プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
富山の旅
昨日の夜 富山県から帰ってきました

富山県黒部市 宇奈月温泉で温泉熱利用についての講演依頼があり

いろいろと現場で感じていることなどなど 話してきました

こうした地熱を活用すること 私は大賛成です

ただ やり方にはいろいろとあるので 地元の方々で納得した形で進めてほしい

そう切に願っています

10人いれば 10人の想いがあります

地域への想いは共通であっても そのやり方が違えば ただただしがらみが生まれ

想いとは違った方向へ 進んでしまいます

ボタンの掛け違い ではないですが そうなったら とても寂しいですから

口では簡単に表現できても 態度や行動となると なかなか

だからこそ どの地域も同じ問題を抱いているのだと思います

それでも やっぱり 打開していくことがとても重要だと

私は 農家としてできること それを第一に考え それが 結果としてつながっていくこと

地域への共通する想いがあるから 目の前の農業に励むことができる

そう考え そう活動してきました これからも変わりません

宇奈月温泉には 奥飛騨とは違う可能性 面白さをとても感じました

季節を変え また行きたいなと思えた温泉地でした


さて 宇奈月を出て 富山市内で知人が営むお店へ行きました

昨年の夏 お店をオープンして ご挨拶できていなかったし ぜひ行きたかったので

toyama

ブルーチャート というお店です

toyama2

生クリームを使った焼きプリンの専門店です

私たちのドラゴンフルーツの赤果肉 マキスパという品種のほとんどが ここのお店へ運ばれます

もちろん 私たちのドラゴンフルーツジャム赤の原料なので 全てではありませんが

それでも フルージックのドラゴンフルーツでなくてはダメだと言われ

快く 協力させて頂くことになりました

ここのオーナーとは 奥飛騨で知り合いました

奥飛騨のあるホテルで 旦那さんが料理長として 奥様がパティシエとして

私たちのドラゴンフルーツを使ってくれていました

お客さまからの評判も良く 泊まられたお客さまが 帰りに立ち寄ってくれることもあり

人さまに支えられていること あるいは

立場は違えども 奥飛騨に来られたお客さまを 違う形で楽しませることに

親近感を ずっと抱いていました

そうした中 富山でお店を開くこととなり

奥飛騨で育て 奥飛騨で消費するという フルージックの想いとは違うかもしれませんが

奥飛騨から富山へドラゴンフルーツを出荷してほしいと依頼がありました

本来なら奥飛騨 高山でという思いが優先してしまいがちですが 

今回はなぜか 面白いと思ったのです

もちろん その夫妻を知っていたことは当然のことですが 

ぶり街道という言葉があるように 富山と高山はつながっていること

また 奥飛騨の方は 富山へよく行き 意外と経済圏は富山だったりと感じていました

実際 奥飛騨へ来る 私たちのところへ来るお客さまは 富山の方が多いのです

であれば ドラゴン街道を作ってしまえ?ではないですが それもありかな?と

今の時代 地方創生だとか言われていますが 私が思うに 

こじんまりと固まるだけでなく 隣同士 必要であれば連携することが重要だと

都市に住む方々 どのように 地方に興味を示し 足を運んでくれるのか

ネットなど情報を駆使し 発信していくことも重要ですが お互いが目の前のお客さまとの会話を通して

その良さを伝えていくことが重要ではないか そう考えています

フェイスブックやツイッター あるいは ラインのような拡散効果はないですが

地道に 少しずつ広げていくことに力を入れていきたいと思っています


富山市でお店を出し 富山県産のブドウやリンゴも使いながら 

私たちのドラゴンフルーツが一押しだと ポスターに書いてくださっていることにお応えできるよう

フルージックは より頑張らなければなりません

富山に行ったら ぜひ立ち寄ってください お店で食べられますから

もちろん お寿司は食べてくださいね ほんと新鮮でおいしいですから

ます寿し 当然 食べますしお土産です

富山県というところは いいところです 

私の独断と偏見ですが 富山から見るアルプス ほんと美しいかった

富山市には路面電車が走り 雪景色の山々が見えます

こんなところで育つと おおらかに育つというか そんな気がしてしまいました









 
スポンサーサイト
宇奈月温泉
今 宇奈月温泉にいます

今夜は ここに泊まります

今日は 宇奈月の地熱利用を考えよう ということで

