世に生まれて まだまだ助けられてばかりいるけど 好き勝手できて

私の家族をも大切にしてくれて いつもいつもありがとう

やっぱ 中途半端では終われないよね 


明日は 奥飛騨で昼に建設絡みの取材があって 夕方には美濃加茂で取材があります

移動時間があり ちょっと厳しい状況ですが これもありがたく 嬉しいことです

それから 夕方には 地元のテレビ局(岐阜ちゃん)で ドラゴンジャムが紹介されます

少しずつ 少しずつ 成長していって 安心させられるようにならなきゃって思います


ありがとうです 心から 感謝しています










影と陰
この時期 一番難しいのが温度調整と紫外線対策

今朝の奥飛騨は よく冷えました

使用する温泉も冬と比較して 半分に減らしているので あまり冷え込むと影響が出ます

日が沈み ハウス内が冷え始めると 自動的に保温カーテンが作動します

そして 朝 目が覚めると 朝日に照らされた屋根の鉄骨部分の影が浮き上がっています

shadow

鉄骨だけが浮かび上がると あ~今日は雲1つない 快晴なんだって思います

同時に 放射冷却もあり 冷え込んだんだなって想像します

温泉熱で暖められたハウス内の空気 太陽の光で暖められたハウス内の空気

そろそろ この保温カーテンは開きます そして 暑くなりすぎないよう空気の入替が始まります

日中 太陽の陽差しが強くなると 今度は 遮光カーテンが作動します

どれくらいの光の強さで日焼けすのか 逆に当たりすぎないと蕾に影響を与える ・・・

ある程度は予想できても 今も手探り状態といった方が妥当です


小さい頃 人の影を踏む遊びをしました

意味もなく いやいや 意味があったのでしょうが ケラケラと笑いながら

年上の姉がいた私は いつも 姉にやられてばかり

5つも離れていると 敵うはずもなく 何をやっても負けてばかりでした(笑)

人が歩んでいる道 歩んだ道には 必ず影が残る 何となく 私はそう思っています

人が歩まない 人がいないところを好む訳ではないですが 私たちが取り組んでいることは

いわゆる陰なのか でも 陰ながら応援しています お陰さまですといったように

影も陰も 私たち人間を表す上で とても重要なことではないかと とりとめのない文章ですが

人が人であるために どうしても切り離すことができないのではないか などなど

深い意味を感じてしまいます 

1つの実績を残し スポットライトを浴びるには 陰での努力が必要なわけで

そうして人が歩んでいる あるいは 歩んだ影(道)に 人は感動し つながっていくのではないだろうか

何を書きたいのか どう表現すればいいのか 朝から面倒くさい内容になってしまいました

あとは ご想像にお任せします(笑)


奥が深いもの
昨日から奥飛騨にいます

暑かった日がどこへ行ってしまったのやら ・・・ 肌寒いです

でも これが自然というもの 受け入れるしかないんです

全てすべて コントロールなんてできるわけではないんですから

温泉ハウス内は暖かくても 陽差しが弱ければ 花芽の活動も鈍くなりがち

だから コントロールなんてできないんです


最近 ドラゴンは簡単だっていう話を 耳にすることがあります

はて? どこを基準にして簡単なのかっていうことが肝心だったりするわけで

確かに 南国では 家の軒先で勝手に成長し 勝手に実がなって 食べることができるでしょう

ですが 作って売るということを考えれば

あるいは 趣味の世界であっても 少しでも美味しくなって欲しいと思えば

そう易々と簡単だっていう発言は生まれないのではないかと 私は思います

もちろん いろんな考え方もあるだろうし どこを基準にするかで違ってきますから

一概に決めつけることはできませんが それでも 生きているものを扱う生産者として

軽々しく簡単だって言う言葉は 私は使いたくないと思います

例えばの話で 何かと比較して そういう発言をするかもしれませんが

ですが その何かを作っている人たちに対し 大変失礼なことだも言えます

もちろん その何かを作っている人自らが 何かと比較して 簡単だって言うことはあるでしょうけど

何か何かって 少々面倒くさくなってきましたので そろそろ本題に ・・・

前置きが長過ぎるって お叱りを受けそうですが(笑)


