プロフィール

FRUSIC

Author:FRUSIC
リゾート地での朝食は、必ず心地よいBGM(音楽、波の音、または、会話であったり)が流れる、ゆったりとした時間の中でフルーツを食べます。
私たちは、音楽を提案することにより、忙しい日々の合間にも、フルーツを食べながらゆとりを感じていただけないだろうかと考え、また、ミネラルを含む熱帯果実で体もリフレッシュできればとも考えます。

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

fruits + music = FRUSIC
農業生産法人FRUSICのブログです
アセロラ満開
昨日まで奥飛騨でした

温泉ハウスでは ドラゴンフルーツの選定作業が 急ピッチに行われています

そんな中 フロリダスウィートという甘味系のアセロラ 超満開です

FloridaSweet2015

結実するかどうか それは次の問題ですが 

アセロラの本拠地は 美濃加茂 その美濃加茂のハウスは ようやく蕾がではじめたぐらい

これからです これから 復活してくる予定です

今年は 4月に冷え込みましたから 出始めていた新芽がダメージ受けましたからね

しょうがないですし 冬場も温度をギリギリにしているので

復活するには 時間がかかります


今年のアセロラの収穫開始は 予定通り 5月下旬ぐらいでしょうか

このままのペースだと 5月末から6月初めが初収穫

6月下旬ぐらいから7月に入って ピークになる そんな感じです

アセロラ情報も ブログにて情報アップしていく予定なので よろしくお願いいたします

ちなみに ドラゴンフルーツですが 先日 美濃加茂の実験棟で 2輪ほど咲きました

ではでは

明日もバタバタですが 1つずつ 仕事を終えていきます




スポンサーサイト
バタバタですよぉ
ほんと バタバタですよぉ

4月になれば バタバタすることぐらい 分かっていたのですが

やっぱり 現実に4月がやってこないと分からないもの

目の前の1つ1つをやり終えることで 精一杯 というか 終わっていない?かも

ですが 何とか 後手後手ではありますが 奮闘中です ( 笑 )


今年は 昨年一緒に研究していた岐大生が 就職してくれたので 助かっています

まだまだ 覚えなければいけないことばかりですし

右も左もわからないまま あぁだこぅだ言われるので ある意味 パニックにかもしれませんが

それでも 私たちのような小さな農業企業は いきなり現場ですから

研修期間なんてないし 甘いことなど言われないし 

大変だと思いますが 成長していってくれればと願っています


Mr.cookie


クッキー君 このブサイクさ なかなかなもんです

疲れたり 頭がいっぱいいっぱいになると この画像をみます

ちょっと陰険な?眼差しが なんともいいです

今は すっかり大きくなっています

山羊さん除草隊の中でも ひときわ目立ちます

当の本人は 目立ちたいと思っていないかもしれませんが 仕方ないです

他の山羊さんたちと 見た目が違いますが いじめられることはありません

山羊さんたちは 見た目で判断しないということですね

ただ 体調が悪かったりすると 自分から 群れから離れます

ある意味 生きるってことは 正直なのかな?と考えさせられます


クッキー君 明日も 『 さくら広場 』 に出勤だよ!



がぁー
よく降ります ほんと 雨がね

これでは アセロラやドラゴンの蕾にも影響が出てしまいます

いつも管理している仲間から 今年の日射量は 例年の4割程度だと聞かせれました

4割 ・・・ かなり少ないです

光と温度のバランス とても重要なことです

でも まぁ 自然には逆らえないので 仕方のないことです

これから 天気の回復を願い ひたすら仕事をしていくだけです


そうそう 自分の仕事 やることが多く ( 笑 )

どれから手をつけていいのやら ・・・ やばいです

短期的な仕事は とりあえず1つずつ終わらせているのですが

長期的なものとなると これは 仕事というより フルージックの方向性というか

ある意味 ビジョンがあるので 仕事が完結するわけではありません

だから 終わらないのです ( 笑 )

