プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
美しく
いよいよゴールデンウィーク とはいっても 私たちの連休はありません

ただただ ひたすら働くのみ というわけです

とはいえ 本人 働いているという感覚がないのだから 幸せなことです


山羊さんの除草 連休中 何日か出勤します

3年目となり さくら広場も とってもいい感じ 

葉桜になってしまったけれど 美しい緑が 何とも気持ちいいものです

そうそう 今年の八重桜は 本当に美しく咲きました

sakura

八重桜でなかったら すみません 本人が 勝手にそう思っているだけなので

でも 去年はどうだったかな? ここまで咲いたのかな?

山羊さんの糞尿が効いているのかな? 周りの草の管理をしてきたのが良かったのかな?

いずれにしても いい感じなのは確かです 美しい!


さて 明日明後日 奥飛騨で作業をします

明後日の夜中には 美濃加茂に戻り 翌日の山羊さん除草へ出掛けます

3日から6日まで 再び 奥飛騨へ

そんな感じで ゴールデンウィークの日程は びっしりです ( 笑 )

頑張って 奥飛騨で接客します

奥飛騨へ遊びに来て良かった そう言っていただけるよう 頑張ります


いろんな意味で 美しくありたい 美しい人生でありたいって思うのだけど

なかなかねぇ 難しいものです

感情っていうのは コントロールするのが難しくて

でも やっぱ 筋だけは通したい 人を大切にしたいって思います

面倒くさいヤツだ って言われるかもしれないけれど それはそれ

それに 人の足を引っ張るような生き方 それは 論外

特に 今の世の中 情報が錯乱してしまっているから 怖いコワイ

バレていないだろ って思っているだろうけど バレているもんなんだよね ( 笑 )

そんな鬱陶しいこと いろいろあるけど

周りを気にかけながら 自分だけに集中して 美しい人生を歩んでいきます!

満開の八重桜のように 美しく 美しくね

それには まず 私自身の努力 努力が大切だと思っています

 
スポンサーサイト
工場の中の牧場
むかし あるサイトで記事を投稿したことがありました

工場と農場の併設というのが 私の中のテーマ

あれから何年?

たしか2008年に書いたはずだから 5年ほど前になるのかな?

