FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
母の日
そういえば ・・・ 今日は 母の日だった

相変わらず というような言い訳はできないわけでして ・・・

昼ごろ 妻からの電話で 思い出しました

そういえば 娘に相談されていたんだ ・・・ だけど 今日は奥飛騨なので

帰ってから 作戦(母の日:妻へのサプライズ)を実行しようって約束していたんだ

娘から見たら 妻は母なわけで ・・・ 私にとっても母がいるわけで ・・・

こりゃ 人間失格だなって ・・・ 恥ずかしいばかりです 

農業(仕事)が忙しくと言えば 何でも許されるわけではなく その辺 理解しているのだけど

40過ぎても 一丁前になれないくせに 感謝すべきところを忘れてしまうなんて

やっぱダメだなって 思ってしまいます

結局 妻と娘がプレゼントを買って届けてくれて ・・・ 

何にしようか 時間かけて 悩んで ・・・ ありがとう

しっかり農業しようって しなければいけないって いつも以上に強い想いが ・・・


そういえば 昨年 娘と作った small garden ・・・ カーネーションが植わってあったはず

5日前ぐらいに 携帯で撮っていたんだと思い

母は決して読むことのない 私のブログにて こっそりと 『 ありがとうっ 』 て言います

mother's day

直接言えば良いのだけど 直接言わないと意味がないかもしれないけれど

なかなか照れくさくて ・・・ でも 本当に感謝しているんです

この世に生まれて まだまだ助けられてばかりいるけど 好き勝手できて

私の家族をも大切にしてくれて いつもいつもありがとう

やっぱ 中途半端では終われないよね 


明日は 奥飛騨で昼に建設絡みの取材があって 夕方には美濃加茂で取材があります

移動時間があり ちょっと厳しい状況ですが これもありがたく 嬉しいことです

それから 夕方には 地元のテレビ局(岐阜ちゃん)で ドラゴンジャムが紹介されます

少しずつ 少しずつ 成長していって 安心させられるようにならなきゃって思います


ありがとうです 心から 感謝しています










スポンサーサイト



影と陰
この時期 一番難しいのが温度調整と紫外線対策

今朝の奥飛騨は よく冷えました

使用する温泉も冬と比較して 半分に減らしているので あまり冷え込むと影響が出ます

日が沈み ハウス内が冷え始めると 自動的に保温カーテンが作動します

そして 朝 目が覚めると 朝日に照らされた屋根の鉄骨部分の影が浮き上がっています

shadow

鉄骨だけが浮かび上がると あ~今日は雲1つない 快晴なんだって思います

同時に 放射冷却もあり 冷え込んだんだなって想像します

温泉熱で暖められたハウス内の空気 太陽の光で暖められたハウス内の空気

そろそろ この保温カーテンは開きます そして 暑くなりすぎないよう空気の入替が始まります

日中 太陽の陽差しが強くなると 今度は 遮光カーテンが作動します

どれくらいの光の強さで日焼けすのか 逆に当たりすぎないと蕾に影響を与える ・・・

ある程度は予想できても 今も手探り状態といった方が妥当です


小さい頃 人の影を踏む遊びをしました

意味もなく いやいや 意味があったのでしょうが ケラケラと笑いながら

年上の姉がいた私は いつも 姉にやられてばかり

5つも離れていると 敵うはずもなく 何をやっても負けてばかりでした(笑)

人が歩んでいる道 歩んだ道には 必ず影が残る 何となく 私はそう思っています

人が歩まない 人がいないところを好む訳ではないですが 私たちが取り組んでいることは

いわゆる陰なのか でも 陰ながら応援しています お陰さまですといったように

影も陰も 私たち人間を表す上で とても重要なことではないかと とりとめのない文章ですが

人が人であるために どうしても切り離すことができないのではないか などなど

深い意味を感じてしまいます 

1つの実績を残し スポットライトを浴びるには 陰での努力が必要なわけで

そうして人が歩んでいる あるいは 歩んだ影(道)に 人は感動し つながっていくのではないだろうか

何を書きたいのか どう表現すればいいのか 朝から面倒くさい内容になってしまいました

あとは ご想像にお任せします(笑)