プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
元気でね
元気でね としか 言いようがない

昨日の夕方 親父から電話があり ・・・ 9頭だような?

美濃加茂市と岐阜大学 そして フルージックと三者協定を結んで 行われている実験

その先は 里山再生 ・・・ そこには 岐大の山羊さん 私たちの山羊さんがいます

毎日 お水と塩 山羊さんたちの寝床の掃除 それから 体調確認をしているのですが

私たちの山羊さん 1頭が行方不明 8頭しかいないって連絡

私たちの山羊さんは 当然 集団で行動 私たちの声ひとつで 集まってきます

いない 親父から連絡があったのは 午後7時半過ぎ

いつも世話になっている山羊仲間が すぐに懐中電灯を持って 確認に行ってくれました

そこで いない山羊さんが判明

2013年4月5日 午後3時30分ごろに生まれた 女の子 シュシュ

どちらかというと 少し怖がりで 警戒心があり 脱走するようなタイプではありません

その後 奥飛騨を出たのは 午後8時過ぎ 美濃加茂に着いたのは 夜中ぐらい

懐中電灯はなかったけれど 星空 そして 蛍が飛んでいたので 暗いイメージはなく

とにかく できる限り 探しましたが見つからず

翌朝5時に行き 木柵が壊れていないか ・・・ 壊れていない ・・・ 

木柵の周りに 糞が落ちていないか 下を見ながら 探しましたが 糞もありませんでした

親父が言っていた言葉 出入り口が開かないように紐で縛っているのですが

その結び方が 自分とは違うと

山羊さんは 自立心が強いとはいえ 基本 群れで行動するので 仲間のそばを離れない

特に私たちの山羊さんは そうです いないだけで よく鳴きますから

近所の方に聞いたら 知らない車が入っていたと ・・・

もちろん それが ・・・ というわけではありませんし どこかへ行ってしまった可能性もありますが

それでも 腑に落ちない点がいくつかあり

昔 建設時代も 3回ほど 重機が盗まれ 見張ったことを思い出し

腸煮えくり返る思いが こみ上げてきました

当然 疲れていたせいもあるでしょうが それでも ・・・ なんとか 出てきてほしい

baby

生まれてくる赤ちゃんを見守り ずっと大切に育ててきました

どこかで拾われたとしても 仮に 誰かが連れて行ったとしても 私たちのところへもどってこなくても

とにかく 大切に大切に育ててほしい 強く強く強く願っています

こういう問題は あると予想していました

譲ってほしい 売ってくれないか そういう問い合わせがあるたびに 心配していました

考えれば考えるほど ・・・ シュシュを生んだ お母さん リボンにちゃんと謝らないと

どこかで会えば 私は シュシュだとちゃんと分かります

特徴だって分かっているし 何より 私たちのひと声で ちゃんと反応してくれるので

ずっと一緒にいたから 条件反射ではないけど 覚えているものです

どこかで見つかること 明日行ったら 9頭いるってことになっていてほしいです

また会える日まで 元気でね シュシュ





スポンサーサイト
イメージ
イメージトレーニングという言葉 最近よく耳にしますね

トレーニングとまではいきませんが 私もやります

こうなってほしいとか こうなるぞって思い 取り組んでいきます

イメージというか 想像しています いつも

ほぼ100パー ( % )  プラス思考というか 良いことしか イメージしません

ただ 時には マイナスをイメージして それを 乗り越えていくところもあります

つまり 逆境を乗り越えていくというものです

いつも良いことばかりではなく きついなぁって思うことの方が多く

それに 決まって 地道な積重ねの方が 大半を占めていますしね


そう 美濃加茂

どうなるのか 心配事としては やっぱり新しい事なんてやらない方がいい