地熱勉強会に呼ばれ 1時間ほど 講師として 話をしてきました


ここ宇奈月の魅力は もちろん温泉ですが 温泉地として考えると

鉄道があることです あくまで 個人的な意見ですが

温泉地に鉄道があり 駅があること 歩いて行けること

考えるだけで ワクワクしてしまいます

大きくすることが全てではなく コンパクトに町づくりをすることも大切な選択肢

地域によって どんな形がいいのか 地域でよく考えることが重要ですね


利権やしがらみは どの地域にもあること

簡単な言葉 ひと言では言えませんが

これに効く特効薬があれば ある意味 本当の意味で 町医者になれるかも


さて 明日には岐阜に戻ります

こうした講演依頼が よその地域からあることは とても嬉しいですし 光栄です

今年からは 必要とされるところで やれる範囲で頑張ります





さてさて
さてさて 

いよいよ2月に突入です

1月1日には 今年やること 来年 再来年の仕事を整理して

1月中は とにかく それに向かって 組立をしていました

必要だと感じれば とにかく人に会う そんな感じです

所詮 力んだところで ひとりでは限界があるので

人に会い いろんな視点 特に 自分にはない視点を教えてもらうことで

どんどんアイデアが生まれてきます

アイデアが生まれてくると 楽しくなり モチベーションが上がります


基本 楽しくないと続けられないし 他人様には伝わりません

あぁ嫌だなぁ 面倒だなぁ と思うことがあっても

楽しくするには それらを どう捉えれば どう考えればいいのか

最終的に 自分が進みたい方向が決まっていれば そこに結びつけていけば

意外と 上手に進められるものです

ただ それには ちゃんと自身の中で しっかりとした意見を持っていること

それを 周りに伝えられることが とても大切です


自身の考え方を言うこと 議論することで 気づかされることもあり

相手方との距離も縮まることもあります

議論できてこそ パートナーなんです

上司と部下の間 本来はそうあってほしいと思います

残念ながら 私は そうした環境で働いた経験が少ないので

偉そうなことは言えませんが


さてさて 明日は 奥飛騨で取材があり その後 高山で打合せ

明後日 明々後日は 富山県黒部市の宇奈月温泉です

来週から バタバタが始まります

1つずつ やれることからやっていかないと えらい目に合うので 頑張ります



 
驚き ( 笑 )
昨年 ブラジルでドラゴンフルーツを栽培されている方から連絡がありました

日本に来るとは聞いていましたが ・・・

突然 美濃加茂支店にまで足を運んでいただき ほんとびっくりしました

驚きでした ( 笑 )

元々広島出身の方だそうで 幼馴染の1人が 可児市に住んでいるようで

その方と一緒に 訪ねてきてくれました ほんと偶然ですね

ブラジルで NHKの特番 当時のたべもの一直線を見ていたようで

すごい奴がいると思ってくれたようで ようやく会いにこれたと言ってくれました

メディアの力にも驚きましたし それをずっと覚えていてくれて とても光栄です


その方は 20歳のころ 単身 ブラジルへ渡ったそうで 今があるそうです

私の親父よりは 少し若いと思いますが それでも 大先輩です

今では 永住権を取り 主にドラゴンフルーツ栽培をして生計を立てているそうです

いろいろ言葉を交わさなくても 眼差しやひとつひとつの言葉から

全てが伝わってくるというか ・・・ 

だから 苦労したとか 大変だったとか そんな言葉は必要ないというか 

ただただ夢中だった それだけです 

その方とお会いでき お話しでき とてもエネルギーをいただきました

こうした機会が生まれたことも 何かの縁ですし これからの私にとって 必要なことなんです

ありがとうございます


さて この間 私が30年前に書いていたものをいただきました

市政30周年事業ということで それぞれが書いた夢 タイムカプセルに入れ埋めていたのです

知人に言われるまでは まったく覚えていなかったです

すっかり忘れていて 当然 何を書いたかも覚えていませんでした

美濃加茂市の秘書課へ行き それを受け取ってきました

そしたら ビックリ

30after

公害は嫌だとか 宇宙旅行ができていたらいいなぁとか

あるいは 石油がなくなるので 省エネをしなければいけないとか書いていました

省エネという言葉が あの当時あったことに驚きでした

それに 温泉熱を使った農業をしている点 環境を意識している仕事になっていること

本当にびっくりしました ( 笑 )