さて 今年のイエロードラゴン 味に関しては100% いやいや200%っていう感じです

上品な甘さ ほどよい酸味というか風味が残っていて 

私自身 フロリダで食べたイエロードラゴン そしてドラゴン栽培を始めるきっかけとなった味

その味が再現できたかな?という出来となりました

栽培状況 実の成長具合などなど 個体差もあり まだまだ修行が必要です

どうすれば この問題点が解決されるのか 本当に分からないことばかり 悩んでいます

で この時期に もう1度 イエローの糖度を確認しました

実を縦に切って その上部(花が咲いていた方)と真ん中 そして下部(茎につながっていた方)の3ヶ所

それぞれの糖度を測りました

で 結果が以下の画像のようになりました 上部17.9 真ん中21.1 下部18.0

yellow 1

yellow 2

yellow 3

やっぱり 真ん中が甘いんです これは食べてみてもそんな感じとなります

だから みんなで切って食べるときは スイカのように切るのがお勧めなんす

輪切りではなく 縦に切るというか ・・・ そんな感じです

まんべんなく どこを食べても同じ味がいいのか それとも 違った方がいいのか

どれが正しいなんていうことがないから 人は 頑張れるわけで

ただ1つだけ言えることは どんなことも極めようと思うと 奥が深くて 答えが見つからなくて

悩んだりするもんだと思います だから 私は ・・・

日々努力して もっともっとドラゴンたちの本来の力を 感じて 知って

表現できるように頑張っていきます 

味があまりしないっていうドラゴンフルーツだって 試行錯誤を繰り返せば

もっと美味しくなることだってあると思います 

ただ 作り手の努力が足りないだけなんです きっと 

それでも 好き嫌いはあるでしょうけど(笑)

奥が深いものなんです もの作りっていうものは なんて偉そうなことを言ってます(笑)



 
ご報告
ゴールデンウィーク前から ずっとずっと 忙しい日が続いております

正直 昨日はヤバイかな?と思うほど ・・・ で

夜は早く帰って 娘と風呂入って 娘が練った母の日のサプライズの計画を聞いて

一緒に早く寝ました ・・・ 大きくなったなぁって つくづく

そういえば 農業に興味を持ち始めたのは ちょうど娘が生まれ年だったはず

それから2年後に 法人格となり 本格的に参入しました

当時は 農業をするなんて全く想像しなかったこと 

正直なところ こんな厳しい世界だとは思わなかったし 厳しい現実と生活を強いられるとは(笑)

なんでやってしまったんだろう?って それでも 超ポジティブな性格だったから

あまり考えないし 苦労なんて感じないし ただ 目の前にあることをやる

壁ができれば 壁を乗り越えたいって思うだけのことで だったら 楽しくしたいって

ただそれだけのことなんだけど それだけのことに時間かかっているんだよねって

好きじゃなきゃ続かないし 意地だって必要だし もちろん 見栄だって(笑)

何を作っても売れた時代 どんなに高くても売れた時代 そんなバブルを経験したからこそ

見えてくるものがあるというか じっくり時間をかけなきゃいけないものもあるっていうか

そう思ったり そう書いたりすること自体 年取ったのかなって思ってしまうけど

だけど ・・・ だけど やっぱ 足元見据えて 人に感謝して築き上げていきたいって

今 私がフルージックを営んでいることも それは 両親や仲間がいて その信用があってこそ

決して1人ではなかったし 絶対に ここまで育ってこなかったです

だからこそ やっぱり 感謝すること 頑張ること もうひと踏ん張りすることです

でも ヤバイなって思ったら 寝ます とりあえず 寝ます


さてさて 山羊さんの伐採隊 皆さんに受け入れられながら頑張っています

最近は 見学者も増えてきて 私たちもやりがいが生まれてきました

初めてのことなので 決して余裕がある金額で引き受けているわけではないですが

地域企業の責任を考えれば 直接的な部分だけでなく 間接的な部分を意識したいです

見学者も増えることを想定していましたし 将来的な展望のため 昨年から少しずつ準備してきたもの

それが ようやく昨月 行政の理解を得ることで 動物取扱責任者というものになれました

まだまだ時間はかかりますが 満足いく牧場(山羊基地)というものができればと思っています

これから 指定された場所で 触れ合いもできますし 除草にヤギさんを貸してというのもOK

また ペットとして譲って欲しい(販売)もできます

家畜業という面からすると許可は要らないですが 

動物愛護という観点からすると こうした法規制を守る義務もあるのです


さて そうした資格というか そういった決まり事をクリアしたことを ご報告いたします

いずれ 山羊基地にて触れ合いができ ミルクを飲め 乳製品がうまれる

そんな形になれば嬉しいですね 

意地(いじ)があったからこそではないですが 維持(いじ)から生産へ そして循環へ

これが これからフルージックが目指していくところです

new frusic
 


ドラゴンゲート
今日は いい天気でした ホント スカッとした いい天気

こうじゃなくっちゃ 観光地はっていうぐらいの いい天気

ただね あちこちで大雨の被害があり 正直 何とも言えない気分なんです

でもね ここは観光地 ここへ来て下さっている方々は そのとき その一瞬を楽しみにしているはず

それに 私たちも 観光客の方々が 心から喜んでくれてこそ 継続できるわけだから

その事実に しっかり感謝し 一緒に楽しめたらいいなって 思っています

なんて言ったって 私は 好きな農業をさせていただいているわけですから


さてさて 奥飛騨温泉ハウスでは 少しずつですが 活気が出てきました

イエローの収穫が始まると同時に 新芽が一気に出始めます

収穫量が落ちてしまうけど 1つの通路を広く取り 歩きやすくしたところがあります

加えて 作業もしやすくなるわけですからね

ちょっと大げさですが デメリットとメリットを判断して このような通路にしました

dragongate

そう ドラゴンゲートです(笑)

