プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
イメージ
昨日までは ハウスで作業していると 暑いほどの日差しでした

で 今日は?となると 朝から雨 で 昼前から霙 そして 雪

平湯あたりは 大きな牡丹雪が 視界を遮るように降っていました


5月を予想していたものの 異様な寒さが続いたので 予定を急きょ6月に変更

出荷依頼があるものの 越冬させる果実の難しさがあります

生産農家として やっぱり 『 おいしい 』 が全て 

求められるとき こちらが用意できるかどうか これも縁ですね

ドラゴンフルーツに関しては 奥飛騨で6年 春先 最初に花芽を持った段階で

1年の収穫が予想でるようになりました これも経験

アナログをデジタル処理し デジタル処理されたものを 再び アナログへ

この過程の繰返し なかなか時間がかかります

もちろん それができるようになったからといって 受け入れられる土壌があるとは限らず

そう考えると 何もできなくなります 怖くて 不安で ( 笑 )

さて 小笠原主のバナナさん ゆっくりと成長しています

looks like a bird

まるで 鳥が飛び立とうとしているようです それとも 

逆のパターン 着地しようとしているのかも どう捉えるか 人それぞれ

looks like ...

ざっと200本ほど これは 何に似ているのかな?

写真をアップにしすぎました 遠くから撮れば もっとイメージわいたかも ( 笑 )

この時期は とにかくじっと待つ 春が来るのをじっと待つ

最低温度もそこそこ安定し 春の日差し 太陽光が強くなり始めると

植物たちの細胞は 少しずつ目を覚まし ある日を境に 一気に動きだします

その 『 ある日 』 が いつなのか 分からないですが ある程度は 予想できるようになると思います

とにかく ひたすら 『 アナログ ⇒ デジタル ⇒ アナログ 』 を繰り返します

奥飛騨でのバナナ栽培は 現地と比較して 時間がかかります

当然 温度と湿度にも関係してきます

なぜ 私たちのドラゴンフルーツの糖度が高いのか バナナ栽培にも通じるところがあります

もうすぐ その答えが ぼんやりと見えてくると思います

ドラゴンやアセロラが ある程度 安定してきたように


イメージしたものがあれば 方向性はブレることはないと思います

イメージすることは とても大切なことだと思います

 
スポンサーサイト
ミヤネ屋生中継
本日 お昼の情報番組 「 ミヤネ屋 」 さんでの生中継 奥飛騨の温泉ハウスからの中継でした

いつも急なんですよぉと言われてのテレビ取材 よくあります ( 笑 )

