プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
嬉しい知らせ
相変わらず バタバタとしています

でもね こういうバタバタ感が好き

余裕がなかった頃 そう20代から30代前半は 胃が痛くなることも

常に前向きな性格だけど それでも 結果が出ない 見えてこないと焦ってしまうもの

40過ぎて いろんな経験を積んできたのか

いやいや 単に年とって いろんな感覚を麻痺してしまうほどになってしまったのか

それは分からないけど この感じが好き 生きてるって思ってしまう

大げさな感じもするけれど それでも 人は生かされているって感じるのは

だいたい バタバタ感の真っ只中だったり その後だったりします


今日は ある地元企業さんから 山羊さんの伐採業務のことでお話がありました

今 山羊さんの伐採隊は いろんなところからお声がかかるようになり

正直なところ 利益追求ではなく 地域にとってという部分にウェイトを置いていたため

行政だけでなく 民間企業さんからの依頼は 本当に嬉しかったです

秋口までに いろいろ依頼があるので 整理しながら進めていきたいと思っています

何より 山羊さんたちの体調もあるし 依頼された場所はしっかり綺麗にすることは当然

地域にとって という想いが 例え業種が違っていても 共有することができること

本当に幸せだし こうした横のつながりが 地域社会を形成していくと

1人の農業人が偉そうに言えることではないけれど ・・・ でも そう思います

もちろん 継続をすることが前提なので 赤字でもいいというのではなく

ちゃんと収支のバランスは意識します 理想論だとお叱りを受けるかもしれませんが

現実を知っている大人だからこそ 理想を掲げたい そこに意味があると思います

建設業を清算し 本当に厳しかった年月

そして 新規参入ということで実績がなく 補助や助成を受けられなかった現実

それでも 支えられながら 少しずつクリアしてきたからこそ 今がある

だからこそ 厳しい現実だけでなく 地域を意識した 夢を語れる農業企業を目指したい 

厳しい現実は 人を育てる土壌 現実を受け入れ 実績や力不足を認め

日々 これからも頑張っていきます 

今夜は嬉しくて いろいろ今までを思い出して ニヤニヤして眠れると思います ( 笑 ) 

yuki


さて 明日は奥飛騨です

週末 奥飛騨で作業をします 久し振りに温泉に入ってきます

奥飛騨の温泉は 本当にいいです

これから秋になり 紅葉も見頃となります

ぜひ 奥飛騨へ そして 美濃加茂の山羊さんたちを見に来て下さい

そうそう アセロラ狩りもまだまだできます!
 
スポンサーサイト
1つずつ
しっかり残暑 今日も暑かったです 本当に

暑いと思ったら 奥飛騨へ涼みに来て下さい 日中は暑いですが 

夏バテ 残暑疲れだと思ったら 生アセロラ アセロラ狩りもできます

今年のアセロラは とにかく甘いです 完熟すると葡萄のように甘い

だけど 完熟はデリケート だから アセロラ狩りでしか食べられない



さて 先日 たまには というタイトルで紹介した オレンジの花粉がかかった新品種?ですが

どうやら 期待通りに結実して 実が肥大化することは叶わず 落下 ・・・

まっ 人生はこんなもの 1つ楽しんでも 2つ目ゲットには 時間と努力が必要ってこと

DS×OR 1

DS×OR 2

蕾の形は オレンジではない

花を咲かせる直前の蕾はというと イエローにもオレンジにも似ているところがある

じゃあ 開花した花はというと これが イエローやオレンジ特有の丸みがない

どちらかというと ダークスターのようなダイナミックさがある

で 実は?というと 今回はダメでした ・・・

でも 憶測はできる 期待できるような形で散っていってくれたかな?と

来年1年 期待して栽培できる楽しみを与えてくれたというか ・・・ もう1年頑張ります

1年と言わず これからもずっとだけど


表皮がイエローなのか オレンジなのか それとも その中間色の山吹色なのか ・・・

念のため 切断してみると ・・・ 果肉色はオレンジ同様 薄い紫色のような

しっかりした実ではないので 何とも言えないけれど 明らかに紫色です

これが白果肉なら この時点で白色なので

表皮がイエローで 果肉が紫色なら 面白い 見たことないので

まっ いずれにせよ 来年には分かると思うので ・・・

それに イエローやオレンジの特徴があれば 秋口にもう1回 蕾を持つはず

期待してみるか ・・・ 欲張ってはいけないけど それぐらい いいかっ ( 笑 )


1つずつ 1つずつ 登っていきます


男気じゃんけん
今日も暑かったです

昨日 朝ハウスへ行って水をやり 日帰りで福井県の敦賀に行ってきました

昼間は海で遊んで 夜は 催事で知合ったお寿司屋さんへ

今度行くねと言いながら 3年越しに行くことができました

お寿司 美味しかったです 

福井は近いです 美濃加茂から2時間弱 なんと 同じ県内の奥飛騨より近い

距離的には変わらないのですが 高速がしっかり整備されていて 恐るべしインフラ整備!

