プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
Kent Mango
マンゴーを栽培し始めてから 5年?ぐらいが経つのかな

私にとって マンゴー栽培は 本当に難しいです

毎年毎年 木も太くなり 実も大きくなっているような そんな気がしますが

それでも まだまだ未知な世界です

2月頃に花を咲かせるマンゴー 20度近く温度を確保することが望ましいのですが

ここでは 最低温度5度という悪条件

そのため 結実したところで 大きく実が育つこともなく ・・・

それでも いまだに花を咲かせ続けていますから 今 結実すると 収穫は冬?

で 3月の終わりごろに結実したと思われる ケント種のマンゴー

KentMango1

本来は この倍ぐらいになっているはず そう考えると小さいです

KentMango2

去年も小さかったのですが 美味しかったです

なので 今年も 味は期待です 問題は どこまで大きく育ってくれるかです

4月5月に開花して 結実したものもあるので そっちの方に期待してみます


ハウスへ行くと いつもハウス内の表情が違っていて だから 本当に楽しいです

家庭菜園という趣味の世界ではないから ある意味 シビアに農業をしていかなければならないけど

それでも 基本は楽しいって感じることです

今日も午後から 新エネ・省エネ推進員 温暖化防止推進員として 関市の小学校へ行ってきました

無理なく 負荷をかけない生活を心掛けるには やっぱ 楽しい生活があってこそ

環境を守っていくことは 当然 私たちの使命だけど それでも 地域が存続してこそ

要は バランス 楽しいからこそ継続できるのだから

スポンサーサイト
進むのみ!
雨が降るかな?と思ったので 昨夜は ハウスの屋根を閉めて帰りました

雨の準備をしたときは 決まって 降らないもの

暑くなる前に 急いで 屋根を開けに走りました ( 笑 )


いつものように バタバタとしていて 事務員がいないので 自分がやっている始末

といいつつ 手伝ってもらっているところもあるから 助かっていますが ・・・

やっぱ 事務処理は嫌いだぁ 苦手だぁ ・・・ と言ったところで 仕方ないので

前へ進むのみ 1つずつ 進むのみ あぁ~ 進むのみ 進むのみ ・・・


で アセロラの発送を終えた夕方 少しばかり 逃避行動 ( 笑 )

当然 山羊さんのところです 行くとちゃんと寄ってきてくれます

近くにすり寄ってきます かわいいです

癒やされた後は アセロラとドラゴンの実験棟へ向かいます

アセロラに話しかけ? ドラゴンに話しかけ? 

それから マンゴーやらレモンやらにも話しかけます

で 今日は レモンの経過発表です

lemon-1

lemon-2

春先 花をいくつも咲かせ 今年こそと思った矢先 ポタっと落ちてしまい

それでも 新たに開花 で 数は少ないけれど すくすくと育っています

これは アレンユーレカレモンというものです そう書いてあったものを買ってきましたから

日に日に大きくなっているとは言えませんが それでも 着実に大きくなっているようです

どれくらいで収穫なのか 初めてなので分かりませんが とにかく楽しみです

どんなに嫌なことがあっても 辛いことがあっても アホらしいって冷めてしまっても

それでも 全てが動いています そう 全てが生きています

だから 進むのみ それしかないのです

私に埋め込まれたエンジンは 動いているのですから 感謝して進んでいきます

たまには メンテナンスしなければいけないと思いますが ( 笑 )


明日は 奥飛騨へ日帰りです ちょい強行日程です いつものことですが

そろそろ 燃費が悪くなってきたので 疲れがとれません ( 笑 )