ちょうど今日なら空いている 前日とかはダメだけど 今日ならOKということで

生中継前より 少し早く準備して 使われる映像を撮って データを送信

アナログ世代の私には その仕組み どうも理解できません

テレビ中継車などもなく 小さな機材があるだけで お茶の間に届けられる 

う~ん よう分からん 考えた人すごい そのひと言です


若干トラブルがあったものの 何とかスタンバイ

打合せというものもなく ぶっつけ本番 スタジオの声が聞こえるイヤホンを頂き

おぉ 私の耳の穴は小さく 入らない では もう片方の耳へ ・・・

あっ 中耳炎だった ( 笑 ) しゃーない とりあえず耳に入れて 手で押さえよう

テレビのスタジオでの生放送は経験あるけど さすがに テレビの生中継は初めて

ちょっと異様な雰囲気でした ラジオでの生中継とは違う感じがしました 

それでも リポーターさんが とても上手にリードしてくれたので助かりました

時間がなく ドラゴンフルーツのジャムやジュースなど 加工品を宣伝できなかったことが悔しいって

リポーターさん スタッフさんが言ってくれたこと とても嬉しかったです

それに 奥飛騨へ来られたことのあるお客さまから 偶然見たよっていう人から連絡があったり

催事で買ってくれたお客さまから連絡があったりと

エネルギー たくさんいただきました ありがとうございました


改めて 奥飛騨の温泉の魅力を感じました



   
アナログ人間
ダイヤル式の黒電話 いつしか カラフルなプッシュホンに変わり

今では 携帯電話が一般的になりました

ある意味 40代というのは ちょうど多感な時期に アナログとデジタルを体感してきたような

カメラだってそう デジタルなんてなく フィルムセットして撮っていたし

ピンボケかどうかなんて 分かる由もなく 現像したら あぁと落胆してしまうことも多々

フィルム巻き戻したと思って パカっと開けてしまったときの悲しさ 

ファミコンがブームになり 最初で躓くと すぐにリセットを押してしまうことを覚え

あぁ ダービースタリオンは違ったなぁ リセット押すと 一週先に進んでしまっていた

デジカメが主流となり うまく撮れないと 撮り直しなんていうのは 当たり前

だけど フィルム時代のことが 頭にあるのか カメラを頼まれると ついつい

同じところで 似たような角度 時には アングル変えて 3枚ほどは撮ってしまう

絶対さ?がないところが良かったのかなぁ 完璧を夢見るけど 完璧は息苦しい

漫画もそう 完璧より 人間臭さがあるのに惹かれた

でも 漫画のいいところは 最後の最後には ちゃんと帳尻を合わしてくるところ ( 笑 )


とりとめのないことを書いてしまいました

昨年 車が故障してしまい 母の車を借りています

近くを運転するだけの母の車には 新しいカー装備はありません ラジオとカセットぐらい

山の中 川沿いを走る41号線は ラジオの電波が悪いところが多く 

カセットがあればと思い 昔のガラクタをごそごそを探し 当時のカセットを見つけました

レンタルレコード店に足を運び 録音したものもあれば 買ったものもあります

1988usa

ミシガン州の高校へ留学していた当時 ラジオを聴く習慣がつきました

朝は タイマーでラジオがかかり 流行の歌が流れると 気分がノリノリ? 学校へ行く準備が捗りました

カセットは 比較的安かったので いくつか買っていました

そのカセットを見ると 当時が鮮明に思い出されます 


朝晩の冷え込みは厳しいものの ここのところの日差しは強く ハウス内も熱いぐらいです

そんな中 美濃加茂の実験棟にある マンゴーは 例年通り 花を咲かせています

mango2014.1

ピンボケの画像です ピンボケだと どうもしっくりこない気持ちになります

それでも ピンボケにはピンボケの良さがあると思っています ( 笑 )

漫画の世界ではないけれど 立派なマンゴーが収穫できれば 帳尻を合わせたことになるのかな?

なんて 屁理屈言ってみたりしています

  


何度でも
耳が痛い おそらく外耳炎だろう ひょっとしたら 中耳炎

よくやるんです 耳かきで耳を掻くのが好きで というか くせで

時間があれば かきかきするんです

お医者さんは 呆れています 毎度まいどなので ( 笑 )

花粉の時期になると とにかく かゆくなる だから どうしても

優しくかいているつもりなのに ちょっと引っ掛かりを感じると 取りたくなる

そうしているうちに 傷ついてしまい ず~んと痛みが出てきます

2日ほど おとなしくしていれば 痛みは治まるので 2日ほど 我慢します

何度でも 同じことを繰り返してしまんです いい加減 学習すればいいのに ( 笑 )


さて 今日は 日差しを強く感じる1日でした

時折吹く風は 冷たさを感じましたが それでも 太陽の暖かさの方が勝っていました

早く春が来い そんな気持ちです 寒いのは嫌だから ( 笑 )

ドラゴンフルーツたち イエローを除いて しばしのお休みです

イエローだけは 秋に花を咲かせ 春先に収穫 今年は早く すでに収穫が始まっています

瑞々しく 上品な甘さもあり とにかく 美味しいドラゴンフルーツです

イエロー以外では 20種類以上 品種改良を進めてきたので オリジナルの品種も合わせ

今では 30種類ぐらいはあります 品種登録するかどうか 考え中です

many dragon

見た目は似てる 同じに見れるかも ただ 大きさが違うだけだと

でも 違うんです カットすれば 果肉の色が違うので 一目瞭然だし

食べてみれば 味の違いに驚きます

味が薄いのもあれば しっかりした甘さを持っているもの 酸味があるものも

そんな中 共通しているのは 私たちが栽培するドラゴンフルーツは 瑞々しいこと

ほとんどが水分なので当たり前だと言われそうですが ( 笑 )