奥飛騨まで高速がつながってくれたらと思う1日でした


さて 今日は朝から アセロラ狩りがありました

で 愛知県からの若いグループでして 元気いっぱい こちらが楽しくなったぐらい

暑い暑いと言いながら もくもくとアセロラ狩り

アセロラゼリーにも興味を示してくれて ・・・ お会計 ・・・

何やら 男性3人が 男気じゃんけんをしはじめました ( 笑 )

勝って 『 よっしゃー 』 と叫び お買い上げ

暑いアセロラ狩りをして アセロラ持って 郡上の鍾乳洞?に涼みに行くらしいです


さて 先週末 山羊さんたちの予防接種がありました

蚊にさされ 腰麻痺にならないようにするものです

今回が夏前に続いて 2回目となります 

yagi1

yagi2

全部で25頭 1頭ずつ車から降ろしては テキパキと手際よく 獣医さんが打っていきます

この獣医さん 実は小学生から高校生まで一緒だった子のお父さん

近くにいるってことは 本当に心強いです

多少痛いのか 売った後は 痛いっていう感じで 山羊さんたちも鳴きます

でも 腰が麻痺してしまうより 予防できるものはした方がいいから


暑い日がまだまだ続きますが 山羊さんたちは 急斜面を登って降りて

草を食べています 私たちからすれば 管理してもらうという考え方ですが

山羊さんたちにとっては 運動しながら食べているといった感じ

なので どんだけ食べても太らないみたい ( 笑 )

翌朝には 腹減ったとばかりに 寄ってきますから


ちなみに 山羊さんたちと男気じゃんけんをしたら 絶対に勝つ自信があります

なぜなら 山羊さんたちはチョキしか出せないからです ( 笑 )