お気楽だな
梅雨空が続き いつ雨が降り出してもおかしくない そんな1日でした

栗の花粉もそろそろ終わり ようやく 眠気?とは おさらばです

で よくよく見ると 小さな 小さな毬栗が ・・・

igaguri

そういえば 栗ができていく様子なんて まじまじ見ていなかったっけ


さて 消費増税法案が可決されました

マニュフェストなんて 所詮 選挙を受かりたいが為のものだということが

よくよく分かりました 中に飛び込んだら違っていた なんていういうこと

どんな世界でもあること だけど そんなことは認められないのが一般的

プロとして仕事している以上 想定外という言葉は使ったらダメだと 私は意識しています

もちろん 当時の選挙前から 将来的に 消費税は上げなければいけないだろうと

1個人として ずっと思っていました だけど 上げないと言っていたはずなのに ・・・

2番ではダメなんですか? 仕分けなどなど ・・・ 政治不信は増すばかり

とても残念です 実際は 残念という言葉では表現できないほど落胆


まっ 政治にすがって 農業をしているわけでもないから 

それに 補助や助成で 農業を形にしてきたわけでもない むしろ 大きな壁があったぐらい

今までどおり 自分たちが目指す農業をして お客さまの理解を得るよう 努力するだけ

消費税が上がったら 今の価格をどうするのか などなど 考えていかなければなりません

将来的なことも見据えて これからの商品の価格も決めていかなければなりません

消費税を上げることに 決して反対ではないけれど 二転三転とブレていること

間違っていたら 間違っていたで しっかり非を認め 訂正する姿勢

何より 国民に強いる前に やれることがあるでしょうっていうことなんだと思います

政治と自分たちのちっぽけな企業と比較することは ナンセンスだけど

それでも 経営として捉えるならば 通じるところはあります

どんなに立派な言葉を用いても 丁寧な言葉で話しかけても 伝わらないということは

どこかに原因があるんです 国民が冷めた目で見ているということは

あてにしていないということだけど そういったことすら 感じないだろうと思ってしまうことは

何だか この国 大丈夫なのか?と 考えてしまいます

ふーっと風が吹けば どこかへ飛んでいってしまいそうな ちっぽけな農業企業だけど 

私自身 そうならないよう 頑張っていかなければいけないって思います


国政って いろんな方面に気遣って 大変なんだろうけど

その大変さが伝わってこない 平気で約束したことを 当然なような顔して言ってしまう

その約束して当選したはずなのに ・・・ お気楽なもんだと感じてしまうあたり

私は 国民として 失格なのだろうか ・・・ 怒る気にもなれんのだから

農業人として失格しないよう 美味しいものを作り お客さまに満足していただけるよう

まずは 自分たちが目指す農業を確立すること 日々努力し続けることですね

立場変われば いろんな意見もあるだろうし いろんなことが絡み合っているだろうから

簡単に批評 批判することはいけないことだろうけど それでも 

それでも 将来の国を思う気持ちは一緒なんだからって ・・・

だからこそ 今を頑張る 将来を意識して 今を頑張る まずは 自分の農業だけどね







YAGI-DO
昨夜は さすがに早めに 布団に入りました

いつもより 長く寝ると どうしても 1日 ぼぉーっと感が残ってしまいます

その感覚 嫌いです だるいのは嫌い なぜか あくびもでます


さて 今日は 朝から晩まで 美濃加茂のハウスで作業でした

曇り空 時折 日差しが射し ハウス内は40度ほどになります

現場の人間らしく 腕や顔は真っ黒になり 男らしく?なります

遅れていたアセロラも 少しずつ色づき始め 出荷の準備に入ります

4月5月の天候不順 暑くなったり 冷え込んだり ・・・ 響いております

とはいえ これが 農業 仕方のないことだと思いながらも

どのような場合にも 調整をしながらと思う気持ちもあり 来年への教訓としたいものです


そういえば 今日は 山羊さんの出勤日 隣接するハウスで作業していても

当然 山羊さんの気配もなく どことなく 寂しいものです

ちょっと 顔を見に行くということもなく ただひたすら ハウスでの作業を続けます

yagi-do

yagi-do2

建設時代 山林での作業をしていると よく 獣道と呼ばれるものに遭遇しました

イノシシとかが通っている道なのですが そこだけは 整備?されています

で 私たちの山羊牧場にも こんな道?があります

なぜか ある地点へ移動するのに わずか10センチ程度の幅のところを通るのです

知っている方々からには 当然だとお叱りを受けるかもしれませんが

こうした光景を目の当たりにすると なんだか 興味深くなり いつものように ニヤニヤモード

アリさんは お尻から分泌液を出して お目当ての場所まで 同じ道を辿ります

山羊もそうなのか いやいや お尻から分泌液を出し 道しるべにしているようには見えないけど

アリさんには アリ道と呼ばれるものがあるのなら 

当然ながら この道は 山羊道 ( やぎみち ) ( ヤギドウ ) と 呼ばれるもの

ラーメン一筋 ラーメン道があるのなら 

山羊さんとの生活を極めることを目指す 私たちフルージックにとって

必ず? 山羊道 ( ヤギドウ ) というものが存在するはず

どうも 胡散臭いような そんな内容になってしまいましたが

私たちが しっかり意識して取組んでいる農業 それだって 1つの道を作っている

同じ道を歩んで 誰もが迷うことなく 歩けるような道ではないかもしれないけれど

私たちの目指す農業を感じて 面白いなって言われるような

そんな道ができていたら すごく嬉しい

まだまだ ナタ持って 枝切って 視界不良かもしれませんが 

かすかに見える光を目指して 頑張っていきます

 
とにかく食う
昨日は 奥飛騨温泉郷福地温泉にて 2回目の音楽フェス 福音 ( ふくね ) がありました

朝から準備 そのため 東海テレビのプレサタで放映された 

山羊さんとアセロラの映像は見れず とても残念でしたが それでも 1日楽しく過ごしました

緑に囲まれた古民家を開放し その中で アーティストが生演奏

私はというと そこで ドラゴンフルーツなどなど ひたすら 売っていました

というより お話ばかりしていました ( 笑 )