実際 食べると水っぽい瑞々しさではなく 細胞が生きてるっていう瑞々しさらしいです

らしいと語尾につけたのは そういう人がいるからです

ドラゴンフルーツの食べ比べは 今年の夏以降 スタートします

tabekurabe

いろんな種類があること このブログにて何度も書きます

イエロードラゴンは これから春にかけてが 基本的なシーズン これも何度でも書きます

何度でも 何度でも この繰り返し とても重要です

何度も繰り返すことで自信が生まれ 新たな発想も生まれてくる そう思っています

とにかく 1つずつ頑張ります

ランチタイム
昨日は24日市 山校 ( 飛騨高山高校 ) の発表会があり 高山で1日過ごしました

私たちのブースは 安川通り 賑わしいところではないので

たまに顔を出してくれる方と ゆっくりお話をするという感じでした

片付けをした後 人として大好きな方がやっているお店へ行き 少し早目の夕飯を食べてきました

その方は 大阪人 高山へ来たのは もう一度チャレンジしたいという想いから

もちろん 大阪のお店は 長男がしっかりやっているそうです

そんな中 外国へ行く覚悟をしている 外国で最後の勝負をするって言っていました

根っからの職人さん いろいろ思うところがあるようで とても尊敬できる人です

人と話すと 本当に元気をもらいます ありがとうございます


さて 今日の美濃加茂は とても暖かい1日でした

寒くてジッとしていた山羊さんたちも 今日ばかりは 動きが活発になったようです

毎朝 親父が面倒を見ているのですが お昼時になると 近所の農家さんから頂いた

商品にならないお野菜 それから 出荷する前に ひと皮 ふた皮と剥いたものをあげます

冬になると 干し草ばかりなので 青々したお野菜が出されると 一気になくなります

lunchtime1

lunchtime2

lunchtime3

lunchtime4

4月になれば 少しずつ お仕事が始まります 4月から12月ごろまで

美濃加茂で始まったこの取組み 1つずつ山羊さんたちと一緒に 結果を残していきます

全てが完璧なんていうことはないし すべての人が満足することも

だからこそ いろんな人と会って いろんな話をして 夢を語って 意見を聞いて

うまくいかないことも乗り越えて 笑っていたいと思います

上には上がいる 上には上がある そう思うと ずっと挑戦し続けることになるだろうなって

その中で 次の世代を意識して 何かを伝えられればと思います





縁って不思議
いろいろと雑務に追われながら 2年ほど前から取り組んでいることがあり

いろいろと過去にやってきたことを思い出したり 過去の画像を見直したり

いろいろと試行錯誤しながらやってきたなぁと ( 笑 ) 

窓に差し込む太陽の光が暖かく感じるときは 心地良い思い出ばかりが浮かんできます

もちろん 当時はそんな心地良さなんて感じていなかったと思います

ただただ 必死さだけが前面に出ていたと もちろん 希望だけは持っていました

この先どうなるか どうなっていくのか 大きな不安が 小さな心を支配するものの

ちっちゃな負けず嫌いな細胞が 四面楚歌の状態で頑張ってくれていました

これからも このちっちゃな負けず嫌いの細胞を大切にしていたいです

頑張り続ける負けず嫌いの細胞にも やがて 一緒に闘ってくれる仲間が現れます

心のゆとりを大切にする細胞だったり 冷静に分析する細胞だったり

やがて ちっちゃな負けず嫌いの細胞は いつしか 自信を手に入れた細胞へ進化していきます

そして 小さな自信から 大きな自信へと 1つ1つ結果と共に成長していくと

今度は 少しブレーキをかける細胞が現れ 周りを見れるゆとりが生まれます


無我夢中で必死さだけで取り組んでいたころと比べると

少しずつ仲間が増え 自信も出てきました 

まだまだ やりたいことばかりです どこまで 考えていることができるのか

分からないですが とにかく 1つずつ やれることからやっていこうと思います


2009年10月 六本木のミッドタウン ミッドマーケットに出展させて頂いたころです

midmarket

温泉使った珍しいトロピカルフルーツということで お誘いがあり参加しました

もちろん 交通費や宿泊費など経費は自腹 そんなに売れるものではないので 赤字でした ( 笑 )

都市部と近くなら 日帰りができるものの そうではないところで栽培をしている現実

それでも 見たかった どんな感じなのか 感じたかった 何でも経験 ( 笑 )

ここで ある方と出会います

2年の月日 このある方から 違うある方へ そして また 違うある方へ

人がつながり 人の縁で 私たちフルージックは 都内のデパートへ出荷することになりました

不思議なものです 本当に 人の縁ってすごいなって

だから その縁を大事にしたいって いつも心掛けています


ずいぶんと いろんな人に支えられているなって

だから もっともっと頑張ります 


 
たまには
たまには ・・・ ということで

backside

温泉ハウスの裏の画像です

基本 表ばかりなのでね ( 笑 )

今年は 本当に寒いです 何度も書いたような気がしますが 本当に寒い

雪は 例年に比べて少ないようですが

それでも 日陰のところとかは しっかり残っています

もちろん 温泉ハウスには 積雪はありません

落ちるより解ける そんな感じです


美濃加茂の山羊さんたちも 寒いのか 動かず じっとしています

寒いときには きびきびと動けないのでしょう

やっぱり 寒いときに急に動くと 足とか痛めるのかな?