棲み分けから共存 そうした時代がくると思い 

目指す農業のあり方を ずっとずっと模索してきました

目先のお金も大事だけど それに捕らわることなく 先を見据えて

あれこれ 屁理屈並べて フルージックのビジョンを築き上げてきました

随分と格好つけた言い方だけど 

目指す農業を継続していくには これしかないって 

迷うことなく 強く意識していたから 今があるのかももしれません

人さまに支えられ 運良く どうにかこうにか 余裕がないものの 現在も頑張れています

奥飛騨での温泉農業 温泉という地域資源を活用したことが大きく話題となり

フルージックは 歩み続けていくことになりました

もちろん 美味しいドラゴンフルーツを作りたい という一心で努力もしてきました

今も尚 満足できるドラゴンフルーツはできていません

もっと美味しくなるはず もっともっと という想いがあり 

ドラゴンフルーツたちのポテンシャルを引き出せないことに 苛立ちもあります

農業は 1年1年の積み重ね 作って壊して また作るということができません

だからこそ 焦りは禁物 ガマン比べですね

奥飛騨での取組みが5年を経過しようとしていた頃 美濃加茂での取組みが注目されました

そう アセロラと山羊さんたちです

とりわけ 山羊さん除草が 人気となっていて 

フルージックの3本柱の1本に成長してきました 感謝です

ここ最近 鳥獣被害という言葉を目にすることが多くなりました

私自身 建設時代 開発のため 森林破壊をしてきた1人でした

だから 偉そうなことは言えません それで 生きてきたのですから

ですが 建設から農業に転身し いろいろと考えるようになり

これからの時代は 循環と共存が 大きなテーマになると思い

フルージックの取組みに そうしたメッセージを持たせてきました

営利企業であっても 循環と共存を意識して 継続を目指していくこと

なかなか難しいけれど 1つずつ 課題をクリアしてきたつもりです


で ようやく 美濃加茂市内に本社を持つ会社からの理解があり

工場の敷地内に 小さな牧場を作らせていただくことができました

といっても 草刈業務です

木柵を設置し 山羊さんたちを放牧します

この木柵は 当然 岐阜県の間伐材です 知人の林業者から仕入れています

2月には 材料となる木材を搬出するのに 手伝いに行っていました

今は 山が荒れ 搬出するのにも手間がかかっているのです

木を使うこと 木柵となり 山羊さんたちが 自由に草を食べられるようにと

山羊さんたちが食べない草などは 私たち人間が草刈します

子供たちの通学路になっているので みんな 楽しみにしています

woody fence1

woody fence2

時間を見つけては もくもくと木柵を設置してきました

何とか完成し 来月から 本格的に放牧を開始します

もちろん 朝に出勤し 夕方には帰ります

当然 全てが上手くいくことはないですが しっかりと目的を持って行動すること

農業者としての視点から 何を提案できるのか

提案を受入れていただけるよう 私たちは 努力をしなければいけません

この工場は 私にとって 大きな大きな意味があります

ありがとうございます 本当に嬉しいです

この工場内の牧場は 私にとって 誇りです


余談ですが 木柵設置工事で 鈍った体が引き締まりました ( 笑 )





  
興正寺マルシェ
昨日は1日 名古屋市昭和区 興正寺内で開かれた マルシェに参加してきました

朝は冷たい雨でしたが 準備に入った頃には 雨は上がり 曇になっていました

マルシェが始まる 午前10時には 太陽も顔を出してくれました

ただ 時折 冷たい風が吹き抜け 4月下旬とは思えないような体感温度には 参りました

それでも 足を止め 話を聞いてくれるお客さまもいて

売上げもそこそこ 予想以上だったこともあり とても有意義な時間を過ごすことができました

marche'1

marche'2

marche'3

時間を割いて参加しているのだから 売上げは とても大切です

加えて これからが本格的なシーズンとなる ドラゴンやアセロラの宣伝も 同じように大切です

売れればいい ではなく 1人1人のお客さまを大切にしていきたい

それが 大量生産ができない 私たちのような農家の基本だと思っています

さらに言えば 一般的に馴染みのあるフルーツではないのだから 


時間があれば こうした催事にも参加していきたいと思っています

外へ出ることで 外を意識することで 何か 今後のヒントが見つかれば嬉しいです

何より お客さまと会話することは とても勉強になります





明日は名古屋
雨が降るのか 降らないのか

今日は そんな1日でした

雨が降れば 降ったで やることはあり

雨が降らなければ 降らないで やることはあります

どっちにしても やることはあるっていうことです

こんなことやっているから いっこうに休みがとれないわけです ( 笑 )

時間の使い方がヘタなのか それとも

やりたいことが多いのか それは 本人でも分からないです

ただ やりたいこと これからのことを考えると

何年先も 何十年先も 私の頭の中は やることの予約でいっぱいなのです ( 笑 )

メリハリという言葉 よく聞くけれど

どうも 私がやっていることには 縁がないような気がします

今の仕事 イコール 趣味 それでいて ライフワークですから

プラス ゴールがない ずっとずっと 続いていくイメージしかなく

この世を去るまで 何かをしているんだろうなぁって

思い返せば 海外旅行行っても その地の歴史や文化に触れながら

ただただ楽しむというより 考えながら 楽しんでいたような

だから 今の農業にも 旅先でのヒントが 活かされているだと思います

まっ そういう性格というやつですね ( 笑 )


明日は 名古屋で催事です 八事にある 興正寺マルシェです

毎月21日に開催されているもので 人気が出ている催しだそうです

私は 今回が初参加 

売ることも大事だけど アセロラ狩り ドラゴンの花見 それから 食べ比べ

しっかり 宣伝してきます

どうやら 雨が残るようなので 売れ行きは期待できないけど

頑張ってきます

ブログ読んだよって 言ってくれたら 何かあるかも ( 笑 )


