プロフィール

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
比較する
明日から師走 私は 明日まで奥飛騨です 午後から 1つ打合せをして 美濃加茂へ

早いものですね あと1ヶ月で 2014年が終わり 新しい年がスタートです

去年はどうだったか? 今年はどうか? 来年はどなってほしいか?

などなど比較したくなるのが 人の性というものでしょうかねぇ

比較して初めて 今の自分の位置が分かることも 

だから 例えば 人と比較することは そうそう悪いことではないと思います

とはいえ 比較して 自分を良く見せようとすると ちょっと受け入れがたくなるもの

難しいですね ほんと ややこしいというか ( 笑 )

人はどうとかじゃなくて 自分でしょ! なんて叱られる 子どもの気持ちになれば 特にね


さて ドラゴンフルーツの品種改良ですが 今年も少しですが やりました

compared with A and B

向かって左が コニーマイヤーにマキスパの花粉をつけたもの コニーマイヤーの実の種が発芽したもの

向かって右が マキスパにイエロードラゴンの花粉をつけたもの マキスパの実 種を蒔いたけど ・・・

同じ時期 11月中旬に蒔きました コニーは勢い良く ほとんどが発芽 蒔きすぎ?というぐらい

一方 マキスパは 全く反応なし こんなに差があるとはね

イエローの影響があるのかぁ? そう思ってしまいます

というのも イエローは 挿し木しても根が出るのが遅いし 実が熟すのもかなり遅いです

もっと言えば 蕾が出てから 花を咲かせるのも 比較して 他のドラゴンより時間がかかります

全てに置いて 時間がかかるので こうした結果になっても 何となく理解できます 

ただ イエローの実から採った種ではないので 花粉だけで ここまで影響するのかな?と

いずれにせよ 発芽するのを待つのみです

発芽して 双葉の真ん中から にょきにょきと三角柱 ( 最初は四角柱? ) が伸びてこれば

それなりに分かってくることがあると思います とりあえず 待つしかないですね


早いものがあれば 遅いものもあります

私たち人間もそうで いろいろと身につくのが早い器用な人もいれば そうでない人も

どちらがいいか ひと言では言えないけど 早く器用な人の方がいいかも ( 笑 )

だけど ミスばかりするのであれば 遅くても 間違いがない方が 結局いいわけで

自分がどちらのタイプか その個性をどこで生かすか

そう考えていくと みんなバラバラの方が しっくり当てはまるというか

みんな同じタイプだったら ・・・ 

ジクソーパズルでもそうだけど みんな同じ形だったら 面白くないし

みんな四つ角だったら 一枚の完成型にはならないわけで

適材適所 しっくりくるというか 都合の良い?言葉ですね

自分を理解するのに 人と比較することは 決して悪いことではないと思います

それで 人より優れているからと 威張ったら嫌われるってことを ちゃんと知っていればね ( 笑 )

でも たまには優越感に浸ってみたいよね それも人間の性だと思います






スポンサーサイト
約束
火曜日 水曜日と東京出張 翌日は 娘の誕生日でした

娘とは 一緒にケーキを食べるという約束をしていたので その日は ちゃんと予定を空けておきました

前から ここのケーキが食べたいということだったので 事前に2人でお店に行き 予約しておきました

当日は 妻が取りに行ってくれたので 私は 夜もギリギリまで仕事ができました


毎年 いろんなお店で 誕生日ケーキを注文します

可児市であったり 多治見市であったり で 今回は 各務原市にあるケーキ屋さん

birthday cake

実は 3種類のケーキが1つになっていて 同時に3つの味が楽しめました

色合いもきれいで 味は しっかりとしていて とても濃厚で とても美味しかったです

何より 1つ1つの作業が丁寧で 作り手の器用さ 見ただけで伝わってきます


農業を始めて 相変わらず バタバタと忙しい日が続いています

私自身は とても充実しているのですが 家族にとってはどうだろう?