催事で出会った方が顔を出してくれたり 去年 参加された方々が ニコニコしてくれたり

ジャム買ってくれたり ジュース飲んでくれたり やっぱ 人と触れ合うのは最高ですね

妻と同郷のアーティストさんも 1回目から参加してくれていて 今年も参加

なんていうんだろう ・・・ それぞれ 当然 生きていく方法は違うけれど

それでも なんていうんだろう 身近に感じるというか 人の縁というか 縁は円なのか

なんて どんどん 言葉で表現できなくなっているけれど ・・・ ( 笑 )

帰りに ドラゴンフルーツのジャムがかかったソフト 食べて行ってねと行ったら

ちゃんと寄っていってくれたり うれしいなぁ ほんとに


そのイベントは 夜の11時ごろ終わり 私は 美濃加茂へ ひたすら41を南下

結局 家に帰って 布団に入ったのは 朝の4時 少しだけ寝て 再び 美濃加茂のハウスへ

アセロラの出荷もあるし アセロラの水遣りもあるし アセロラ狩りも 

遠くで 山羊さんも呼んでいるし ・・・ ( 笑 )

ある意味 すごいスピードで いろいろ片付けているのに アセロラの木 2000本以上あるのに

なんで これが目に入るんだろう? なんで こんなものが ・・・

nanda kore?

どっかで意識しているのだろうか ・・・ 面白いものを探したいという気持ちがあるのだろうか

よう 分からんけど とりあえず 採ってみたよ

で とりあえず 写真も撮ってみた 赤唐辛子がついているみたい

tougarashi?

ふだん 見つけようとしても見つからないのに なんで これが目に入るのか

これも縁なのか 縁ならば このアセロラを大切にしなければ

大切にするといったところで どうするのか ・・・ 世の中 不思議なことばかり

不思議なことばかりだから 生きていけるのだろうけど

理屈では説明できないことばかり だからこそ 現場の力は重要なんだ

場数を踏むこと 経験すること 応用が生まれ 臨機応変な対応ができるようになる

つまり 余裕が生まれるってことだと思います

見て 感じて やっぱ そういうことなんですよね


そうそう 今日の昼 アホみたいに たくさん食べました

横で見ていた 娘が どんだけ食べるの?って 

私は 言いました 寝不足だったり 疲れていたりしたら とにかく食べる

アホみたいに食べる そうすると 元気がモリモリな気分になる

体が欲しているんだとね そう意識して食べると 不思議なことに 体中の細胞が目を覚ます

だって カリオストロの城に出てくる ルパンだって 撃たれた後 むっちゃ食ってるし

漫画と違うと言われるだろうけど こういうときは 食う とにかく食う

経験からして とにかく食べるんです それも 楽しくね

ストレスとは違うよ! 言っておくけど


ご報告とお詫び
今日の奥飛騨は 午後から暑い1日となりました

午前中 地元の子供たちが 町探検という形で 遊びに来ました

毎年2年生が 元気にやってきます

みんな とってもかわいく 1児の父親でもあり 子供たちから見れば しっかりおじさんな私は

益々 頑張らなければ なんて思いつつ くだらない話をして

肝心のドラゴンの話は ・・・ まっ いっか という感じです ( 笑 )


さて 明日の午前 地元 東海テレビにて プレサタという番組の中で

山羊さんとアセロラが 少しだけ 紹介されます

で アセロラ狩り それから アセロラの出荷が遅れ気味となっていて

せっかくご注文して頂いるのに 大変ご迷惑をおかけしている次第です

アセロラの発送は 7月半ば以降となりますし アセロラ狩りも7月半ば以降の予約となります

アセロラ狩りは 1日1組とかの限定となっていますので ご了承下さい


本当にご迷惑おかけして 申し訳ありません

どうか ご理解していただけると とても助かります


800Mバナナ
ここ奥飛騨は 思ったほど台風の影響はなく 

昨夜も 雨風の音に邪魔されることなく ハウスの中で ぐっすりと眠ることができました

美濃加茂では 栗の木の花粉に悩まされていますが ここに来れば 直ります

どうやら スギ花粉へのアレルギー反応は 和らいできたものの

ここ3年ほど この時期 栗なのか特定できませんが 鼻がムズムズしています

そうそう ようやく 空咳も治まりました

空咳は 黄砂なのか 花粉なのか ・・・ 毎年 春になると症状がでます やっかいです


台風 風が強くなる低気圧が通過したときは 決まって ハウス内外を点検するのですが

あっ 出てきた 出てきたと喜び 思わず 『 こんにちはっ! 』 と ・・・

banana1

banana2

今までは ポットというか大きな鉢で栽培していましたが 仮植えという形で 

一時的に ドラゴンとドラゴンの間に植えていたものが 結局 植え替えせず どんどん成長

やっぱり地植えは 大きくなることも分かりました 当然でしょうけどね

今までは 1房に100本ぐらいのバナナをつけていたのですが これは どうなるのかな?

