FC2ブログ
プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
1つの可能性
今日は 久し振りに ドラゴンフルーツに関して ちょっとだけ真面目な記事を書きます

もちろん いつも真面目に ブログ更新していますけど

ドラゴンフルーツだけに限らないことですが いろいろ言うのは簡単なこと

だけど 私たちは生産者である以上 聞かれれば 何かしらの根拠を元に 話をします

なぜ 私たちが 白果肉のデヴィッド 赤果肉のマキスパ 紫果肉のダークの苗しか

ホームページ上の通販サイトに出していないのか

苗を買って頂き 育てられるお客さまが おいしいドラゴンフルーツを収穫してもらいたいからです

特にイエローに関しては 趣味の世界 なかなか うまく育てられるものではなく

売ってほしいという人がいても よっぽどの覚悟がない方には 販売しません

苗木から1年で 花を咲かせ 実をつけることなど 暖かい地方でない限り 無理な話なんです

早くて1年半で花を咲かせられる人はいます それでも 実となると 翌年だったり

苗をいつ購入するか いつ植え替えるか などなど いろんな要素がからんできます


さて ここのところ コニーマイヤーだとか コンドルだとかいう

ちょっと聞きなれない ドラゴンフルーツの品種に関しての問い合わせがあります

もっとも品種があることを知らない方々が多いので 興味がない人にとっては どうでもよい話ですが

どんなドラゴンフルーツでも 熟す期間が本当に暑い夏と寒くなる晩秋では

色づきが変わってきます 当然 熟す期間も違います

積算温度とも言いますが 1日の平均気温が何度で

それを足していき どれだけになったら?という感じです それで おおよその目安が分かります

毎年そうなんですが 晩秋から冬にかけては ドラゴンフルーツの色づきが悪く

太陽に向いている方は 緑色をしていて 直接光が当たらないところは 赤くなっています

普通に考えれば 逆じゃないの?と言いたくもなりますが

それが 私たちのところでは 事実なんです ずっとそうなので

それで というわけではありませんが 美濃加茂である程度 実績を積んだ新品種を

奥飛騨でどうなるかを実験しているのですが

dsxod1

dsxod2

8月22日に花を咲かせ ちょうど2ヶ月ほどが経ちました

本来からすれば 果皮は 薄いオレンジ色というか 山吹色なんです

それが 寒くなってきたことなどが影響してか 少し色が変わろうとしている程度

それでも 果肉はやや柔らかく 熟している感じがしたので 思い切って収穫しました

dsxod3

ちょうどいい感じに イエローとコニーが収穫できたので 比べてみることに

余談ですが コニーマイヤーもオレンジ色になりかけている程度

夏場と比較して 緑色が残ったオレンジ色といった感じです

イエローは変わらず どの時期に収穫しても こんな感じです

で 真っ二つに切ってみると

dsxod4

同じ白果肉でも 少しずつ違うのが分かります 種の大きさも

食べてみると どれもおいしいです

オリジナルな新品種は 酸味が強く残りつつ しっかりと甘く 私好みです

イエローは 相変わらずおいしい 外さない強さがあります 

で コニーはというと 以前 期待薄的なことを書きましたが

この時期 少し早目 ちょっと硬めの状態で収穫すると 果肉もサクサク感があり

リンゴのような風味があるようで これはこれでおいしいです

コニーは 秋口に収穫するか 早目に収穫するのがベターかもしれません

dsxod5

実は 食べた後 果皮が気になりました

よく見ると よく見ないまでも 果皮の内側と外側では色が違っているのが分かります

寒くなることで 果皮が厚くなる現象が手伝って 色づきが悪いのかもしれません

つまり 緑色をしたコンドルという品種のドラゴンフルーツは

ひょっとしたら 標高が高いところ 寒暖差もあり 朝晩の冷え込みがかなり厳しいところ

あるいは 太陽光に関係があるのかもしれないということです

何が言いたいかというと 暖かいところで栽培すれば 果皮が緑ではないということです

これは 何とも言えません

ちょっと調べてみる価値はありそうですね

とはいえ 現地では緑色の果皮でも 日本でも同じように育つとは限らないので

その辺りは 慎重によく調べてから発信してきたいと思います

たかがドラゴンフルーツ されどドラゴンフルーツ

何でもそうですが 1つのことを極めようと思うと 一生かかっても無理かもしれませんね 

スポンサーサイト