ボタンの掛け違い
昨日は 奥飛騨と美濃加茂 トンボ返りをしました

ナイター中継が始まったので 帰りの車の中では 野球中継を聞きながら

山道というか 川沿いを走る R41号線は FMの電波が届きにくく

必然的に AMになるわけです もちろん CDも聞きます

野球中継は リアルタイムの情報が流れてくるので 眠くならないのです


今日は 朝から 地元の工場敷地内 法面に木柵を設置していました

wood fence

基本 1人で作業しているので なかなか時間もかかるものです

とはいえ それなりに草が生え揃わない状態で 山羊さんたちを放牧すると

岩盤の上に客土を吹き付けているところでは 山羊さんたちが歩くことで

根こそぎ草を倒してしまうこととなり あんまり芳しくないのです

何でもそうですね そのときのタイミングがあるので それを間違えないように

そのタイミングを間違えてしまうと ボタンを掛け違えたように

次から次へと ・・・ 悪循環が ・・・ ということになってしまうのです

まさに 今日はそんな1日でした

どうなっているの?というような問題があり その対処に追われていました

とはいえ そうした問題の解決法を探すのは 嫌いではないので

まっ なるようになると割り切って 落としどころを見つけていきます

それに 落としどころが その方向性として 究極の道筋だったりもするのです

そうなると それはそれで 縁というやつなのでしょう


そうそう 今日は 地元の高校生が手伝いに来てくれました

いろいろお話していたら 私も楽しくなってしまい 元気をもらいました


ボタンの掛け違いで生じる問題 嫌なこともあるでしょうが

1つずつ解決していくことで 新しい何かが生まれてくるはず

そう前向きに考え 頑張っていきたいと思っています


タイミング
さてさて 山羊さん除草 ドラゴン剪定 アセロラの準備

どれもこれも 今 やらなければいけないことばかり

少々 焦っている?というのが 本音です ( 笑 )

明日は 長野県からの視察 温泉農業についてだそうで 奥飛騨へとんぼ返りです

金曜と土曜には 山羊さん放牧の木柵設置を ある程度 仕上げていく予定です

そしてそして 日曜日は 名古屋の八事 興正寺でのマルシェ 催事に参加してきます

相変わらず 貧乏暇なしという道を まっしぐらという感じです


ここのところ ようやく暖かくなってきたようで アセロラたちの表情も変わってきています

ですが 冬の間 葉を落とさず越冬したアセロラ苗は どうやら 新芽や蕾が遅いです

葉を落としてきた苗の方が 弱々しいながらも 新芽と蕾を出しています

これは 生命力だと表現してしまうのが 妥当かどうか分かりませんが 事実なのです

そのため 苗木注文された方々に 4月上旬には発送できると考えていましたが

新芽や蕾を確認できないものは 発送できないと思い 

勝手ながら 少しお時間をいただいております


たくさんの葉を残し越冬したアセロラ 順に黄色くなり 新芽が出始めます

leaves
 
ほとんどの葉が落ち 越冬したアセロラは 新芽と同時に 蕾も出始めています

a leaf

たくさん葉が残っている苗 葉が残っていない苗とでは

比較して 2週間から3週間ほど 新芽や蕾が出る時期が違います

ただ どちらがいいとは 一概には言えないと思います

とはいえ 葉が残っている方が 丈夫である あるいは 温度が保たれていたと言えるでしょう

どちらにせよ 今 開花したところで 十分な温度が確保できなければ

結実して 実を成らすまでには至らないです


苗をご注文してくれた方々 少々お時間をいただいております 

ご了承ください


生中継!山羊?
昨晩 奥飛騨から美濃加茂へ移動

ささやかながら 家族には 誕生日会?をしていただきました

43才になったわけですが 1つ年をとった実感はありませんが

人生の折り返し地点 終点へ向かって歩みだしていることを考えると

なんだか とても複雑な気分になります 

もっともっと頑張らなければいけない もっともっと時間を大切にしようって思います


さて 今日の夕方 山羊さんの草刈隊の生中継がありました

地元のラジオ局  CBCよりどりっ! でのレポドラで中継でした

この日は 出勤日ではなかったのですが 

生まれ育った美濃加茂のためなら! という熱い想いもあり

それに 山羊さんたちも 新鮮な草を食べられるので その方がいいわけです

もちろん 特別出勤手当てはありませんけどね ( 笑 )

山羊さんたちが 美濃加茂を発信してくれる とても感謝しています

もっともっと 山羊さんたちの取組みが 広がっていくことを願って

これからも 1つずつ 計画を実践していきたいと思っています

CBC radio

レポートドライバーの方たちも 山羊さんの魅力にはまったようで?