そう思ってしまうほど ゆっくりです

それに 毛がふさふさしていて 全体的に丸いです

春から秋にかけての あの軽快な動きはどこへいったのか?


さて 明日も1日 事務処理をします

明後日は 高山で24日市があります 飛騨高山高校の発表会もあります

日程的に日帰りになりそうです


早く暖かくなってほしいものです スキー場の方には申し訳ないですが

春が待ち遠しい やっぱり暑い夏が好きです ( 笑 )


共通点
昨日の夜 高山市役所で 勉強会がありました

といっても 有志なので 極々わずかな人数ですが

とてもアットホームでいて それでいて みんな熱心なので 嬉しいです


今回は 飛騨紅茶の勉強会でした

創業が明治時代という 老舗のお茶屋さん 

ななり紅茶に力を入れています

で 社長自ら 紅茶のこと 紅茶の入れ方などなど 飛騨高山への想いも含め

熱いお話をしてくれました

hida-tea

紅茶のこと いろいろとお話しされましたが 間違ったことを書いても嫌なので

ここでは 書きません ただ 奥飛騨の温泉の蒸気を使っています

なぜ?温泉蒸気 これも ぜひ 飛騨紅茶さんから聞いてください 実際 飲んでみてください

いやいや 昨日の勉強会 本当に楽しかったです

面白い人 惹きつけられる人って みんな共通点があるんですよね

やっていること それぞれ違っていても 不思議と共通点があるっていうか

まず 話を聞いていても 飽きないんです

私も 見習わなければと思いましたし 何より すぐ近くで作るので

今度 体験に行く約束をしました やっぱり 見てみたいし

いずれは 飛騨で採れた葉をということで せっせと茶の木を植え 栽培しています

ただ 雪 3月下旬ごろからの雪解け 氷のように重くなるとダメらしく 試行錯誤らしいです


ぜひ 飛騨に来たら 飛騨紅茶 お試しする価値ありますよ!

温泉産業 益々 盛んになっていきますね
 
応用と対応力
今年に入り いろいろと相談されることが多いものの 

スパッと解決できるような答えもみつからないため モヤモヤ感を感じつつ

反対に 考えるのが好きというか 『 やってやろうじゃないのっ 』 と

充実した日常を 過ごしているわけです

それでも やらなければいけないことが多く 『 完璧に仕事終わりましたっ 』 と

羊羹をスパッと切ったようにはいきません そんなもんでしょうけど


さて 本日から センター試験が始まりました

姪っ子が受けています ゆとり世代の最後です

来年からは 勉強内容が違うので ゆとり世代にとっては 厳しい受験となるようです

ゆとり教育が良かったのか それとも 悪かったのか

戻したことを考えると 悪いと感じたからであろうか 

ただ その後 その世代がどう大人になり どう生きていくのかで決まるのかもしれません

試行錯誤と言えば そうだろうが うがった見方をすれば

子供がその実験台になっていることから 来年度のことを考えながら受験に挑むことを思うと

正直 その世代 その世代の子を持つ親でなくて良かったと思ってしまいます

当然 大学受験がすべてではないものの 

また 社会に出れば 学校で学んだ知識などは さほど出てこないと言っても

これから先 何かにつけて 『 ゆとり世代だから 』 と言われることもあるだろう

何にしても これからは 結果を求められてしまう それが 社会というもの

とにかく 応用力と対応力 この2つが重要になってくると思います

知識は 個人差があるものの やればできるもの

ただ 応用力と対応力は センスの問題

センスは 持って生まれた いわゆる天性の感覚だと思っています

dragon's hand

常に 『 考える 』 ことで 少しは身につくのではないか そう考えています

dragontotiger

ただ 生まれ持った才能 センスが光るかどうか 評価されるかどうか それは分かりません

考えて考えて 出した結論が 受け入れられるかどうか それも分かりません

だったら 好きなように 自信持って やるしかない

そう思うようにしているのですが 40半ば近くになっても なかなかねぇ


頑張るしかないのです 結局のところね ( 笑 )