それに なんといっても アメリカとソビエトの戦争がないこと

今のロシアではなく ソビエトとなっている点に時代を感じました

30年後の自分へあてるとうことだったので おそらく 中2だった私は 背伸びして書いたと思います

ただ そのころの想いを今も大切にし これからも頑張っていきたいと思いました

これからの子供たちが しっかりと夢を持って生きていけるようにと思います

それには 自身が今できることを 先を意識してやることですね







走り書き
40過ぎてからだろうか 笑えるぐらい もの忘れが多くなってきています

時間をかけて 過去のことを思い出すことはできるのですが

予定だとか 今日はこれをしないといけないといったことなど うっかり忘れてしまうのです

やることがたくさんあることだけが 忘れてしまう理由ではないと思います

医学的にどうなのか 分かりませんが 単純に言って 年を取ったということでしょう

とはいえ 年を重ねることは嫌いではなく むしろ好きでもあります

最近は どんな50歳になりたいかとか 考えながら仕事をしています

こういう50歳であれたら いいだろうなぁ とか 格好いいだろうなぁ とか

単に容姿ではなく 人間性というか 中身かな?

整形でもしないかぎり 容姿では どうやったって勝負できないので ( 笑 )


忘れてはいけないこと

大切なお約束だったり 守らなければいけない期日だったり いろいろありますが

絶対に忘れないよう 自身に言い聞かせていると ずっと気が張っている状態

いわゆる 心の緊張状態が続いて 寝つきも悪くなるので

そうならないようにという思いもあって ここ何年もメモ書きしています

手帳なんて持ったこともないタイプの人間でしたから びっくりですね

ただ 手帳に書きこまないことの方が多いかな

message

走り書き 電話がかかってきて 話している途中 気になった言葉を書きとめていたり

意識しているときもあれば 無意識のときもあります

この走り書きの情報が100%生かされるわけではありませんが

それでも 走り書きされた紙を 捨てる前に もう一度確認してみると 意外とあっと思うことがあり

新しい走り書き用の紙に 書き写していたりするものです ( 笑 )

これを書いたとき どんな状況だったとか考えると 過去が蘇ってきて

不思議と 今のヒントになったりもします

 
世の中には 脳の活用の仕方がすごい人がいて 一度読むと覚えてしまう人もいれば

一を知って十を知るではないですが 応用力というか つなげる力がすごい人もいます

私は そういったタイプではないので

ひたすら口にする あるいは ひたすら書くことで 覚えてきました

そうやってきた受験生でした ( 笑 )

高校入って 周りと比較してしまう自分がいて あっという間に挫折して

違う生き方をしなければと思い 一念発起して 留学の道を選択し

それなりに生き抜くことに自信つけて戻ってきたものの 浪人して大学行った先でも

やっぱり あっという間に挫折してしまい ( 笑 )

ほんと すげぇ奴はいっぱいいるなぁ なんて 今でこそ冷静に言えるけど

学生時代 20代から30代の社会人のころは むちゃくちゃ不安になっていました

こんなんで生き抜いていけるだろうかって

ようやく40になったころから 少しずつ 自分は自分と思えるようになり

人の評価より 自身が信じること やりたいこと 本質を見失わないことだけを意識できるようになりました

それは 自分が頑張っただけではなく 周りの人の支えがあり

周りの人が教えてくれたことなんです

何気なくかけてくれる言葉ひとつひとつから はっと気づくことがあります

50になって あぁ 頑張ってきて良かったなぁと思えるようになっていたいと思います



   
充電と放電
今日は 名古屋に行ってきました

農業のことを2時間ほど お話をしてきました

思っていることを話してきて 頭はスッキリしました

私にお付き合いしてくれた方は スッキリしたかどうか モヤモヤが残ったかも ( 笑 )