おそらく200本ぐらいは なんて 今から 期待しています

毎年 数本ですが バナナも収穫します

ちゃんと育ってくれ それでいて ちゃんと実をつけてくれることに 感謝感激です

この品種は 小笠原バナナという 小笠原種のものです 甘みがあります

で ここ奥飛騨で育ったのだから 名前をつけようということになり

800Mバナナ ( eight hundred metre banana ) ということにします

収穫した後 新たに株分けして 今年で3回目の収穫となります

いわゆる 3世代目のバナナ君ということになります

ここで初めて 800Mバナナ と命名です ( 笑 )

海外でも 高地 ( 500~1000m ) での栽培が盛んとなっていますので

ただ 収穫を目的としたバナナ栽培は 価格競争を考えても 厳しいものがありますので

あくまで 自分たちが楽しむためのものです

今回のバナナは 早くて11月 ひょっとしたら 来年になるかもしれません

ずっと熱帯地方のような 温度と太陽の光があれば 5ヶ月ほどで収穫となるのでしょうけど

ここが 難しいところですね なんでも

そうそう なぜ?800Mかと言えば ここ栃尾の標高が 約800メートルだから

ただ それだけの理由です 

ポリシー
明日は台風が来るの? ・・・ 頼むから 逸れてほしいです

でも 雨は適当に降ってほしいという思いもあります

水不足はかなわんからね 特に 農水を制限されると 大変だから

さて 今日は 地元のケーブルテレビさんがやってきて

山羊さんの活躍ぶりを カメラに収めていかれました

かわいく映っているかな?と 親心ではないですが そんな感じです


そうそう ありがたいことに ドラゴン アセロラ 山羊さん いろんな取材があります

取材される側は やっぱ ここまでの苦労話を聞きたいようで ・・・

でも 苦労って感じること自体 私には ないんです これがまた

もちろん いろいろ悩むので おそらく それが苦労っていうものだろうけど

でもね それは 好きでやっているわけだから 苦労っていうことにはならないのでは?

などなど ・・・ それに どんな人だって みんなそれぞれ嫌な思いもしてるはず

だから 苦労話をすることは 苦手なんです 

というより いつも笑っていたい 笑って話をしていたいって

嫌なことも 笑って話せる人でありたいって それが 私が目指すところです

ポリシーっていう そんな格好いいものでもないけど

話を聞かれたときは いつも笑っているっていうのが 私のスタンスです

笑っている裏には 随分と苦い思いをしてきたっていうのを 感じて欲しい自分もいるけど ( 笑 )


さてさて 美濃加茂の実験棟で育てている 通称 オレンジドラゴンですが

種から育てればどうなるか? 2世も同じものなのか? などなど

ずっと4年ほど試してきました で 大きな大きな花を今年も咲かせました

oangeD1

orangeD2

orangeD3

かなりでかいでしょ 1本の枝に1つの蕾 1つの花を咲かせれば 当然 大きくなります

花に比例して 実も大きくなるのが 一般的なドラゴンの特徴でもあります

実の形 果肉の色などなど もうしばらく調べて ある程度 把握する必要があります

嫌なんです 分かってもいないのに 実がどうなるか分からないのに ただただ売るっていうのは

売れればいい という発想にはならないのが 私のポリシー?

売るということは 売った後まで 責任を持つということ

全てがすべて 責任を負うことはできないまでも 聞かれたら ちゃんと答えたい

まぁ 面倒くさい性格ですわ 本当に ( 笑 )

良い言い方をすれば 筋を通すっていうことになるだろうし

悪く言えば 屁理屈が多いということに ・・・

本人は 筋を通すって思っているけど 大半の人は 屁理屈王と思っているのでしょうけど

うん? 屁理屈王という呼ばれ方もいいかもね ( 笑 )

そんでは また 明日は奥飛騨です

台風の中 車で走っていく予定です

 








人 ( ひと )
昨夜 レイトショーで テルマエロマエを見てきました

ようやく見ることができました レイトショーを選ぶ理由は ずばり安いから ( 笑 )