子育て
夜中 奥飛騨から美濃加茂に帰ってきました

暑いです 美濃加茂は異常なほど 暑いです

そうそう 先週ずっと夕立がひどくて ・・・ カミナリも ・・・

何でだよ!って思うことが 美濃加茂には4つハウスがあるのですが

なんと2箇所のハウスのブレーカーに ・・・ カミナリの仕業

なんで?うちだけ? まっ 後厄だから これで厄を落としたと思えば

それにしても 計算外の出費でした


さて 先週 娘がある音大へ行ってきました

ピアノコンサートで 賞を頂いたご褒美に 音大へ行って弾くというものだそうです

で 私は 仕事があったので行けなかったのですが

どうやら 途中で躓いてしまい 頭が真っ白になって 泣き出してしまったそうです

2度とコンサートみたいなものは嫌だ もう参加しないなど かなり落ち込んだようで

今朝 山羊さんのところへ行く車の中で いろいろ話しました

みんなの前で恥ずかしくて 悔しくて泣いたのであれば パパの子だね

失敗しても 何とも感じないようであれば パパの子じゃないって

たまたま小さなところでは 上手く弾けても 違う町にいけば もっともっと上手い子もいる

世の中は 本当に広いし いろんなすごいことができる子がいっぱいいる

だから 小さな町だけで満足しないで 外を見る勇気がいるよ

周りの子のすごさを認めて 自分も自信を失わず もっと頑張ろうって

失敗して良かったよ 失敗しない方がいいのかもしれないけれど それでも

ずっと失敗しないことはないだろうからね

どこかで 悔しかったり 恥ずかしかったりすることは 次のレベルを目指すためのもの

その想いは 自分で乗り越えなければいけないよ

自分の殻は 自分でしかやぶれないのだから 逃げないで 前へ進もうって

パパだって こうして農業しているけど いろんなことを経験している

小さい頃は 逃げたい 学校休みたいって思ったこともあったけど

なんとか乗り越えてきたから今がある 

自分に自信を持っていこう ・・・ まるで 今の自分に言い聞かせるように ・・・

子育て 子育て っていうけれど 自分自身を育てているみたい


明日は 日帰りで海へ行ってきます

夏休み 毎年のことですが どこへも連れて行けなかったし

失敗したから海へ連れて行きます 失敗したと言うことは 挑戦したということなので

娘は失敗したのにいいの?と聞き返してきたけど 今の娘には 成功と失敗は大差がないのです

むしろ 私は 失敗の方が好き 

なぜなら そもそも失敗という言葉は 私にはないし 続けて上手くいけるようになれば

失敗という出来事は 成功する過程の一部になってしまうから


だけど 大人の世界は厳しい 

想定外とか できない理由で逃げられないからね

やるからには結果を出す それしかないのです




ドラゴン食べ比べ
やっぱ涼しいです ここ奥飛騨は

夜も暑い 熱帯夜ということはなく ハウスの中で毛布にくるまって寝ています(笑)


さて 7月下旬からスタートした ドラゴンフルーツの食べ比べ

評判も良く とても嬉しく思っています

リピーターのお客さまも多く 本当にありがたいことだと感謝しています

また 他のドラゴンと比較することは好きではないけれど

それでも『 全然味が違う 』 『 瑞々しい 』 『 甘い 』 『 いろんな色があって面白い 』

って言われると やっぱり嬉しいものです

これこそ ご当地グルメだと力んでしまうこともあります ( 笑 )

ここにしかない ここでしか味わえない というものを発信していきたいです

最近 市内のお客さまも多くなっていることも嬉しいのです

時間がかかっても まず 地元の方々に知って頂くこと これが大切ですから

なので 今年も出血大サービスではないですが できるだけ多くの品種をと思っています

seven colors

7色のドラゴンではないですが 通常4種類ぐらいだったのですが

6から7品種 頑張って提供していきたいと思っています

これだけの種類のドラゴンを一度に食べ比べる場所は 世界でもここだけ?ですから

だけど この時期のイエローは 理由があって水分が多く 質は悪いです

それでも 楽しめます

これから来年の1月ぐらいまで 食べ比べができると思いますので ぜひお立ち寄り下さい

高山市奥飛騨温泉郷栃尾 温泉ハウスの前にある 喫茶・那由他で食べられます


オレンジドラゴン2
1週間振りの奥飛騨 さすがに夜は涼しいです

虫の声も響き 秋がしっかり近づいている 実感しています

秋が来れば 冬 寒くて長い冬がやってきます


さて 先日アップした オレンジドラゴンですが ・・・

いよいよ収穫ということで いくつか実をもぎ 糖度を確認しました

orange1

orange2

orange3

たまたま アセロラを買いに来ていた 友人もその場に居合わせていて ・・・ 友人がポツリ

『今の温度か?』

20度を超すことは 毎年のことでしたが さすがにこの数字にはびっくりでした

尋常でないこの値 どうなっているんだろう?