この時期 年が明けた1月 それから 2月の前半までは

充電と放電の繰返しです

何をと言えば 頭と心です

いろんな方と会い いろんなお話を聞き 自分なりに整理していきます

それが充電です

そして 整理したことを話す 自身の意見を述べます

それが放電です

2月の後半になると 植物たちは活発化していきます

山羊さんたちも活発化します

少しずつ 頭と心の充電と放電から

体が加わっていきます

そう 頭 心 そして 体の充電と放電です

今までは ゆっくりと充電放電できていたのが だんだんと激しくなり

へたすると 分刻みに繰り返すことも

そうなると ある意味 パニックに陥ります

そういう時は 無理して食べる そして 寝ることにしています


もう少し 頭と心の充電 そして 放電を繰り返します

この時期 とにかく人と会います

話すことで 何をすべきか はっきり くっきりと見えてくることがあるので

最後に 決めるのは自分

とにかく どうのこうの言わないで 自身で責任を負う

それには 充電と放電のバランスが大切です

 
最初は ・・・
今日は 昨日と比べて風が弱く 暖かさを感じる1日です

美濃加茂のハウスは 10年近くなることから ビニールの劣化が激しく

そろそろ 取り換えるかどうか 決断しなければなりません

本当は レベルアップしたハウスを建てたいと思っているのですが

お金がかかるので そう簡単にできるものではありません

もうしばらく だましだましといった感じです

加えて ドラゴンやアセロラたちの植替え

寿命とはひと言で言えないですが それでも 寒さや暑さなどが原因で枯れてしまうものもあり

また 生産量や栽培品目など 継続するための方向性もあり

ここ2年程前から 思い切って ハウス内の衣替えをしています


minodra

最初の新芽は 弱々しく 黄緑色をしていますが

少しずつ その環境に慣れていけば 深い緑色になっていくドラゴンたち

ここ美濃加茂では 新品種など実験栽培を主にやっています

何でもそうですが 初めから完璧なものは期待できないまでも 最初は大切です

この新芽もそうです 

弱々しく 細い新芽ではなく 弱々しくても 太い新芽がいいです


2015年は どうなるだろうか

いろいろ改革だと言われていますが 今ある利権を そうそう簡単に放棄できるだろうか

無理矢理 その利権を取ってしまえる力があればいいだろうけどね

天下りにしても 自分もいずれと思っていれば なかなかできないもの

よっぽどの変わり者?でなければ

もちろん その地位にいくにも 才能や努力をしてきただろうし


何をするにせよ 改革するときは まず 自分から

そう思うと まずは 国会議員の数を減らすことも視野に入れてほしい

もちろん 優先順位はあるだろうけど

弱いところに押し付けて 自分は後からなんていうようなことは いかがなものか

100% 全員が納得するような改革なんてないだろうけど

本当に必要な改革だったら 身を削ってでもやってほしいと思います


どんな取組み どんな団体も 最初はこうあってというのがあったはず

今は ・・・ 残念だと思うのであれば どこかで 誰かが ・・・ ね 

言葉では簡単に言えてしまいます 理想を語ることなんて ほんと無責任で簡単です

私もよく理想を語るので ( 笑 )

だから 継続できるよう 自身で稼ぐ手段を見つけ 成立させることに重きを置いています

それが地域起業家の役目であり そうした人たちが増えれば

地域は もっともっと元気になると思います


近い将来 遠い将来に

最初は ・・・ だった なんて言わないように頑張ります

  
 
続きまして
続きましては ・・・ と呟きながら キーボード叩いたら

小学生時代に通っていた そろばん塾を思い出してしまいました ( 笑 )

暗算のとき 先生がよく言っていました

なつかしい 書道 それから そろばん 土日はスポ少で野球

塾通い スポ少 やり出してから 友達とくだらない?ことして 遊ぶ時間がなくなりました

といっても 書道は5年生ぐらいでやめてしまったし

そろばんに関しては 6年までやっていたけど 6年のころは ほぼサボりでした

塾に行ってくるわ と家を飛び出し 近所の空き地で 秘密基地作ってました

結局 それが親にバレて 叱られましたけど ( 笑 )