  
質の良いセンス
今週末は 名護市長選

都知事選もあれば 岐阜県でも 岐阜市長選があります

個人的に 市民ではありませんが 岐阜市長選に興味を持っています

もちろん 日本国民の立場として 名護市長選も都知事選も興味はあります


1つの言葉 キーワードなどなど 選挙を大きく左右するのが戦略というもの

誰かと勝負するものであれば 何でも 戦略ということは 意識しなければいけない

もちろん そんなことは腹黒いとか 言う人たちもいるでしょうが

どうなってほしい どうなりたいと思い 計画することが そもそも戦略だと思います

もちろん 戦略という言葉が好きかどうか 適しているかどうかは別として

名護市長選では 辺野古の基地 考え方が 明確に対立している とても分かりやすい選挙

では 都知事選は ・・・

どの地域でも 山ほど いろんな問題を抱かえいる現状から

マニフェストを作り それぞれ政策をアピールしていきます

東京五輪を控えた都知事選は どうなるか

原発が1つの争点しようとする陣営があり 前の郵政民営化を思い出します

イエスかノーか 争点を1つにしていくのも 勝つための戦略

そうした 分かりやすい場を提供されると 人はみな そうなってしまうもの

どちらがいいか悪いかは別として 勝たなければ意味がない 勝てば官軍

実際 そうなのかもしれないけれど そんな時代でもない

そんな時代が続いてほしくないと思ってしまう私は やっぱり 甘ちゃんなのであろう

何をしても勝たなければいけない どんな手を使ってでも勝たなければならない

生きていれば そういう現実とも向き合わなければいけない時もあると思いますが


どんなときも 手段選ばず 何でもする

たとえば 誹謗中傷だったり 人の足を引っ張ることだったり

どうせ バレているんだから そういうみっともないことはするもんじゃない

面白半分で興味を示す人はいるだろうけど 最後は 釈然としない気持ちになるのがオチ

だから センスある選挙になってほしいなって思います

もっと言えば そんな足の引っ張り合いとか 1つの争点に絞らなければいけないとか

そんなことしなくても みんなが興味を持つような政治になってほしいなと思います


ただ 国が変わらなければ 東京都から変えていく それには賛成です

現場で活動する人間として 自分ができる範囲で頑張ることで 何かしらできればと思っているので

お前は何様だ!ではなく そういう気持ちを持っていること とても大切なことだと思うし

自分が 生きていることに意味があることを 伝えられる農業ができればと

こころの底から 思っています





冷たさ厳しく
朝晩の冷え込み 寒いというより 冷たいっていう感じです

昨日 美濃加茂と奥飛騨 行って来いの強行日程をしてきましたが

例年に比べ 道路上の雪が少ないことにびっくりです

雪がない分 スリップする確率も少ないので 気持ち的に 楽に運転できますが

それでも 冬の道の運転は 気を遣います


スリップ事故がないように 主要道路には 朝晩と塩カリなどが散布されますが

美濃加茂へ着くと いつも 車は汚れてしまいます

錆びつくのも嫌なので 帰ってくると とりあえず 水で洗います

その後 乾いた布で拭けばいいのですが 夜遅いということを理由に

水洗いまでで 拭くのは勘弁してとばかり そのままにしてしまっています

そうすると 翌朝 車のボディに付着していた水分 大気中の水分が凍っています

looks like leaves1

まるで 笹のような植物のモノクロ画像みたいです

looks like leaves2

自然が作り出す 何とも言えない繊細さ いつも 感動してしまいます

寸分の狂いもない そんな曲線だったり 直線だったり 

crystal

本当にきれいだなぁと呟きながら エンジンかけた車が温まるまで

しばしの間 凍りついたボディを見ています

傍から見れば 変な人ですね 


今日は これから 大垣へ行きます

ちょっとした相談を受けていますので 大垣観光?しながらです

大垣珈琲でも楽しんできます

 
温泉でポカポカ
ここのところの寒波 尋常じゃないですね

寒いと言うより 冷たいっていう表現が正しいかも

予定通り 今朝 美濃加茂を出発 昼ごろ 奥飛騨へやってきました

最近 昔のテープを引っ張り出してきて 車で聴くのを楽しみにしています

テープが入るデッキがあること自体 笑われそうですが ( 笑 )

懐かしいですよ 当時のことを思い出すしね

お小遣い貯めて LP買ったりしていましたし 

中学時代は 姉の影響で Duran2さんにはまったり 友人の影響で ハードロックにはまったり

Van Halenさん だったり Aerosmithさん も聴いていました

日本のアーティストさんでは 佐野元春さんが多かったかな

で 今日は Van Halenさんを聴きながら 車を運転してきました

あれ?と思い Pretty Woman の曲もカバーしていたんですね

恥ずかしい話 この年になって気付きました 知らなかったというか

私は 音楽は苦手だし あまり分からないけど それでも いいなぁって思います

歌を歌ったり ピアノ弾いたり 人を感動させられるって 本当に素晴らしいです

この時期は 片道4時間ぐらいかかるので 同じテープを何度も何度も聴いていると

すっかり 奥飛騨へ ・・・

やっぱり 雪景色が寒そうです ( 笑 )