昨年から なるべく娘との時間を作るようにしていますが 

それでも 一般的なお父さんのように どこかへ連れて行ってあげるとかはできていません

なので できるだけ約束したことは守るようにしています

といっても 守ることが目的ではありません

こうして 家族で食べる時間に 私自身がどれだけ癒され エネルギーをもらっているか

だから思うのです 

約束は やぶらないように 守るためにするのではなく

生きる喜びというか 楽しさを感じるために するようなものだと

約束を1つすれば 楽しみが1つ増える

そう考えると あぁ 嫌な約束をしちゃったなぁなんて 思わなくなるかもしれません?


娘には 自分の好きな道 信じる道を歩んで欲しいと思います






つなげる
朝方は 冷たい雨でしたが 午後から太陽が顔を出し 暖かくなりました

明日はどうかな? ここのところ 冬らしいというか 時雨れています

もう少し寒気が入ってくれば 雪が降る そんな感じでしょうか

天気のことは 分かりません 

こういうときは 気象予報士の方々の予報をあてにして 作業計画を練っていきます

そうそう 気象予報士と言えば ・・・ ではありませんが

先日 奥飛騨の温泉ハウスで 気象キャスターネットワークという団体が主催したイベントを手伝いました

地元小学生の子供たちが 地元の良さ 地域資源とかを切り口にして

1本の環境ビデオを撮影するというものです

どんなことを言うのか どんな感じで撮影するのか 撮影そのもの 編集まで

気象キャスターネットワークに属している 気象予報士の方々が親切にサポート

で 出来上がったビデオが アップされ 見れるようになりました

子ども環境ビデオレポート 奥飛騨編 

お時間があれば ぜひ 見てみてください

びっくりしたのが 彼女たち NGは出していません

実際 2年生になると 地域の街並み探検ではないですが 温泉ハウスに遊びに来るので

どんなことをやっているのか みんな知っています

だから いちいち説明することもなく 私自身がお手伝いすることもなく ほんとびっくりしました

加えて 子供たちの吸収力の凄さ すごいなって

そして この温泉を活用して 何かをやりたいという言葉に 私はグッとくるものがありました

子どもたちがやりたいと言ったことを サポートできるような環境を作らなければと思いました


私は ここ奥飛騨で生まれ育ったわけではありません

いわゆる よそ者です

そのよそ者を受け入れてくれた方々がいること それが大きな力となりました

だからこそ よそ者だから言えること よそ者だからできること それをやらないといけないと思っています

何を偉そうにとか よそ者には言われたくないとか いろいろあるでしょうが

それはそれ 私自身 信じる道を進みます

自分だけが良ければいいのではなく 地域が良い方向へ進むこと

ここ奥飛騨は観光地なので 私たちは農業者であっても 

やはり 観光業を後押しできる農業者であること それが 私たちフルージックの想いです


協力してくれた 栃尾小学校 そして 私たちを選んでくれた 気象キャスターの皆さま

本当にありがとうございました

ここ フルージックのブログ内ですが お礼申し上げます


フルージックの取組み これからさらに1つずつ 広げ そして つなげていきたいと思います






イベント
おととい 昨日 ちょうど冷たい雨の中 東京でした

ビルの谷間から吹く ちょっと強めの風に乗った雨が 本当に冷たく 気力体力が奪われていく

そんな感じな天気でした

おとといは 山羊さんが育てる銀杏 それから サツマイモを使ってくださっているお店へ行き

ご挨拶をした後 自慢の料理を堪能してきました 

ちゃんとメニューにも 山羊さんが育てた銀杏って書かれているので 嬉しいものです

そこのお店は 焼肉屋さんです 十々西麻布店です

お肉は いろんな部位を出してくれ その食べ比べを堪能してきました

最後は サツマイモを使ったデザート これがまた美味しかったです