さて 先日は奥飛騨のレモンの話でしたが

今日は 美濃加茂のレモンです

そう 続きまして ・・・ といった感じです

lemonlemon2015

挿木して 地植えしたものです

鉢より地植えの方が 断然成長スピードが速く グングンと大きくなっています

成長が著しいので 花芽は期待していませんでしたが

ちらほらと小さいですが 蕾を見つけることができました

そうそう 実は 奥飛騨のレモンにも 蕾がついています

同じ時期に見られるということは ・・・ そういうことなんでしょうね

花は咲いても 実は期待していません

実がつけば儲けもん そんな感じで 見守っていきたいと思います




やってみないと
今日は雨 奥飛騨も雨

この時期 まとまった雨が降るのも珍しいのかな?

暖かいと言えば暖かいですが 雨に当たると 雪よりも冷たく感じます


さて 奥飛騨では そろそろ春の準備?とまではいかないまでも

少しずつ その準備に入っています

昨年のドラゴンフルーツは 全体的に早め早めでした イエローもそうです

今までで一番と言っていいほど イエロー全体の収穫も早くなるのかな?そんな予感です

まっ こればかりは分かりませんけど これからの天候もあるだろうしね

なんでもそうですが やってみないと分からないので

どうのこうの言わず やりたいと思えば やる

もちろん 自分が責任を負える範囲内で と付け加えておきますが ( 笑 )


lemon2015

冬の温泉ハウスは とにかく乾燥します

夏も秋もそうですが 乾燥しすぎるという欠点があります

もちろん 湿気があるより乾燥していた方が良い作物もあるので 一概には言えません

そこにくると レモンは 乾燥していた方がいいみたい

高温と湿度が高くなり それらが続くと 葉にカビが発生しやすくなります

また 南国フルーツと比較して そこまで寒さには弱くないので この状況でも育ちます

日本でも露地栽培しているところがあるので 多少の寒さには耐えられます

レモンに関しては 小豆島とか広島 そして 和歌山が有名です 私の知っている限りでは

特に 広島は牡蠣とコラボしているからすごいって思います

小豆島は オリーブなどが盛んで 島全体のイメージも良く 訪れたくなります

また 和歌山と言えばいいのか あるいは 紀州と言えばいいのか分かりませんが

フルーツ王国なので やっぱり 地域が持つ力は絶大です

個人的に レモンは大好きです

丸かじりして食べるわけではありませんが ( 笑 )

なんでだろう? 柑橘系が好きなんでしょうね たぶん それだけかも ( 笑 )


とにかく 好きというのが一番 何をやるにも

好きじゃないと続かない 好きだからっていうひと言があれば 他に理由なんていらない

なんでもそう 

やってみたいと思ったら やってみる 



着地点
少し暖かい日があったと思ったら やっぱり冬 雪が降りました

日曜の夜 ハウスの中で寝ていると 風に煽られ バタバタと音を立てるビニール

冷え込んでいる分 サラサラのパウダースノーが舞うのではなく 横殴り状態

ここ奥飛騨は 湿気を含んだ雪ではなく 本当に軽い雪 

ふっと息をかければ さぁって飛んでいってしまいます

だから 風が吹けば ホワイトアウト状態にもなります

ここで生まれ育っていない私は 車を運転していて たまに怖いなって思うこともあります

それでも 質量ともに申し分ない温泉につかると あぁ極楽極楽となります

これが 冬の温泉地の醍醐味なのかなと思います


tochio2015

午前中 太陽が顔を出し 暖かくなりました

とても美しい光景です

そんな中 越冬したバナナを収穫しました

banana2015

この時期の熟し方はちょっと難しく 知らないうちに 見えないところが黄色くなり始めていたりします

夏場だと 1本が黄色くなり始めると 一気に熟しが進行することもありますが

この季節 特に一番冷え込む時期だと じわじわと時間差です

それでも 腐ってポタッと落ちてしまう前にと思い 昨日 収穫しました

今回は 期も小さかったので 小振りなバナナでしたが 

それでも40本弱あります 以外にずっしり感があり 見た目はまぁまぁの出来でした

後は味ですね ( 笑 )