でも 雪山がきれい 本当にきれいです

特に 夜になると まるで 水墨画の世界です

before night

上部の真ん中に ぽちっとあるのが お月さま

暗くなる ちょっと前です 今夜は曇り空といった感じなので

さほど 冷え込むことはないのかな?と思っています

それでも しっかりマイナス10度近くまで下がるのかな? 

ハウス内は 15度ぐらい 少し肌寒い感じです

さっき 温泉に浸かってきたので まだ 体はポカポカです


あのころは。
今朝 寒かったです 本当に

この冬いち番? そんな寒さでしたよ

今日は 山羊さんたちのお腹の中にいる線虫の駆除をしました

さすがに40頭いると 時間もかかるし やったかどうか ・・・

もちろん そんなことのないように お部屋に入れて 1頭ずつです

終わった山羊さんたちから 部屋を出て 自由に遊んでぇという感じ

そうそう 小学校のときの身体測定みないなもの 予防接種とか

終わった人から 自由時間というやつ

いつも 羨ましかった 最初に呼ばれる人たちが

ほぼ100パー あいうえお順だから 私は ワタナベなので いっつも最後

終わった人から 自習っていうときもあるけど そんなんすることはなく

たいがい くっちゃべっている いつも いいなぁと思っていました


そうそう 新しいパソコンになったので 古いデータを整理していたら

懐かしい写真が ・・・ 奥飛騨の温泉ハウスが完成する前 奥飛騨へ行ったころです

acerola okuhida

2007年の5月 アセロラ持って 穂高のロープウェイ乗って 写真撮っていました ( 笑 )

このころは いろんなところへアセロラを持って行って 写真撮っていました

岐阜でアセロラを作るんだぁ 岐阜のアセロラを ・・・ そう思っていました

フロリダスウィートという甘味系の品種を フロリダから買い付け 鼻息荒かったです 当時は

何でもできるって ほんと勘違いしていました ( 笑 )

人の縁があって 時代の縁があって こうしてできているということ

今 振り返ると よくもまぁ ここまで これたなぁと思います

もちろん まだまだやりたいことばかり この先 夢はどんどん広がっているけど

ただ ぶち当たる壁とか いろんなことを経験して 悩んだりすることが多い中で

ようやく 進むべき道が見えてきたと思います

やれるかどうか それは分かりません だけど やれないとは思わない

正確には 思わないようにしているのかな ( 笑 )


妻にも よく言われるんです
 
知らない人は そういう強気なところ 突っ張っているところ 敵を作るんだって

そうなんです 分かっているけど 直せない 


明日は 奥飛騨に行きます

こういう寒い日は 温泉に浸かりたいです 体の芯から温まりたいです


今年は寒い!
今年は寒い 美濃加茂のアセロラハウス 及び 実験棟

ギリギリにまで下げた温度設定をしているものの 例年以上に 暖房機が回っていると

仲間から 年明け早々 報告がありました

そういえば 昨年の12月 今年の冬は ・・・ 寒いと言っていたなぁと思い出し

あっ 当たっている と

スキー場からすれば 寒く 雪が降った方がいいのかもしれませんが

冬場の温度管理に気を使う 私たちのような農家にとっては やっぱり 暖かい方がいい

立場違えば いろんな意見があるので なかなか難しいものです

まっ 寒さもほどほどに ですね


さて フロリダスウィートという甘味系のアセロラ

冷え込みの影響もあって 緑色した葉が 黄色くなり 落ち始めています

2014.1.9-1

2014.1.9-2

まだ 幾分青々しているように見えますが いやいや そう見えるだけです

これからが アセロラにとって 耐え忍ぶ?月なのかも

日差しが強くなり始める2月下旬 3月まで辛抱です

ハウス内は6度ほど おそらく ピンポイントで5度以下になっているところもあるでしょう

ただね こうして 木を休ませる期間があるから 良い実をつける秘訣かも

南国で 温度気にせずに ぬくぬくと育つのがいいのか

それとも 越冬の厳しさを知った方が 美味しいアセロラの実をつけることになるのか

それにしても 今年は 美濃加茂の暖房費が 昨年以上になりそうだから困ってしまいます


そうそう 実験棟で育てている マンゴーやレモン 今 蕾は花を咲かせています

花粉なのかな?
今日の美濃加茂は 冷たい雨 1日降っていました

年明けから 事務処理みたいなものがあり これがなかなか片付くわけでなく

それでも なるべく早く片付けなければならず 

イライラしそうだけど 花粉のせいなのか 眠くなるのが勝り

なんだろう? 昨年の秋ごろから ずっと 眠さを感じる日が多いです

来週は いくつか打ち合わせがあり 少々 違う意味で 忙しくなりそうです


それにしても 眠い ( 笑 )