翌日は 岩本町にある 岐阜県関市発祥のメーカーさん 貝印さんのショールームへ

そこで 岐阜県観光課が主催するイベントがあり 参加することになっていました

庄司いずみさん ヤミーさん それから 中元千鶴さん 料理に関わる方々が

実際 岐阜に来て 食材探し あるいは 作り手とお話をして 食を通して 岐阜の魅力を探る

といった感じでしょうか まっ そんな感じのイベントでした

その中で 庄司さんとヤミーさんが面白いな!と思った食材を使って レシピを作ってくれました

それを 実際作り メディアへお伝えすることで 岐阜を宣伝するという流れでした

また 正式に貝印さんのHPでアップされると思います その時は 報告します

okuhidadragon

こうした取組みを活かすことができるか これは 私たち民間の仕事だと思っています

今回 私たちのドラゴンフルーツを使って頂いこと 本当に光栄で嬉しく思います

また 私の知らないところで いろんな人たちが ドラゴンフルーツの良さを発信してくれていたことに

私は とても嬉しく それにお応えすることが大切だと思います

自分ではなく 人さまが 知らないところで骨を折ってくれていること

やはり 現場に来ないと分からないことばかり だからこそ 短絡的に上京するのは赤字だとか

忙しいから行けないと言うのではなく しっかり自分の目で見ないといけません


一過性のお遊びのイベントもあれば 何か目的があり 継続していくことに意味があるイベントもあります

しかし 税金を使って こうしたイベントする以上 そして 私たち民間もその恩恵を受けるのであれば

それを より活かそうとするのが 地域企業の務めだと思います

短絡的に 損得ではなく もっと広い視野を持ち 現場に行くこと それが 何よりも重要だと思います


こうした機会を得ることができました 本当に ありがとうございました。



上京します
今日は 1日ぽかぽかでした

さすがに 日が沈むと 冷たくなってきますけど


さて 明日は 久し振りに上京します といっても 年2~3回は上京するようにしていますが

明後日 岐阜県の催し事があり 参加させて頂くことになっています

なかなか自由時間がないので こうした時ぐらいは いろいろ散策したいと思いつつ

こういう時だから 会いたい人に会っておきたいと思う気持ちがあり

やはり 人に会うことを優先します

もちろん それでも 空き時間には いろいろ見ることにしますが


明後日 岐阜に戻ってきたら 11月の追い込みがあります

週末には 奥飛騨に行くことになっているので 帰ってきてからは ちょっとペースアップします

あっ 年賀状もそろそろ作らないといけないし

やることばかりだぁ 本当に

マイペースマイペースと言い聞かせるものの 逆算すると やっぱり焦り出してしまいます ( 笑 )


頑張りますよぉ

そろそろ
今日は 1日とても良い天気 日中は汗ばむような日差しでした

ちょっと肌寒い朝でしたが 予定通り 銀杏畑へ行って 予め水につけておいた銀杏を

専用の機械で ゴリゴリ ゴリゴリ みんなが臭いという 果肉を落としていきます

私は この臭い 何とも思わないというか 慣れてしまってのかも ( 笑 )

果肉が削られると 種だけが残る仕組み といっても それで出来上がりではありません

それを 水洗い 細かい果肉や薄皮が残っているので ひたすら 水で注ぎます

そして 天日干しです 2日から3日 お天道様の下で 日向ぼっこさせます

そうそう 臭いと思わないのは 翡翠色した モチモチした銀杏を知っているから

それを食べたいから 臭いなんて思わないのかもしれません


農業をやっていないころは 平気で 高いだの 安いだの言っていました

もちろん 言ったからどうかという問題ではありませんが

今 こうして農業に関わり 1つ1つできる過程を経験していると なかなか声に出すことはないです

ただ 知ってしまった分 心の中で 高いかな 安いかな などど言っています ( 笑 )