さて 今日は午後から打合せです

今年は これでもか!っていうぐらい いろいろと精力的に動いていきます

農業に挑戦した頃 45歳から 新しいスタート 第2の人生をと決めていたので

何とか それができるようにと思っています
 
やるのもやらないのも自分次第 自分がどうしたいか どう生きたいか

無駄なことなんて1つもないと言えるのは 何かをやりたいという情熱があるからです

情熱を失った時点で 今までのことは無駄になってしまう 泡となってしまう

きれいごとを言うつもりなどなく 情熱さえあれば 次につなげようと言う意思があれば

生きていて 経験していることに 無駄はないのだと

だから いつも熱く そして 前へ進もうという強い意志を持ち続けたいと思います

氷点下になり 雪が降る地域で 南国のフルーツが この時期に収穫できるんですから




 
詐欺にはご注意
いやいや 大げさなタイトルですが ( 笑 )

今日は 美濃加茂で作業していました 明日明後日は 奥飛騨です

で そんなとき 1本の電話がかかってきました

11月に フルーツを買ったんですが ・・・ それが腐っていて

新年早々やってしまったと思い どのような状態だったかを聞いていると

何とも腑に落ちない点があり そうとはいえ お客さまを信じないわけにはいかず

また 私たちのミスであれば それはそれで 徹底しないといけないので 勉強のためと思い聞いていると

やっぱりおかしい 何かがおかしいと思い 最初にお客さまが口にした 11月に買ったということから

電話で受け答えしながら 頭の片隅の脳みそをフル稼働させました

11月に買って 腐っていた 連絡先が分からなかったので 今になってしまった

先方が 苦情にもかかわらず 妙に丁寧に 言葉を選んで話しているので

やっぱり疑ってはいけないと思い 新しいものをお送りしますと言うと

いやいや 商品ではなくて 買った代金を返してくれればいいと

で お代はいくらでしたか?と聞くと 3000円ぐらいだったと あまり覚えていないと

その後に 確か ドラゴンフルーツを8個ぐらい買ったと ・・・ うん?

私たちの場合 8個で3000円はありえない

ましてや 収穫量が落ちてくること 観光客が少なくなることなど 

1人にお店で その個数を売れば だいたい記憶にあるものです ましてや それを3000円なら

まず 8個で3000円はありえないわけです

お客さまには 本当に申し訳ないと思ったのですが どこで買われたか?と聞きました

すると 確かぁ 高山だったかなぁと ・・・

どんな感じのお店でしたか? どんな人が対応しましたか?と聞くと 忘れてしまったと

どんな感じなのか 対応した人を 忘れてしまったというのはあることかもしれないですが

旅行先で買ったもの お店などを忘れるだろうか ましてや珍しいものであれば尚更です

いろいろと話をしていくと

少々 お客さまのご機嫌が悪くなってきて とにかく腐っていたんだから お金返しなさいと

今後のため どのように腐っていたのかを尋ねると 真ん中が腐っていたと

ここで 私は あっこれウソだと思い 

申し訳ありませんが ドラゴンフルーツは外から腐っていくものですと伝え

真ん中が腐るのであれば すでに 全体が腐っているもの つまり そこまで放置してしまったということ

そしたら ブチ切れてしまい 電話代だってかかっている ボケ クソ カス だの

今までのような紳士的な言葉とは違い びっくりするような 幼稚言葉を浴びました

それっきりです その後 11月の売上げを調べてみると やっぱりそのような販売はなく

ネットで 電話番号を調べてみると なんと 同じような書き込みがありました


商売やっていると こうした電話が一番堪えます プレッシャーもかかります

だからといって 最初からお客さまを信用しないで 突っぱねるわけにもいきません

とはいえ 全てに非を認めることもできません

もちろん 悪いことは悪いので それは しっかり対応していかなければいけませんが

ただ 今回のように 商売をする者の心理を利用して まっ3000円ぐらいなら出すだろう的な

そんな気持ちで こうしたことを繰り返しているとするならば 本当にいかがなものか

商売するものは 3000円であっても こうした電話がかかってくると

それ以上の地獄を想像するものです もちろん そうならないように努めなければいけません

昨今の食品偽装などを背景に 消費者の方々の信用を失ってしまっているのも事実です

ですが その中でも コツコツと真面目にやっている方がほとんです

高山市の一員として 催事に出たりしていると そういった一面を見ることができます


世の中には いろんな詐欺があります

引っ掛からないようにすることが一番ですが そういった話があった場合 少し冷静に考えることです

とはいえ お客さまを信用しないで 突っぱねることにはいかないので

この辺りの話し方を もう少し勉強しないといけませんね

完璧にやっているつもりでも 完璧でないこともあるので それは それでちゃんと意識しないと


 