今まで通りでいいんだっていう 行政含め そうなってしまうことです

さらに言えば 市そのものが 二分しかねないこと

今回のことがきっかけとなり 新たなしがらみが生まれないこと 切に願って

やれることから1つずつ 現場で汗を流しながら コツコツと積み重ねていきます

山羊さんの取組みもそうですが 里山再生構想も

理解されるよう しっかり発信するところはして ゆっくりであっても 

分かりやすい形で結果をまとめ 報告しながら進めていくこと 努力していきます

もちろん 社会人なので 努力ではなく 結果を出すこと

ただし 夢のような話ではなく 地道な積重が全てであることを意識し続ける

幸い 農業を通して そうしたことを学んできたので 十分 身にしみているところですが

それでも うまく行き始めると 調子に乗ってしまうこともあるので

周りの意見にも耳を傾けることも しっかり意識していたいと思います

経験を積んで 年を重ねると なかなかそれができにくくなることもあるので 注意したいです


これからの美濃加茂 正直なところ 今はとことんマイナスをイメージしています

その後 どう回復していくのか 美濃加茂で活動する一企業として

イメージし 取り組んでいきたいと思います

それには 取っ払うことができにくい 新たなしがらみをつくらないことが重要です

さらに言えば 美濃加茂市役所の中でも そうならないこと 心底祈っています

こういうときほど 強く1つにまとまってほしいと思います

前へ進むしかないのだから



一寸先は闇
何事も完璧などない

自ら過ちを犯すこともあれば 意図せず 巻き込まれることも

でも それが人生であり それを受け止めなければいけない

正しいこと 必ずしも 人を幸せにするとは限らず だけど そう悟りたくはない

正しいことではなく 自分が信じること やりたいと思うこと とも


自分がどんな立場なのか それにより 誰に影響を及ぼすのか

誰に迷惑がかかるのか 

過ちはなかったとしても そう疑われてしまうこと 残念ながら ・・・

人の上に立つという意味を考えれば 潔く身を引き そこで 再起を誓い 疑いを晴らす

トップの資質とは 逆境に追い詰められた時ほど 自分のことではなく

周りを見て 周りに気を遣うことだと 


明日は 急遽予定変更し 午前中は美濃加茂 午後から奥飛騨へ行きます

1つの歯車が狂うことで 自分とは関係ないところで 他の誰かに影響を与えること

私も1人の人間として 企業の代表として 肝に銘じておかなければと思っています

ただ言えることは1つ 経験が全て やり直せばいい 本当に信じる道があるのなら

失敗ではなく 人は その失敗 その逆境を乗り越えた時に 初めて学ぶものだから

美濃加茂は ガンバル ただ それだけ 微力であっても ガンバル 







 
ギリギリの挑戦
縁あって 都内の老舗デパートさんへ 出荷することになっている

温泉熱で育つ 小笠原種のバナナ

最初は 岐阜県が所有する温室で育っていました ところが

財政難などもあり その施設が取り壊されることに 枯らすのは簡単だけど ・・・

そこで育っていた苗を3本譲り受け 奥飛騨で育てることになりました

あれから何年? 忘れました ( 笑 ) それでも 3回ほど収穫しているので 4年ほど前でしょうか

さすがに こんなにうまく育つとは思っていませんでしたが 毎年ちゃんと実をつけてくれます

完熟すると 果肉色がオレンジっぽくなり 甘さも際立ちます

もちろん 市販のバナナも甘いですが 食べ比べると やっぱり違います

木にぶら下がっている状態で完熟させること なかなか難しいです

ぶら下がった状態で完熟するのは そのまま育てていればいいのですが 

そのタイミング 収穫のタイミングが難しい

前回は ちょっと早かったようで 先方さんから もう少し何とかならない?って

こういう注文は大好きです 正直 もっと言ってほしいぐらい ( 笑 )