やっぱ 上戸彩ちゃん かわいかった 

あれで 平たい顔族だったら 内モンゴル顔の私は どうなるんだって感じです

で 帰ってきたのは 夜中 そのあと作業を少しして 帰宅

今日も早朝から ハウスでの作業があり 前々から予約されていたアセロラ狩りを1組

そのご家族 あっ どこかで見たことあるって思い で 話を聞いているうちに ・・・

ようやく 帰り際になって 全てがつながった ( 笑 )

人って面白い 人ってあったかい 人って素晴らしいって つくづく思い 感無量


それから 今日は もう1つ嬉しいことが ・・・

仲間の1人 ガンが再発して入院をしていたのですが 治療が終了し

といっても 完全にはなくなっていないとのことなので 定期的に通院することが条件ですが

それでも 元気に帰ってきました

その仲間とは 私にとって 土木の師匠

中学時代から バイトをしていた私は いつもくっついて面倒を見てもらっていたのです

1度目のガンは 3年間ほど休んでいましたが その後 見事復活

建設業から農業へ転身した際も ずっと私を支えてくれた 大切な人なのです

その仲間が入院にあたり 私に言った言葉は 自分の代わりに若い人を見つけてくれって

緊急雇用を使えば 負担も少なくなるからって ・・・ 

私は 当然 お断り ・・・ 緊急雇用という補助制度 今は好きでないし

雇うんだったら ちゃんとずっと一緒にやっていきたいから

それに いつでも戻ってきてほしいし 元気でいる間 ずっと一緒に作業していたい

たとえ 働けなくなっても アセロラの花を見に来てほしい 山羊さんの顔を見てほしい

アセロラたちだって 山羊さんたちだって 絶対に喜ぶはず

夏は暑いので まだまだ というか これから無理はできないだろうけど

コック捻れば水が出るし 剪定作業など 肉体労働は無理だったら せめて 

一緒にハウスにいるという 同じ空気を吸っていたい これからもずっと

私は 苦労話とか話さないし それに そういうを考えるの苦手 だけど その仲間は知っている

それに 間違いなく その仲間が苦労してきているんです 

ずっと夢を追いかけている 私に合わせてきているから


良かった 本当に良かった 

実際のところはね 違う人を雇うと 戻ってきてくれないような気がして ・・・

験を担ぐわけではないけれど 

それにしても 1人いなくなると 仕事量が倍増 だけど どんなに忙しくなっても

何とも思わないのは やっぱ 戻ってきてほしいっていう想いが強いからなんだろうね

人って 裏切ることもあるけれど やっぱり いいもんです



  
UFO ?
あれあれ アセロラとドラゴンフルーツで売り出していたのに

いつの間にか 山羊さんのブログになってしまいました( 笑 )

言い訳をすれば アセロラはこれからがシーズンです 

それから ドラゴンフルーツも開花が始まったぐらい これからなんです

だから 今 張り切って頑張っているのは 山羊さんたちなのです 


さて 今日は 山羊さんたちが腰麻痺にかからないよう 注射を打ちました

かかりつけの獣医さんが すばやく ササっと済ませてくれました

この獣医さん 息子がいて その息子さんとは 中学・高校と同級生

私とは比較にならないほど頭が良く 彼も 獣医として仕事をしています

実家のワンコもお世話になっています

動物を飼うっていうことは いろんなリスクもあります

なので 獣医さんがいるってことは 本当に助かります 心強いです

だからこそ 山羊さんと草刈隊が組織されても ・・・ ということになります

なんでもそうだけど 1人ではできないわけで いろんなサポートがあって

いろんな職業のプロがいるから 成り立っていくのです なんて 偉そうにですけど ( 笑 )


で 今日は 草刈隊の出勤日 私は アセロラハウスの作業 

それから 新たに契約する管理地へ行き 着工前の写真を撮ってきました

着工前写真というのは 工事 ( 施工とか作業 ) する前の状況写真のことです

作業状況写真 最後 工事完成後に 着工前と同じ位置から 写真を撮ります

それが 証拠写真ではないですが ちゃんと仕事していました ちゃんと成果があります

ってことで その仕事の代金を頂きます

それで タイトルにもあるように ・・・ 写真を整理していたら

UFO?

何気なく 拡大を押してみたら えっ? UFO なの?
 
ufo ufo ...

まっ 多分 何か別のものだと思うけど でも そうだったら 私は宇宙人?