さて 今年も残りわずかです

そろそろ クリスマスどうする? 御節どうする?と そんな会話がではじめています

考えてみれば 今年も何とか1年を越せそうです

本当にありがたいこと 感謝しています

その感謝を噛みしめながら 来年もそうなるよう 

そろそろ 来年の目標を立てていこうと 心の中を整理しています

dragonlineup

奥飛騨で温泉農業をスタートさせ 7年が経過しました 早いものです

農業者となっても 異業種から来た農業者 さらに 実績がなく 信用などありませんでした

そのため 農業者が受けられるメリットであったり 補助や助成を全く受けられず ほんと厳しかったです

とはいえ 好きで農業を始めたわけで 補助や助成を受けることが目的ではありません

それなりに活動を続けていると 農業をしたいっていう相談が ちょくちょくあります

信用や実績がないことが理由で 同じように なかなか借り入れができないと聞きます

それでも 私は 借りられる方法があるのなら それを検討した方がいいと言います

それは たまたま私たちが運が良く 返済ができているだけであって

返済しなければならない金額は 少ない方がいいからです

もちろん 補助や助成が 気持ちにゆとりを持たせてしまい 厳しい現実を見ることもあるという人も

ですが それは 経営能力があるかどうかの問題

補助や助成を受けようが 受けまいが 経営能力がなければ 何をしてもうまくいかないと思います

私が思うに 農業者を増やすには 経営能力も同時に磨かないといけません

それは 税制とかそうした数字だけを学ぶのではなく 売ることだったり 作ることだったり

総合的に経験し それを活かせるタイプの人間を育てることだと思います

数字だけが得意でもダメ 作ることだけが得意でもダメ 売ることだけでも当然ダメ

適切な言葉ではありませんが 農業は バカではできないです

段取りひとつ 天気を読むこともそうです それに 何年後 どんな作物がいいのか

この土地には 何が適しているのか などなど 

モノを売るには コミュニケーションが必要だし 作り手としての考え方を伝えることも重要

そういう意味からすると 運良く 全く経営能力がなかった私は 毎年1つずつ経験値を積み

何とか どうにかこうにか フルージックを継続させています

経験値が上がった分 経営能力が身についてきていると思っています

運がなかったら 経営能力が身につく前に ダメになっていたと思います

超ポジティブ思考ですが 危機意識だけは かなり高いです

なので 来年も新しい何か もちろん 突拍子もないことではなく 今の農業につなげていくもの

フルージックの考えに沿った提案をし 取組みをしていきます

見た人 知った人が なるほどねぇ フルージックらしいと言われるような取組みです

実は 山羊さん除草隊のときもそうでした

フルージックらしいと言われる方が多かったです 

それが とても嬉しくて 大きな自信となりましたから


奥飛騨での取組み とりあえず 直接的に私たちができることは 今の段階では終わりです

後は どうつなげていくのか 地域でどう膨らませていくのか

そうなっていくように つながっていくように 私たちは違った視点から 取組んでいきます

モノゴトには直接行動して結果が出るものもあれば そうでないことも

梃子でも動かいものは 違った視点が必要だと思います

なので 地域とのかかわり方を ちょっと変えようと思っています

奥飛騨で温泉ハウスをオープンさせたとき

45歳 ( 7 ~ 8 年 後 ) になったら引退するようなことを言って 何を偉そうにと顰蹙を買いました

その真意は 引退ではなく 実践重視でやってきたやり方を変えるということです

そのために ずっと今までの経緯を書き綴ってきました

来春に それをまとめたもの 本を出版します 機会があれば ぜひ


さて そろそろ来年に向けて 計画を練っていきます

もう 頭の中には どうやっていくか すでにできあがっています

それには もう少し 想いを持った方々の力 仲間が必要です










企業とは
さて 今日は 山羊さんの除草隊の出勤でした

霜が降り始め 青々していた草は 少しずつ 茶色ががってきてしまいました

それでも 山羊さんたちは おいしそうな草を探しては モグモグと食べています


ここのところ いろいろと思うことがあり

というか ここのところではなく いつものことですが と書いた方が 正解ですけど ( 笑 )