今回は 1/3ほどが黄色くなり始め 一部がぶよぶよになった状態で収穫しました

一応 何回か収穫を繰り返しているので だいたいのタイミングは分かるのですが

それでも 熟す季節も違うので どれがベストなのか分かりません

ただ その時の最善を尽くす それが全てです

で これが 今回の写真です 1本 ちぎれているのが 私が味見した後です

banana2014-6-1

banana2014-6-2

欲を言えば もう1日 いやいや2日 う~ん 3日かもしれませんが

もうひと踏ん張りが必要だったかも 収穫した後 必ず 後悔します

味は 甘い やっぱり濃厚でした


アセロラのせよ ドラゴンフルーツにせよ いつも ギリギリに挑戦しているので

苗木たちも大変だと思います それでも 食べると美味しい

質と量のバランス これは ずっとずっと 生産者にとって 永遠の課題ですね


次から次へ
1つずつ終わらせているのですが 1つ終われば また1つ

次から次へと いろんな依頼があり バタバタが続いています

建設業時代 会社を清算し 働きたくても お声がなかなかかからなかった時を思えば

忙しくて ちょっとした休み時間さえない今の方が どんだけ素晴らしいことか

どれだけ 今の状況が恵まれているのかと 本当に厳しかった月日を経験したからこそ

しっかりと はっきりと実感できます

私が持っている時間は 1日24時間 みんな平等にあります

そこから寝る時間を差し引けば 残りは 私自身が頑張れる時間です

時間は平等ですが 持っている能力は みんなバラバラ だから面白いんだと思います

1時間悩むぐらいなら スパッと切り替えるようにしています

とは言うものの なかなか 切りかえれないときもあり そういうときは 悩みながら作業しています

悩みながらでもできることがあるので 

ただ ここ最近 ようやく 自分の生き方 生きる道が見えてきたような気がしています

性格的に かなり不器用な部分もあるけど 嫌なことは嫌

たとえ嫌なことでも 将来 必要なことだと感じれば 喜んでやります

自身の能力の限界を知り 反対に 絶対にやれないとは 口に出さず

全ては 自分がいいように解釈し 自身が納得するような形で 自分を鼓舞すること

そうしていると 不思議といろんな縁があり いろんな出会いがあり

いろんな能力を持った方々と共感すれば これからを想像でき 一瞬で笑顔になれます

今は どんなに忙しくても どんなに腰が痛くても 楽しいです

子供時代の楽しいとは違い 40半ばの楽しいは かなり奥が深いと思います

楽しいというか 充実という言葉の方が 適切かもしれませんが


lemon2014.6.21

ハウスでは レモンの実が次から次へと大きくなっています

実になったものもあれば 新しい蕾 開花しているものもあります

レモンの木 息が切れないように しっかりと水やりをしなければ

同時に 私自身も長く続けていけるように しっかり食べて しっかり寝るようにします


  
朝からびっくり
昨日 知人から アマゾンさんでの山羊除草 今年も始まったんだねと言われ

あっ 情報発信したんだと 

それから ちょっとネットを検索してみると いくつか話題として扱ってくれていました

山羊さんたちのお仕事ぶりが発信され 一緒に取り組んでいる私たちも嬉しく思います

そうそう その日は ちょうどNHKさんの朝のラジオで

美濃加茂での山羊さんの取組みが紹介された日でもありました 重なるもんですね

ラジオでは 山羊さんによる除草の経緯 それから 今とこれから 上手に紹介され 感謝感謝

ネットでは 仕事が奪われるとか 糞はどうすんだっていうコメントがあるようですが

いろんな意見があってこそ 次へ進めると思っています