たまたま 今日は曇り空 だけど 今日を選んだのは理由があって

基本 着工前とか完成写真は 影が写らないよう曇りの日がベストだから


それにしても ちゃんと調べてもらおうかな ( 笑 )

ヘリコプターだったら 音がするはずだし ・・・ う~ん 音はなかったはずだし

気になる 気になります 

もし そうだったら 宇宙の果物 ほしい 育ててみたいです




メ..えぇ~?
今朝は曇り で 徐々に太陽が顔を出し 暑い1日になりました

朝から 注文されているアセロラを収穫して出荷 それから 水遣り

午後からは 久し振りに歯医者に行ってきました

気付いたら6年も行っていなかった ( 笑 )

最近 肩凝りからか 歯が浮くようで痛みもあり 日増しに痛くなってきたので

虫歯ではなかったけど 噛み合わせが悪くなってきたのか 原因はそこらしい

つまり 年くった ということです ( 笑 )

歯は命というぐらいですからね

普段 怒らない歯医者の先生が珍しく もう少し早く来てと言ってきたくらいですから

当の本人は そんな噛み合わせで痛くなるなんて えぇ~!と言いたいくらい 驚きでした


で 夕方には もう1つのアセロラハウスの水遣りをしながら アブラムシなどをチェック

この時期 つまり 梅雨に入ったこの季節が1番 アブラムシが発生するのです

毎年毎年 凝りもせず ・・・ だから えぇ~!とは 驚かないです

アリさんが枝を行ったり来たりしていたら ほぼ100%います

それから アマガエルさんが木の枝にいても おおよそいます 何かがね

帰り際 山羊さんのところへ 今日は出勤日ではないから みんな寛いでいます

かわいいです みんな寄ってくるので なでてあげます

緑の絨毯計画ではないですが 美濃加茂牧場も綺麗に管理されています

green

特に最近寄ってきては ちょっかい出してくるのが うめ

ume

ズボンをかじったり そうかと思えば しゃがんでいると おんぶしてくれと言わんばかりに

後ろから 飛び乗ってきます かわいいです

で かわいい写真を撮りたくて ちょっと離れていてよと 無理やり離そうとしていたら

メ..えぇ~ていう表情をされてしまいました ( 笑 )

ume e ...

さて 明日は出勤日です

来週ぐらいから もう1箇所 除草勤務する場所が増える予定です

これから夏に向けて暑くなるので 日陰を作りながら 作業をしていく予定です

山羊看板
今日は 朝からはっきりしない日でした

雨が降りそうかな?と思いきや 少し 太陽が顔を出し そうかと思ったら 雲が出てきて

空だって 迷ったり 悩んだり 憂鬱な日もあるんでしょうね ( 笑 )

という私も お天気のように ・・・ そんな感じです ここのところ

それでも 1つ1つ終わらせいかなきゃと思い どうにかこうにか という日々です

それから アセロラのご注文をいただいていて なかなか発送ができず ・・・ すみません

もうすぐ 本格的に収穫が始まりますので もう少しだけ お待ち下さい


さて 今日は ・・・ 早朝から アセロラの水浴び?と水遣り

10時からは 人と待ち合わせ 会社組織なので いろいろ事務処理がありまして ・・・

で 午後からは 山羊さんの伐採しているところへ

今日は 2時ごろから 出来上がってきた 山羊看板の設置をする日でした

一緒に取組んでいる 地元高校生の力を借りて 何とか3枚設置することができました

yagi-kanban

yagi-kanban zoomup

いやぁ 久し振りに 腰道具 ( 釘袋とか ) ぶら下げて 金槌握って 釘打ったよ ( 笑 )

当たり前だけど ちゃんと打てたから 体は覚えているんだと 懐かしくなってしまった

杭打って 測量して 丁張りかけて ・・・ なんていう一連の作業を思い出すと

不思議なもんで 良いころの思い出しか 思い出せないんだよね

嫌だったなって思うことも 思い出になる 楽しかった?みたいな感じになってしまっているんです


この取組みは まだまだ始まったばかり 緑の絨毯計画!

正直 厳しい面もあるけれど これでおしまいではなく まだまだ 『 つづき 』 があります

その 『 つづき 』 を しっかり実行していくためにも 1つ1つ実績積んで

山羊さんを知っていただいて 皆さんに親しみ持っていただいてと思っています

私たちが目指す農業は どんどんつながっていくこと だから 無限に可能性があるんです

応援していただけると 本当に嬉しいです

共感こそ これからの地域企業にとって 必要不可欠の要素の1つだと思っています

 
  
へへへ ( 笑 )
久し振りに? お家のベッドで寝ました

やっぱり ぐっすり眠れます

といっても あまり眠りすぎると 嫌な?夢を見ます なので 結局 起きます


アセロラハウスを見渡すと 随分 花が咲いているなぁと感激

で みなさんからご注文 アセロラ狩りを予約されている手前 実はというと ・・・

何とか 6月中頃から対応できると思っています

だけど 6月末からが本格的な収穫 7月になれば という感じです

生アセロラは 待ってくださる方々がいると思うと ちょっとプレッシャーを感じます

だけど 自然結実に任せているので 私は ただただお祈りするだけです

まっ 大丈夫でしょう だって 頑張っているんですから などと訳の分からん自信


ドラゴンの実験棟には レモンなどの木もあります

3月ぐらいから花を咲かせるのですが 木の成熟具合も悪いせいか 実はなかなか ・・・

大きくなったなと喜んでいると 翌日には 落ちていて ・・・ なんていうことの繰り返し

なので 今回は あまり期待しないようにと思っていました

そしたら どうやら 期待して良さそうです

lemonlemon

親指の半分ぐらいまで大きくなってきました 嬉しいっ!