温泉ハウス2015
昨日は 奥飛騨 そして 高山で打合せ で 夜には美濃加茂 行って来いでした

今日は 地元でランチ

本当の地元で 手軽なお値段で お値打ちランチでした

私よりひと回りほど若い方です お野菜は お父さんが作られています

そういう理由もあり 地元でオープンされたようです

外で修行してきて 外を知った上で 地元に戻る ぜひぜひ頑張ってほしいです

おいしかったので また 行きます


さて 奥飛騨の温泉ハウスですが 今年も順調です

順調に育っています

house2015-1

まだ ジャングルにはなっていませんが そろそろ なりそうな予感です

ジャングル状態になると ドラゴンゲートとなり 歩くのに棘が痛い! ということになります

それから 実をつけたまま越冬している 温泉熱で育つバナナ

onsenbanana2015

実をつけたときは ちょっと小さめでしたが ここにきて ようやくふっくら感がでてきて

バナナらしくなってきたというか おいしそうになってきました

この天候 そして あまり陽が出ないと 緑の状態で熟してくることも

だから この時期は しっかり管理しないといけません 

あれ?あっという間に熟してしまった ということがあるので

こうしたことは経験ですね 1つずつの積重ね

そうそう イエロードラゴンも順調に育っています 予約は受け付け始めました


とにかく 1人ではできないことばかりです

ひと様のお力を借りるには まず自分ができる範囲で頑張ること 努力することです

それが 仲間づくりの法則かもしれませんね



縁だなぁ
いろいろあって 新年早々 落ち込むこともあります

それでも 何とかして 気持ちの整理をして 前を向こうと ( 笑 )

いつもそんな感じです 毎日毎日 ( 笑 )


いつも書いていますが やると決めたことを 何かしらの理由にしてやらないのはイヤなので

やれるように1つずつやっていきます

もちろん それでも無理だなと思えば やれそうな期限を設けて 心の中で温めていきます

農業を始めて3年ぐらい? フルージックの代表となって1年ぐらい?

まだまだ 本当の意味での厳しさなんて 全く分かっていなかった頃

仕事上の関係で出会い 夢ばかりを追っていた私は 自身の考えを曲げずに突っ張っていました

先日 その方と再会しました お互い年を取って ( 笑 )

仕事上のことなので 話の詳細は書きませんが

第一声が 『 渡辺さん 会いたかったですよ 』 でした

それが社交辞令であっても 私は 素直にとてもうれしいと感じました

また 社交辞令でないことは 当時 ぶつかり合った過去から そうでないことは私が知っています

再び 関わりを持つことができる どんな形になるにせよ それが縁というもの

なので 無理することもなければ 急ぐこともありません

ただ 何か思ったら 相談しやすくなったということです 

身近に相談できる人がいること どれだけ心強いことか そういう意味でも 運が良いなって思います

すると 久しく連絡を取っていなかった方から電話があり 懐かしい声を聞きながら

また 『 何かできることがあれば 』 と これまた 嬉しいことです 岐阜に来たんだってね

今日は今日で 2月に予定しているイベントですが 時間がないこともあり バタバタしていますが

そんな中でも 昼休みを使って 動いてくれる方々がいて 心が 【 じ~ん 】 となりました

なんなんだろう? この感覚は?