仲良く 記念撮影をしていました 

こうした取組みが 少しずつ話題になっているのも 

美濃加茂市が予算化し 加えて 市民の理解があってこそです

私たちは 農家としてできることを これからも続け 山羊さん除草いいね!

そう言われるよう 背伸びしないで 1歩ずつ頑張っていきます


明日は 明日で重要な打ち合わせがあります

また 面白い情報をお知らせできると思います

とにかく 楽しく シンプルに いつも継続できるようにと思っています

そして 共存や循環 それが フルージックが目指す農業のあり方です

なかなか難しいし 実現するのには 時間や資金が必要だけど 頑張ります

たまに 天からお金が降ってこないかなぁ と思うこともあります ( 笑 )




もうすぐ
もうすぐ 1つ年を取ることになります

正確には あと2時間半ほど いよいよ43歳となります

気持ち的には まだ10代なのですが ( 笑 )

いくつまで生きられるか 分からないけれど

ここまで 好き勝手 思うように生きてきたのだから

これからも 好きなように 頑張っていこうと思います

それには 仲間や家族の理解があってこそなので

努力して その結果を出していく それだけです


今年は ある意味 決断の年になるようです

新しいことも 1つずつ形になってきているし

とにかく 信念持って 頑張ります

なので 1つ年をとるまでの2時間半 いろいろ 頭を整理してみます

とはいえ 布団に入ったら すぐに寝入ってしまいそうです

まっ すぐに寝れるということは 健康的だということですね ( 笑 )


それぞれ
今日は 肌寒い1日でした

暖かくなったと思ったら 肌寒い風 嫌なもんです

今日は 1日美濃加茂の現場で 作業をしていました

週末は 奥飛騨へ行きます


奥飛騨の温泉ハウスも そろそろ春を感じさせてくれています

パイナップルも すっかり熟して 食べごろです

pinepine

小笠原種のバナナ 3代目が顔を出しています

800mBanana1

包み込むように ゆっくりと現れてくる バナナたち

800mBanana

この時期のバナナは どれぐらい大きくなるだろうか

ただ 見た感じ そんなに大きくならないように思います

それでも 何本かできれば 嬉しいものです


さて 奥飛騨は そろそろ春モードに突入し 夏を迎える準備が 急ピッチで進められます

何とも忙しい日が 続いていきます

花粉なのか とても眠いです


ヤギ5レンジャー
春の嵐とも言うべきか 週末の天気は最悪でした

奥飛騨を午後3時ごろに出発 途中の平湯は雪でした


今朝は 晴れていたものの 風は強く やはり肌寒い

山羊小屋にいる 子山羊たちは真ん丸くなり 寒さ対策をしているよう

そう 今日から出勤 山羊さん除草の初日です

山羊さんたちにとって ショータイムの始まりというわけです

強い風や雨にも負けず 出勤場所のさくら広場では まだまだ 桜の花が残っていました

show time1

show time2

show time3

車の荷台が 出勤用に準備されると 親山羊たちは 出勤することを思い出したのか

荷台のそばに集まってくるから 驚きです ( 笑 )

それでも 全部の山羊さんたちが出勤できるわけではありません

まだ お乳しか飲めない山羊親子は お留守番になります

草を食べられるようになってから というわけです

親山羊たちが 車の荷台に どんどんジャンプして乗っていくと

それを真似して 子山羊たちも ジャンプして乗ってくるから 

以外にも 予想に反して ロスなく初日の出発ができました


10分ほどで この公園へ到着するのですが 着いた途端 荷台を開放すると

次から次へと 管理地へ散らばっていきます

昨年より 草が青々しているようで これも 糞尿の効果?

とにかく 小さいうちから いっぱい食べて 胃を丈夫にすること これが大切だそうです

初日にもかかわらず 山羊さんたちを見ようと 遊びに来てくれる方もいて 良かったです

そうそう 美濃加茂市のホームページにも 出勤日が掲載されているので ぜひ参考に!