前日のマンゴーで17度ぐらいでしたから 感じる甘さと糖度計の値

数字は あくまで数字なんです

とはいえ このオレンジ さすがに美味しいです

少し早く収穫している分 瑞々しさと酸味も残っていて それでいて甘い

酸味と甘味のバランス そして 瑞々しさ 私が求めるところです

ネット販売の欄には書きませんが 興味がある方 連絡頂ければと思います

奥飛騨では 食べ比べで 出す予定ですが なくなり次第終了です


採算性はイエロー同様 非常に悪いですから あくまで趣味の延長です

それでも 流通できるように安定性と質を求めて栽培していきます




今年初収穫
毎日の激しい夕立 かなりストレスです

美濃加茂のハウスは 超簡易ハウス なので 窓の開閉は手動式

昔は当たり前だったと思いますが 奥飛騨の全自動を経験してしまうと ・・・

カミナリ雲が見えてきたら 急いで窓を閉めに走ります

昨日なんて 停電が1時間以上でしたから 

で 朝 ・・・ 早くから 窓を開けに走ります でないと ハウス内が ・・・

夏は ある意味 窓を開けっぱなしでいいので その分作業時間が作れるのですが

今年は違います ただでさえ 時間がほしいのに ・・・ こういう年もあるもの

今は 全てが経験だと思って 頑張っています


さて いつものように 朝 ハウス内を見て回っていると 

catch a mango

マンゴーの苗自体 とても少ないのですが どうだろう かれこれ5年ほどは栽培しています

昨年から 少しずつ収穫できるようになり で 今年 初収穫です

マンゴーは難しいです いろんな意味で

その中で これは ケントという品種です

日本では メキシコ産のケントが有名です

kent 2012.8.19-1

冬期 5度近くにまで落ち込むこのハウスでは 限界があります

その影響もあると思いますが 小さいサイズです

逆に言うと 5度でも育つということです

kent 2012.8.19-2

果肉の色は 山吹色です とても鮮やかで艶々しています

香りもアロマティックです 

果肉もやわらかく ジューシーで甘く とても美味しいです

念のため 糖度計で確認しました

kent 2012.8.19-3

意外と高くないです ドラゴンと比較してということですけど

ドラゴンを食べたとき感じる甘さ その糖度の値からすると 当然だけど 違います


最近では 北海道でもマンゴー栽培をしているぐらいですから

今では 日本各地が生産地ですね



オレンジドラゴン
暑かった ・・・ と思ったら 激しい夕立

相変わらず 大気の不安定さにイライラです


さて 超レアなオレンジドラゴンたち そろそろ色づき始めました

orange dragon 2012

ウィキペディアでは流通しないと書かれているようですが

残念ながら 奥飛騨で流通しているのです

とはいえ 年30個前後なので流通していないとするのが 適切な表現かも

奥飛騨にも何本か苗木は植わっていますが これは 美濃加茂の実験棟で撮影したものです

ここ4年ほどかけて 実として安定しているかを確認中

種から育てたらどうか あるいは 挿木しても変わらない実になるか などなど

で 4年間ずっと同じ状態 花芽をつける時期は 若干ズレているけど

それは 天候に関係していること おおまかな流れは同じなので ・・・

このオレンジは 甘い とにかく甘いです

イエローとは 甘さの質が違います 個人的には イエローが好きですが

食べ比べでオレンジが稀に出ることがあり お客さまの反応は 『 甘くて美味しい 』 です

ただね イエロー同様 収穫数が少ないことがネック

これも ある意味 趣味の世界 採算性は非常に悪いです

だからこそ フルージックの出番なのかも そう思って 作り続けます

一応 買い注文が来ているので 出荷いたしますが

まだ 価格は決めておりません

決められないですよ 比較するものがないですからね

岐阜のイチゴ農家さんで 1個1万円というものがありますが ・・・

でもね 売る人がいて買う人がいる 話題性だけで売るという商売は苦手だし ・・・

どうしよう ・・・ 私の欲と相談してみます ( 笑 )



たまには
今日は暑かった 久し振りに暑かったです

でも この方が好き 汗だくになってハウス内で作業するのがね やっぱ夏だから

夏バテなんていうのは ないない 

夕飯もきっちり3杯食べてしまった ( 笑 )


ところで ・・・

たまには ドラゴンフルーツ農家らしく マニアなネタを書きます

フルージックは現在24+1 つまり オレンジが安定してきたため 25品種となりました

これから数年で オリジナルなドラゴン 10品種以上 生まれてくると思います

現在 安定しているかどうか 確認しているところなので

種からだと安定性にかける問題があるから しっかり見極めてからと思っています

それに 実が美味しいかどうか これも当然重要なことです

品種名をどうするか 今から 悩んでいます ( 笑 )

で これが 紫果肉のダークスターに オレンジの花粉をかけたもの

その実から種を取り ・・・ その1つが大きく成長し ようやく花を咲かせてくれました

DS*OD1

DS*OD2

DS*OD3

DS*OD4

オレンジは一般的に イエロードラゴンと何かがかかっていると思われます

私たちのオレンジは 表皮がオレンジ色 果肉は紫色です

ウィキペディアでは オレンジにもいろいろあると書かれているようですね

ただ 私たちのオレンジは紫色 もっと言えば 半透明な紫色です


蕾は イエローに似ています オレンジの花粉なのにイエローに似ているところがポイントです

この時点で オレンジはイエローがかかっていることが予想できますね

で 花はというと ・・・ イエローやオレンジにあるような丸みがないです

花びらの形は イエローやオレンジに似ているのだけど 花としての丸みがない

もっと言えば 雌しべを覆うような丸みがないと言うことです

ここで ダークスターの影響がでていると思われます

どうやら 結実したようで あまり大きくなることは期待できませんが それでも

ちゃんと実が ・・・ どうなることやら ・・・

この実の外観は イエローに似ています 

表皮がイエローで 実が紫色とかだったら ちょっと嬉しい

イエローなら 完熟まで この時期4ヶ月程度は待たなければならないし

う~ん 早く実の色を見てみたい それで 食べてみたいです


さて 奥飛騨では ドラゴンの食べ比べがスタートしています

どんなに有名で 超リッチなホテルに泊まっても このドラゴンの食べ比べはないと思います

これだけの種類を栽培している変わり者は ここぐらいだろうから

そういう意味でも かなりマニアックなんです

だから 私たちのところへ来てくれるお客さまも ある意味 マニアックな感じ?