で それが 年々増えていっている? 欲張りなんでしょうね

あっ これやりたい あっ これやらなきゃ あっ つながる

なんて 日々思ってしまうのが日課なので 困ったもんです ほんとうに

だから 毎日 仕事終わったぁって思って 家に帰ることなんてないです

365日仕事 それが 農業始めて ずっと続いています 

でも それがストレスだと感じたこともないし 嫌だなぁって思うこともありません

こうした仕事が趣味なんでしょうね 


だけど こう雨ばかり続くと さすがに気分が晴れないもの

だから 山羊さんたちのように 時には 大きな声で叫びたくなるものです

sakebu

『 がぁー 』 ってね

さて 明日は 山羊さんの出勤です

可児市のある工業団地に行ってきます 新しい職場です


Defence
朝方 降っていた冷たい雨は 次第に弱まり

山羊さんが出勤する頃には 雨はすっかりやんでいました

徐々に空が明るくなり 昼前には 強い日差しが ・・・ 久し振りのお天道様


さくら広場に生い茂った草を おいしそうに食べる山羊さんたち

ある程度 お腹が満たされると 桜の木の皮をかじりはじめます

かじってはダメだと注意しても そのときは それなりに守ってくれるけど

少しすると あるいは 人目を盗んで コソコソとかじってしまいます

樹皮がなくてもいいものは大丈夫ですが 枯れてしまうものが大半です

なので 金網で防護

200本近くあるので なかなかの作業です

で 今日は 地元の高校生たちが手伝いに来てくれました

defence1

山羊さんたちは 草を食べ そして 反芻を繰り返します

暖かい日差し 今日は 幾分暑かったので 木陰に横たわり 反芻します

smile

昨年 山羊さんが盗まれてしまったことがありました

やはり 防護策を含め 聞かれること多々あります

当然 やれることはやります

同時に もっともっと この取組みを知ってもらうこと 山羊さんを通して

いろんな活動が生まれていけば 周知され 自然とそれが 大きな防護策になると考えます

物理的な防護策 これは 当然大切なことですが

それ以上に みなさんの心の中に 山羊さんたちがいてくれたらと思っています

オフェンスこそ 最大のディフェンスだとも言われます

もっともっと 関心を持っていただけるよう 山羊さんたちと頑張っていきます


気づいたら
昨日14日で 45歳となりました

あいにくの雨 屋台が出ない高山祭となり ちょっと寂しさが残るものの

それはそれで仕方のないこと お天道様には逆らえません


さて 今日も1日雨 突然の突風など 荒れる1日となる予定でしたが

なんと昼前から晴れ 気温もだんだんと上がり 久し振りに暑いと感じる1日でした

そんな中 美濃加茂のハウスを見て回ることに

選定作業が終わったハウスは きれいに後片付けされており

これから 蕾 花 そして 実がなるのを待つだけ

太陽が顔を出さない それでいて 暖かくならない日が続いているので

おそらく収穫は遅れがちになるのではないか そう思っています

まだかな?まだかな?と 期待を込めながら アセロラの枝を見ていると

あっ 2輪咲いていました

まさに 気づいたら ・・・ 気づかなくてゴメンです

floridasweet2015

これから どんな感じで育っていくのか まだまだ天候に左右される時期ではありますが

5月下旬 なんとか 6月上旬には アセロラを出荷できるようになると予想しています


微妙なところ
なんか今年のペースは 例年と違っているような そんな気がしています

いつもこうだからと思って いろいろ先手を打つと そんなことなかったり

その逆で 準備しておかないと あれれということに

まぁ 分かんないですね 今年は 天気同様に


春は比較的雨が多いものの 今年は 予定日に特に多く 予定が立ちません

山羊さんの出勤日になると 雲行きが悪い まだ始まったばかりですが

なんかこう スッキリしないです

予定が立つと 奥飛騨と美濃加茂での作業 加えて 営業活動とテンポ良くできるのに

さすがの段取り王も こうなってくると 時間配分が難しいです ( 笑 )