もうそろそろ 私が農業参入して 10年を迎えます

10年あれば もっとできたはずって思うし なんでもっと成長していないんだろう?って

ずっと協力してくれた家族や仲間だって まだまだ 楽になっているとは言えず

経営者としていかがなものか 自分には その才能がないのではないか そう思うこともあります

実際 私じゃなく もっと資金も豊富 人脈も多く そして しっかりビジネスに徹する人であれば

もっともっと 発展した企業になっていたのではないか ・・・

人生 振り返ることはできても 戻って やり直すことはできない 当たり前だけど

同じ過ちをしたくないと言うけれど 同じことなんて 1つもない

だから 頭の中で いろいろ考えて いろいろ想定して

何かあったとき 悪い方向へいかないようシュミレーションするわけです

全部が全部 想像した通りになることはなくても あらゆる状況を考えておくと

意外と 何があっても 対応できるもの 


夢の国へ行きたい人は たくさんいるけど 自分で船を出して 漕ぐ人はどれだけいるだろうか

ほとんどが 人が出した船に乗って なるべく 何もせず 夢の国へ行きたいのではないだろうか

地方現場で起業する人は 自分で船を出し 自分で漕ぐ人が多いです 

そして 漕ぐことができる仲間を知っています

一緒に漕いでくれる人は お金で契約することもあれば 想いを共有して漕ぐ人もいます

生活がある以上 お金は大切 だけど

こう何でも手に入れることが出来てしまう時代には 共有できる想い つまり

企業の方向性だったり リーダーの哲学だったりが とても重要になってくるのではないか

屁理屈ですが その想いを持って ここまで取り組んできたような

よくまぁ ここまで 続けてこれたなぁと 他人事のようですが そう思うこともたびたび

他人事のように捉えられるから 自分は生かされているって思うのかもしれません

企業は継続していくことが重要だと言われているし 私もそう思います

だけど それ以上に 地域にどんな影響を与えた企業になったか 

地域でなくても 人に どんな思いを感じてもらえる取組みをしてきたか 

実は 私は そこに重きを置いています

継続を目指すのは当たり前 できる範囲で投資していくのも当たり前

その投資は 企業内部に向けられたものか それとも 地域であったり 次世代であったり

そうした 間接的な投資ができる企業が これからの時代には必要で

それが 成熟した企業といえるのではないだろうか 

私たちフルージックは 実績も乏しく 足腰も弱い会社ですが それでも 想いだけは強烈です

looking

誰かが見ているから頑張るのではダメだと よく 親が子供に言うセリフでもありますが

私は 誰かが見ているから頑張る気持ちはあってもいいと思います

それには ちゃんと なぜ頑張るかの意味を教えてあげることが大切です






ここからが長い
今日は しっかりと冷え込みました

今は 太陽が顔を出しているので 暖かくなるはずです


さて 奥飛騨のハウスでは 小笠原種のバナナが実をつけています

ogasawarabanana2014

今年は 小笠原種が2回 ドワーフが1回 合計で3回収穫しました

これが 4回目というか 4房目のバナナ ( 小笠原種としては3回目 ) となります

とはいえ 収穫は 来年になるでしょうね

ここからが長いので ほんとに

これからの奥飛騨は 日差しも期待できず 温泉ハウスの温度もそこそこになるので

じっくり ゆっくりといった感じです

来年は どうだろう? どれくらい収穫できるかな?と期待しつつ

バナナ果実生産を生業にしていくには なかなか厳しい現実があるのが事実です

とはいえ 国産であり ギリギリまで完熟させられることからすれば

ある意味 価値としてはあるのではないか 後は それを認めてくれるかどうか でしょうね

何でもすですけど モノづくりは

今では 価値を分かち合える人と巡り合えれば とても幸せだと割り切ってやっています

ある程度は 何でもできます 何でもできてしまうから 困ってしまうことも

流行は 誰でも気軽にというのが 1つの目安