でも それが ご当地グルメっていうものだと 私は理解しています

それでは 奥飛騨でお待ちしております 美濃加茂のアセロラ狩りもよろしくです






走る走る
大気の不安定 いったいいつまで続くのか

こっちの体が持たないよぉ 仕事もはかどらないしぃ 

ってなわけで 愚痴をこぼしたくなるような毎日 ホントすっきりしない


雨雲が ・・・ って思ったら ドシャ降り

やばいなって思ったら ハウスの窓を閉めに走ります

晴れ間が ・・・ って思ったら すぐに窓を開けないと 急激に温度上昇

1つのところにハウスがあればいいのだけど 微妙な距離があるのが問題(笑)

だから 走る走る といっても 車でだけどね

昨夜は雨が降っていたから 閉めて帰ったのだけど ・・・

朝日で目が覚め 急いでハウスへ直行

まだ誰も起きていないのか 道路には車が少ない 数台といったところ

で ハウスへ着くなり 植物たちに『おはよう』と声掛け

rainrain

いつまで続くんだろうね この不安定大気

呟いたところで 静かなものです

予定より早く起きたから 水をやって 朝飯前にひと仕事

早起きは三文の徳ではないけれど ちょっと得した気分


雨が降った後のハウスは蒸し暑くてね ・・・ とことん暑い方が好きです

汗だぁだぁの方が好きです

明日からは頼むよっと とりあえず 天に向かって呟いてみました


お茶目
今朝方 美濃加茂に帰ってきました

奥飛騨と比較して 蒸し暑さはハンパではない

道中 窓を開けていると寒くて寒くて 美濃加茂に近づくにつれ 蒸し暑く

なかなか切りにいけない私の髪の毛は 少しずつ 湿気を持ち始めていくのが分かります


さて すっきりしない1日が始まりました

年のせいにはしたくないのですが さすがに疲れが残っている状態で実家にある事務所へ

で これが玄関先に ドーンとあったわけです

watermelon man

てっきり 小4の娘が ・・・ と思ったら ・・・ 親父の力作だそうで

ヘタの部分が ・・・ 毛1本? ・・・ 笑いました

片方の眉毛も なぜか落下していて それでも バランスがいい

娘と親父は かなり仲が良く いつもゲラゲラ2人で悪さしては笑っています

疲れていた体と心 朝からお茶目なスイカマンを見ることで 元気になりました(笑)

私は とても単純な生き物なんです

表と裏を使い分けることなんて苦手 言いたいことは言ってしまう

言わなくていいことまで カチンとくると ・・・ 筋が通っていないと ・・・

不器用なんです ・・・ だからこそ ちょっとしたことですぐに感動してしまうし

元気になってしまうのです 

私は奥飛騨にいて 実家にはいなかったけど このスイカマンを見ると

笑い声が聞こえてきます その時流れていた空気も感じられます

その場にいなかった私ですが 容易に想像できてしまうことが 何だか嬉しいです

家族がいること 仲間がいること 本当にいいもんです


プライベートと仕事とは別と言われますが 私はそうは思わないです

この農業という仕事だって 表面的な商売ではなく しっかり心通じ合ってやっていきたい

ネット文化が主流になっていく中でも メールの内容から 人を感じられるようにと思っています

できるできないではなく それを意識したいです

 
800輪
今日は 雨予報が外れ 観光地としてはありがたい1日でした

おかげさまで ドラゴンの食べ比べ 評判が良く 嬉しいかぎりです

白 ピンク 紫 赤紫 赤 そして イエロー

色の違い 味の違い みなさん一様に驚かれる様子を見るのが楽しいです

ドラゴンを食べたことがある人たち えっ?という反応

そういうときは やっぱり どうだ!って思ってしまいます(笑)

普段Mな性格ですが こういうときは Sなのかな(笑)