もちろん 私たちが 山羊さん除草を始めた経緯を知ってくれれば

仕事が奪われるというような書き込みは 少なくなっていくことでしょう

元々 私は 土木技術者 好き好んで 除草する若者がいなくなったのも事実

実際 除草をしているのは 年配の方ばかり それが 地方の現実です

法面では シルバーの方々では厳しく 重機が入らないところでは 建設業者は嫌がります

そして フルージックが一貫して伝えているのは せいぜい 処理費が安くなる程度

経費が格段に安くなることは 除草を生業としている方々の仕事を奪うこと

新しいビジネスが生まれれば 何かが失われます

都市部では 人口も多く 地域の再生能力があるので 失われることは 必然だと言われるでしょうが

地方にとっては 大きな問題なんです 何かを失うということは

だからこそ この山羊さんの力を借りるという除草に 私たちは 真剣に向き合っています

正直 処理費が安くなると伝えることは 利益を放棄しているようなもの

山羊さんたちの冬場のご飯 病気にならないよう 病気になったときの病院代など

意外とかかるものです ですが 私たちは 山羊さんたちが大好き

思うような利益が上がらない あるいは 仕事を奪われるという発想ではなく

山羊さんたちの力を借りて 新しい何かを産み出せばいいと思います

産み出したもの 産業を興すこと こうしたアイデアを形にしていくことが 今の地方に必要なこと

山羊さんたちの糞尿は 肥やしになります 糞の臭いは気になりません 草しか食べていないのです

イメージだけでなく 実際の目で見ること そして 自身の意見を持つこと

これからは そうしたことが 最も必要だと考えます

ネット社会となり 情報は一気に拡散されてしまう時代だからこそ 現場の重要さを発信していく

私たちフルージックは 少なくとも 私自身は そこに重きを置き 

絶対にブレずに 突き進んでいきたいと思っています

gao

山羊さんブームが到来しているようですが 安易に飼ってしまい どうしよう?

そうならないためにも 発信していく私たちは 正しい情報を提供していきたいと思っています


今朝 フジテレビを見ていたら めざましテレビの気になるニュースで アマゾンさんの話題が

私たちの山羊さんたち 定春とクッキーの名前が 加藤アナウンサーさんに呼ばれ 感無量

我が子ですからね この子たちは 出産に立ち会っていますから

朝からびっくりでした 同時に 気持ちのいい朝でした 





ありゃりゃ(笑)
先週の土曜日は 4回目を迎えた FUKUNE

無事終了しました

最初の年から 声をかけてくださるので 私の中では 恒例の行事となっております

緑がとても豊かな温泉地 福地温泉 

その緑の木々に囲まれた古民家で行われる 音楽祭

ついつい うとうと 眠くなってしまいます ( 笑 )

私にとって 毎年 お会いできることを楽しみにしているアーティストさんがいます

今年も会えました とても良かったです


音楽祭を終え 午後10時ぐらいに ハウスに戻ってみると

予想的中 やっぱりなって ここのところ ハードスケジュールが続いていて

くたくただったのに ドラゴンフルーツの花の開花 ・・・ 500輪以上

力を振り絞って ( 笑 )  何とか 受粉を終え ハウスの中にある 簡易ベッドに倒れこみました

周囲360度  そのまま 差し込む太陽の光で目を覚ますのは 朝の6時前

カメラを持って ハウス内を歩くと まだ咲いていました

で そこで パシャ

ありゃりゃ ・・・ パソコンに取り込んで 初めて気づいた始末

aryarya

右肩下がり なんという写真

やっぱり寝ぼけていたのか それとも 疲れから ? ( 笑 )