そこから 頭1つ抜け出すこと さらに とことん極めていくには 努力だけでは無理

置かれた環境 周りのサポート 時代に受け入れられるなどなど 運がとても大切な要素だと思います

この年になって いろいろ経験させて頂いたことで 感じるものが多く

まだまだ中途半端な私が 生かされていることに感謝すると言えば 何を偉そうに となってしまいますけど

それでも あると思うんです

とことん努力して 自身の限界を知り それでも 何とかして抜け出そうとして もがいていれば

あっ生かされているって感じる瞬間があることが


ある程度 できるようになるまでは 誰でもできます

だけど ここからが長いんです 1つ抜け出すことが そして 極めることが

奥飛騨の温泉で育つバナナと接していると 学ぶことが多いんです


今日は午後から 御嵩町の中学校で 環境をテーマにした話をしてきます

同級生が先生をやっていて 依頼がありました

お声がかかること 本当にありがたく そのたびに あっ生かされてるって実感しています

イエロー2014
先ほど 美濃加茂に到着しました

やっぱり外の寒さが違います 

とはいえ 真冬になればなるほど 奥飛騨の方があったかいという不思議な現象があります

というのも 温泉ハウスにいるので いつも 体がぽかぽか

ハウス内は 床暖房だし コンクリートの骨材が熱反応し 遠赤効果 岩盤浴状態だからです

なので 真冬は 美濃加茂の方が寒い 朝 布団から出たくないです ( 笑 )


さて 今年のドラゴンフルーツの収穫は ほぼ終了しました

なので 恒例の食べ比べも 来週の三連休ぐらいが最後になるかもです

天候の影響なのか 例年より 収穫が半月ほど早く終わってしまいました

これからは イエロードラゴンを待つのみ そう 春の到来をひたすら待つ そんな感じです

で 今のイエローは?というと こんな感じです

yellow 2014

今年は 1000個ほど 実をつけています

それから 大きくなるものは 1割もないでしょう

残りの5割ほどは 中ぐらいの大きさ あとは ちっちゃいサイズといった感じです

何度も書きますが イエローは 難しいです

基本 ドラゴンフルーツは 花の大きさに比例して 実の大きさが決まってくると言えます

なので 苗自体が大きくなればなるほど 大きな花 大きな実になりやすいです

とはいえ 苗自体が大きくなれば その分 蕾もたくさんつけるわけで

間引きというか その編のバランスが難しいです

さらに 土壌により 内部の細胞破壊があり これまた 原因を突き止めるには 時間がかかるもの

まだまだ 一人前の生産者になるには 時間を要します

今週も そして 来週も というか 11月末まで ある意味 びっしりと予定が詰まっています

もっと言えば 12月末までですね ( 笑 )

この忙しいときに いろいろ考えるのが好きなので

来年以降のことも 考えてはニヤニヤを繰り返しています


お時間があれば ぜひぜひ 今年最後の食べ比べに来てください

今なら イエロー オレンジ ヴードゥーなど 甘い品種が勢揃いしていますよ

 
あるある
昨日から雪がちらつく 奥飛騨です

そろそろヤバイかなぁと思い 車のタイヤをそのータイヤの新品に取り換えていました

正解でした 美濃加茂での仕事を終わらせ 夕方奥飛騨へ

平湯では 案の定 雪 除雪と融雪剤散布

今日も朝から 雪がちらつく そんな肌寒い1日でした

で 今日は 朝から環境ビデオレポートの収録 

また 改めて ご報告しますが 地元の子ども達と一緒に とても楽しい1日を過ごしました


さて お腹がすき 夕飯の買い出しに出掛けると

あれもこれも食べたくなる というか お腹が減ったときに スーパーに行ってはダメ

食べきれないものまで 食べたくなるというか 何でもかんでも 買い物かごに入れてしまう

ありません? そういうの 私はよくあります

加えて おにぎりが全品半額 半額となれば これまた ついつい

最後には レジの方に これだけ1人で食べるの?って 聞かれます

はい 食べますよと言い 先ほど 全部食べきりました ( 笑 )