レモンティ? それとも レモンスカッシュ? などなど 考えてはニヤニヤしています

とりあえず 得意?の鉢植え栽培だけど そのうち 地植えもしようと思っています


誰もいない 朝の早いハウスで へへへっなどと ニヤニヤしてしまいました

やっぱ モノができていく過程って 本当に面白いです


ここが好き
外では カエルの合唱が聞こえています

そろそろ本格的な梅雨 観光地にとって あまり雨は好みませんが

水不足になっては 農業にとっても良くないことなので 恵みの雨として受け入れます


さて 奥飛騨の温泉ハウスでは 少しずつですが ドラゴンの開花が始まりました

本格的な開花ではないですが ちらほらと咲き始めています

今夜も20輪ほど 4品種の花が咲きます

品種が違えば 花の形も違います もちろん香りも 細かく言うと 花粉の量までも違います

そんな中 純白の花びらを顔を出す ダークスターという品種が好き

当然 全ての品種を好きですが 強いて言えば 咲く前が好きです

風船のように膨らみ そこから 顔を出す 花びらが好きなんです

darkstar

これから 受粉をしてから 美濃加茂へ帰ります

明日の朝には 美濃加茂での作業があるので バタバタですが いつものこと

溜まりに溜まった書類があるし ハウスでの作業もあるし

明日は 山羊さんの出勤日だし ・・・ 弱音を吐いている時間なんてないから

そんな時間があったら 何が出来るんだろう?って

だから 前へ進むのみ 進むだけなんです 


奥飛騨へ来るようなことがあれば ぜひ ドラゴンの花見 よろしくです


予想通り
世の中には 期待通りと予想通りがあり 期待以上と予想以上があります

期待通りと期待以上 そして 予想以上は 喜んでいる顔が想像できます

しかしながら 予想通りには 良いこともあれば 悪いこともあります

どちらかというと 悪い方を想定している方が多いかな?という感じです


で 今日は まさにその悪い方の予想通りというものがありました

今夏 いろいろ計画をしていて ・・・ その中で 力を入れようと思っていることがあるのですが

いろいろ想定しながら それでも 敢えて その文言を選び あるところに 提出したのですが

まっ 予想通りという反応が返ってきて ・・・ Mな私にとっては

なんだか ニヤニヤとなってしまうような そんな時間を費やしてしまいました ( 笑 )

自分なりに考え 自分なりに正しいと思って 提案した訳なので 後悔はありません

逆に これで良かったという安堵感もあり そうはいっても 私も1人の人間なので

全てに良い人ではないわけで ・・・ いつか見とれよという想いはあるわけです ( 笑 )

とは言いながら 人にはそれぞれの立場があり 状況や環境があり ・・・

つまり そういう時期でない まだまだ 私自身の信用と実績がないという裏返しなのでしょう

悔しいけど そういうことなんです だから 頑張ります

でも その計画は実行致します 時期と内容は もう少し時間をかけて煮詰めていきます

絶対に 『 しまった 』 と思わせるような形をと思っています ← いやらしい性格です ( 笑 )


いろいろ腑に落ちない点はあるけれど そんなことは グダグダ書きません

悔しいと思う気持ちを上手に切り替えて 1つのエネルギーに変えていく必要があるって思っています

地域で活動する民間企業として これからも頑張っていきます



緑の絨毯
なんだかんだ言って 今日も1日 余裕がなかったです

昨日まで催事があり 今日も朝から ハウス内で作業 ・・・

突然の取材があったりして 結局 夕方まで忙しかったです

で それから 注文されたものの梱包作業をして 明朝 奥飛騨へ出発いたします

日曜日まで奥飛騨で作業をし 夜中 受粉をしてから 美濃加茂へ戻ってくる予定

で 来週は 溜まりに溜まった事務処理をしたいと思っていますが ・・・ 


でもね いろいろ問い合わせがあったりすることは 本当に幸せなこと

興味を抱いていただけること やっぱり嬉しいものです

だから どんなに忙しくても 時間を調整して たとえ 寝る時間を割いてでも

やれるだけ頑張りたいって 本当に思います

無理するなって心配されること とてもありがたいことだし とても嬉しい

それでも 今しかやれないことってあるわけだから とことん無理したい(笑)

それに どうにもならないほど疲れてしまったときは どうしたって 目が ・・・

そういうときは 5分でも 10分でも 眠ります


さて 急遽 取材ということもあり 兼ねてから計画していた看板を急いでいただくことに

設置までの時間はなかったけど それでも 何とか 間に合わせてくれました

建設時代からお付合いしている看板屋さん こういうときは ちゃんと無理が利きます

感謝感謝です はい ありがとうございます!