さて 今夜は800輪以上咲いています

800

今 花見のお客さまは帰りました これから受粉です

明日の朝 急遽 仕事が入り美濃加茂へ戻ります

そういう日に限って これだけ花を咲かせるのですから ・・・ 試練は続くという感じ

逆に ドラゴンたちに こいつ本気で農業頑張ろうって思っているのかと試されているのでしょう

だから 頑張りますよ

でも さすがに美濃加茂に着くのは 早朝になると 少し弱音

昨夜も500輪ほど咲いていたから 受粉を終えたのは 深夜過ぎ ・・・

まっ 道中 休みながら帰ることにします


毎年 毎年 しっかり花を咲かせてくれて ありがとう

これからもよろしくです

ドラゴンたちからの指名を外されないように 一生懸命励みます


気の利いた言葉
奥飛騨の夜は涼しくて 久し振りに快眠 ぐっすり寝ることができました

相変わらず 夜の受粉後 ハウスの中で寝ているのですが 毛布がないと寒くて

びっくりしたのは この時期は温泉暖房をオフにしているのですが 作動しているってこと

暑かったり 冷え込んだり 自然っていうのは 奥が深いって思います


さて 今日も奥飛騨の温泉ハウスには いろんな方が見えています

地元の方もいれば 遠くからやってきた人 それから 小学生からの同級生などなど

お声をかけてくれること 本当に嬉しく 感謝しています

そんな中 福島県の方が来てくれまして ・・・ 

最初は 冗談交じりに 一時避難です ・・・ なんて言っていましたが

いろいろ話をしていくと 今までのいろんな想いが詰まっていて

生まれ故郷に対する想いが ひしひしと伝わり 私自身 目頭が熱くなるものの

何ができるのだろうと ・・・ 今も 目指す農業のあり方を模索している段階において

なかなか余力があるわけではなく 今も四苦八苦している毎日

結局 行き着くところは ここへ来て良かったと言われるよう 精一杯接客しよう ・・・

温泉ハウスを見て ドラゴンの食べ比べをして 最後に発した言葉が

『 ここへずっと来たいと思っていた NHKのドキュメント見て いつかって

原発事故が起きて いろいろあって 今こうして ここへ来ることができた 』

そして 決して本心ではないだろう どう捉えていいのか 分からない複雑な表情をして

『 ある意味 原発事故のおかげで君に会えたのかも 』 

私は この言葉の意味を想像するしかできない どんな気持ちなんだろう

ここには書いていないけど いろんな話をしてくれて ・・・ どこかで事故は忘れたい

忘れたいけど忘れられない 全てが変わってしまった 若い人も避難して

そこの地域は 年寄りだけが残ってしまって ・・・ 疲れてしまったよ ということなのか

この言葉に対して 私は 気の利いた言葉すら思いつかず ・・・  

そうですね とも そんなことはないですよ とも言えず 10秒ほどの時間が止まったようでした


今夜は どうも眠れそうにないです いろいろ考えてしまいそうです

だけど 1人の農家として 目の前の農業を頑張るだけ

1人でも多くのお客さまに ここに来て良かったと言われるよう しっかり説明すること

見事に咲く ドラゴンたちの晴れ姿を演出できるように頑張ります

今の私にできることは これぐらい このこれぐらいを中途半端にしないように

そして いつか ・・・ いつか ・・・


明日から3日ほど 奥飛騨のハウスでは ドラゴンの花が満開となります

dragon flower

奥飛騨でお待ちしております

 



決まって 
昨日 久し振りに激しい雨が降り 涼しくなると思ったら

朝から むしむしと暑い 昨日取り過ぎた分の水分を 汗として出し切る1時間ぐらい

ハウスでの作業は ちょいキツイ そんな感じですが

1度汗を出し切ってしまえば こっちのもん というわけではないですが 楽なものです

45度ぐらいになっても 大丈夫 いつものこと 50度 まだまだいける


だけど お昼ごはん食べた後 それから 夕方になると

紫外線などで目が疲れているのか 眠くなるんです 目が ・・・ だから

take a nap

寝ます 迷わず 少しだけ横になり寝ます



今日 まだ内緒なので しっかりしたことを書けませんが

美濃加茂市の中で取組んでいく 1つの方向性を話し合いました

ある意味 お声をかけていただいて感謝すべきことでして 本当にありがたいです

私自身の性格は 古臭いタイプでして 筋が通っていないとダメ

行動範囲というか 守備範囲はかなり狭いタイプ それから 現場重視

でもね これからは現場で力を発揮できる人たちが生き生きしてくると思うんです

そうじゃなきゃダメ 計画だけで どうのこうのではなく プロデュースすることは必要でも

プロデュースする人でも現場ができなければ と思うんです

現場での行動力がないと薄っぺらいというか だからこそ 現場ができる安心感

それから 実行する力強さが必要なんだって

自分で言うのもなんですけど そういう意味で信用され お声をかけていただいた以上

私はやります 必要とされることが どれだけ励みになるか

フルージックとして 必要とされるところで農業をする 生き抜いていくためにも

好きな農業を確立していくためにも 楽しみながら 人との関わりを大切にしたいと思います


そういえば ここのところ 決まって お昼ねをしてしまいます

食べられる 眠れる ということは 健康そのものなんですね 感謝です

夜中は 男子サッカーを見ます 女子卓球の団体戦もね



ラジオ生放送
久し振りに夕立ちがあり 涼しくなるかな?と思ったら 蒸し暑い ( 笑 )