新芽が伸び 重力に逆らえず 下に落ちてくる ・・・ それが アーケードのようになります

ホントは ここで花が咲いていたら 言うことなしなんですけどね(笑)

今年は 寒さが長引いた分 ドラゴンたちの動き出しが遅いようです

それでも 慌てず ゆっくりと1年1年を大切にしていきたいです

いい加減 焦ってくれという声も聞こえてきますが どしっと構え

熱く語り 冷静に判断し フルージックの基礎を作っていきます


奥飛騨に来たら ぜひ フルージックへお立ち寄り下さい


広がりと関わり
今日から ゴールデンウィークの後半戦 といっても 私には関係ありませんが

今朝 5時に起き 奥飛騨へ車を走らせました

1週間ぶりぐらいの奥飛騨 日に日に ドラゴンたちの成長も早くなっています

で 毎年のことですが ヴードゥーチャイルドという品種が 真っ先に蕾を持ち始めました

VC2012.4

これで ひと安心ですが 他の品種はこれからなので まだまだですね


さて 奥飛騨での取組み 今年で5年目を迎えております

順調と言えば 順調ですが まだまだ勉強と努力不足ですし 実績不足

そのため まだまだ やりたいことの半分もできていません

でも これは仕方ないです 

というのも 今は フルージックそのものの考え方 企業方針を確立しているとこで

そんでもって 経営者である私自身の方向性 ビジョンを定めているところなのですから

哲学というか 芯を持った取組みをすることが 大手とは違う 地域企業のあり方であり

どう区別化していくか どう継続する経済活動が出来るか などなど

日々 いろいろ考えているところです もちろん 美味しいフルーツを作ることは当然ですが

美味しいフルーツを作る ただ それだけでなく 売ることも意識しなければならない

当然 売り方にはいろんな方法や手段があります そんな中 震災があって

1つの考え方が変わりました といっても 根本は変わっていないんですけどね

域内生産域内加工域内販売にこだわってきましたが もちろん 基本は変えませんが

今年から ドラゴンフルーツの販売 新宿の伊勢丹さんで 少しですが始まりました

来年も継続するかどうかは 先方さんの理解あってのことですので 何とも言えませんが

とりあえず 今が旬のイエロードラゴンからスタートしました

で ただ売るのではなく パンフレットも置かして頂き そのパンフレットの中には

奥飛騨の情報 強いて言えば ドラゴンフルーツの花見のことが書かれています

新宿である意味は 新宿から高山(奥飛騨は通過点)まで 直通バスが運行しているからです

農作物を通して 地域情報を発信することが 私がちが目指す地域農家のあり方ですので

ご理解してくださった新宿伊勢丹さんには 本当に感謝です

美味しいドラゴンフルーツを作り続けること 加えて 企業の方針をしっかり打ち出し

お客さまに共感して頂けるような そんな取組みを続けていきたいです


取組みを続けることで 農業の広がりが生まれ 人との関わりも広がりました

広がりや関わりが広くなっても 農業への想いは 決してブレることなく 頑張っていきたい

それには 1人の農業経営者として 哲学を持つこと それが大切だと思っています

 

おひるね
昨日は 山羊さんたち お仕事でした

仕事が終わると こうして 軽トラックに乗せられて 自分たちのお家へ帰ってきます

yagi-chans

これは 赤ちゃん山羊専用車です

大人の山羊さんたちは もう少し大きなトラックになります

こうして 朝になると出勤し 除草業務を終了すると 農場(牧場)へ戻ってきます

戻ってくると 今度は 自分たちのお庭の除草をします

で 今日は お休み 

のんびりとお昼寝しながら 遊んでいました

eat dragon

子山羊さんでも食べ易いように ドラゴンの茎も細かくしてあげると 喜んで食べます

ただ あまりあげ過ぎないようにします 食べ過ぎると下痢をすることもありますから

山羊さんたちの体調(糞)を見ながらです

決まって10時ごろには おひるねタイムとなります

反芻しながら 目を閉じて こっくりこっくり

sora-chan

sleepy

赤ちゃん山羊さん 居眠りしながら たまに寝言を言います(笑)

夢を見ているのか ・・・ とても癒やされます