で これが その看板 つまり 美濃加茂市から業務委託を受けている看板です

sign

刈った草は不必要なものだから 廃棄物扱いされてしまうのが現状

だけど 山羊さんにとっては 美味しいご飯なのです

いろいろ法規制があって ここでは 小難しいことは書かないけれど

もっとシンプルなやり方ってあると思います

それぞれの現場に合った形とか 一番無理のない 負荷のかからない方法があるはずです

各市町村で その見解が違っていて当然なわけです

住み良いためのルール作りが いつの間にか 堅苦しくなってもきているもの

もう一度 私たちは いろんな意味で考えていく必要があるのかもしれません

と 偉そうなことは言えませんが とにかく フルージックが目指す農業は

シンプルに そして 現代の技術も取り入れながら 今の形に見つけ 実践していくこと

あくまで 1人の農家として 何ができるか 現場にしか分からないことを

現場でしっかり実践して 情報を発信していきたいと思っています

何より 現場の意見が反映されにくい 机上論だけの理想論が先行されないよう

しっかりと実績積んで 頑張っていかなければと思っています


それには やっぱり 現場が楽しくなくてはっ!

楽しい農業 それこそが 全てに通じることなんだと思います

屁理屈ばかり言ってもダメ 口先だけでもダメ 批判批評は簡単だけど

ずっと継続していくことは 本当に難しい

だから 楽しくなければって それしかないんじゃないかな

いくつになっても たとえ じぃちゃんになっても 笑って農業していたいものです


緑の絨毯 ・・・ 山羊さんたちと緑を作っていきます

緑のカーテンのパクリですけどね(笑)

いいでしょ 緑の絨毯 みんな いっしょにやりません?




  
つながり
岐阜高島屋さんでの高山展 無事 終わりました

疲れましたぁ ・・・ でも 楽しかったです

今までの催事で 1番疲れました

takayama-ten1

takayama-ten2

車で1時間弱ということもあり 通うことができたことで 

毎日 新鮮なアセロラを持ち込めたことは 本当に良かったです

それに 足りないものも 翌日には用意できるしね

ただ いつもの催事より仲間が1人欠けているため その分 朝6時前にはハウスに行き

2時間ほど作業をし それから 催事が終わってから ハウスに行って作業

夜中に事務処理といった感じとなり メールなどの対応が遅れてしまったこと

お客さまには 大変ご迷惑をお掛けしてしまったと思っています

1人少なくなるということは その分の仕事がストップしてしまうわけで

改めて 1人1人の役割が いかに大切なのか 考えさせられます

全てが思い通り うまくいっているときは そんなことを忘れてしまい

ついつい当たり前のような感覚となってしまうもの

感謝することを忘れないよう 支えてくれる仲間や家族の存在

私たちが目指す農業が継続できる原動力となる お客さまとの時間 それから つながりを意識し

筋が通った取組みを続けていきたいと 力強く思う そんな催事でした

岐阜高島屋さんでの催事は 今年が3回目 毎年 顔を出してくれるお客さま

テレビ見たよって声をかけてくださるお客様

それから 奥飛騨へ足を運んでくださったお客さま 今年も行くねっていう言葉が心に響きます

農業を始めて8年? 9年だったかな? まだまだ厳しいけれど それでも

しっかりとお客さまとのつながりが生まれてきたことを 実感できるようになりました

どんなに順調に進んでも 決して 驕ることなく ひたすら前向きに努めること

何より 楽しんで農業することを心掛け お客さまと一緒に育っていけたらいいなって

そんなふうに思っています 

今後とも よろしくお願い致します


岐阜高島屋さんの方々 声をかけてくださった皆さん 本当にありがとうございました






ご迷惑 ・・・
6月3日(日) 中京テレビさんの番組 『 幸せの黄色い仔犬 』 にて

フルージックのアセロラとドラゴンが紹介される予定となっています

6月5日(火)まで 岐阜高島屋さんにて 高山物産展をしております関係で

電話でのお問い合わせができなくなると予想されます

また メールでの対応も夜中になります

ご迷惑お掛けしますが どうか ご理解願います 


尚 アセロラ狩りは 6月中頃を予定しておりますが 天候などにより

若干 ずれ込むことも考えられます

どうか よろしくお願い致します

岐阜市へ来ることがありましたら ぜひ 岐阜高島屋10階催事場へ

お越しいただければと思います