何かが動き出すときは あっという間 変に力なんて入れなくても動くもの

人のつながりだったり 信用だったり 物理的な力なんて必要としないんだよね

で 明日は 私が動く番です

物理的な力を使って 1日みっちりと仕事をしてきます

物理的な力がなくても動いてくれるよう ひたすら 熱い気持ちを持って活動してきます

物理的な力ではない いわゆる 見えない力を手に入れるには

とにかく 1つずつ物理的な力を使って行動し続けること その繰り返しかも

そうすることで 不思議な縁が生まれてくるのかなぁ?って そう思います

まだまだ 頑張らねば






【邁進】 します
2015年 今年はとにかく前へ進みます 

邁進します

娘と一緒に書初めをして 気持ち新たに 2015年をスタートさせます

gogogo


新しいこと そうでなくとも 継続していくには それなりの覚悟が必要です

怖さだってあります いろいろとあります

それでも やれない理由 やりたくない理由 あれこれ言うのではなく

いつもこのブログで書き続けていますが  やれる方法を考えることに重点を置き

いつでも 待ってました!とばかりに やれる準備を整えておきたいと思っています

農業だけには限りませんが 生きていると 毎日が変化のオンパレード

その変化に対応するには 常に準備をしておく必要があり それが 応用力だと思います

これからの1年に魂を入れ ひたすら必死に頑張っていこうと思います

新年早々 早くも暑苦しい内容ではありますが ( 笑 )

私から 暑苦しさを奪ってしまえば 何も残りませんから

そう 暑苦しさで勝負です


言い訳はしたくない 後悔もしたくない そう思っていても そうなってしまうことが多々あり

なかなか 全てが上手くいくことなどないと思いますが

だからこそ そうならないように いつも気を引き締めていければいいなと思います

おめでとうございます2015
2015年 スタートしました

寒波が続き 今年は雪が多いようです

こう雪が降り 冷たい朝を迎えると 暖かい日差しを感じる春が とても待ち遠しく思ってしまいますが 

寒さの厳しい冬 この時期をどう過ごすのかによって 春以降が違ってきます

農業は特にそうですが この時期をどう乗り切るか どう準備できるか とても大きなことです


高山での取組み 美濃加茂での取組み 今年は さらにパワーアップしていきます

パワーアップといっても 会社を大きくするとかというような 物理的なことではありません

物理的なことは タイミングがより重要になるし ひとりではできないことなので

そうではなく 自身を磨くとか 人とのつながりをより重視するとか そういったところです

そうした中で やれることを1つずつやっていく より濃密にといった感じでしょうか ( 笑 )

信用してくれれば 自分の持てる力を発揮したいと思うし 自分も信用される人間にと思います

フルージックも 信用される地域企業としての姿勢を 発信していく1年にしたいと思います

企業としてやれること 地域に対して 何を提案できるか どんな環境づくりができるのか

直接的な営利だけでない部分 間接的なところで 地域の方々とかかわっていこうと思います

精神的なことを説くと ネットで批判されることもありますが

それは 当の本人たちがどう思ってやっているか 他人がとやかく安易に発信することではないと思います

もちろん 間違っていれば受け止め 軌道修正しなければいけません

精神論とは 当然 強制されるものではありません

企業として 働く仲間たちと共有できる熱い部分と客観的に見る冷静な部分が必要だと思います

そういった観点から 自らを磨き 精神的な充実が大切だと考えます

それは 自身を追い込み 精神的にタフにならなければいけないと言っているわけではありません

目標を持ち その目標を1つずつクリアしていくことで 自信が生まれます

それには 自分の性格を知り 小さなことを1つずつ そして 結果を出していくこと

その積み重ね その繰り返しだと

箱根駅伝に参加している方々は 明らかにその積重ねの象徴だと思います

私の新年のスタートは 箱根駅伝を見て エネルギーをもらってからです

襷をつなぐこと 次世代に伝えていくこと 

当然 その思いが強ければ強いほど 生半可なことではダメだと理解しています

どんな思いで箱根を走っているのか どんな思いで 練習の取り組んできたのか

監督はどんな思いで 選手と一緒に取組んできたのか

1つ1つの決断は その時の状況があるもの 100%の答えなど探す方がおかしい

そう思って見ていると 監督と選手には揺るぎない信頼関係があると思います


さて 昭和村にいる山羊さんたち 寒さの中で過ごしています

2015yagi

山羊さんたちのと信頼関係を より強いものにしていきたいと思っています