美濃加茂山羊情報

地域の中で 農業をしている私たち

農家としてできること 1つずつ活動するだけです

それが 地域に喜んでいただけることであれば やっぱり嬉しいですね

嬉しいと思うことは やりがいにつながりますから


農業企業として 地域に必要とされる提案をし 実践していくこと これが全てです


最後に ゴレンジャー ではないですが ヤギ5レンジャーの写真で

yagi-5-rangers

笑える 辛いときも これ見ると 笑えます




イエロードラゴン2013
昨日から奥飛騨です

今日の夕方には美濃加茂へ移動します

明日から 山羊さんのお仕事が始まるので その準備に追われます


奥飛騨温泉ハウス 本格的な開花 収穫に向けて 準備が急ピッチに進んでいます

今日で 何とか 赤果肉のマキスパの剪定 片付けも終わりました

続いて 白果肉のデヴィッド 紫果肉のダークなどなど 随時 始まっていきます

この準備 春の一大行事? かなり重労働です

剪定バサミを使う 手の握力 片付ける作業では 足腰がフラフラになります

手袋していても 棘が刺さり 特に指先は痛いです ( 笑 )

美味しいドラゴンフルーツを作ろうと思えば こうした基礎が大切です

枝振りを見ながら どれを剪定して どれを伸ばすか などなど


今日の作業を終えたところで いつものように ハウス内をグルグル回ります

ようやく イエロードラゴンの色づき それから 熟しが始まりました

うっすらと 黄緑色を残した状態になっているもの ちらほらと見られます

yellow2013

これからの天候 気温や日射量にも左右され 熟しのスピードや色合いも変わっていきます

この時期の水遣り これも大きなポイントです

今年のイエロードラゴン まだ食べてはいないけど 今の見た目から判断すると

おそらく 美味しいと思います 

形のプリプリ感もあるし いい感じです

ゴールデンウィーク辺り 収穫のピークになるのではないかと思っています


ぜひ 奥飛騨へ遊びに来てください

ドラゴンフルーツソフトも美味しいですよ!



前と後
あっという間に 4月になっていました

ずっとバタバタしていて この時期にやらなければいけない作業が 山ほどあり

日々 激しく追われているというのが現状です

年々 1つずつ年を重ねていくのに 体力は低下していく中 それでも体力勝負

追い討ちは 花粉症なのか PM2.5なのか 春はだるさもあり

10時には 寝てしまうというありさま ある意味 健康的でもあります


昨日で アセロラハウスの掃除は終わり これから 肥料など 収穫の準備に入ります

で 今日から 山羊さんたちの仕事の準備に入りました

山羊さんたちと草刈隊 除草業務の依頼も増えてきたことに感謝

これから 第2のステップへ進んでいけるよう 頑張っていきます

山羊さんたちが のびのび草を食べれるよう 新に木柵を作っていきます

今日は その杭打ちをしてきました 

2013.4.4

土木時代であれば 多少のことは大丈夫でしたが さすがに 疲れました ( 笑 )

これらは 間伐材を使用しています

木は使ってこそですから 地元の木を使っています

今年は 雪が降って 木を運び出すのに手間がかかってしまったので

2月に 親父たちも 助太刀に行っていました

ここは 美濃加茂市内の民間工場ですが こうしたことを理解してくださっています

農家として できることは 少しですが できることを1つずつ

山羊さんと一緒に作業して 放牧できるよう 木柵を作り その材料も間伐材

こう考えると 日々の生活は ちゃんとつながっているんですね


帰り際 今年から新に加わった 山羊さん除草の場所を見てきました

昨年 準備する前は こんな感じでした

before 2012

今年から 山羊さんたちが入れるように 前もって準備したら 

after 2013

昨年までは 草や蔓でボウボウでしたが ちゃんと 桜などの花木が生きていました

ここは 美濃加茂市の管理地ですが ここにも 木柵をして 山羊さんたちと維持していきます


たまには 自分の頭も整理するといいかも

何か見つかるかもしれません というか 見失っていたもの 見つかるかもね


さぁ 明日は起きれるかなぁ ちょっと心配です ( 笑 )

風呂の中で 腕やら体をマッサージしよう