まっいいや とにかく たくさん咲いたことが伝われば それでよしとしよう

どうやら 今年は 満月 新月の周辺に咲く そんなリズムになっているよう

次の開花 ( ピーク時 ) を見れば おおよその見当はつきます

さて 明日は 多治見 山羊さんの除草です

夕方戻ってきたら 木柵設置の準備をしようと思います

この時期は 本当に忙しいです 体と頭がいくつあっても足りないぐらい

忙しいことに 感謝かんしゃです


私ごとですが 明日の朝5時45分ぐらいから? NHKラジオさんで 山羊さんの取組みが紹介されます

寝ている時間かもしれませんが 起きているようでしたら ぜひ 聞いてください

私も 早起きするつもりです

 
人と人
梅雨入りしただけあって すっきりしない天気です

曇っている分涼しいかと思えば 湿度が高く 蒸し暑い 何ともすっきりしない

天候が 気分が すっきりしないと言ったところで 

やらなければいけないことは やらなければならず やらなくていい理由にはならないので

とにかく 1つずつやる 終わらせていく

特に 現場は1つずつ片付けていかなければならず 同時進行なんていうのは まずあり得ない

もちろん 工程によって 段取りがあり いくつもの現場を同時進行することもあるけど

今日も 山羊さんたちの休憩小屋 日除けと雨除けを作ってきました

resthouse

今日から始まった 水資源機構さんの除草業務 今年で3年目となりますが

今年は 周囲を間伐材を使用して 木柵を作ることになりました

ここは 調整池の土手 日陰となるところがなく 夏になると 山羊さんたちも暑く

毎年 簡易的な日除けを作っていたのですが すっきりしない日が続くので

今回は 突然の雷雨にも対応できるように 雨除けも設けました


さて 山羊さんたちの取組みにより いろんな人たちと出会っています

奥飛騨の取組みもそうですが たくさんの人と出会う機会を得ることが出来ました

これからも さまざまな人たちと出会っていくのだろうなって とても楽しみです

どんなにネットが普及しても 情報が一瞬で駆け巡っても

最後は 人 直接的な関わり 人と人のつながりだと思っています

時代遅れだぁって言われそうですね

でも 昭和の良き時代に生まれ育ってきた人間として ここが大切っていうのがあれば

ずっとずっと その部分を大切にしていきたい

時代 文化や文明は どんどん進歩していく中であっても

それらを 1つの道具として 使いこなせる自信がなければ使わない

共感できる人 そういう人と出会い 一緒に仕事をしなくても

その想いをずっと共感していけたら幸せですね

自分に自信を持って 最後までブレずに突き進んでいくこと これが私の基本です

怖さや不安は 封印です ( 笑 )




嬉しくも寂しくも
ここ2日ほど 腰痛が悪化していました

柵の杭打ちをしなければいけないのに まともに歩けないので それは無理

アセロラの収穫ならできる そう できることを1つずつ 

暇を見つけては ストレッチ 家に帰れば うつ伏せになって

足の裏からふくらはぎまで 娘に 手加減してもらいながら 踏んでもらう

私の場合 腰痛は 足の疲れからきているので とにかく 足を重点的にもみます

今日の午後になって 幾分 痛みがとれてきたようで ちょっとだけ ひと安心

遅れた分は 取り返さないと   あぁ 時間が止まってくれたらなぁ 

まっ 考えるだけ 無駄


腰が痛いときは 早く寝る 起きていても 疲れが溜まるだけなので だったら 寝る

6年生になった娘に パパのこと どう思っている? 尊敬している?って

寝る前に 普段 絶対に聞かないようなことを聞いてみました

すると 照れくさそうに まぁ ・・・ だって  嬉しかった

私は 続けて どこがいい?って すると

真っ直ぐ生きているところ ・・・ 間髪入れずに 真っ直ぐって?聞き返すと 

自分の意見を持っていて それを 実行しているところって

そんな風に見ていたんだって嬉しかったけど そんなことを言えるまで成長したんだと思ったら

何だか 寂しくなってしまって そのうちに いい人見つけて生きていくんだなぁと思うと

嬉しくも寂しくも ・・・ あぁ これが幸せっていうことなのかな?って 思ってしまいました

嬉しいことばかり 寂しいことばかり ではなく 半分個

半分個というのが 幸せのコツなのかもしれない 


夕方 娘とドラゴンフルーツのジュースを飲みました

half and half

赤果肉と白果肉 半分ずつ飲みました


ぷっくらと
今日は 可児市にある 帷子公民館へ 山羊さんたちと一緒に除草活動に行きました

今年から 少しだけですが 可児市から管理を任され 出動することに

ここ2年ほど 帷子公民館祭に呼ばれているので これがご縁です

公民館には 図書館もあり たくさんの方々が訪れます

それでいて 急な法面も多く 山羊さんたちにお声がかかったというわけです

とはいえ 除草だけでなく プラスα 山羊さんたちとの交流を望まれているので

その点では 私たちも共感していると感じ 喜んでお仕事に行くというわけです

山羊さんたちが共感しているかどうか それは 分かりませんが ( 笑 )

それでも 私たちの山羊さんは 人が好きなので かわいいって言ってもらえ

フェンス越しに頂く 草を待っているので まんざらでもないなと 思っています


さて 私 腰痛がひどくなり もう少し悪くなると 真っ直ぐ立てなくなり

歩けなくなる感じです 毎年のことですが

そうならないように 足の裏 アキレス腱 それから ふくらはぎの疲れを感じ

夜 寝つけなくなったら 重度の腰痛の兆候です

長年 腰の痛みとは付き合っているので 分かっているつもりなのですが

ついつい 無理をしてしまう時があり 今年もやってしまいました

今日は 夕方 やばかったし まだ仕事が残っていたので 

母親に ふくらはぎから足裏まで 踏んでもらい ( かなり痛い! ) 今は 少しだけ落ち着いています

家に帰ったら 風呂入って 娘に踏んでもらう予定です


あっ そうそう ザクロの話です

zakuro

ようやく 実がつきそうです まだ 分かりませんが

かなり楽しみなんです

これから 少しずつ ザクロ情報も上げていきたいと思っていますが

バタバタしているので ただでさえ ブログ更新が滞っている状態

頑張ってアップしていきます

明日は 杭打ち ( 木柵設置 ) をやらなければいけないので 何とかして 痛みをとるぞ!