なんだろう 本当に

眠っている間 仮眠している間に 仕事が捗っていたらなんて思うけど

そんな他力本願はだめですね 分かっていますよ ちゃんと


1月は とても重要な月なんです

この1月で 今年1年が決まってしまう そんな感じです

だから 眠くても頑張ります


40にして惑わず?
孔子の言葉 40にして惑わず ・・・

なかなか そうはいかないものです ( 笑 )

新しい年を迎え 漲るやる気と共に 突き進もうとするものの

1つ1つ 片付けていかなければいけないものが多く 心も ぐらぐら状態

それでも 何とか 気持ちを落ち着かせながら 進んでいきます

方向性がある 見ている方向が ちゃんとあるので それだけは迷わない

ただ そこへ近づいているのか それは 分からないです


そうそう 今日は 夕方から娘と過ごす日です

娘のピアノの演奏を聴きながら 事務処理したり こうして ブログを更新しています

ピアノの先生から いろいろと指摘を受け まだまだ その意が理解できないと

本来 弾く楽しさを感じることなく やりたくないという気持ちが育ってしまうもの

たまたま 今日 仕事先から戻ってきた書類があり 

いくつかというより たくさんの指摘が添えられていました

娘には 生まれて何年? ピアノ始めて何年?と聞き

パパなんかは 40過ぎても いまだに指摘されてばかりだよと伝えました

どんなことだって 指摘されなくなったら それでおしまい

もちろん 指摘されたことを すべて鵜呑みにしてしまうことが 正しいわけではないけど

基礎をやっている状況であれば その指摘の大半は 正しいもの

それに まだまだ成長したいって思っているから パパだって頑張れるんだって

20を過ぎて 大人の仲間入りをすると 指摘されるってことが少なり

いつも自分が完璧だって勘違いしてしまう環境ができてしまうけど 

やっぱ それって恰好いいとは思わない いくつになっても 成長はできるもの

ただ 成長するスピードが違うし 成長する部分も違ってくるもの

それには まず 基礎をしっかりしないとね と 偉そうに娘に言いながら

バナナの写真を見せて 説明しました ( 笑 )

banana1

みんな同じように 同じ位置 ( 根本 ) から バナナがなり始めるけど

大きくなっていくにつれ あっち向いたり こっち向いたり あるいは 大きさだって ・・・

banana2

それに 今より ちょっと大きなところへ行ってみると

banana3

いっぱいいっぱいバナナがぶら下がっているわけで ・・・ 

日当たりの良い場所 そうでなく 常時日陰なところ 

場所によって 房が早く開いたかどうかによっても 大きさ 熟し方も違うもの

でも それが 平等じゃないって言うのなら それは 難癖つけていること

どんな場所であり どこで育とうが 頑張ること それにより 切り開いていくことが大事なこと

成長し 1つの形を作り上げようとすると 時には 突っ張ってしまい 誤解されることも

だけど パパは そんな突っ張った生き方は好き 人間らしいからね

パパも 突っ張ったところ 直すつもりはない 

これだけは どんなに指摘されても 直せないし 直したら パパじゃなくなるから

その代わり 突っ張った分だけ 結果を残さなきゃね

今は 基礎を積み 頑張るとき 

娘に話すときは 自分自身に言い聞かせていることが多いもの

私にとって 40にして惑わず ・・・ もう少し 時間がかかるようです ( 笑 )



こんなことって
いやいや 今朝は冷え込んだぁ 本当に冷えたって感じでした

さっき 奥飛騨から美濃加茂へ来たのですが やっぱ 風の冷たさが違いますね

ですが 奥飛騨だと 温泉のパワーで 足元から いつもホカホカなので

あまり寒さを感じないし 逆に 美濃加茂の方が寒い感じがしてしまいます


夕方 テレビの取材があり 少し掃除をしていたら あれれ?