さて 奥飛騨でも 美濃加茂でも ドラゴンフルーツの蕾が出始めています

こちらも いつものように ヴードゥーチャイルドという品種が最初です

厳密に言えば 違う品種もちらほらとあるのですが

ヴードゥーが圧倒的に多いので そういうふうにしておきます

奥飛騨のハウスでは 乾燥しているので ナメクジはいません そして アリんこも

美濃加茂では ナメクジがいます いつもどこかに隠れていて 夜に活動します

何より一番悪いのは ナメクジとアリんこがタッグを組むこと

そうなると こんな感じ

damage1

まず ドラゴンの蕾を見つけると ナメクジがウロウロ なにやら粘っこい液体が付着すると

息ができないのか 蕾の成長は止まってしまう? そんな感じになります

すると アリんこがやってきて 蕾に穴を開ける 

蕾からは 甘い蜜が出るので それを集めに来るわけですが 集めるだけならいいのですが

穴を開けてしまうのだけは 勘弁してほしいものです

で 何とか生き残って 大きく成長している蕾は こんな感じです

damage2

ここまでくると アリんこにやられることは ほぼありません

ドラゴンフルーツの天敵は アリ そして ナメクジと言われています

まさにその通りですが これは ドラゴンフルーツだけではなく 他のフルーツにも当てはまること

みんな 持ちつ持たれつなんでしょうけど

それでも いない方がいいと思うのは 私だけでしょうか ( 笑 )



スタート
4月8日水曜日 小雨の中 山羊さん除草隊の活動がスタートしました

そうです 今年も始まりました

夜半から降り始めていた雨 朝になってもあがらず 小雨が降る中 

出勤するかどうか 迷いましたが 徐々に回復するという 天気予報を信じて

気合入れて 出勤しました

天気予報通り 午後からは暖かい日差し ほんと良かったです

yagijyosou2015

そんな小雨の中 朝から 各新聞社の方々が来てくれ 

当日の夕刊 そして 翌日の朝刊と記事にしてくれました

昨年の山羊さん盗難のこともあり ある意味 話題としてはあったでしょうが

それでも 初日に駆けつけてくれたこと とてもありがたいことです

今年も始まりました という 『 も 』 という文字 これがどんな意味を持っているか

私は とても胸が熱くなりました

山羊さん除草隊が 町の風物詩になる その可能性を秘めている感じました

この時期になると ・・・ 私は そんな農業を提案していきたいです

何をするにも プラスもあり マイナスもあります

プラスとマイナス 共有していること 共生していること それが社会です

そんな中で 小さな喜び 楽しさを 表現できればと思います

それには 現実を理解し 現実と向き合うことが とても重要だと思います

厳しい冬を 干草で乗り越えた山羊さんたち 毎日 世話をしてきた私たち

青々した生草をおいしそうに食べている山羊さんたちを見ていると

不思議と 私自身も おいしいのかな?と思い ついつい手を伸ばしそうに ( 笑 )


今年も よろしくお願いいたします


踏ん張りどころ
朝方は晴れ お昼ごろから雲行きが怪しくなり 夕方の今は 湿った風が吹いています

晴れて暖かくなり 桜が咲いたかと思えば 真冬のような寒さ あるいは 雨

いったい どうしたいの?と 聞きたいぐらい

まぁ 頑張れ 踏ん張れ ということでしょうかねぇ ( 笑 )