ほんと 腰痛だけは勘弁してほしいから


選択肢
どうやら梅雨入り? 昨日まで暑かったと思ったら 今日は1日中くもり空

ちょっとだけ 涼しかった そんな感じの1日でした

今日は というか 今日もですが バタバタの1日 余裕なく 時間が過ぎる ( 笑 )

でも この忙しさ バタバタ感が好きだったりするわけで

これがないと 生きているっていう気持ちにならないかも ちょっと病気ですね ( 笑 )


さて 時間があれば ハウスを散策するのですが

先日まで開花し続けていたレモンが いくつか 実をつけているようです

実は 3月末にぐらいに開花していたのですが 最低気温の関係で 結実せず

で 今が2回目というわけです

lemon2014

で どれを選択し 摘果しようか 

このままぶっておいても いいのですが 

ある程度 これだ!っていうものを選び それを 大切に育てた方がいいかも

でも 数が少ないからいいものの たくさんレモンの木があったら そうはいかない

それが 趣味の農業と生業としての農業の違い

農薬だってそう やたら 農薬をまかないって言う人がいるけど

今年なんて アブラムシ 毛虫など 大量発生中ですから

栗の木なんて 消毒一切しなかったら

今現在 葉っぱを全部食べられ 丸裸の栗の木が1本ありますからね

もうすぐ その毛虫たちは 蛾になって 夜空へ舞い上がるので それまで辛抱します


どれを選択するのか いつも その繰り返し

趣味であっても 仕事であっても 同じこと

全部が全部 自分の思い通りにはならないし そうあっては 面白くないから

予期せぬことがあって その中で 対応に追われ

それでも 負けずに努力し続ければ それなりの効果はあると信じています

人生なんて 選択肢だらけ 大げさに言ったら あみだくじ ( 笑 )

ある程度 経験と知識でカバーできるけど

カバーできてしまい うまくいくと想像できてしまうと 何だか 興ざめもしてしまいます

楽しいのは 若いときだけかも ( 笑 )

もちろん 今は今で 充実していて 楽しいですけど


完熟バナナ出荷
正直 ブログ更新している時間なんてない というのが厳しい現実です ( 笑 )

今日も1日バタバタでした 暑いし ほんと

熱中症になるようなタイプではないから ある程度 無理が効くんだろうけど

それでも 1日中 ギンギラのお天道様の下で仕事をしていると

クールダウンした夜も 体がほてっています

ただ しっかり汗がでる体質になっているので 食べながら汗をかく そんな感じ

汗かいたら 水分をしっかり取る その繰り返しです


さて 先日 奥飛騨のハウスに行ったら 予想通りのタイミングで

小笠原種のバナナが 完熟し始めていました 

banana by frusic1

こうなったら早い 何が早いかというと 熟し方

個体差があるでしょうが この大きさ そして 重さを考えると

この状態で収穫し 発送するのがベターだと考え 急いで収穫 

そして その日のうちに 東京へ発送しました

banana by frusic2

かなり重かったです

うまい具合に 既製品の箱にぴったし入りました

とにかく 輸送中に傷まないように 最大限できることをやって 出荷

都内のデパートで売られます

ドラゴンフルーツやアセロラでお世話になっているデパートさんです

趣味の世界でバナナを作っていたのですが たまたま バイヤーさんと気が合ってしまい

完熟バナナをお願いと ・・・ 縁を感じたので 喜んで引き受けました

今度は もう少し熟しを優先してほしいと注文がありました

総重量や季節により どこまで熟した方がいいのか そのタイミングがあるので

そうしたことを考えながら お客様が喜んでくれるようなパフォーマンスができればと思っています


さて 明日は 多治見へ行きます 

山羊さんの出勤です 暑いですが 山羊さんと頑張ってきます!