まっ こんなもんか ・・・ という感じ


さて 明日は午後から 地元のラジオ局へ行きます

まだ開局したばかりですが 地元ネタをわんさか放送していくようです

やっぱ 地元から熱くならなければ 何も育たないですからね

私自身 立場は違えども 同感です

フルージックもそう思い ずっと地元発信でやってきていますから

外で有名になって 地元に戻るという選択肢もあるでしょうが

私たちは やっぱ地元からです

地域の人たちに応援されて 一緒に育てていただいて というのが理想です

さてさて 明日のラジオは生放送です

山羊さんのことを話す予定だと思いますが ・・・ 内容は分かりません

というより 私は客人なので 振られた質問に答えていきます という感じ?なのかな

美濃加茂 可児 それから御嵩でしか聴けないけれど 時間があれば ぜひ!

FMらら 15:00からです

それでは 明日も1日 頑張ります!


レモン扇風機
今日は 中学時代の同級生がお友達連れて アセロラ狩りに来てくれました

私たちのドラゴンジャムのヘビーユーザーでもある彼女は フルージックの応援者の1人です

地元で農業していて 地元の良さを改めて感じるときは

ずっと会っていなかった同級生から 突然 連絡が入ること

いきなり電話っていうわけにはいかないけれど メールなんかで連絡がくると

当時を思い出したりして とても懐かしく 感慨深いものが込み上げてきます

近くにいて支えてくれる人もいれば 遠く離れているところから応援してくれている人もいます

本当に感謝しています だから 頑張ります それしか言えないけどね


さて 暑い中のアセロラ狩り それでも みんな喜んでくれます

甘いっ 美味しいっていう言葉が 風に乗って ハウスの端から聞こえてくれると

私の心の中は どうだ!と言わんばかりの気持ち どや顔まではいかないまでも

それでも 自慢げな顔をしていると思います ( 笑 )

農業の楽しさ 経営を持続していくことへの難しさ いろいろ質問もされますが

1つ1つ丁寧に答えていくことも私の務め ただ作って売る というだけでなく

ここまで足を運んでくれることの意味を考えると 最後まで満足して帰ってほしいから

で 暑い暑いビニールハウスの中で しばし歓談ということもしばしば

実験的にというより ある意味 趣味で栽培しているレモンを見せるという目的もあり

lemonlemon5

実験棟に移動 暑かったので レトロな扇風機を持ち出し レモンの新芽を摘んで

レモン扇風機の出来上がり!
 
lemon fan

摘み取ったレモンの葉や茎からは 柑橘の香りを発します

その香りを生かすべく? レモン扇風機というものを考案 ( 笑 )

しばしの心地良さを演出しました


まだまだ暑い日が続きますが 熱中症には 水分は当然のこと 塩と砂糖です

という私は 取り過ぎだろうっというぐらい水分を取ります

それから しょっぱいものだけでなく 甘いものも食べます

ご飯も食べます いっぱい食べます 

そう考えると 普段より 少し味を濃くしているのかもしれません

通常 サラダには何もかけないで そのまま食べるのですが 夏になるとドレッシングをかけますから

体に良いとか悪いとか 取りすぎはどうとか いろいろありますが

元気良く食べる ニコニコして食べる 私にはこれが基本です!