フルージックにとっても 今年が踏ん張りどころ いやいや 今年に限らず 毎年ですが

理想を求めるのはいいけど 結果を出さなければ 継続する資金などなく

後ろ盾もない現状は やはり厳しいものです

とはいえ 選んでこの道を歩んでいるわけですから 苦労ということではないです

逆に 私のやりたいことに付き合わされている家族には 苦労かけていると言えます

まぁまぁ 屁理屈はそれくらいにして ・・・ いずれにしても 今年は踏ん張りどころ

結果を求め過ぎることで ブレないようにしないと


さて 美濃加茂のハウスですが 昨年より2週間近く早いタイミングで

レモンなど柑橘類が 花を咲かせ 小さな実をつけています

レモンに関しては ここ数年実績があるので 心配はしていませんが

ブラッドオレンジに関しては 実はつかなかったものの 昨年 初めて開花

今年は たくさんの花を咲かせています 

そして いくつか 小さな実をつけています

bloodorange2015.4

さて このまま大きくなるのか それとも 落ちてしまうのか

ブラッドオレンジにとっても これからが踏ん張りどころです


山羊さん新聞4月号
今日は暖かくなると思ったら 雲が多く なんだか肌寒い1日となってしまいました

4月1日より 新しい仲間が フルージックに加わりました

地元の岐阜大学 応用生物科学部出身です

動物が好きというのは当然ですが それよりも 新しい価値観を感じたようで

山羊さん除草隊を中心に 活動してもらう予定です

もちろん フルージックは果樹栽培が主流なので そちらも勉強してもらいます


さて 今年は やれることはやる ということで

山羊さんの除草隊の活動を 広く知ってもらうように頑張っていきます

で 山羊さん新聞を発行することにしました

素人なので そんな素晴らしいものはできませんが 山羊さんつながりで書いていきたいです

yaginewspaper1

とにかく やれることはやる それだけ

忙しいだの これはどうだの そんな後ろ向きな意見はいらない! ( 笑 )

いつも こうやってストレートに発言するから 敬遠されるんでしょうね

だけど 時間なんて限られているんだから 

やりたいことをやる 1つずつしかできないけれど それでも イメージしてやっていきます


明日は 奥飛騨へ行って 夜には美濃加茂です

頑張りますよ

本出版します
今日から新年度 外は雨が降っています

昨夜 可児市役所の北側に 夜桜見物に行ってきました

日中は暖かいものの 夜は やっぱり肌寒かったです

まだ7分咲き程度だったと思うので 今日の雨でも さほど散らないのでは?と願っています


さて 私ごとですが

ようやく完成しました 

建設業から農業へ参入して 今年が10年目

奥飛騨の温泉ハウスをオープンさせて 8年目です

将来 フルージックの歩みを本にしようと考えていました

何気なく 書き留めていたもの そして このブログもそうです

日々の想い それから 出来事を ダラダラと ( 笑 )

しっかりまとめ始めたのが 今から5年前? 6年前? はっきり覚えていませんが

それでも 本を出版すると知人に公言してから 5年は経過しています

地元の出版社と出会ってから 2年ほど経っています

よくもまぁ 1冊の本になりました 

book1

book2

題名は これしかありません

そう 奥飛騨ドラゴン です

人の縁で 地元の出版社の方と出会い 共同出版という形で世に出回ります

といっても 最初から 全国の本屋さんに並ぶわけではないでしょう

興味がある方が 問い合わせしてくれれば 置いてくれるという感じでしょうか

本屋さんとかの営業は 全て 出版社さんがやってくれます

私は フルージックのお店などで販売します

出版日は 4月14日です 春の高山祭です 私の誕生日でもあります

将来 高山で仕事するかな?なんて なんとなく感じたのは 中学生のころでした

それから 海外へ行く夢が広がり 単身渡米したわけですが

そこから どんどん 自分の人生が変化していきます

今も尚 変化し続けていますが 変わらないのが気持ちというか 考え方です

中学生のままです ただ 思春期真っ只中 単身渡米したことで 精神的にタフになったような


この本は 岐阜の 『 まつお出版 』 さんから発売されます

1600円 ( 税抜 ) です

ご興味がある方は ぜひぜひ 連絡頂ければ 発送いたします 

とにかく 現場の声 現場の想いを 自らの手で書きたかったです

なので 上手な文章ではないです

それでも 何か1つでも 感じて頂けるものがあれば嬉しいと思っています

みなさんのお力をお借りしながら こうして出版できることになり 感謝です

少しでも現場の声をお伝えできる機会を作ること それが フルージックの務めだと思います

この本を境に 次世代を意識して 伝えることに力を入れていきます