腹減った状態で スーパーへ行ったときの 『 あるある 』 です


これから 本格的な冬がやってきます

私は 冬より夏が好き 肌も乾燥して かゆくなるし 膝とか腰 今年は 肘も加わり ケアが必要です

雪が積もったって 雪合戦したいとか 雪だるま作りたいなんて 思わないですから ( 笑 )

今日は 1日疲れたので そろそろ寝ます

ちなみに 今のハウス内の温度は 18度ちょっと いい感じです

 
正念場
多治見のアマゾンさんでの除草業務 今年は 今日が最後でした

警備員の方々 食堂でおいしい料理を作っている方々から 今日が最後?って

今年も とても充実した業務でした ありがとうございます


さて 全国的に広がっている山羊さんたちの除草

その可能性があるものの 命がある山羊さんたちのことを考えると 課題があるのも事実

やっかいな草を食べてくれる 耕作放棄地に適しているなどなど

果たして 人間の予想通り そう簡単にうまくいくだろうか?

くだらない机上論でモノを言うことは もうやめにしないといけないって 心から思います

もちろん 議論することは大切だし 希望を見出し 挑戦していくことも重要

そんなことを批判しているのではなく ちゃんと現場を見ないといけないし

現場の意見を尊重する仕組みを作らないといけない ずっと言い続けていることですが ( 笑 )

岐阜県でも 耕作放棄地の解消を目的に 関ヶ原町で山羊さんたちの活動が始まりました

ある意味 ここは 山羊さん除草の先駆け的な地域の1つでしょう

ですが 新聞によると 赤字により中止することに 

飼育されていた70頭の山羊さんは 希望するところへ 売られていくことになっているようです

話によると 山羊さんブームの影響で 行く先も決まっているとか

少しホッとすると同時に 今まで一緒にいた山羊さん同士 離れ離れになってしまいます

仕方のないこととはいえ 私も人間の1人として やっぱり 人間は勝手だなぁと

そう 私も 山羊さんたちからすれば ずいぶん勝手な人間だと思われているかもしれないです

実際 自分たちの生活もあり 生きていかなければならないことを考えると

偉そうに 生意気に とやかく言う権利なんてありません

だからこそ 私たちフルージックは そうならないよう 早い段階で課題を見つけていくことにしています

山羊さんたちを除草目的で飼うことも1つの考え方でしょうが

私たちは 山羊さんたちと生活することで どう私たちの仕事を創り出していくのか

屁理屈だと言われたって 私たちは私たち 信じる道を進むのみです

thin

もし 山羊さんたちが言葉を話せ キーボードを叩けたとしたら

考えると ちょっと怖いです

関ヶ原町の問題だって いろいろ悩んだ末の結論でしょうが 山羊さんたちの反発もあったことでしょう

山の木の実がないことなどが理由で イノシシや熊が人家近くにまでやってきている

ここのところ いろいろと考えさせられることが多いです

考えて 考えて それでも もっと考えて もっともっと考えて この先を意識しないと

できることは ごくごくわずかなことであっても ブレーキをかけられることだってあるかもしれないから

生きていくこと 楽しく生きていくこと 理想と現実は いつも一緒にならないけれど

それでも 私たちは 考えることをやめたらいけないって思います


山羊さん除草隊 来年が正念場 私の予想というか 直観です

これを乗り越えられれば 1つの形として 継続していくと思います

私たちの取組みは 今年同様 来年もやっていきます

しかしながら こうブームになると 良い部分だけでなく 悪い面もクローズアップされるだろうし

加えて しっかり悪い面の根源を調査しないで 情報発信されることを考えれば

来年が 正念場なんです

小さな企業である以上 行政や大手企業のように 赤字だからやめますなんて言えないです

赤字で継続できないということは ・・・ 常に 背に腹変えられない状況 覚悟は半端ないです

最後に 山羊さん除草は 地域の1つの可能性を秘めています それだけは 自信持って言えます

何事も 1つ1つ壁を乗り越えて 成長していくもの 

私にとって 正念場を迎えることは 大歓迎なことなのです もちろん 常に怖さはありますよ


 