共食い
脱原発 日本各地でデモが起きています

政治的なこと 思想などなど 首を突っ込むつもりはないけれど

ただ 熱し易く冷め易い というようなことにならなければと思います

という私は 将来的になくなればいいという立場

そこで働いている人たち 生きていくために 地域として必要と判断したのであれば

福島のようなことが2度と起きないよう しっかり議論しながら

最善の方法を模索していければ 私は 1人の農家として いろいろ考えることもありますが

極端な舵取りではなく 現場を大切にしながらと思っています


で 何を言いたいかというと 原発前には 私たちのハウスで活用している温泉熱は

ある意味 馬鹿にされていたところもあり エゴだの エコだの いろいろありました

人がどう言おうが どう解釈しようが 私たちは私たち

お客さまがいて 私たちがいる 美味しいと喜んでいただけることが基本なんです

栽培方法とか いろいろウンチクを書き綴ったこともありますが 結局のところ

美味しいか それとも 口に合わないか それだけのことなのです

批判 批評することは簡単なこと それ以上に 責任持って行動することが大切

1人でできることなんて ホント限られているけど 信じている道を歩んでいけば

必ず道は切り開かれるって 私は考えています

今でこそ 自然エネルギー 私もちっぽけな人間なんで コケにされた当時を振り返ると

正直 今さら何だって思うこともあるけれど

それが時代というもの それはそれで ちゃんと受け入れています

だからこそ 今になっても絶対にブレない という農業が私たちにはあります


宮崎マンゴーを世に送り出した方々 価格が高騰し 1つのブームを作り出しました

予想以上の値をつけてしまったと 思っている農家さんもいるとは思いますが

それでも トロピカルフルーツの価格設定に大きな希望を抱かせてくれたことは事実

そこから何年? 最近では 某流通業者が1個300円 コンビニでも安く売られています

もちろん 宮崎マンゴーではないけれど TPP問題以前に

国内で潰し合いというのは 正直 如何なものかと考えてしまいます

当然 自由競争なので問題ないでしょうし 消費者の立場からすると 少しでも安くとなるわけですから

私の考え方自体 おかしなものなんでしょうね

ただね 真の経営者 叩き上げの経営者 地域の中で生きてきた経営者なら どうだろう?って

言い方は悪いけど 商売人だったり 現場と地域を理解しない跡継ぎ

加えて 雇われ社長 サラリーマン社長だったりすれば こうなるのは必然なこと

安ければ良いというような文化 売れれば何でもありという発想は

いずれ終焉を迎えるのではないだろうか そう考えると 厳しい世の中になってくると予想します

これが時代というもの どうのこうの言ったところで 生き残らなければ 

ちっぽけな自分自身が考える正義なんて かき消されてしまうだけ

おかしいと思えば それに異を唱える勇気があれば 突き進むだけのこと

1人の農業人として どう農業に向き合っていくのか 今までどおり 頑張っていきます


温暖化防止と言ってみたり 原発を停止したため 火力発電が増え 二酸化炭素が排出増加となり

地球への負担増?ということにつながり ・・・ 立場変われば どこを見据えるのか

そう考えると 1つの信念持って生きていくことの難しさが露呈してきます

遠い将来のことも大切だし 今も大切 人間だから 今しか考えられないこともあります

だからこそ しっかりしたビジョンを示し 必要であれば 時間をかけて

大きく旋回していくことが大切だと思います 

お互い潰し合う 共食いだけは 何とか避けたいなと思いますが 

生きていくためには 避けては通れないところなんでしょうね


さて 明日は中学時代からの同級生が 友人募って アセロラ狩りに来てくれます

とても嬉しいこと こうして 農業をしていることで 二度と会うことはないのかな?と

思っていた友人と再会できる機会を与えられ 本当に感謝しています

今のアセロラは 本当に美味しいので 満足してくれると思います

8年近くアセロラを栽培してきて 今年のアセロラの出来は1番ですから

アセロラ狩り 随時受付していますので 連絡頂ければと思います


堅苦しい文章を最後まで読んでくれた方 申し訳ありませんでした

ただ いろいろ悩むこともあり 心の葛藤を書き記すことも 私にとって気分転換なのです

次回からは いつも通り 超ポジティブで楽しい内容にします ( 笑 )







  
夏だから
夏だから暑い これ当然なこと

痛かった歯の調子も良くなって 食欲も復活してきました

暑くて食べれない なんていうことはなく 夏になり 体重が増加傾向です

水分はとるし 甘いものも食べる それから しょっぱいものもね


さて 大学時代の友人 沖縄っ子がいまして

まったく律儀なヤツでして 年越しソバように ソウキそばを送ってくれたり

夏になったら 私が好きなアイス 沖縄でしか食べれない?

いろいろ送ってくれました 塩ちんすこう味 とか ウベとかね

blue seal1

blue seal2

中でも ウベが好き ウベなんて なかなか聞かないけれど 

沖縄行って ブルーシールアイスを見かけたら ウベ 食べてみて


やっぱ 夏はアイスです アイスを愛す なんて くだらないシャレを言ったところで

そろそろ 美濃加茂の実験棟のハウスに行って ドラゴンを確認してきます


池ちゃん ありがとう! また 沖縄行くからね!

こっちの夏は 沖縄以上に暑いよ!