こんなことってあるんだって びっくりしてしまいました

yellow 2014.1.6

イエローの挿木苗なんですが なんと 実がついていました

花も咲いたはず だけども 人工受粉はしていない

一般的に こういった挿木苗に出てくる蕾は 大きくなる前に 成長をやめてしまいます

たまに ごくごく稀に 花を咲かせるものもありますが 実はつきにくいものです

このイエロー とても小さいし 色合いも クリームレモン色っぽいので

味的には あまり期待できませんが ちゃんと丸くなっているのに驚きです

まっ こんなこともあるんだなぁと 新年早々 珍しいものを見せていただきました


今年は もっともっと 珍しいものが見れるといいです

書初め
書初め 娘が学校への提出物となっているので 一緒に書くことになりました

小学5年?4年ぐらいまで 書道を習っていましたが それ以降 筆をとることはなく

書道をするのは 本当に久し振りでした

とはいえ 筆の使い方など ある程度は覚えているもの

習っていない娘に 少しはアドバイスできたと思います

書初めのルーツ ルールなど いろいろあるようですが 私は 今年の目標を書くことに

kakizome2014-1

kakizome2014-2

娘の筆を借りたので 自分用に筆先をおろす ( 太くする ) ことは遠慮したので

少々 字が細く 弱々しくなってしまいました ( 笑 )

今年1年は とにかく飛躍することを目標にしていきます

もちろん 派手さではなく 地道に1歩ずつ取組んでいった結果ですけど

1つずつ1つずつ取組んできたことが 少しずつ実を結んでくれればと思っています

その取組みが 奥飛騨であろうが 美濃加茂であろうが どこであろうが

やることは同じ 自身が信じた道を進むのみ

もちろん 奥飛騨と美濃加茂 本社と支店があるこの2地域に

今まで以上の 熱い想いを込めて 活動していくことになります

他地域との連携やつながり 広がりは 私にとっては あくまで その結果です


この 『 飛躍 』 には いろんな想いが詰まっています

人のつながりが広がること こころでつながる仲間が増えることを願いながら

何十年ぶりに 書初めをしました


さて 明日から奥飛騨です 火曜日には美濃加茂で打ち合わせがあるので

今年も 往復350キロ程度の行き来が激しそうですが 頑張っていきます
 
2014年スタート
明けまして おめでとうございます

いよいよ 2014年がスタートしました

実家で 紅白見て みんなで亀そば ( 沖縄そば ) 食べて 年を越しました

家族そろって 年を越せることに幸せを感じ 改めて感謝しました

初夢もいい感じ 今となっては ちょっと忘れかけていますが ( 笑 )

今までやってきたことの延長を 夢で見たようです だから 寝起きも満足!


ちょっと遅めに起き お雑煮を食べました

我が家のお雑煮は 妻の実家 ( 盛岡 ) の影響で 岐阜のものとは違います

岐阜でも おそらくいろいろあると思いますが

毎年 とても楽しみにしています なぜなら 美味しいからです!

2014ozoni

お雑煮食べて 本家にご挨拶 それから 再び実家へ

暗く前に 近くの神社へ 初詣に行きました

新しい年を迎えて 何だか 今年はいい感じがしているのですが

娘がおみくじ引きたいというので 一緒に引くことに

すると 2人とも 大吉! それも 書いてある内容が ぴったりあっていたことに驚き

まさに ドンピシャでした!

今年1年は 飛躍の年になると思います もちろん 焦ることなく じっくりとです

モノゴトには 必ず時期があると思っているので 気を引き締めて 進んでいきます


奥飛騨での取組み 温泉農業 温泉作業として ここまでやってきたので

次のステップを意識して 新たな展開を進めていこうと思っています

そして 美濃加茂での取組み 山羊さんとアセロラ栽培 

山羊さんは ここ数年 少しずつ理解され 根付いてきたので さらに足元を固めていきます

さらに 相談されている案件を 1つずつ解決できるようにしていきます

アセロラ栽培については もう少し 広がりを感じられるように さらに 展開をしてきます

そしてそして 高山 ( 奥飛騨 ) と美濃加茂 他地域との連携を形にしていきます

行政と一緒に歩んでいく形を模索して 取組んできたことを 民間ならではの提案をしていきます

フルージックにしかできないこと 必ずあると思うので とにかく

楽しく みんなが面白いと言われるように 新しい形の企業を目指していきます

それには 1つずつ そう 1つずつ 解決できることは解決していきます


改めて 今年1年 よろしくお願いいたします

みなさんにとっても 良い1年となりますこと お祈りいたします