 
そろそろ
日付が変わる前に 何とか ブログ更新をしようと思っています ( 笑 )

さて 昨夜から奥飛騨です

久し振りというわけではないですが とんぼ返りではないですが

落ち着く時間もなく せわしく作業して 美濃加茂へ あるいは イベントへという日が続き

なかなか ゆっくりとハウス内を見て回る時間もありませんでした


さて ドラゴンフルーツの食べ比べ そろそろ 終了が近づいてきました

tabekurabe

おそらく 11月いっぱいぐらいで 終了になると予想しています

例年なら なんとか年超すギリギリまで つまり 12月いっぱいはできていましたが

今年は 天候なども影響して 収穫時期が 早かったのか 

それとも ラスト1回の花の咲き具合が悪かったのか 何とも言えませんが ・・・

もちろん 来年もやりますので 今年ダメでも 来年お待ちしております

11月と12月 少しゆっくりとできるのかな?と思っていたのですが

なかなかそうはいかず 日に日に スケジュールがタイトになってきております

ありがたいことです 本当に 必要とされているのですからね

今年も残り2ヶ月を切り 数えるほどになってきましたが 思い切り楽しみたいと思っています

言いたいことは言う いつものことですが 

その代わり ちゃんと筋道を立てて 

時には 正論過ぎて 近寄りがたいとか 煙たがられることもありますが

小さな地域で 他人さまの口に入るものを作っている生産者として

加えて 山羊さんたちのいのちを預かっている以上 やはり いい加減のことはできません

なので 来年も スタンス変えず 突っ走りたいと思っています

そうそう 考えることが大好きなので すでに 面白いアイデアがいくつも浮かび上がっています

正論をどうやって 共感して頂けるよう 継続できる1つの形にしていくのか 

これからも 工夫して頑張っていきたいと思います

それには とにかく 言い訳しないこと できないって言わないことです

頑張ります
 


優先順位
3週間続いた 週末のイベントは ようやく終わり ほっとしています

そのため なかなかできなかったサツマイモの収穫に力を入れています

霜が降りたらダメなので 急ピッチに作業を進め 葉と茎は刈り終えているので

何とか週末には終わりそうです 

もちろん 葉と茎は 山羊さんたちのご飯になります


やらなければいけないことは 相変わらず多く 貯まっているのですが

来年 再来年 もっと先を考えると やった方がいいことも多く 貯まっていきます

お金が貯まってくれればいいのですが ( 笑 )

とはいえ 結果として 1つの形になってくれれば それはそれで嬉しいです

加えて 結果がつながっていけば 継続できるための軍資金にもなると思うので

やっぱり 頑張らないといけないです

そうなると 手際よく モノゴトの優先順位を考えながら 進めていかないと

それが なかなか難しいのですが 言い訳する時間があれば 1つやる 

そうやって 自身を追い詰めていきます


yagi and inoshishi

そういえば この間のことですが 山羊さんたちの実験フィールドに行ったら

何やら 山羊さんたちが走っていたので なんだろう?って思い 近づいてみると

ブヒ ブヒ という聞きなれない鳴き声が ・・・

なんと 山羊さんたちに混ざって イノシシの子供が 一緒になって走っていました

というより イノシシが走るから 山羊さんたちも走る そんな感じなんでしょうね

山羊さんたちがいると イノシシなどが寄ってこないとも言われていますが

必ずしも そうではないということでしょうね

実際 山羊さんたちの実験フィールドがあるところは イノシシの被害はなかったようですが

それでも こういう現象を見ると 100%はないということでしょう

イノシシからすれば なんで山羊ばかりかわいがるんだって怒りそうですが

それは 私たちの勝手 人間の勝手ということで ご勘弁を

里山保全の中で イノシシたちが好む どんぐりの木とかも ちゃんと植えていくので

もう少し待ってくださいと 伝わるかどうか分からないまでも

一方的に イノシシに向かって 話してみました

時間はかかっても 1つずつ 優先順位を考えながら 進んでいきます